英語力ゼロから語学留学!で英語が上達できた方法

グランドキャニオンのモニュメントバレー

グランドキャニオンのモニュメントバレー

語学留学を英語力ゼロから始めて英語を上達させることができた学習法。

そこではアメリカを旅行しながら英語話せない状態から脱却していくことができた。

過去に海外旅行した時(パック旅行)では全然英語が話せない、というか通じなかったので「英語で自由に話ができたら」とよく思ったものだった。

その後英語が話せるようになってから思ったのは英語を伸ばすにはポイントがあるということだった。

語学留学を英語力ゼロで始めた

大学を卒業して働いていた私は、友達とカナダへ旅行したことがきっかけで、カナダで語学留学(ワーホリ留学)しようと決めた。

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
そして実際にカナダのバンクーバーで生活を始めたはよいが、当時の英語力ゼロ。

なので最初は現地の語学学校(ESL)に通っていた。

バンクーバーとトロントの位置

トロントとバンクーバー!ワーホリ・留学ならどっち?違いは?

2019年9月29日
だけど3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして英語を勉強しても、自分が「英語を話せている」という気がしなかった。

たしかに学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できなかった!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

日本人は英語苦手で嫌い?下手と言われる理由をカナダで知った

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カフェで注文していても、なぜか冷たくされている感があったり・・。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
カナダ・バンクーバーの散歩コース

ワーホリ中ジャパレスで働く人が多いのはなぜ?カナダで見た事

2019年3月31日
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

カナダの冬の山

カナダの語学学校 (ESL)とは?通った感想

2019年3月14日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と教えてもらった。
バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
3ヶ月間毎日英語を勉強しても話せず、これ以上何をどうしたらよいのかわからない。

藁にもすがるような気持ちでその先生のレッスンを受けるようになった。

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない!」

2018年10月31日

現地で英語力ゼロを卒業できた理由

そのマンツーマンレッスンはとてもユニークで、英語の単語」文法」 だけでなく、それまで日本の中学や高校や大学、カナダの語学学校(ESL)でも一度も習ったことのない
英語の「文化」や、

culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ

2018年6月15日
「発音」に、
カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

2018年7月28日
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」
留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

2018年6月13日
を学ぶようになった。

すると今度は同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人の英語に聞こえない

と言われたりするようになっていた。

4girls-green

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
バンクーバーのSiwash Rock

語学留学で日本人が英語ペラペラになるには?海外で受けた反応

2018年7月20日
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

例えば、カナダやアメリカ、南米などを先生も同行して旅行(言語冒険旅行)するコースなどもあった。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

私がカナダでワーホリ留学していた2012年当時は先生が1人だけで教えていたが、今は複数の先生方がいて、「先生1人・生徒1人のマンツーマンレッスン」どころか、「先生3人・生徒1人のレッスン(何人もの生徒に1人の先生がつく「グループレッスン」とは真逆!)」が受けられるようになっている。

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
カナダの湖

英語はマンツーマンで短期集中で伸ばすのが早い!理由

2019年5月2日
そのレッスンでは教材もなければ、ノートも取らないし、暗記をすることもなかった。
カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

留学前の英語の勉強に本は効果的?話すために必要なこと

2019年2月25日
またそのレッスンの一環で、先生も同行する
1日10時間以上英語をしゃべりっぱなしの旅行(言語冒険旅行:English Experience Expedition:EEE)
にも参加し、カナダからアメリカへ旅行して、リアルな英語を学ぶことができた。
レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
これは私が参加した、レッスンの一環で行く「アメリカのグランドキャニオン&ラスベガスの旅」1週間での出来事。

英語話せない→参加したアメリカ旅行で

その日はグランドキャニオンに数多くある穴場スポットの中の1つまで車で行き、みんなでハイキングすることになった。

山(というか半分岩?)を登りきって、少し離れたところにある岩の先端に立った他のメンバのー写真を先生が少し離れたところから撮っている時、私はたまたま先生の近くに座って撮影の様子を見ていた。

補足
ちょうどこんな風にして一人ずつ写真を撮ってもらった。

グランドキャニオン

グランドキャニオン

アメリカのZion National Park

アメリカのZion National Park(ちなみにこの人が先生)

そこへ日本人と思われるカップルが山を登って来たので、先生と私は

Hi! (こんにちは!)

と挨拶をした。

補足
英語のフレンドリーな文化では、こんな風に知らない人同士でもこのように気軽に挨拶をするしおしゃべり(スモールトーク:世間話)をする。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ

2018年6月15日
カナダ・バンフのMoraine Lake

カナダの文化と英語上達の関係!は意外と知られてない

2018年7月4日
写真を撮り終わり、メンバーが私たちのいる場所まで戻ってくるのを待っている間に、先生はそのカップルに日本語で話しかけていた。

どこから来たんですか?

グランドキャニオンは初めてですか?

何日滞在するのですか?

といった具合に、何ということのない質問をしていた。

補足
先生は日本語もペラペラで、先生は大学卒業後も仕事で年に何回も日本に行っていることもあり日本の「文化」についてもかなり詳しい。
バンクーバー留学の準備!事前に知りたい文化の違い

バンクーバー留学準備!事前に知りたい文化の違い

2018年7月19日
と、写真を撮ってもらっていたメンバーが戻ってきたので、カップルがその子と入れ替わりに「岩の先端」に行こうとした時、先生が
先生
いってらっしゃ~い
と声をかけた。

すると、そのカップルの女性の方が振り向いて

えっ、お母さん日本人ですか?!

と言ったのである。

それに対して先生はすました顔で

先生
いえいえ、私は、ハクジンですネ。
と答えたので私は笑ってしまったのだが。

その女性はなおも

え~日本語うまい~! すご~い!

と言いながら去っていった。

単語自体は短くても簡単でもOK!

先生は、自らも言っていた通り(?)、茶色い髪と瞳に白い肌の、見た目はもろ Caucasian(白人)である。

それでもその女性から

親が日本人なのではないか
と思われた理由は、先生の日本語の「発音」が自然だったのはもちろんのこと、

いってらっしゃい

という「日本語の文化」を、適切なタイミングで使ったからではないか、と思った。

補足
「おつかれさま」と同様、「いってらっしゃい」も英語に直訳することができない日本語独自の「文化」である。
このようにその言葉(単語)自体はどんなに短くても簡単であっても、文化に合った適切な言葉を適切なタイミングで使えれば、それは自然に聞こえる。
イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われた!勉強法

2018年8月4日
そしてそれは英語でもまったく同じ、なのだった。

というのも、この旅行と前後して、カナダ人の友達の家で、友達の家族も交えて食事をしていたときにも、私が

Kind of…(そんな感じ)

とただ短く言っただけで、友達のお母さんから

それってまさに私たち(英語のネイティブ)がこういうときに使う言葉よ

と褒められたことがあったから。

バンクーバーの夕暮れ

カナダワーホリ体験談!ネイティブに英語を褒められた理由

2018年8月3日
先生
文化を学ぶにもテクニックがあります。
それを私のレッスンでは教えていますし、旅行は「文化」を実践的に学ぶベストな機会なんです。
ということで、道中も英語、そしてアメリカの「文化」について学び、それらを実際に「使ってみる」ことができた。

そして学んだのは、たとえどんなに短くても簡単な言葉でも、その状況(「英語の文化」)に合った言葉を話すことができれば、それは

自然な英語
に聞こえる、ということ。

反対に、そこに「英語の文化」がなければ、いくら長くて複雑な英語を話しても、

不自然な英語
に聞こえてしまう。
カナダの公園にあるトーテムポール

留学前に英語の単語力を上げる勉強とは?

2018年8月6日
カナダの冬の山

カナダの語学学校 (ESL)とは?通った感想

2019年3月14日

まとめ

英語力ゼロでも語学留学で英語を上達させるには、ポイントがある。

3ヶ月間、海外で毎日英語を勉強しても話せるようにはならなかったのと同じで、ただ単に海外旅行を繰り返すだけで英語が話せるようになるわけでもない。

レッスンの時によく先生が

先生
大事なのは、発する言葉の
Quantity(量)
ではなくて
Quality(質)
なのですよ
と言っていたのは、こういうことだったんだなあ・・と、アメリカへの「言語冒険旅行」へ参加して、改めて思った。
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
カナダ・バンクーバーのサイエンスワールド

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2018年8月2日
飛行機と空の写真

留学と英語レベルの関係!ESLと各段階の意味

2018年8月9日
補足
言語冒険旅行(English Experience Expedition:EEE)の写真はこのページにたくさん載せています。EEE-photo画像

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly