何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

カナダ・トロントのナイアガラ滝

カナダ・トロントのナイアガラ滝

何カ国もワーホリしているのに「仕事が見つからない」「面接を受けても決まらない」と嘆くワーホリメーカーにカナダでワーホリ中に何人も出会った。

話を聞くうち、カナダであれオーストラリアであれイギリスであれニュージーランドであれ、「簡単に見つかる人」と「なかなか見つからない人」の間にはある「違い」があるように思った。

ワーホリで仕事が見つからないから移動…は得策?

友だちの友だちの日本人女性の話。

彼女はある年の夏の終わりにバンクーバーに到着し、ワーホリを開始した。

はじめの2ヶ月は語学学校に通い、同時に「日本食レストラン(ジャパレス)」でも働き始めた。

ワーホリ中にジャパレスで働く人が多いのはなぜ?

2019.03.31
けれどカナダにいるのに英語をほとんど使わないその仕事が、彼女には不満だった。

バンクーバーのローカルのカフェで働きたかったので、語学学校を卒業する頃から何軒かのカフェにレジュメを持って行ったが、カフェで働くことはできなかった。

バンクーバーで仕事見つけるのは難しい。
私、引っ越すわ。

バンクーバーからウィスラーへ

彼女はそう言って、バンクーバーから北へ車で約2時間の町、ウィスラーに移った。

ウィスラーのローカルのレストランで働きたかったが、そこでも面接をパスすることができなかった。

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時聞かれるのはTOEICじゃない

2018.08.01
代わりに、「ホテルのハウスキーパー」として働くことになった。

しかし彼女は毎日ひたすらホテルの部屋を掃除してまわるという仕事が、不満だった。

彼女はそこで束の間スノボやスキーをして楽しんだが、期待に反してそれもけっこうお金がかかったため、仕方なくバンクーバーに戻ってきた。

補足
ウィスラーは世界的に有名なスキーリゾート地である

しばらくして、彼女はこう言った。

カルガリーに行くことにした。
バンクーバーより日本人が少ないカルガリーなら、もっと仕事のチャンスがあるかもしれないから。

ウィスラーからカルガリーへ

そして彼女はバンクーバーから東へ飛行機で約1時間の都市、カルガリーに引っ越した。

彼女はそこで何かオフィス職を得たかったが、それも叶わなかった。

代わりに、「チャニーズレストランで皿洗いの仕事」を得た。

しかしそこでも彼女は、毎日お皿を洗う仕事が、不満だった。

私の友だちと彼女は、彼女がカルガリーに越した後も連絡を取っていたので、メッセージが届いた。

次はトロントに行くことに決めた。
トロントはカナダで一番の都会だから、絶対ここより良い仕事があるはずだから。

カルガリーからトロントへ

そうして今度は彼女は、カルガリーからさらに東へ、飛行機で約4時間の都市、トロントに引っ越した。

トロントで彼女は韓国人ファミリーの元にスティし、「庭の手入れをする仕事」を得た。

しかしそこでも彼女は、毎日花や木に水をやったり草を刈る仕事が、不満だった。

そうこうするうちに彼女のカナダ滞在資金は底をつき、ワーホリの期限1年を待たずして日本に帰るしかなくなった。

彼女がそれを私の友だちに連絡してきたとき言ったのは、

ワーホリで働くっていっても、甘くないね。
いやほんと、まさかこんな難しいとは思わなかった。
なんとかなると思ってたけど、ダメだったわ。

だったらしい。

「原因」を解決しないまま場所だけ変えても「結果」は同じ

私がこの話を聞いて思い出したのは、バンクーバーでワーホリしていた時に現地で出会う人たちから聞いた

バンクーバーで英語を勉強したけど、話せるようになってないから次は○○○に行って英語を勉強する。

という言葉だった。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

・・・もともとの原因である

英語の勉強の仕方
を変えることなしに環境だけ変えても、英語が話せるようになるのは難しいのと同様に、
もともとの原因である
自分の英語
を変えることなしに環境だけ変えても、希望の仕事を見つけるというのは・・それはなかなか難しいのではないだろうか。

ワーホリ留学で英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28
たとえあっちこっち移動しても、世界中どこに行っても、自分自身が変わっていなければ状況は変わらない。

英語全然できないまま語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03
私には、その友だちの友だちは自分の英語を変えずに、カナダを変えようとしているのではないかと思えた。

ワーホリで仕事が「簡単に見つかる人」と「見つからない人」

バンクーバーで生活する中で私が出会った日本人の友達の中には、バンクーバーでいとも簡単に仕事を見つける人もいれば、バンクーバーで1年過ごしても

カナダで仕事を見つけるのは難しい・・

と疲れた顔で嘆く人もいた。

これは

A:「バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい」

と言う人がいれば

B:「バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい」

と言う人もいたように、そのどちらもその人にとっては「現実」であり、正しいのだと思う。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

ワーホリが辛い・つまらないと言う人の共通点

2018.06.20

カナダを変えるより自分が変わる方が簡単

世界中、何カ国でワーホリしても

英語が話せない

と言う人がいるように、何カ国でワーホリしても

仕事を見つけるのが難しい

と言う人が、いる。

大きな都市にいる人は

ここは競争率が激しいからなかなか仕事が決まらない

と言って小さな都市に移動し、
反対に小さな都市にいる人は

ここは店も人口も少ないから求人がない

と言って大きな都市に移動する。

でもどちらの人も

毎日一生懸命、足を棒にしてレジュメ(履歴書)を落としてまわっているのに、仕事が見つからない。

と言っていることに変わりはなかった。

補足
日本とは違って、カナダでは今も店舗に直接行ってレジュメを手渡しするのが一般的だった。

まとめ

仕事が見つからない根本的な原因(自分がしたい仕事ができるだけの英語レベルに到達していない)を無視して、手当たり次第にレジュメをばらまいても、うまくいかなければ、それは誰しも疲れると思う。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02
補足
また海外では、たとえ運よく雇ってもらえることがあったとしても、使えないと判断されれば即クビになったりする。
私は無給のボランティアでさえもすぐクビになった・・。

カナダでワーホリ中にボランティアをしたら即クビになった話

2018.10.04

・・であれば、カナダを変えようとするよりも、まず自分の英語を変える方がたぶんずっと早いし、簡単だと思う。

ワーホリでアルバイトするとわかる文化の違い

2019.02.17

カナダ・バンクーバーワーホリで日本人ができる仕事!アパレルや事務も

2018.08.18

ワーホリで現地カフェですぐバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14
補足
私はカナダでワーホリ中、はじめ語学学校(ESL)に通っていましたが、英語が話せている気がせず悩んでいました。そんな時知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、それから3ヶ月が経つ頃には現地で自分が興味のある英語を使う仕事ができるようになっていました。

私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリしていた5年ほど前には先生が一人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

カナダワーホリ前にフィリピンで1ヶ月間の集中レッスンを受け、カナダに着いた直後から英語を使って働き始めた生徒さん(Kさん)や、カナダでレッスンを開始しワーホリ3ヶ月目からバンクーバーのダウンタウンにあるZARAで働き始めたYuriさんなど、現在ワーホリ中/ワーホリを終えた生徒さんともSkypeでお話ができるようになっています。

ワーホリで現地カフェですぐバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14

Skypeトーク

詳しくはこちらの記事を参照ください。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng