ワーホリ女子は注意!私が海外で遭遇したチカン男

angry-cat
カナダでワーホリをしていた時、「現地育ちの女子」には絶対にしないようなことを「日本人女子」に対しては平気でする、現地の男性に遭遇した。

私はそういう男性(チカン男)の一人に不快なことを言われたものの、カナダの文化(人々の考え方や価値観)を学んでいたおかげで言い返すことができた。

カナダで学んだ、初対面で必ず年齢を聞く「韓国の文化」

まだ私がカナダで語学学校(ESL)に通っていた頃。

その学校の90%は日本人または韓国人だったから、必然的に韓国人留学生と知り合う機会がたくさんあった。

そしてそのほとんどの人から初対面で年齢を聞かれることが、私にはとても不思議だった。本当に女性も男性も関係なく聞いてくるのである。

なのである日、親しくなった韓国人の友達のひとりに「韓国の人達はなぜ初対面で年齢を聞くのか?」と聞いてみた。

すると

韓国では年齢がものすごく重要で、年上には絶対に敬語を使わなくちゃいけない。
だから初めて会ったときに必ず年齢を聞いて、相手が自分より年上か年下かを知らなきゃいけない。

とのことだった。

そう。初対面で年齢を聞くのは韓国の文化なのだった。

文化(culture/カルチャー)とは
ある特定の集団における人々の考え方や価値観、習慣やライフスタイル、そして人と人との関係性のこと

日本でも人に年齢を尋ねることはあるが、あまり初対面では聞かないと思う。
外見からざっと判断して敬語かタメ口かを使い分けていたし、ましてやとくに女性に向かって年齢を聞くのは失礼なことだと私は思っていた。

ところが韓国では「初対面だからこそ失礼がないように聞かなくてはならない」と言う。

面白い「文化の違い」である。

カナダで韓国の文化を使うことに対する違和感

でもここで疑問もあった。

韓国では韓国語を話すのだからそりゃ年齢を聞くのが重要かもしれないが、カナダで私たちが使っている言語は英語である。

私が年上なのか年下なのかを知ったところで、英語には韓国語のような敬語はないのだから、べつに年齢は関係ないじゃないか?と思った。

語学学校(ESL)を卒業してマンツーマンの英語レッスンを受けるようになってからは、韓国人だけでなくカナダ人やその他の国籍の友達もできるようになっていったのだが、韓国人以外から初対面で年齢をきかれることは(絶対にないとは言わないが)滅多になかった。

またその英語レッスンで、英語の/カナダの文化について学ぶうち、

韓国の文化では、初対面で年齢を聞くのが当たり前なのであり、悪気がないのはわかっている。

しかし私たちはカナダにいて、英語を使っている。

だったら、韓国人留学生が出してくる韓国の文化に対して、カナダの文化を使った対応をしてもよいのではないか?

と思うようになった

そこである日レッスンの時、先生に

Cana
韓国人の友達からよく年齢を聞かれるんですが何て答えたらいいでしょうか?

単に実年齢を言ってもいいのだけれど、私はもっとスマートな受け答えがしたいというか、韓国語の文化の中ではなく、英語の文化の中で答えたいんです

と相談をした。

すると

先生
あはは。Canaの言いたいこと何となくわかりますよ。
それなら
I’m younger than your mother.
(あなたのお母さんより若いわよ)
って言ってみたら?

とのアドバイスを受けた。

それ以降、私は年齢を聞かれたときはそう答えるようになり、そうすると言外の意味を察してそれ以上は聞かれないことが多くなった。
(中には「どういう意味?」とつっこんで聞いてくる人もいたが・・)

けれど私は「I’m younger than your mother. 」を習ったとき、この言葉を、韓国人ではなくカナダ人に対して使う機会があろうとは夢にも思っていなかった。

補足
わたしは別に初対面で年齢を尋ねる文化が間違っているとは思っていない。
国にはそれぞれの文化があって当然だと思っている。
ただここカナダで、仮にも母国とは違う文化を持つ言語(英語)を話そうとしているのであれば、母国の文化はいったん脇に置いておくべきではなかろうか?と思っていた。
 

まさかの、初対面で年齢を聞いてきたカナダ人痴漢男

それからしばらくしたある日、私は日本人の留学生の友だち数人と一緒に、ダウンタウンのレストランでディナーの約束をしていた。

待ち合わせ場所へ行くと、見慣れない男性がいる。

友達の一人がそのカナダ人男性と最近知り合い、連れてきたのだと言う。

その場で互いに軽く自己紹介をしたものの、どこからどう見ても、彼は私たちとは20歳以上は離れているように思われた。

でも

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

にも書いたとおり、バンクーバーではいろいろな年代や職業の人がまじって、一緒に遊びに行ったりすることがよくある。

だから私は年齢というよりは、彼のもつ「何か」に違和感をもった。

私は「この人とはあまり関わらないようにしよう・・」と思いながら、みんなでレストランに向かった。

さて、レストランで私はその人から一番遠い席に座ったため、ほとんど会話をすることもなく、食事が終わりかけた頃。

それまで全く別の話をしていた彼が突然、彼の正面の席に座っていた日本人女性に

How old are you?(君何歳なの?)

と尋ねた。

私は耳を疑った。

彼は生まれも育ちもカナダだと言っていた。それなのに初対面の女性に向かって唐突に年齢を尋ねている・・?

しかし友達はとくに不審に思う様子もなく年齢を答え、それから彼は、そこにいる全員に一人ひとり年齢を聞き始めた。

最後に彼が、一番遠くの席に座っていた私に聞いてきたとき、私はここぞとばかりに

Cana
I’m younger than your mother!

と答えた。

それまで私以外はみんな、とくに彼の質問を気にする風もなく素直に年齢を答えていたので、彼は私の答えに面食らい、数秒キョトンとした顔をしていた。

しかしすぐに表情を変え、今度はニヤニヤしながら、

おや、君は僕に年齢を教えられないの?

君ほんとに僕のお母さんより若い? ほんと~??

などと言ってきた。

私は彼の言葉を無視していたが、しつこいので、聞いてみた。

Cana
Hey, why did you ask my age? It’s NOT Canadian style, right?
(なんで私に年齢を聞いたの?そんなのカナダ人の流儀じゃないでしょ?

すると、なんとその人は

But you are not Canadian!
(でも君はカナダ人じゃないよ!)
 

と返してきた。

・・これどういうことかというと、彼は日本の文化の「一部」 (日本ではたしかに年齢を尋ねることはあるが、初対面で、ましてや女性に聞くことはあまりないと思う)を使ったにも関わらず、私にはカナダの文化を使わせない、ということである。

そこで私が続けて、

Cana
BUT WE ARE IN CANADA! (でも私たちはカナダにいるんだよ!)

と言うと、その人は 

Of course we are in Canada.(もちろんカナダにいる)

と返してきたが、それ以上は何も言ってこなかった。

 

会計を済ませ、店の前で解散するとき、その男がまた私に

It was nice to meet you, SECRET LADY.

と言ってきた。

補足
Secret;秘密主義の
 
私は「Girlではなく、Lady??」と思ったが「Nice meeting you.」とだけ言った。
(まったくniceなmeetingではなかったのだが・・)

帰り道、友達から聞いたところ、彼は昔日本人の彼女がいたらしい。

やはり彼は日本の文化を知っていて利用したのだと、私は思った。

英語初心者でもワーホリで英語を習得できた!まず学ぶべき基本

2018.06.15

失礼なことを言われたら言い返そう!もちろん文化を使って

次の日のレッスンで早速、先生にそのディナーのことを話すと、

先生
なんてこった・・・。その男性は文化を利用したCHIKAN(先生は日本語も知っている)ですよ!Canaさん、よくやってくれました!
とほめられた。

私が、

Cana
最後に彼が言った「SECRET LADY」って皮肉じゃないかと思うんだけど、何て返せばよかったんでしょう

と言うと、先生は

先生
う~ん、そうだね~・・
僕なら「Nice meeting you, CURIOUS(知りたがりの)BOY!」って、とびっきりの笑顔で言うかな

と言うので、

私は笑ってしまって、

Cana
なるほど、次はそう言ってみます!

と言ったが、幸いなことに、私はそれ以来カナダでその人と顔を合わせることも、その人ほど失礼な人に出会うこともなかった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng