バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

カナダ・バンクーバーの北部にあるウエスト・バンクーバー

カナダ・バンクーバーの北部にあるウエスト・バンクーバー

カナダでワーホリ中、ウエスト・バンクーバーに住む友達の家での「ポトラック パーティ(Potluck Party):参加者がお酒やごはんを持ち寄る形式のパーティ」に参加した時のこと。

そこで初めて会ったカナダ人男性が「日本語を勉強している」ということだったので、日本語でおしゃべりしていたら、近くに座っていた日本人男性がこちらを見ながらくすくす笑っていることに気がついた。

後からその日本人に「さっき何で笑ってたの?」と尋ねたところ、「え〜だってあのカナダ人の日本語かわいいじゃん!かわいいっていうか、っていうか」と言う。

なので「じゃあ、自分が英語を話してるときに笑われたらどんな気持ちがするの?」と聞いたら「・・悲しくなる・・」と言うのだった。

親日的なカナダ人は多い

バンクーバーではこんな風に「日本が好きで日本語を勉強している」カナダ人男性に出会うのは、珍しいことではまったくなかった。

注意
日本に興味を持ってもらえるのは大いに結構なのだが、彼らの日本語への熱意は日本人女性に対する興味からきていることもまた珍しくないのだった。

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

カナダで日本人女性はモテる?理由

2018.07.13

この彼の場合は、日本に興味をもったきっかけはアニメだったそうだ。 

それはさておき、そのカナダ人男性が話す日本語は、たどたどしくはあるものの、発音は上手だと思った(いかにも「ガイジン」というような巻き舌の発音ではなかった)し、一生けんめい日本語で話そうとする姿勢が伝わってきていた。

こんにちは。わたしのなまえは、あだむ、です。
あなたのおなまえは、かなさん、ですね。
あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか?

そんな人の日本語を「かわいい」と言いつつ、「変」だと笑っている日本人男性を見たとき、自分がホームスティをしていた頃のこと、ホストファミリーから自分の英語を笑われていたときのことを、思い出した。

カナダで英語を話すと笑われていたこと

私はカナダでワーホリを始めた当初、語学学校に通うとともに、バンクーバー郊外でホームスティをしていた。

ホームスティ初日、ホストブラザーから「Hi, how are you?」と言われたので、中学校で習ったとおりに「I’m fine, thank you, and you?」と答えたら、初対面で爆笑された。

英語初心者がワーホリに行って驚いたこと

2018.07.28

さらにたとえば一緒に夕飯を食べている時などに、私が英語で何かを言うと、ホストブラザーが私が言ったことをマネして笑い、それでホストペアレンツも一緒に笑ったりしていたことが、あった。

最初のころは

あ〜この人たちは私の英語が下手だからって変に気をつかわない、正直な人たちなんだなあ。

と思って気にしていなかったし、それどころかむしろ自分も一緒に笑ったりしていた。

しかしそれも回数を重ねるうち、

Cana
『そんなに私のこと笑うなら、自分達も一回日本に行ってみたら? 今は英語が話せる場所(カナダ)にいるからそんな風に笑っていられるかもしれないけど、日本に行ったら英語なんて通じないから、きっと私の気持ちがわかるよ!』

・・って英語で言ってやりたい!!

と思いながらも、当時の私にそんなことが言えるわけもなく、やっぱり気にしないふりをして愛想笑いをしていた。

補足
誤解のないように言っておくと、バンクーバーでブロークンな英語を話しても、笑われることはフツウは滅多にない。私のこのホストファミリーはあくまでも例外、である。

バンクーバーは移民が多く暮らしている町であるため、「英語が母国語ではない人の英語」にも慣れている人が多いと思う。(もちろん個人差はあるので、迷惑そうな顔をされたり、邪険な扱いを受けたりしたことも何度もあったが・・。)

カフェでコーヒーを注文するときに重要な英語は○○だけ

2018.06.17

だからバンクーバーで私の「英語が変だから」といって笑ったのは、そのホストファミリーと、語学学校のクラスメイトくらい、だった。

英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

2018.07.28

たしかに、日本人ではない人が話すたどたどしい日本語を聞いて、それが男性であれ女性であれ、「かわいい」と思う気持ちは私にもよくわかる。それに英語は国際的に広く使われている言語だが、日本語はそうではない。だから日本人は「外国人が話す日本語」というものにも慣れていない。

でもだからと言って、それを笑うのはやっぱり失礼ではないだろうか?

英語も日本語も「文化」が欠けると不自然に聞こえる

語学学校に通っていた頃の「私が話していた英語」も、その「カナダ人男性が話していた日本語」も、単語の一つひとつは完全に「英語」だったし、「日本語」だった。

「英語の文化」がない英語

でも当時の自分が話していた英語には、「英語の文化」がなかった。

カナダで語学学校に3ヶ月通ったものの英語が上達していると思えず、知り合いから聞いて受けるようになったマンツーマンの英語レッスンでそれを指摘され、初めて気がついた。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15
先生
日本語では「礼儀正しいこと・丁寧であること」が重視されていると思いますが、英語の文化では「フレンドリー」であることが重視されます

語学学校に通っていた頃の私はそんなこと考えたこともなく、日本ではこうだからと「Hello!」と言いながらおじぎをしたり、「Thank you」(ありがとう)と言うべき場面で 「Sorry」(すみません)と言ったりしていた。

英語の文化とは何か?カナダで学んだ特徴

2018.07.04

「日本語の文化」がない日本語

一方、このカナダ人男性が話していた日本語には、「日本語の文化」がなかったと言える。

先生
これも日本語と英語の「文化の違い」なのですが、日本語では「謙遜」が美徳とされていますから、自己主張はあまり好まれません。そのため日本語では、主語を何度も言うよりも、省略した方が自然に聞こえます。

でも英語は「自己主張の文化」ですので、「I(アイ=自分)」という主語なしには、ほとんど会話が成立しません。英語では、日本語に比べて主語が省略されることはずっと少ないのです。

彼が話していた日本語は、一見すると言葉づかいは丁寧ではあるが、全ての文章に主語(わたし・あなた)が入っていた。

だから、不自然に聞こえたのだった。

<主語あり>
こんにちは。わたしのなまえは、あだむ、です。
あなたのおなまえは、かなさん、ですね。
あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか?

 

<主語なし>
こんにちは。○○です。
(あなたの)おなまえは、かなさん、ですね。
にほんの、どちらのしゅっしんですか?

 

単語を暗記するより「英語の文化」を学ぶ方が早く英語が話せるようになる

私の英語も、このカナダ人男性の日本語も、話していた言葉(単語)自体は完全に「英語」だったし、「日本語」だった。

でもどちらもそれぞれの言語の文化が欠けていたから、不自然になっていた。

語学学校に通って、同時にホームスティをしていた頃は、自分の英語を笑われるのがくやしくて「もっと英語を勉強しよう」・「単語をおぼえよう」と思い、実際に単語を毎日暗記していた。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

でもこの例からもわかる通り、まず言語の「文化」を学ぶことができれば、たとえ知っている英単語の数は少なくても、「自然」な英語を話すことができる。

私はカナダではじめ語学学校(ESL)に通ったけれど、そこでの勉強は日本の学校で受ける英語の授業と変わらなかった(単語や文法を覚えて、授業の大半は先生の話を聞いている)ため、3ヶ月たっても自分が英語を話せているとは思えなかった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人はぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

でもその後マンツーマンの英語レッスンで、英語の文化
発音

英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

2018.07.28

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

英語のスピーキング上達を実感!目からウロコの話しことば

2018.06.13

を学び、その上で文法

英語の文法わからない、が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12
単語

英語の単語を覚えるのが楽に!学校で習えない方法

2018.06.11
も学んだところ、今度は同じ3ヶ月がたつころには、ネイティブとも会話が弾んだり、「日本人の英語っぽくないから日本人だと思わなかった」と言われたり、「英語が自然」と言われるようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた理由

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を教えていただいた先生は、度々出張で日本にも来られており、次回9/28(金)~10/4(木)に来日されます。

その間、日本各地で「マンツーマンレッスン」、「グループレッスン」、「ワーホリ・留学相談会」が開催されます。

日本にいる間に、語学学校に通うよりも安く英語に自信をつけることができます。

ご興味がある方は、記事下のコメント欄か、コンタクトページ、またはLINEからご連絡ください。

LINEは
stop_study_speak_eng
で検索頂き、

・ローマ字でお名前
・メールアドレス
・ワーホリや留学の予定時期と渡航先

をご明記ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



語学学校の授業イメージ

「生徒は常に自分だけ!」で、「2人または3人の先生」が担当してくださるコースもあります。(1回のレッスンにつくのは先生1人です)

「生徒は常に自分だけ!」で、「2人または3人の先生」が担当してくださるコースもあります。(1回のレッスンにつくのは先生1人です)


Skypeを使ってまたは対面で
無料体験レッスン&カウンセリングが受けられます→ワーホリや留学を始める「前」からスピーキングを伸ばすことができます!

私がカナダでワーホリ中に受けていたレッスンが、現在はカナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)でも行われており、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

私が受けていた時は先生がお一人で教えておられましたが、現在は複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所も大きく広がりました。

1人の生徒さんを2名または3名の先生が担当されるコースもあり、英語の「暗記(インプット)」よりも「英語で話すこと(アウトプット)」を効果的に伸ばしていくことができます。(1回のレッスンにつくのは1人の先生です)

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンではSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。

それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間で、複数の英語を使う仕事(レストランやカフェはもちろん、アパレルショップや、現地のメディア企業に就職した方もおられます)を得ている方が多数いらっしゃいます。

また先生はカナダから度々日本にも来ておられ、日本でもレッスンをされています。

日本でのマンツーマンレッスンの様子1 Reiさん

日本でのマンツーマンレッスンの様子1 Reiさん

カナダのバンクーバー空港に到着したRさん

カナダのバンクーバー空港に到着したReiさん

バンクーバーの空港に到着したReiさんと、空港で迎えた先生

バンクーバーの空港に到着したReiさんと、空港で迎えた先生

→海外に行く「前」、日本にいる間から、カナダ人の友達を作ることができます。

・ワーホリや留学をしても英語に自信がつかず帰国後も英語を勉強し続ける「定番のワーホリ」をしたくない方、
・レッスンにご興味がある方は、
各記事の下のコメント欄か、コンタクトページ、またはLINEからご連絡ください。

LINEは
stop_study_speak_eng
で検索頂き、

・ローマ字でお名前
・メールアドレス
・ワーホリや留学の予定時期と渡航先

をご明記ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーをして帰国(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng