留学が辛い、帰りたいと思う時。英語話したら笑われた!

カナダ・バンクーバーの北部にあるウエスト・バンクーバー

カナダ・バンクーバーの北部にあるウエスト・バンクーバー

留学して辛い・日本に帰りたいと思ったのは現地で英語を話しても通じず冷たい対応をされたり笑われた時。

特にホームスティ先の家族から英語を笑われるというのは辛かったし悲しい気持ちになった。

だけど英語の上達とともに辛い・帰りたいと思うことは減っていった。

留学が辛い・日本に帰りたいと思った自分を思い出す

これはカナダでワーホリ中、ウエスト・バンクーバーに住む友達の家での「ポトラック・パーティ」に参加した時の話。

ポトラック・パーティとは
Potluck Party:参加者がそれぞれ飲み物や食べ物を持ち寄る形式のパーティのこと。

そこで初めて会ったカナダ人男性が

日本語を勉強している

ということだったので、日本語でおしゃべりしていたら、近くに座っていた日本人男性がこちらを見ながらくすくす笑っていることに気がついた。

後からその日本人に

Cana
さっき何で笑ってたの?
と尋ねたところ

え〜だってあのカナダ人の日本語かわいいじゃん!かわいいっていうか、っていうか

と言う。

なので

Cana
そうなんだ・・。自分が英語を話してるときに笑われたらどんな気持ちがする?
と聞いたところ

・・悲しくなる・・

と言うのだった。

親日的なカナダ人は多いけれど・・

バンクーバーではこんな風に

日本が好きで日本語を勉強している
カナダ人に出会うのは、珍しいことではなかった。

注意
日本に興味を持ってもらえるのは大いに結構なのだが、特に男性の場合、彼らの日本語への熱意は日本人女性に対する興味からきていることもまた珍しくなかったりもしたが。

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

カナダで日本人女性はモテる?理由

2018.07.13

この彼の場合は、日本に興味をもったきっかけはアニメだったそうだ。 

それはさておき、そのカナダ人男性が話す日本語は、たどたどしくはあるものの、発音は上手だと思った(いかにも「ガイジン」というような巻き舌の発音ではなかった)し、一生けんめい日本語で話そうとする姿勢が伝わってきていた。

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28

こんにちは。
わたしのなまえは、あだむ、です。
あなたのおなまえは、かなさん、ですね。
あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか?

そんな人の日本語を「かわいい」と言いつつ、「変」だと笑っている日本人男性を見たとき、自分がホームスティをしていた頃のこと、ホストファミリーから自分の英語を笑われていたときのことを、思い出した。

カナダで英語を話すと笑われていたこと

私はカナダでワーホリを始めた当初、語学学校に通うとともに、バンクーバー郊外でホームスティをしていた。

ホームスティ初日、ホストブラザーから

Hi, how are you?

と言われたので、中学校で習ったとおりに

Cana
I’m fine, thank you, and you?
と答えたら、初対面で爆笑された。

英語全く話せない&できない初心者でワーホリはキケン!

2018.07.28

さらにたとえば一緒に夕飯を食べている時などに、私が英語で何かを言うと、ホストブラザーが私が言ったことをマネして笑い、それでホストペアレンツも一緒に笑ったりしていたことが、あった。

最初のころは

あ〜この人たちは私の英語が下手だからって変に気をつかわない、正直な人たちなんだなあ。

と思って気にしていなかったし、それどころかむしろ自分も一緒に笑ったりしていた。

しかしそれも回数を重ねるうち、

Cana
そんなに私のこと笑うなら、自分達も一回日本に行ってみたら?
今は英語が話せる場所(カナダ)にいるからそんな風に笑っていられるかもしれないけど、日本に行ったら英語なんて通じないから、きっと私の気持ちがわかるよ!

・・って英語で言ってやりたい!!

と思いながらも、当時の私にそんなことが言えるわけもなく、やっぱり気にしないふりをして愛想笑いをしていた。

カナダワーホリ・ホームステイを経験した感想とトラブルの話

2018.07.25
補足
誤解のないように言っておくと、バンクーバーでブロークンな英語を話しても、笑われることはフツウはあんまりない。私のこのホストファミリーはあくまでも例外、だったと思う。

バンクーバーは移民が多く暮らしている町であるため、「英語が母国語ではない人の英語」にも慣れている人が多いと思う。(もちろん個人差はあるので、迷惑そうな顔をされたり、邪険な扱いを受けたりしたことはあったが。)

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17

たしかに、日本人ではない人が話すたどたどしい日本語を聞いて、それが男性であれ女性であれ、「かわいい」と思う気持ちは私にもよくわかる。

それに英語は国際的に広く使われている言語だけど、日本語はそうではない。

だから日本人は「外国人が話す日本語」というものにも、慣れていない。

でもだからと言って、それを笑うのはやっぱり失礼ではないだろうか?

英語も日本語も「文化」が欠けると不自然に聞こえる

語学学校に通っていた頃の

自分が話していた英語
も、
その
カナダ人男性が話していた日本語
も、
「単語の一つひとつ」は完全に
英語
だったし、
日本語
だったと思う。

でも当時の自分が話していた英語には

英語の文化
が抜け落ちていた。
文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

「英語の文化」がない英語とはどういうことか

バンクーバーでホームスティをしていた3ヶ月、私は語学学校に通って英語を勉強していた。

3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないので友達できない!アジア人英語はわかった

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
「これだけ勉強しても話せないとなると、一体何をどうすれば良いのか・・」と悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05
先生
日本語では「礼儀正しいこと・丁寧であること」が重視されていると思いますが、英語の文化では「フレンドリー」であることが重視されます

日本で英語を勉強していた時、それにカナダで語学学校に通っていた時も、私はそんなこと一度も考えたことがなかった。

だから「習慣」的に、日本ではこうだから

Hello!

と言いながらおじぎをしたり、

Thank you(ありがとう)

と言うべき場面で

Sorry」(すみません)

と言ったりしていた。

初心者でも英語で会話が続くようになった!勉強法

2018.07.04
でもそれは、
英語
日本語の文化
が混ざっているから、カナダの人たちにとっては、不自然に見えて当然なのだった。

「日本語の文化」がない日本語とはどういうことか

一方、このカナダ人男性が話していた日本語には

日本語の文化
がなかったと言える。

先生
これも日本語と英語の「文化の違い」なのですが、日本語では「謙遜」が美徳とされていますから、自己主張はあまり好まれません。

そのため日本語では、「主語」を何度も言うよりも、省略した方が自然に聞こえます。

でも英語は「自己主張の文化」ですので、「 I(アイ=自分)」という主語なしには、ほとんど会話が成立しません。英語では、日本語に比べて主語が省略されることはずっと少ないのです。

確かにあのカナダ人男性が話していた日本語は、一見すると言葉づかいは丁寧ではあるが、全ての文章に主語(わたし・あなた)が入っていた。

だから、不自然に聞こえたのだった。

<主語あり>
こんにちは。
わたしのなまえは、あだむ、です。

あなたのおなまえは、かなさん、ですね。
あなたは、にほんの、どちらのしゅっしんですか?

<主語なし>
こんにちは。
○○です。

(あなたの)おなまえは、かなさん、ですね。
にほんの、どちらのしゅっしんですか?

単語を暗記するより「英語の文化」を学ぶ方が早く英語が話せるようになる

私の英語も、このカナダ人男性の日本語も、話していた言葉(単語)自体は完全に

英語
だったし、
日本語
だった。

でもどちらもそれぞれの言語の「文化」が欠けていたから、不自然になっていた。

語学学校に通って、同時にホームスティをしていた頃は、自分の英語を笑われるのがくやしいし悲しいしで、

もっと英語を勉強しなくては

単語をおぼえなくては

と思い、実際に単語を毎日暗記していた。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

でもこの例からもわかる通り、まず言語の「文化」を学ぶことができれば、たとえ知っている英単語の数は少なくても、「自然」な英語を話すことができる。

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14

まとめ

私はカナダではじめ語学学校(ESL)に通ったけれど、そこでの勉強は日本の学校で受ける英語の授業と変わらなかった(単語や文法を覚えて、授業の大半は先生の話を聞いている)ため、3ヶ月たっても自分が英語を話せているとは思えなかった。

ホストファミリーから英語を笑われたり、カフェでコーヒーを1杯頼むのすら緊張の連続で、

辛い、帰りたい・・

と思うこともあった。

でもその後現地で、英語の学び方を変えてからは、ネイティブとも会話が弾んだり、「日本人の英語っぽくないから日本人だと思わなかった」と言われたり、「英語が自然」と言われるようになり、もう留学が「辛い」とは思わないようになっていた。

留学の感想は「自信がついた!」カナダでの経験談

2018.07.16

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng