日本人女性は海外でモテる?人気?住んでわかった本当の理由

カナダ・バンクーバーの公園にある像

カナダ・バンクーバーの公園にある像

海外で日本人女性はモテる、人気だとよく言われる。

理由は「日本人女子は小柄で静かで黒髪がエキゾチックだから」と。

しかしそれは建前でカナダで留学中に見聞きした限り日本の成人コンテンツの影響が大きいのだった。

日本人女性は海外でモテる?人気?

カナダに住んでいる日本人女性は、道で・スーパーで ・バスで・カフェで・・

やたら男性から声をかけられる!?

と思ったことがあるのではないだろうか。

カタコトの日本語

たとえば私がワーホリ留学していたカナダ・バンクーバーのダウンタウンを歩いていると、男性とすれ違うときなどに突然日本語で挨拶されることがよくあった。

コンニチハ~!

ゲンキデスカ~!

アリガト〜!

といった感じで、どうも彼らは、とにかく日本語を言えばこちらが反応すると思っているようだった。

補足
実際自分も、カナダで生活を始めたばかりで、まだ英語に自信がなかった頃、現地の人に日本語で話しかけると無視することができなかった。
カナダで野生のクマを何度か見た

留学する女子に注意してほしいこと!カナダ留学経験者から

2018年9月29日

中には悪意をもつ人もいるので注意!

また当時ダウンタウンにある大きな図書館には、日本人と思しき女性に手あたり次第カタコトの日本語で話しかける、メガネをかけたアジア人の男が出没していた。

いつもは無視していれば何もないのだが、ある時などその男性の横を通り過ぎようとした瞬間、腕をつかまれそうになった。

とっさに

Cana
Don’t touch!(触らないで!)
と言って腕をふりほどいたけど、いきなり知らない人に腕をつかまれるなんて怖いし、めっちゃ腹が立った。

この時は既に英語が話せるようになっていたので、見知らぬ人から不快なことをされた時にもとっさに英語で対応することができたが、もしこれがカナダに着いたばかりの、英語もロクに話せない頃だったら・・。

絶対に何も言えなかったと思う。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

日本人留学生はセクハラに遭いやすい

別に日本人女性が好みだからと言って、イコール害があるわけではないし、道端で声をかけるところから交際に発展したり、結婚したりする人だっていて、それはそれでもちろん何も問題はないと思う。

けれどとくにカナダに着いたばかりの女性は、

現地の女性からは相手にしてもらえないタイプの人(カナダ人の友だちは「Loser (負け犬)」と呼んでいた)
が、アジア人、とくに日本人の女性を狙っていることが現実にある、ということを知っておいた方がよい。

道端で声をかけるだけなく、カフェなんかで行われる英会話サークルや、Pubやクラブなどの「留学生が多く集まる場所」を狙って出没する現地男性もいる。

自分が嫌な思いをしないためには、もし少しでも「変だな」と感じたら、距離を置いたり、周囲に助けを求めるべき。

というのも、自分も実際にカナダでワーホリ中に、現地の男性からセクハラを受けたことがある。

私だけでなく、

カナダ・バンクーバーの公園

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018年6月27日
ハグなどのスキンシップを装って身体を触られた、
カナダで旅行中、野生の鹿に遭遇

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

2018年7月2日
ホームステイ先でホストファミリーからセクハラを受けた、
カナダ・バンクーバーのEnglish Bay

カナダワーホリでホームステイを経験!感想とトラブルの話

2018年7月25日
などなど
angry-cat

海外留学で女子は遭遇注意!なチカンの実態

2019年7月28日
正直こんなのは氷山の一角に過ぎず、現地育ちの女性には絶対にしないようなことを日本人女性には平気でしてくる連中が、中には残念ながらいる。

カナダ人の友達ですら

バンクーバーで日本人の女の子は一番セクハラにあってると思う

と言っていた。

それくらい日本人女性は被害に遭いやすいのが現実だった。

カナダではあちこちで野生のリスを見る

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

2018年7月26日
カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日

韓国人でもなく中国人でもなく日本人女性が良い理由

日本人に声をかける男性を観察していると、彼らにとっては日本人も中国人も韓国人も外見だけで見分けるのは難しいため、とりあえずアジア人と見受けられる女性には片っ端から声をかけて、相手の反応を見ているようだった。

日本人も韓国人も中国人も、外見は似ているのに、なぜ「日本人」がよいのか?

ふしぎに思って現地の男友だち数人に聞いてみた。

するとわかったのは

同じアジア人でも中国人や韓国人は(もちろん個人差はあるが概して)気が強い。自己主張する。

対して、日本人女性はあまり自己主張せず、おとなしく、従順。

「女性は男性を立てて一歩下がるのがよし」という価値観をもっている人も多いため、男性側からすると快適。

→だから日本人女性がよい、ということだった。

カナダ・バンクーバーのスタンレーパーク

カナダで受けたカルチャーショックの例!日本は◯◯の国だった

2018年10月11日
補足
英語で、
「Heaven is an American salary, a Chinese cook, an English house, and a Japanese wife. Hell is defined as having a Chinese salary, an English cook, a Japanese house, and an American wife.」
(この世の天国とは、アメリカの給料をもらい、中国人のシェフを雇い、イギリスの家に住み、日本人の妻を持つことであり、地獄とは、中国の給料をもらい、イギリス人のシェフを雇い、日本の家に住み、アメリカ人の妻を持つことだ)
というジョークすらある。

たしかに日本では、女性が夫のことを「主人」と抵抗なく呼んでいるのをよく耳にする。
(夫が「主人」であるならば、自分は「従者(従う者)」だということになるので、個人的に私はこの言葉は使わない・・)

しかしそこで私はさらにギモンに思った。

そんな日本人女性のイメージを、海外の男性はどこから得るのか?

答えはネットの成人動画コンテンツ(ポルノ)であった。

もともと日本には江戸時代から「芸者」や「舞妓」といった、女性が男性をもてなす特別な職業が「文化」としてある。

それに加えて、海外には政治的な事情や宗教の問題だったりで成人コンテンツを禁止・規制している国も結構あるのだが、そういった「タブー」は日本にはない。(タブーどころか、日々量産されていると言ってもいい。)

そんな日本の成人コンテンツは今やネットを通して世界中で見られており、英語の成人動画サイトの中は「ANIME(アニメ)」や「HENTAI(変態)」といった、日本ならではのジャンルが成立しているものすら、あるらしい。

日本のオタク気質がそんなところにも発揮されていたとは・・。

日本のアイドル(akb)を見たアメリカ人と韓国人の反応比較

日本のアイドル(AKB)へのアメリカ人と韓国人の反応比較

2018年8月9日

まとめ

海外の男性に日本人女性がモテるのは「小柄でおとなしくて黒髪がエキゾチック」なことも理由の一つだが、実は男性にとって都合の良い、「願望」が強く反映された日本の成人動画をみてカンチガイしている外国人男性が、現実には数多くいる。

そして日本とカナダの文化(人々の考え方や価値観・行動パターンなどのこと)の違いを「悪用」して、現地育ちの女性には決してしないことを日本人女性には平気でする男性が、中にはいる。

culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
さらにそういう場合に
日本的な対応(「NO」と言わずに曖昧な態度をとる
をすると、さらに男性側のカンチガイを助長し、結果的には自分がさらに嫌な思いをすることになってしまう。

そのためとくに海外で「やたら男性から声をかけられる!」と思った場合、その男性が自分に近づいてきたIntention(意図)を、早い段階で見極めることが重要になる

見極め方についてはこちらの記事を参照してほしい↓

バンクーバーのダウンタウン

カナダ・バンクーバーで留学生はナンパされる!こう返事しよう

2018年7月15日
カナダで野生のクマを見た

カナダと日本の文化の違い!知ることが身を守る

2018年7月15日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly