海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

バンクーバーの公園にある像

バンクーバーの公園にある像

日本人女性は外国人男性からモテるとよく言われる。
自分がカナダにワーホリで住んでいた限りでは、たしかに日本人女性に好意的な男性は多かった。

でも一体それはなぜなのか?

日本人女性がモテるのは「小柄でおとなしくて黒髪がエキゾチックだから」というのは建前で、
わたしが実際に海外に住んで見聞きした限り、本当の理由はまったく別のところにあった。

日本人女性に手あたり次第声をかける現地男性

カナダのバンクーバーに住んでいる日本人女性は、道で・スーパーで ・バスで・カフェで・・・「やたら男性から声をかけられる!」と思ったことがあると思う。

カタコトの日本語

たとえばダウンタウンのメインストリートを歩いていると、男性とすれ違うときに急に日本語であいさつされる。

「コンニチハ~」とか、「ゲンキデスカ~」とか、「アリガト〜!」とか。(とにかく日本語を話せば反応すると思っているらしい)

私が現地でワーキングホリデー(ワーホリ)をしていた頃には、日本人と思しき女性に手あたり次第カタコトの日本語で話しかける、メガネをかけた中国人風の男がダウンタウンの図書館によくいた。

いつもは無視していれば何もないのだが、ある時などその男性の横を通り過ぎようとした瞬間、腕をつかまれそうになった。

とっさに”Don’t touch!”(触らないで!)と言って腕をふりほどいたけど、いきなり知らない人に腕をつかまれるなんて怖いし、めっちゃ腹が立った。

中には悪意をもっている人もいるので注意!

道端で声をかけるだけなく、中には、カフェで行われる英会話サークルや、Pubや、クラブなど留学生が多く集まる場を狙って出没する男性もいる。

別に日本人女性がすきだからと言ってイコール害があるわけではないし、実際にそういった場所から交際に発展したり、結婚したりする人だっている。

けれどとくにカナダに着いたばかりの女性は、「現地の女性からは相手にしてもらえないタイプの人」(カナダ人の友だちは loser ((負け犬))と呼んでいた)が、アジア人、とくに日本人を狙っていることも現実にあることを知っておいた方がよい。

そしてもし少しでも「変だな」と感じたら、距離を置いたり、周囲に助けを求めるべき。

韓国人でもなく中国人でもなく、なぜ日本人女性なのか?

日本人に声をかける男性を観察していると、彼らにとっては日本人も中国人も韓国人も外見だけで見分けるのは難しいため、とりあえずアジア人と見受けられる女性には片っ端から声をかけて、相手の反応を見ているようだ。

日本人も韓国人も中国人も、外見は似ているのに、なぜ日本人がよいのか。

ふしぎに思って現地の男友だち数人に聞いてみた。

するとわかったのは

・同じアジア人でも中国人や韓国人は(もちろん個人差はあるが概して)気が強い。自己主張する。

・対して、日本人女性はおとなしくて従順、「男性を立てて一歩下がるのがよし」という価値観をもっている人が多いため、男性からすると都合がよい。

→だから日本人女性がよいのだ、ということだった。

しかしそこで私はさらにギモンに思った。

そんな日本人女性のイメージを、海外の男性はどこから得るのか?と。

答えはネットの成人動画コンテンツ(ポルノ)であった。

アジアではわりと、政治的な事情や宗教の問題だったりで、成人コンテンツを禁止したり規制している国もあるが、日本にはそういったタブーがない。

量産される日本の成人動画は世界中で見られており、英語の成人動画サイトの中にすら ANIME(アニメ)やHENTAI(変態)といった、日本ならではのジャンルが成立しているものがあるらしい。

日本のオタク気質がそんなところにも発揮されていたとは・・。

まとめ

海外の男性に日本人女性がモテるのは「小柄でおとなしくて黒髪がエキゾチック」なことも理由の一つだが、実は男性の願望だけが反映された日本の成人動画をみて、かんちがいしている外国人男性が数多くいる。

カナダに来たばかりの日本人女性は、「やたら男性から声をかけられる」と思うかもしれないが、その人が近づいてきたintention(意図)をよく見極めることが必要。

日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違う!

2018.06.27

ワーホリや留学で危険な目にあわないために知ってほしいこと

2018.07.02

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng