海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

バンクーバーの公園にある像

バンクーバーの公園にある像

海外で日本人女性はモテるとよく言われる。

理由は「日本人女子は小柄で静かで黒髪がエキゾチックだから」と。

しかしそれは建前でカナダでワーホリ留学中に見聞きした限り日本の成人コンテンツの影響が大きいのだった。

ワーホリや留学の日本人女子に手あたり次第声をかける海外の男性

カナダに住んでいる日本人女性は、道で・スーパーで ・バスで・カフェで・・

やたら男性から声をかけられる!?

と思ったことがあるのではないだろうか。

カタコトの日本語

たとえば私がワーホリ留学していたカナダ・バンクーバーのダウンタウンを歩いていると、男性とすれ違うときなどに突然日本語で挨拶されることがよくあった。

コンニチハ~!

ゲンキデスカ~!

アリガト〜!

といった感じで、どうも彼らは、とにかく日本語を言えばこちらが反応すると思っているようだった。

補足
実際自分も、カナダで生活を始めたばかりで、まだ英語に自信がなかった頃、現地の人に日本語で話しかけると無視することができなかった。

留学する女子に注意してほしいこと!

2018.09.29

中には悪意をもつ人もいるので注意!

また当時ダウンタウンにある大きな図書館には、日本人と思しき女性に手あたり次第カタコトの日本語で話しかける、メガネをかけたアジア人の男が出没していた。

いつもは無視していれば何もないのだが、ある時などその男性の横を通り過ぎようとした瞬間、腕をつかまれそうになった。

とっさに

Don’t touch!(触らないで!)

と言って腕をふりほどいたけど、いきなり知らない人に腕をつかまれるなんて怖いし、めっちゃ腹が立った。

もしこれが英語が話せない頃だったら・・

私はカナダでワーホリを始めた当初、語学学校に通っていたのだが、3ヶ月通っても「自分が英語を話せている」とは思えなかった。

当時は、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強していた。

そして学校の「中」であれば「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04
というのも
学校で習う教科書の英語
と、
現地のネイティブが話す英語
には違いがあるのだが、そういったことも当時はわからなかった。

英語全く話せない&できない初心者でワーホリはキケン!

2018.07.28

語学学校とは何?1週間〜1ヶ月通うとわかる「ESL英語」

2019.03.14

だからたまに語学学校の「外」でネイティブの人と英語で話す機会があったとしても、

会話を続けること自体が難しい・・
と感じていた。

こんなに毎日英語を勉強しても話せないのなら、これ以上何をどうしたらよのか・・

悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
そこで英語の単語」文法」 だけでなく

英語の「文化」や、

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

「発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13

を学ぶようになり、今度は同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

この時は既に英語が話せるようになっていたので、

見知らぬ人から不快なことをされた時
にもとっさに英語で対応することができたが、もしこれがカナダに着いたばかりの、英語もロクに話せない頃だったら・・。

絶対に何も言えなかったと思う。

英語全く話せないまま語学留学するとつらい!現地での経験

2018.07.03

日本人女性はセクハラに遭いやすいという問題

別に日本人女性がすきだからと言ってイコール害があるわけではないし、道端で声をかけるところから交際に発展したり、結婚したりする人だっていて、それはそれでもちろん何も問題はないと思う。

けれどとくにカナダに着いたばかりの女性は、

現地の女性からは相手にしてもらえないタイプの人(カナダ人の友だちは「Loser (負け犬)」と呼んでいた)
が、アジア人、とくに日本人の女性を狙っていることが現実にある、ということを知っておいた方がよい。

道端で声をかけるだけなく、カフェで行われる英会話サークルや、Pubやクラブなどの、留学生が多く集まる場を狙って出没する現地男性もいる。

そしてもし少しでも「変だな」と感じたら、距離を置いたり、周囲に助けを求めるべき。

というのも、私も実際にカナダでワーホリ中に、現地の男性からセクハラを受けたことがあるし、

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

日本人留学生が多くいる場にわざわざ来て女性に年齢をしつこく聞く現地男性、

カナダ留学する女性に注意!女子が遭遇するこんなチカン

2019.07.28

ハグなどのスキンシップを装って身体を触ろうとする現地男性などなど・・。

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

2018.07.02

正直こんなのは氷山の一角に過ぎず、現地育ちの女性には絶対にしないようなことを日本人女性には平気でしてくる連中が、中には残念ながらいる、ということ。

カナダ人の友達ですら

バンクーバーで日本人の女の子は一番セクハラにあってると思う

と言っていた。

それくらい日本人女性は被害に遭いやすいのが現実である。

カナダ留学で日本人女子が一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07

韓国人でもなく中国人でもなく日本人女性が良い理由

日本人に声をかける男性を観察していると、彼らにとっては日本人も中国人も韓国人も外見だけで見分けるのは難しいため、とりあえずアジア人と見受けられる女性には片っ端から声をかけて、相手の反応を見ているようだった。

日本人も韓国人も中国人も、外見は似ているのに、なぜ「日本人」がよいのか?

ふしぎに思って現地の男友だち数人に聞いてみた。

するとわかったのは

同じアジア人でも中国人や韓国人は(もちろん個人差はあるが概して)気が強い。自己主張する。

対して、日本人女性はあまり自己主張しないので、おとなしく、従順。

「女性は男性を立てて一歩下がるのがよし」という価値観をもっている人も多いため、男性側からすると快適。

→だから日本人女性がよいのだ

ということだった。

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11
補足
英語で、
「Heaven is an American salary, a Chinese cook, an English house, and a Japanese wife. Hell is defined as having a Chinese salary, an English cook, a Japanese house, and an American wife.」
(この世の天国とは、アメリカの給料をもらい、中国人のシェフを雇い、イギリスの家に住み、日本人の妻を持つことであり、地獄とは、中国の給料をもらい、イギリス人のシェフを雇い、日本の家に住み、アメリカ人の妻を持つことだ)

というジョークすらある。

たしかに日本では、女性が夫のことを「主人」と抵抗なく呼んでいるのをよく耳にする。
(夫が「主人」であるならば、自分は「従者(従う者)」だということになるので、個人的に私はこの言葉は使わないようにしている・・)

しかしそこで私はさらにギモンに思った。

そんな日本人女性のイメージを、海外の男性はどこから得るのか?

答えはネットの成人動画コンテンツ(ポルノ)であった。

もともと日本には江戸時代から「芸者」や「舞妓」といった、女性が男性をもてなす特別な職業が「文化」としてある。

それに加えて、海外には政治的な事情や宗教の問題だったりで成人コンテンツを禁止・規制している国も結構あるのだが、そういった「タブー」は日本にはない。(タブーどころか、日々量産されていると言ってもいい。)

そんな日本の成人コンテンツは今やネットを通して世界中で見られており、英語の成人動画サイトの中は「ANIME(アニメ)」や「HENTAI(変態)」といった、日本ならではのジャンルが成立しているものすら、あるらしい。

日本のオタク気質がそんなところにも発揮されていたとは・・。

留学する女子に知ってほしい海外から見た日本人女子の印象

2018.08.09

まとめ

海外の男性に日本人女性がモテるのは

小柄でおとなしくて黒髪がエキゾチック
なことも理由の一つだが、実は男性にとって都合の良い、「願望」が強く反映された日本の成人動画をみてカンチガイしている外国人男性が、現実には数多くいる。

そして日本とカナダの文化(人々の考え方や価値観・行動パターンなどのこと)の違いを悪用して、現地育ちの女性には決してしないことを日本人女性には平気でする男性が、中にはいる。

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

さらにそういう場合に

日本的な対応(「NO」と言わずに曖昧な態度をとる)
をすると、さらに男性側のカンチガイを助長し、結果的には自分がさらに嫌な思いをすることになってしまう。

そのためとくに海外で「やたら男性から声をかけられる!」と思った場合、その男性が自分に近づいてきたIntention(意図)を、早い段階で見極めることが重要になる

見極め方についてはこちらの記事を参照してほしい↓

カナダで日本人女性はよくナンパされる!?こう返事しよう

2018.07.15

カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

2018.07.15

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng