なぜ日本人は英語が話せないのか?多言語国家カナダで学んだ事

なぜ日本人は英語が話せないのか?

カナダのバンフ

日本人は学校で英語を何年も勉強するのになぜ英語が話せないのかと疑問に感じたことはないだろうか。

私はカナダ留学を始めた時全く英語が話せず、これまでしてきた勉強は一体何だったのだろう?とよく思った。

現地で英語が話せるようになって知ったのは「日本式の英語の勉強=暗記」で話せるようになる方がむしろ難しいということだった。

日本人はなぜ英語が話せないのかという疑問

カナダのバンクーバーでワーホリ留学をした時に通っていた語学学校(ESL)でのこと。

「発音」の授業で、教科書に載っている発音記号を見ながら各自、発音を練習している時のことだった。

補足
海外の語学学校に通えば世界中の国から来た留学生と知り合いになれる、と思うかもしれないが、私が通っていた学校では生徒の90%が日本人または韓国人だった。

学校を決める前にもらったパンフレットの写真では、世界各国からの留学生が一緒に勉強しているような印象を受けたが、行ってみたら全然違った。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、「日本人がワーホリや留学でよく行くような都市」であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16


その日その教室にいたのは、私を含め15人のクラスメイト全員が日本人だったのだが、おもむろに先生が

なんで英語の発音はこんなに難しいのかって、よく聞かれるんだけど・・

と話し出した。

私はカナダに来てからずっと自分のいかにも「カタカナ英語(日本語英語)」な発音に悩んでいたので、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
その先生の言葉に耳を傾けていた。

「アジアの言語」は英語とは全然違っていて、アジア人の発声器官は「アジアの言語」に適した作りになっている。

何百年・何千年の時間を経て、それがDNAレベルで固定されるようになった。

だからアジア人が英語を発音するのは難しいし、英語を自然に話せるようになるのも難しい。

と言うことだった。

「先生」が言うことを聞いて、私は

まじか・・。

じゃあアジア人である自分は、その分英語をたくさん勉強しないといけないし、練習しないといけないんだな・・

と、暗い気持ちになった。

みんなそれぞれ声を出して発音の練習をしている時だったので、先生の話を聞いている人もいれば、聞いていない人もいたと思うが、私の隣の席のクラスメートなどは

こんなに苦労するなら、最初から英語圏の国に生まれたかったよ〜。

と小声で言っていたりした。

補足
ただし後から知ったことは、私が通っていた語学学校(ESL)の先生達は、とくに「外国人に英語を教える」ための専門的な教育やトレーニングを受けてきたわけではない、という事だった。
単に「他の仕事が見つからなかったから英語を教えているだけ」なんて生徒の前で話す先生すらもいた・・。

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通った感想

2018.06.22

日本人だから英語が話せない、のは大間違い

その先生には、その後

あなたには吃音障害がある

とも言われ、カナダで英語を勉強することを諦め、帰国しようかとも思ったほどだった。

だけど、その後

語学学校で習うような英語の勉強の仕方
変えて、英語が話せるようになってから、カナダの人からも発音を褒められたりするようになってから思ったことは、

語学学校の「外」には「英語を流暢に話すアジア人(日本人)」なんてフツ〜にたくさんいるじゃん

ということだった。

たしかに語学学校(ESL)の「中」にいてはなかなか実感しづらい事だったのだけど、
アジア人だろうが何人だろうが、
「英語圏の国」で生まれて「英語を話す人たちに囲まれて」育てば、
誰だって

イングリッシュ ネイティブ スピーカー
になるのであり、
両親がどこの国出身であるとか、肌や髪や瞳の色が何色であるとかは一切関係がない。

補足
「ネイティブ スピーカー」の定義についてはこちらの記事を参照。

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018.08.09

「アジア人」は英語が話せるようになるのは難しい

のではなく、正確には

「語学学校に通うアジア人」には英語が話せるようになるのは難しい

ということがよくわかるようになった。

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない」!

2018.10.31

カナダ育ちのアジア人は英語に悩まない

たとえば

「両親がアジア人」であるため自分も「身体的には完全にアジア人」だが「生まれも育ちもカナダ」

だと言うアジア人の友達や知り合いが何人もいるが、その人たちが
「英語が話せなくて、または英語の発音ができなくて、苦労した」なんて一度も聞いたことがない。

「両親が日本人」で「生まれも育ちもカナダ」の

Japanese Canadian:日系カナダ人
の人も何人か知っているが、彼らにとっても英語は単に
Mother tongue(母国語)
以外の何でもない。

むしろ中国語だったり韓国語だったり日本語だったりする「両親の母国語」、つまり本来なら自分の母国語になっていたかもしれない「アジアの言語」を「第二言語」として習得することに苦労した、と言っていた。

補足
だから自分の名前(中国名)の漢字以外は書けないし読めないと言うChiniese Canadian(中国系カナダ人)の友達もいる。

英語のバイリンガルになるには?カナダで学んだ近道

2019.01.27

もし語学学校のあの先生が言っていたことが本当なら、
私の「カナダ生まれ・育ちのアジア人」の友人達のDNAレベルで固定されていたはずの「アジアの言語に適した発声器官」は、
全員が全員、カナダで生まれ落ちた瞬間に「英語に適した発声器官」に突然変異したということになる・・。

だから後になって思ったのは

アジア人だから自然な英語を話せるようにならない
なんて、
かなり差別的だし、自分の指導力不足の可能性について考えないための言い訳ではないのか、ということだった。

母国語を決めるのは「何人か」ではなく「生まれ育つ場所」

両親がどこの国の人であろうが、見た目がアジア系であろうがなかろうが、

英語圏の国で生まれて育った子ども
であれば、誰でも英語を話すようになる。

それはなぜなら、「ヒトが最も自然で、最も楽に言語を身につけることができる5つのステップ」を、
1つ目の文化(人々の考え方や価値観などのこと)」から成長の過程で順番に経験することができるから。


カナダで留学中、語学学校に通っても自分が「自然な英語が話せている」と思えなかったのは、その5つのステップのうち3つも抜けた英語の「勉強」を続けていたから、つまり
日本式の英語教育(単語や文法の暗記と、先生の話のリスニング)
をカナダにいてもなお続けていたからだった。

つまり日本でしていた「英語の勉強」と、カナダでしていた「英語の勉強」には、

日本語で教わるか英語で教わるか
という、ただそれだけの違いしかなかった。
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
語学学校に通ったものの、「自分が英語を話せている」という気がせず悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンレッスンで習ったのが「ヒトが最も自然で、最も楽に言語を身につけることができる5つのステップ」であり、1番の文化から順に習うようになってから初めて、現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20

まとめ

「日本人だから」英語を発音するのは難しい。
「日本人だから」英語が話せるようになるのは難しい。
「日本人だから」英語が話せるようになるのは時間がかかる。

今まで数え切れない多くの人たちからそんな言葉を聞いた。

でもそれって本当は、「日本人だから」ではなくて
「日本式の英語学習(集団授業で暗記とリスニングばかり)をしているから」難しくて、時間もかかってしまっているだけ。

反対に「日本式の英語学習」をしなければ、日本人であろうが何人であろうが英語を話すようになるのは難しくない。

ということを、自分もカナダで実際に経験して実感したし、同じように英語を学んだ友達を見て、思った。

補足①
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」と「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立され、留学やワーホリで海外生活をするのに英語に自信がない、またはすでに留学やワーホリをしているけれど英語に自信がもてない方を助けるためのレッスン(「Rescue English」プログラムをしておられます。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさん複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

「英語圏の国であるカナダ」と「日本」とでは、文化が異なるため、日本でいくら英単語や文法を暗記しても、日本語のフィルターを通して英語を考えてしまいがちです。

例えば

  • 「What’s up?」はスラングでカジュアルだから使うべきではないと考えたり。

バンクーバー留学!語学学校でスピーキング伸びないのはナゼ?

2019.02.02
  • 日本で英語を勉強してもインプット(英語を暗記し頭に入れること)ばかりになりますが、
    海外ではアウトプット(英語を口から出すこと)を求められるため対応できずに悩んだり。

海外留学の英語準備はまずスピーキングを伸ばす勉強から!

2018.08.20
  • 日本でたとえ10年英語を勉強してきていても「大人っぽい自然な会話」が英語でできず、いざ海外に行こうと思っても不安になったり。

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018.07.28

そのため全部で8〜12ヶ月かけて日本にいる間からしっかり英語を準備し、自信を持って海外生活を始められるようになっているそうです。

2019年5月に来日中の先生の写真

2019年5月に来日中の先生の写真

日本にいる間に、日本とカナダの「文化」の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことばを学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

ワーホリで接客のアルバイト!知っておきたい日本との違い

2019.02.17

カナダ人の生活・ライフスタイル!日本との違い

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study=石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。詳しくは下の記事をご覧ください。
lesson-in-japan画像なおご希望される方は、ご両親も体験レッスンや日本でのレッスンに参加できるそうです。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
補足②
また、私もカナダでワーホリ留学中に参加した、
先生も必ず1人以上同行し、カナダやアメリカ、南米などを旅行しながら英語を学ぶ
「言語冒険旅行(English Experience Expedition:EEE)」、

来年はヨーロッパでも開催予定で調整中だそうです。

言語冒険旅行:フランスのエッフェル塔

言語冒険旅行:フランスのエッフェル塔

言語冒険旅行:フランスの凱旋門

言語冒険旅行:フランスの凱旋門

言語冒険旅行:スペインのサグラダ・ファミリア

言語冒険旅行:スペインのサグラダ・ファミリア

フランス・スペイン・イタリア・イングランドを1ヶ月かけて巡り、
「英語」だけでなく「フランス語」・「スペイン語」・「イタリア語」も実践的に「経験」しながら学べる
のが特徴です。

「言語冒険旅行」も含まれる、レッスンが今だけ割引価格で受けられる「お正月割引」の受付も開始されているそうです。

ご興味のある方は「はじめに」のページに記載の方法からご連絡ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。