ワーホリの失敗!海外まで行って何も変わらない、を防ぐ方法

カナダ・バンクーバーのFalse Creek

カナダ・バンクーバーのFalse Creek

カナダのバンクーバーでワーホリ中、日本人の友達と「自分達がカナダに来た理由は何か。なぜワーホリをしたかったのか?」という話をしたことがある。

私たちが出した答えは、「まず英語が話せるようになりたかったから」。

そして「ワーホリをすることによって『何か』を変えたいという思いがあったから」。

カナダでワーホリをする目的が、「日本の『仕事仕事!』の忙しい生活を忘れてカナダでのんびりしたい」、「別に英語は話せたって話せなくたってどっちでもいい」という人も中にはいるのかもしれない。

でも私はバンクーバーでワーホリをして「そろそろ1年がたつのに、英語が思ったほど話せなくて、このままじゃ帰れないからもう少し滞在を伸ばす」という人に何度も出会った。

だからやっぱり大多数の日本人がワーホリをする一番の目的は『英語』だと思う。

そして「ワーホリして『何か』を変えたい」、の『何か』とは、突きつめて考えると『英語が話せない自分』だったのではないかとも思う。

家族や友達がいて、仕事もあって、日本は本当に便利で、戦争や紛争も長年なく、世界的に見ても「住みやすい国」になるのだろう。・・でも自分はこのまま「日本しか知らない状態」で歳をとっていきたいのだろうか?

海外で生活することで自分の視野を広げて、「英語が話せる自分」になって、仕事・キャリアにもつなげたいし、人間関係も広げたい、Better Future(よりよい未来)を得たい。

どうやら私も友達も、ほぼ同じようなことを考えていたらしい。

頭が良い人しか英語が話せるようにならない、は大間違い

東京での講義

語学学校の授業イメージ

私はカナダのバンクーバーでワーホリを始めたころは語学学校(ESL)に通っていた。

学校に通うようになって気づいたことは、「海外の語学学校の英語の授業」と「日本の学校の授業」の大きな違いは、「先生がネイティブで授業がすべて英語で進行する」ということくらい、だということ。

カナダではじめの3ヶ月は語学学校に通い、10人以上のクラスメイトと一緒に、授業時間の大半は先生の講義を聞き(リスニング)教科書やワークブックを使って単語や文法やイディオムを暗記していた。

つまり日本で中高の6年間ずーーーっとしてきたような英語の勉強と同じで、結果、3ヶ月たっても私は「自分が英語を話せている」とはまるで思えなかった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない!」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

それで悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

英語マンツーマンレッスンの様子

Cana
それでやっと英語が話せるようになった!
と言うと、

でもそれはもともとあなたの頭がよかったからなんじゃないの?

とか

マンツーマンレッスンを受ける前に語学学校に通ってたんでしょ? その蓄積があったからじゃないの?

とか言われることがあるのだが、まず「英語が話せること」と、「頭の良し悪し」は関係がない。

私も以前はテレビなどで英語を話している日本人を見るたび、「英語が話せるなんて頭良いんだろうなあ〜」と思っていたものだった。

が、もし本当にそうであるなら、英語が話せない日本人は全員頭が悪くて、英語が話せる英語圏の人たちは全員一人残らず頭が良い、ということになる。

・・考えるまでもなく、そんなわけがない。

現実には、英語圏の国で生まれて育てば、どんな人でも「ネイティブ・イングリッシュ・スピーカー」になれる(ちょうど日本で生まれて育った私たちがとくに意識することもなく「ネイティブ・ジャパニーズ・スピーカー」になったのと同じように)のであって、そこに「頭の良し悪し」や「成績の良し悪し」や「IQの高低」は、まったく関係がない。

補足
「ネイティブ・イングリッシュ・スピーカー」の定義はこちらの記事を参照。

ワーホリで英語力はここまで伸びた!各レベルの解説つき

2018.08.09
先生
日本語でも韓国語でもフランス語でもアラビア語でもタミル語でも、何語でもよいです。一度でも何らかの言語を習得したことのある人なら、外国語も習得する(話せるようになる)ことは本来だれにでもできることなんですよ。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位(Applied Linguistic Science. Methodology of Teaching Foreigner Languagesと Psycho-Linguistics)を取得した英語学習の専門家で、大学で学んだことを基に「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

そのレッスンは、生徒は常に自分1人だけのマンツーマンレッスンで(今は2人以上の先生が担当してくれるコースもある。その場合も1回のレッスンにつく先生は1人)、授業時間の大半は先生ではなく自分が話すようになっており(スピーキング)教科書やワークブックは使わず、単語や文法やイディオムを暗記することなく、英語を学んだ。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

日本の学校教育で英語を(小)中高の6年間かけて「勉強」しても話せるようになる人が1人もいないのは、その方法があまりに非効率だから。「単語と文法(とイディオムや構文や会話文)を暗記」しているだけだから、だ。

私がカナダで受けたマンツーマンレッスンは、それまで日本で受けてきたどんな英語の授業とも、カナダの語学学校で受けていた英語の授業とも、180度違っていた。

だから蓄積も何も、語学学校に通ったことで私が英語を身につけるスピードが早くなったとは、少しも思えない。むしろ、スピードを遅くさせたと思う。(実際、語学学校には一度も通わず、日本にいる間はSkypeレッスンを受けていただけで、バンクーバーに着いてすぐ私と同じマンツーマンの英語レッスンを受け始めた人も知っているが、その人が英語を習得したスピードは私より速かった。)

カナダでワーホリ中に受けたマンツーマンの英語レッスンのポイント
①英語には「単語」「文法」の2つ以外にも学ぶべきものがあり、『全部で5つの学ぶべき英語の分野』がある。

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15

英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

2018.07.28

英語のスピーキング上達を実感!目からウロコの話しことば

2018.06.13

英語の文法わからない、が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

英語の単語を覚えるのが楽に!学校で習えない方法

2018.06.11

②英語を「暗記」でおぼえても、使わない知識は忘れてしまうから非効率であり、子どものころに母国語を習得したときと同じように「経験」しながら学べば忘れない。

ワーホリ中に旅行しながら英語を上達させた方法

2018.07.30

日本の学校教育で6年(またはそれ以上)かけて英語を「勉強」(=暗記)して、英語が話せるようになる人なんて1人もいないのに、それが場所を変えたら「英語が話せるようになる」なんてことは、起こらない。

いくら英語圏の国であるカナダに場所を移したとしても、日本でしていたことと同じこと(暗記)をくり返すだけである限り、一生かけたって英語は話せるようにはならない。

英語に使ったお金が「浪費」から「投資」になった時

私がカナダに行くまで海外にあまり興味も無ければ縁も無かった私の両親は、「カナダに行くことにした」と言われてもあまりピンときていなかった様子で、自分もその頃にはすでに「親に応援してもらえようがしてもらえようが、自分のことは自分で決める。だから口出しは無用」というスタンスだったので、すべて自分で働いて貯めたお金でカナダに行った。

自分で働いて貯めたお金だからこそ、その使い道にはシビアになる。

バンクーバーで何校も体験レッスンを受けたが、あまりピンと来るものがなく、そのため学校に行くことに不安はあったのだけれど、かといって当時は他にどうしたらよいのかわからなかったし、「結局は自分次第!」だと思って、自己投資として語学学校(ESL)に通うことを決めた。

「自己投資」のはずだったお金はしかし、語学学校を卒業する時には残念ながら「浪費」としか思えなかった。

それは「消費」ですらなかった。だってどう考えても、私は自分が払ったお金以上の効果を学校で得られたとは思えなかったから。

補足
ちなみに私が思う「投資・消費・浪費」の区分とは
投資=費やしたお金や時間<得られた効果
消費=費やしたお金や時間=得られた効果
浪費=費やしたお金や時間>得られた効果
である。

その後、英語を文化から学び始めた私は、やっと英語を習得する(話す)ことができるようになり、そうしたら私が英語に使ったお金(語学学校に使った分も含めて)は、今度は自分が英語を使ってする仕事への対価として回収することができるようになっていた。(帰国後の今も都内企業で英語を使う仕事をしている。)

いつの間にか「浪費」は「消費」へ、そして「投資」になっていた。

英語が「完璧」である必要はない

誤解のないように言っておくと、私は今でも自分の英語が「完璧」と思うことはない。(日本語だって「完璧」だとは思わない。)

英語でも(日本語と同じように)言いまちがえたり、書きまちがえたり、聞きまちがえたり、読みまちがえたり・・・しょっちゅうミスをしている。

日本で英語を勉強していた時、そしてカナダの語学学校(ESL)で英語を勉強していた頃は、英語でミスするのは悪いこと、恥ずかしいことだとばかり思っていた。

そしてミスを恐れれば恐れるほど、英語を話すのが怖くなった。

でもカナダでマンツーマンレッスンを受けるようになってからは、英語でミスをしたって(日本語でミスした時に日本語でカバーしているのと同じように)英語でもカバーすれば良いだけということがわかり、英語で話すのが怖くなくなった。

それどころか「もっと英語で話したい!」と思うようになり、レッスンで習うことをカナダで生活する中でどんどん使っていくことで、自然に英語を伸ばしていくことができた。

だから私は、マンツーマンレッスンで学ぶようになってから、英語勉強する、ということはあっても、英語勉強するということはしなくなった。

英語の資格、例えば帰国後に受けたTOEICだって、試験1週間前にやっと予想問題集を開いたぐらいで1冊やり通すこともできなかった(さすがに試験前はもう少し勉強しようと思っていたのだが、仕事が忙しくて無理だった)が、結果は970点だった。
TOEICスコア

カナダでのワーホリ中には、与えられた場所で自分なりに考えていろいろ試行錯誤をしていたら、ジョブオファーをもらうこともできた。(他に条件に当てはまる人がいなかったという好運もあったし、しかもそれでそのまま直ちにそこで働けるようになる、ということにはならなかったけども)

カナダでワーホリをしたことによって、私の『何か』は確実に変わったと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng