留学で英語を準備するには?暗記より効率良く学びたい

カナダ・バンクーバー

カナダ・バンクーバー

留学で英語を準備するには何をすべきなのだろうか。

留学する前、とにかく単語や文法やイディオムの暗記を頑張ろう!と思っていた。

けどいくら暗記してもスピーキングが上達しているという感覚はなく、カナダに着いたら現地の人の英語はとても早くて聞き取りも難しかった。

現地で英語を3ヶ月毎日勉強しても「英語を話せている」という気がせず悩んだが、その後英語を「暗記しない」方法で学ぶようになり、やっと「英語が話せている」と思えるようになっていった。

そして思ったのは、「英語という科目」はふつう「暗記科目」だと思われているけれど、英語を話すには「体育」や「音楽」といった「実技科目の一種」だと考えた方がしっくりくる、ということだった。

留学で英語を準備するなら暗記は勧めない

日本の学校の授業で習う英語の勉強とは、「暗記科目」であり、「机の上でする勉強」になっている。

でも実際のところ、「外国語を習得する過程」は「スポーツや楽器を習得する過程」と同じだと思う。

例えばスポーツや楽器を何か一つ選んで一気に力をつけようと思ったら、「一定の時間」をかけた「集中的なトレーニング(練習)」が必要だと思う。

当然試合やコンクールがあれば、その日に向けて練習をすることになる。

だからスポーツであれ音楽であれ、何かを習得するための一番の「近道」は、

そのスポーツや楽器の専門家である「コーチ」の元で、プレーや演奏の「ルール」や正しい「フォーム」について指導を受けながら、自分の「今のレベル」に合わせて「目標の期間」で「目指すレベル」に到達するためにはどうやって「練習」すればよいかを学ぶこと
ではないだろうか。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

英語をいくら暗記してもスピーキングは伸びなかった

日本でもカナダでも、本屋に行けばたくさんの英語勉強本が売られている。

文法。単語。例文集。発音。リスニング。TOEICやTOEFLなど英語の資格対策の教材。

補足
TOEICは日本や韓国ではかなりメジャーだけれど、他の国の人はほとんど知らなかった。

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃなかった!

2018.08.01

私はカナダでワーホリ留学をする前に

スピーキングを伸ばしたい

と思いながら、英語の教材を使って単語や文法やイディオムやらを暗記していた。

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

が、全くの「独学」でコーチ(先生)なんていなかったし、英語を話すためのルール(「英語の文化」)正しいフォーム(ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」)なども、その存在すら知らないし気にしたこともなかった。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

自分の「今のレベル(英語レベル)」もわからずどのくらいの「時間」をかければ自分が「目指すレベル(英語を使う仕事ができるレベル)」になるのかなんてもっとわからず、

とにかく英語の勉強=単語や文法の暗記

という発想しかなかった。

補足
さらに言えば、当時すでに自分の「英語学習歴」が「中学・高校ですでに6年」、「大学も入れれば10年」(英語が専攻ではなかったが「教養」として英語の授業はあったので)になっていることにも、全く気がついていなかった。

実際には英語とスポーツは同じようなものなのに、英語を「単なる暗記科目」として扱っているがために、
英語学習歴が「数ヶ月」ではなくて

◯年

◯十年

になっているのが、今の日本の一般的な英語学習の現状ではないかと思う。

逆に言えば、英語をスポーツと同じように扱えば、つまり英語でも「適切な負荷」を「適切な方法」でかけることができれば、短い期間でも飛躍的に力をつけることは、十分できる。

海外で英語を暗記するのも勧めない

海外で語学学校に通う人の典型的な生活パターンでは、まず一日5~6時間もの長い時間を、学校で机の前に座って過ごす。

自分の経験から言って、授業では教科書の中の例文を使って、隣の人と会話の練習をしたり、英文を作って発表したりして、一応教室の中では「英語で会話」することはできていた

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07

でも一歩学校の「外」に出て、「語学留学生の英語に慣れていない人(現地の一般の人たち)」と接すると、相手が何と言っているのかもわからないし、自分が話すことも理解してもらえない。

同じ留学生の友達や、外国人の英語に慣れている学校の先生となら英語で話せるけれど、それ以外の人とは会話が続かない・・。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08
続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学しても何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

「日本人のカタカナ英語」なら完璧に理解できるけれど、「ネイティブの英語」は全然わからない。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28
いつも聞き返して&聞き返されてばかりで会話がスムーズに進まないというのは、疲れるし、面倒くさいし、楽しくない。

・・それでは英語を習得しようというモチベーションを保つ方が難しいというもので、無意識に、または意識的に、英語圏の国であるカナダにいながらも放課後や休日は常に日本人の友達と一緒にいるか、部屋にこもって日本語の動画を見たり、日本語でネットサーフィンしたり。

ワーホリ留学で英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

そうしてどんどん自分で自分を「英語を使う環境」から遠ざけていく人に、たくさん出会った。

ワーホリが辛い・つまらないと言う人の共通点

2018.06.20

学校では「スピーキング」や「カンバセーション(会話)」に特化した授業というものも受けていたのだが、そこで教わるのもやはり、授業で習う「単語」や「文法」や「イディオム」を使った「会話文」を暗記して→授業の中で話す、というものだった。

しかしどれも「作り話」だし、その場限りの暗記なので、学校の「中」では使えるけど、「外」では使えなかった。

「話すための英語学習」と「暗記するための英語学習」の違い

2019.02.25

留学で語学学校に行くとよく聞く「日本語英語」トップ10

2019.03.14
悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。



注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

留学前にすべき英語の勉強とは

バンクーバーで語学学校に3か月通ったものの、教室の「外」で「英語を話せている」という気がしないため悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンの英語レッスンで、ある日先生からこう聞かれた。

先生
私はたくさんの日本人留学生やワーホリメーカーの生徒さんを教えてきたのですが、
Listening(リスニング)

Hearing(ヒアリング)
の違いを理解している方といのは本当に滅多にいないんですよね。

Canaさんは違いがわかりますか?

と。
Cana
え、え〜と? う~ん? 改めて聞かれると、何ですかね・・。 

ヒアリングは耳を傾けて聞く感じ? で、リスニングは聞くつもりはないけど耳に入ってくる感じ? でしたっけ?

あれ、逆かな?

・・I don’t know.(わかりません)

先生
日本で英語の「ヒアリング」を教わったことはないのですか?
Cana
全くないです(きっぱり)
先生
なるほど、だから日本人の生徒さんは「リスニング」と「ヒアリング」を逆に覚えている人が多いのでしょうか。

「リスニング」と「ヒアリング」は2つの別のものですから、よく覚えておいてくださいね。

私の授業では「リスニング」ではなく「ヒアリング」を教えます。

なぜなら「ヒアリング」を鍛えないと、英語で会話するのがいつまでたっても難しいからです。

Cana
えっ、「ヒアリング」を鍛えるってどういうことですか? 

私はあまり耳がよくないのでリスニングも苦手だし、不安なんですが・・

留学中に英語の発音矯正が必要か悩んだ→7日で改善した!理由

2018.07.28
先生
ここでは耳の良し悪しはそれほど重要ではないですよ。

2~3か月もすればCanaさんの「ヒアリング」は格段に良くなっているはずです。

会話で重要なのはリスニングよりも「ヒアリング」

私は日本で「ヒアリング」を習ったことがなければ、バンクーバーの語学学校でも習ったことは一度もなかった。

だから

・「リスニング」と「ヒアリング」はどう違うのか?
・その違いがなぜ重要なのか?
・そして「ヒアリング」をどうやって鍛えるのか?

当時の私のアタマの中は「???」だらけだった。

けれどレッスンが進むにつれ、実際に現地の人の英語が聞き取れるようになっていき、それにつれて英語でも会話が弾む(!)ということが増えていった。

結果的に、同じ3ヶ月で今度は現地のネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようにもなっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
そしてバンクーバーでマンツーマンレッスンで英語を習ってから、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強することはとくにないのだが、帰国してから受けたTOEICもほぼ満点の990点が取れた。
TOEICスコア

ワーホリ留学でTOEICは何点上がる?→970点になった

2018.11.23
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

まとめ

スポーツでも音楽でも、何かを習得するための一番の「近道」は、

そのスポーツや楽器の専門家である「コーチ」の元で、プレーや演奏の「ルール」や正しい「フォーム」について指導を受けながら、自分の「今のレベル」に合わせて「目標の期間」で「目指すレベル」に到達するためにはどうやって「練習」すればよいかを学ぶこと。

英語は暗記科目ではなく、スポーツ(体育)や楽器(音楽)と同じ実技科目。

自分の「現時点の英語レベル」「目指すレベル」を把握することなく、「間違ったフォームやルール(英語の暗記)」を何年続けても、それで英語が話せるようになるわけではない。

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09
反対に、自分の「英語レベル」や「目指すレベル」を知った上で、「適切な方法で」英語を学びさえすれば、自分が「目標とする期間」で英語が話せるようになるのは、全然難しくない。

「1年」どころか、おそらくほとんどの人が思っているのよりもずっと短い期間(数ヶ月)で十分だと私はカナダで実際に経験して思った。

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27
補足①
私がカナダで受けていたマンツーマンレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

それにより、ワーホリや留学を予定されている方は、まず日本にいる間に6ヶ月かけて「英語を準備」し、カナダでは「英語を使う仕事をするためのトレーニング」を1ヶ月間受けられるようになっています。

→合計7ヶ月の英語学習が今だけ56万円で受けられるそうです。

これにより、海外に着いてから英語に悩んだり勉強に費やす時間を大幅に節約することができます。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリ前の英語準備

補足②
無料体験レッスンを受けた方々から頂いた感想をご紹介します。(一部抜粋)

なんで日本では誰もこんな風に教えてくれないんでしょうか?(Mさん)

めっちゃシンプルで簡単だと思いました(Kさん)

前よりも自然でスムースに英語を話せている気がします(Iさん)

暗記しなくていいってこういうことなのかとわかりました(Eさん)

目からウロコでした(Nさん)

英語の文法わからない..が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
ご興味がある方は、下の「コメント欄」か、「コンタクト」ページ、または「LINE」からご連絡ください。

LINEのID→stop_study_speak_eng

LINEは

①ローマ字でお名前

②メールアドレス
③ワーホリや留学の予定時期と渡航先

をご明記ください。
(先生のレッスンは、ワーホリや語学留学をすると決定されている方が対象となっているそうです)

(*私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンのスケジュールや費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーさんへ直接お願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng