何カ国ワーホリしても英語ができない人の特徴

バンクーバーのLooout(展望台)

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国もワーホリしているのに「英語ができない」と言う人にワーホリ中度々出会った。

ワーホリ前には「海外に行けば話せるようになるので英語ゼロでワーホリしても大丈夫」と見聞きすることがあったが、現地に着いたら想像以上に英語が喋れない事実に直面して悩んだし、周りにも同じような人がたくさんいた。

現実として英語圏の国でワーホリしてもそれほど英語ができないまま帰国する人が大半なのはなぜなのだろうか?

答えは海外に行っても英語の勉強の仕方は日本と変わらないから、なのだと思う。

何カ国もワーホリしても「英語ができない」人の特徴

カナダでワーホリ留学中に

ここで英語を勉強したけど話せるようになってないから別の街や国に移って英語を勉強する

と言う人によく出会ったのだが、その度、私は不思議に思った。

◯◯に行きさえば英語が話せるようになると思う、その根拠は何なのだろう・・?

と。

なぜなら

◯◯に行けば英語が話せるようになるはず

と言う人がいる一方で、必ずそこには

◯◯で英語を勉強したが話せるようにならなくてバンクーバーに来た

人がいたから。

だとすると、英語の勉強のために場所をあちこち移るのは果たして得策なのだろうか?

ワーホリメーカーが向かう英語圏の国・都市

ここで英語を勉強したけど話せるようになってないから、◯◯に移って勉強する

の◯◯には、国や都市の名前が入る。

たとえば国なら、アメリカ・オーストラリア・フィリピン・イギリス・ニュージーランドなどの英語圏の国、または英語が公用語になっている国になる。 

都市なら、カナダで言えばトロント・カルガリー・モントリオールとか。

補足
モントリオールはフランス語圏だけれど、英語を学ぶための学校もそれなりにあるらしい。

このように◯◯に入る地名は無数にあり、

◯◯という場所で英語を勉強すれば話せるようになるはずだ

と言う人がいる一方、必ずそこには

◯◯という場所で英語を勉強したが話せるようにはならなかった

と言う人がいた。

でもちょっと待ってほしい。

じゃあ結局、一体どこに行けば英語が話せるようになるんだろうか?

ただ場所を変えれば英語が話せるようになるわけじゃない

ある人は

アメリカで語学学校に行っても話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーで語学学校に通う
と言い、

ある人は

バンクーバーで語学学校に行っても話せるようにならなかったから、今度はアメリカの語学学校で勉強する
と言う。

またある人は

オーストラリアの農場で外国人と一緒に働いても英語話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーのカフェで外国人と一緒に働く
と言い、

ある人は

バンクーバーのカフェで働いても話せるようにならなかったから、今度はオーストラリアの農場で外国人と一緒に働きたい
と言う。

さらにある人は

フィリピンで英語をマンツーマンで習っても話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーでチューターを雇って英語を勉強する
と言い、

ある人は

バンクーバーでチューターをつけてマンツーマンで英語を勉強したけど話せるようにならなかったから、今度はフィリピンに行ってマンツーマンで英語を勉強する
と言うのだった。

・・もうキリがないのでここで止める。

カナダ・トロントのナイアガラ滝

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018年12月6日
チューター(Tutor)とは?
バンクーバーではカフェや図書館などあちこちで、留学生がマンツーマンで英語を勉強しているのを見かけた。
チューターをする人は、ネイティブであることもあれば、そうではないこともあり、特別な資格も不要である。つまり英語を教える方にとっては、たとえ英語を教えるための専門知識も経験も資格もなにも持っていなくてもお金がもらえるので、良いおこづかい稼ぎになるのだそうだ。
私がマンツーマンレッスンで英語を習ったのは、英語を教えるための専門知識・経験・資格をすべて持っているティーチャー(Teacher)であり、チューター(Tutor)ではない。 

「失敗」になりがちなワーホリのパターン

「英語が話せるようになるために来た」はずのカナダで、実のところ使っているのは主に日本語で、多くの時間を一緒に過ごすのも、日本人の友達。

カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語力伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日
英語圏の国であるはずのカナダで生活をしてはいても、実のところ英語を「使って」はいない。

授業中ネイティブの先生の話をひたすら聞いていたり、教科書を読んだり、文法の問題を解いたり、単語の書き取りをして、
「知識を自分の頭の中に入れること(=インプット)」には一生懸命になるが、
「知識を自分の頭の中から外に出せているのかどうか(=アウトプット)」にはまったく無頓着。

図書館で勉強している人イメージ

英語学習とインプット・アウトプット!話すために必要なのは?

2018年8月20日
海外でもひたすら自分が「母国で長年やってきて慣れていること(=単語と文法を暗記して頭の中にしまい込む)」をし続ける。
ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
これを「クローズドマインド」と呼ぶ以外に何と言ったらいいのか、私にはわからない。
クローズドマインドとは
自分がすでに知っていることや慣れている事にだけ執着し、慣れていないことや新しい知識を受け入れないこと。
対義語は「オープンマインド」。
カナダのバンクーバー

オープンマインドの意味とは?実は英語習得のポイントだった

2018年9月24日

英語のためにあちこち引越せる人はお金持ちだと思う

私はバンクーバーでワーホリ留学を始めた当初は語学学校に通っていたのだが、3ヶ月経っても「自分が英語を話せている」という気がしなかった。

学校内では(留学生の英語に慣れている)先生や、クラスメイトとなら話ができても、学校を一歩外に出るとネイティブとは会話が続かないし、カフェでコーヒーを1杯注文するのすら緊張の連続だった。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通ってみて

2018年6月22日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
そんな時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、今度はその先生の英語レッスンプログラムを受けるようになった。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンのレッスンプログラムで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日
フィリピン・セブ島の夕日

セブ島留学は1ヶ月で効果が出せる!3ヶ月は長すぎる理由

2019年10月13日

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
そのレッスンが始まって少しして、語学学校の元クラスメイト(韓国人)にダウンタウンで偶然出会った時のこと。

近況の話になり、

Cana
今はマンツーマンの個別レッスンで英語を習ってるんだよ〜
と言ったところ、

ひぇ~、個別で英語を習う?! 君、お金持ちだね! 

と言われた。

でもその元クラスメイトは、その時点で私と同じ学校に私より長く、半年近くも通っていた。さらに、

バンクーバーはアジア人が多くて英語を話す機会がほとんどない。
だから今度はアメリカの語学学校に転校して、また半年英語を勉強する予定。

と言う。

あちこち移動して、しかもそこでまた学校に何ヶ月も通えるあなたの方が、よっぽどお金持ちだよ・・

と私は思った。

カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018年6月9日

変えるべきは「場所」ではなく英語を学ぶ「方法」

アメリカだろうがオーストラリアだろうがフィリピンだろうがイギリスだろうがニュージーランドだろうがトロントだろうがカルガリーだろうがモントリオールだろうが、「場所」だけ変えて「そこでしていること」は日本と何も変わらない。

単語を暗記して、文法を暗記して、イディオムを暗記して、「会話集」にのっている例文を暗記して・・・。

でもそうやって暗記したことは「現実の英会話」の中では、使えない。自分の口から、出てこない。

結局、「日本でしていたこと」をどれだけ場所を変えてどれだけ時間をかけてくり返しても、英語が話せるようにはなっていかない。

しかもそれは日本人ワーホリメーカーや留学生に限ったことでもない。

たとえば私がまだ語学学校に通っていたころに知り会った、韓国人クラスメイトのお兄さん。

その人はバンクーバーで6ヶ月生活し、まるまるその期間は学校に通い、放課後や週末にチューターすら雇って英語を「勉強」していた。

ではそんな彼がバンクーバーを発つ前日にしたことはと言えばm同じく韓国人のクラスメイトとカラオケ、だった。

補足
バンクーバーにもアジア人経営のKARAOKEがいくつかあった。しかし「カラオケに行こう」とは現地の友達からは一人も誘われなかった。つまり利用者はほとんどがアジア人留学生なのだった。

その人は帰国の直前、

僕はカナダで多くのことを学んだ

と言っていた。

バンクーバーで学校に6ヶ月間、最後の2ヶ月はチューターからも英語を教わり、その人はカナダでたしかに多くの単語や文法やイディオムの知識を学んだ、のかもしれない。

でも彼は、カナダで単語や文法やイディオムの知識なんかよりもっと重要なもの、つまりカナダの「文化」は、ちっとも学ぶことができなかったんじゃないだろうか。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ

2018年6月15日

カナダでは、単語や文法やイディオムの知識なんかよりもっと他に学ぶべきことがあるなんてこと、考えたことすらないんじゃないだろうか。

実のところ、彼が「カナダで学んだこと」は「別にカナダでなくても自分の国でいくらでも学べること」なのであって「カナダにいるからこそ学べること・学ぶべきこと」は、まったく学んでいないんじゃなかろうか。

4girls-green

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
カナダ・バンフのMoraine Lake

カナダの文化と英語上達の関係!は意外と知られてない

2018年7月4日
だってもし学んでいたならば、帰国前日にすることが 「韓国人の友達とカラオケ」なんてことには絶対ならないはずだから・・。

まとめ

どれだけ多くの英語圏の国でワーホリをしても、どれだけ多くの英語学校に通っても、どれだけ長い時間を英語学習に使っても、

英語が話せない

英語は難しい

と言う人はたくさんいる。

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない!」

2018年10月31日
いくら「場所」を変えても、単に「英語を勉強する期間」と「英語の勉強に費やすお金」が増えていくだけ。
カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日
・・だとしたら。

「どこで?」というのはそれほど問題ではなく、「どうやって、どういう方法で?」ということの方がよっぽど重要なんじゃないだろうか。

カナダ・バンクーバーのサイエンスワールド

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2018年8月2日
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
補足
下は、カナダのバンクーバーで私がワーホリ中に受けていたのと同じマンツーマンレッスンをカナダで受けられ、日本へ帰国後、希望の仕事の就職試験にパスされた生徒さんから先生に届いたメールの一部です。(掲載の許可を頂いています)

英語で届いたメール
One thing I need to tell you is about my job hunting.
Fortunately, I got a job which I wanted to work!! On some interviews, the interviewer asked me “Can you make a speech about any topics in English right now?”. Oh absolutely, I did it. Because you taught me a lot!! For instance, how to speak English, how to adjust myself to a different culture and so on. Thank you so much!! I appreciate that.
I realized that my experience in Canada make a lot of money for the future!!
(和訳:筆者)
 
私の就職活動について、あなたにお伝えしたいことがあります。
幸運なことに、自分がやりたかった仕事に受かることができました!!
面接では面接官から「今英語でちょっと話してみてもらえませんか?テーマは何でも良いので」と言われました。
もちろん、話しましたよ。
だって私はあなたから多くのことを教わったから!!
たとえば、英語はどうやって話したらいいのか、どうやって自分を違う文化に適応させるのか、といったことなどなど。
どうもありがとうございました。
私のカナダでの経験は、将来に渡ってお金を稼いでいくことにも繋がっているのだと気が付きました!!
カナダ・バンクーバーの朝

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018年12月30日
飛行機と空の写真

留学と英語レベルの関係!ESLと各段階の意味

2018年8月9日
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly