カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーのビーチ

バンクーバーは日本人ばかりでワーホリや留学しても英語を伸ばすのに苦労する。

カナダに行く前ネットに書いてあり不安になった。

実際行った感想はバンクーバーは日本人が多いのは事実だがそれ自体が必ずしも英語の上達を妨げるわけではない、ということ。

多国籍都市のバンクーバーだからこそ日本人と知り合う方がむしろ難しいという人すらいた。

「バンクーバーは日本人多い」は本当

私はカナダのトロントへは旅行したことがあったのだが、バンクーバーはワーホリ留学するまで行ったことがなかった。

だからバンクーバーでダウンタウンを初めて歩いた時は驚いた。

あちこちに語学学校(ESL)があり、通りを歩いてもバスに乗っても店に入っても、本当にどこにでも日本人がいて、日本語が聞こえてきた。

結局、英語や友達作りは自分次第

実際のところ、私が現地でワーホリ中に出会った日本人の中には

A:バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい

と言う人が多くいたが、

B:バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい

と言う人もいた。

私はカナダではじめ語学学校(ESL)に通っていた間は「A」だと思っていたけど、その後、現地のマンツーマンレッスンで英語を学ぶようになってからは「B」だと思うようになっていた。

カナダの冬の山

ESLの意味とは?カナダで3ヶ月通った感想

2019年3月14日

英語や友達作りに苦労する人とそうでない人

ワーホリや留学で海外に行けば自然に英語も伸びるし、ネイティブの友達だってできるはず

と思っている人が多いかもしれない。

私もカナダに行く前はそう思っていた。

が、実際のところ現地では

(日本人や韓国人など自分と同じ留学生の友達はいても)ネイティブの友達が1人もいない

と嘆くワーホリメーカーや留学生の方が、圧倒的に多かった。

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない」!

2018年10月31日

A:海外でネイティブの友達が1人もいなくて悩む人

B:海外でネイティブの友達もたくさん作れる人

とでは一体何が違うのだろうか。

カナダで人気のスポーツ、カヤック

ワーホリの友達の作り方!現地の友達ができない人がいる理由

2018年6月1日

ESLの生徒は大半がアジア人&ネイティブは先生だけ

カナダに着いてはじめの3ヶ月、語学学校(ESL)に通っていた頃。

私にはカナダ人の友達どころか、英語が流暢に話せる友達が1人もいなかった。

なぜなら語学学校(ESL)に通うのは、当然ながら自分と同じように英語を勉強している「留学生」に限られているし、しかもクラスの大半を日本人と韓国人が占めているから。

そこにいる「ネイティブ」は、先生だけ。

だから友達になるのも、「日本人や韓国人の友達」に限られるのは当然のことだった。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。
カナダ・バンクーバーの桟橋

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018年8月8日
バンクーバーの吊り橋(キャピラノブリッジ)

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018年11月16日

ESLの「外」ではネイティブとは話が続かない

バンクーバーでは3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
カナダ ・バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018年6月17日

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018年8月3日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日

バンクーバーでも「日本人以外の友達」は楽に作れる

語学学校には3ヶ月通ったものの、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」と思えず、その後知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。
カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日
バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018年8月3日

カナダ人の友達ができてわかったこと

そしてそこで初めて、英語を「英語の文化(人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のことなど)」から学ぶようになった。

英語を話すために学ぶべきこと1.文化

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018年6月15日

するとまず、ネイティブとも英語で会話が続くようになり、そうなると友達もできていき、

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日

英語の勉強をするためにカナダに来た

のではなく、

仕事や研究など、英語『以外』の目的があってカナダに来た

人たちとも知り合うようになり、それで初めて自分がそれまでいた世界(=語学学校)の狭さを思い知った。

人によってバンクーバーで生活する期間も色々ならば、バンクーバーに来た目的も色々。カナダ生まれ、カナダ育ちの人もいれば、ほぼ地球の反対側の国から来た人もいる。母国語も違えば、肌の色や目の色や髪の色も違う。

文化(考え方や価値観など)だって、当然違う。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語を「経験」して学び、スピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ英語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

「日本人だけで固まる」は日本でもできる

カナダに来て、日本人だけでつるんでいるというのも、まあそうしたい人はそうすればいいとは思うけれど・・でもそれって別にカナダにわざわざ来なくてもできること。

自分と「文化」が違う人たちと実際に出会って、話して、色んな考え方や価値観、それに経験を自分の中に積み上げていくことができるのが、海外で生活をする醍醐味ではないかと、私は思う。

英語が話せるようになってわかったことは、実のところ、バンクーバーでは英語が話せれば日本よりずっと現地の友達を作りやすいということ。

基本的にカナダ人はフレンドリーだし、特に夏はイベント尽くしだし、自分で動きさえすれば、友達を作る場所なんて自分次第でたくさんある。

カナダ・バンフのMoraine Lake

カナダの文化と英語上達の関係!は意外と知られてない

2018年7月4日

ただ、(当時の私のように)家と学校の往復だけの毎日では、そのことに気がつけない。

自ら進んで「箱」に入っていく留学生たち

マンツーマンレッスンで英語を習っていたとき、私は先生から

先生
英語を習得したいなら、BOX(箱:自分が既に知っていて慣れている環境や、考え方、それから常識)の外に出ることです

と教わったのだが、海外でも「日本でしてきたのと同じ英語の勉強の仕方(単語や文法やイディオムをひたすら暗記)」を続けることは、それ自体が「箱」に入ることだと言えないだろうか?

日本で(小)中高の6年も時間をかけても英語が話せるようになる人なんていないのに、場所だけ変えてまた同じ勉強をくり返しても、結果は同じである。 

私はそれをカナダで始めの3ヶ月、自分で経験し、痛感した。

カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日
カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通った感想

2018年6月22日

日本人留学生がネイティブの友達を作るのが難しい理由

同じバンクーバーで暮らす日本人でも、

A:バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい

と思う人と

B:バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい

と思う人がいる。

「箱」の中の人にとっては現地の友達を作るのは難しいが、「箱」から出た人には難しくない。

カナダで「箱」の中に留まり続けた人は、

1年海外で勉強しても話せないなんて、やっぱり英語は難しい
と感じ、日本に帰っても(さらに強固に)「箱」の中に留まり続ける。

たとえカナダから、さらに他の国に行ったとしたってそこは「箱の中」

そうして英語の「勉強歴」だけが、「10年」「20年」「30年」・・と増えていく。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018年8月3日
カナダ・トロントのナイアガラ滝

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018年12月6日

まとめ

私はバンクーバーでワーホリを始めた時、語学学校(ESL)に通っていた間はそこで出会う日本人や韓国人の友達しかおらず、英語も伸びないし、ネイティブの友達を作るのも難しい…と思っていた。

でも実際は、日本人(アジア人)が多くいるからと言って、それ自体が必ずしも自分の英語に影響するわけではない。

語学学校で10〜15人の日本人クラスメイトと同じ教室の中で英語を勉強していれば、それは当然、自分の英語に影響する。

しかしそうでなければ、バンクーバーに日本人が多く住んでいようがいまいが、自分次第でいくらでも英語を伸ばすことができると、自分の経験からも思った。

飛行機と空の写真

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018年8月9日
1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018年8月2日
ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。