バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない、わけじゃない

カナダ・バンクーバーのダウンタウン

カナダ・バンクーバーのダウンタウン

カナダのバンクーバーでワーホリ留学すると決めた時「日本人ばかりで英語が伸びない」とネットに書いてあったりして不安だった。

実際行ってわかったことは「日本人留学生が多いのは事実だが、それ自体が自分の英語に影響するわけではない」ということ。

「日本人が多い→ネイティブとあまり知り合えず友達ができない→だから英語もあまり伸びない」ではなくて、
「語学学校に行って日本人の友達といつもつるむ→英語伸びない」
になるのだと思った。

「バンクーバーは日本人留学生が多い」は事実

私はカナダのトロントへは旅行したことがあったのだが、バンクーバーはワーホリするまで行ったことがなかった。

だからダウンタウンを初めて歩いた時は驚いた。

あちこちに語学学校(ESL)があり、通りを歩いてもバスに乗っても店に入っても、本当にどこにでも日本人がいて、日本語が聞こえてきた。

結局、英語や友達作りは自分次第

実際のところ、私が現地でワーホリ中に出会った日本人の中には

A:「バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい」

と言う人もいれば、

B:「バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい」

と言う人もいた。

私はカナダではじめ語学学校(ESL)に通っていた間は「A」だと思っていたけど、その後、現地のマンツーマンレッスンで英語を学ぶようになってからは「B」だと思うようになっていた。

「ワーホリや留学で海外に行けば自然にネイティブの友達もできるはず」と思っている人が多いかもしれないが、私は現地で「(日本人や韓国人など自分と同じ留学生の友達はいても)ネイティブの友達が1人もいない」と言うワーホリメーカーや留学生に、たくさん出会った。

「ネイティブの友達が1人もいない人」と、「ネイティブとでも友達になれる人」とでは一体何が違うのだろうか。

ワーホリでネイティブの友達が1人もいない人がいる理由

2018.06.01

ESLの生徒は大半がアジア人&ネイティブは先生だけ

カナダに着いてはじめの3ヶ月、語学学校(ESL)に通っていた頃。

私にはカナダ人の友達どころか、英語が流暢に話せる友達が一人もいなかった。

なぜなら語学学校(ESL)に通うのは、当然ながら自分と同じように英語を勉強している留学生に限られ、しかもクラスの大半を日本人と韓国人が占めていた。

そこにいるネイティブは、先生だけ。

だから友達になるのも、やっぱり日本人や韓国人の友達に限られるのは当然のことだった。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

ESLの外ではネイティブとは話が続かない

それにたとえ学校の外でネイティブと話す機会があったとして、話が続かなかった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

バンクーバーでも「日本人以外の友達」は楽に作れる

学校には3ヶ月通ったものの、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」と思えず、その後知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番パターン

2018.08.02

カナダ人の友達ができてわかったこと

そこで英語を「英語の文化(人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のことなど)」から学ぶようになった

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15

するとネイティブとも英語で会話が続くようになり、友達もできていき、

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

英語の勉強をするためにカナダに来た

のではなく、

仕事や研究など、英語『以外』の目的があってカナダに来た

人たちと知り合うようになり、それで初めて自分がそれまでいた世界(=語学学校)の狭さを思い知った。

人によってバンクーバーで生活する期間も色々ならば、バンクーバーに来た目的も色々。カナダ生まれ、カナダ育ちの人もいれば、ほぼ地球の反対側の国から来た人もいる。母国語も違えば、肌の色や目の色や髪の色も違う。

もちろん文化(考え方や価値観など)だって、当然違う。

「日本人だけで固まる」は日本でもできる

カナダに来て、日本人だけでつるんでいるというのも、まあそうしたい人はそうすればいいとは思うけれど、・・でもそれって別にカナダにわざわざ来なくてもできることだ。

自分と「文化」が違う人たちと実際に出会って、話して、色んな考え方や価値観、それに経験を自分の中に積み上げていくことができるのが、海外で生活をする醍醐味ではないかと、私は思う。

英語が話せるようになってわかったことは、実のところ、バンクーバーでは英語が話せれば日本よりずっと現地の友達を作りやすいということ。

基本的にカナダ人はフレンドリーだし、特に夏はイベント尽くしだし、自分で動きさえすれば、友達を作る場所なんて自分次第でたくさんある。

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

ただ、(当時の私のように)家と学校の往復だけの毎日では、そのことに気がつけない。

自ら進んで「箱」に入っていく留学生たち

マンツーマンレッスンで英語を習っていたとき、私は先生から

先生
英語を習得したいなら、BOX(箱:自分が既に知っていて慣れている環境や、考え方、それから常識)の外に出ることです

と教わったのだが、海外でも「日本でしてきたのと同じ英語の勉強の仕方(単語や文法やイディオムをひたすら暗記)」を続けることは、それ自体が「箱」に入ることだと言えないだろうか?

日本で(小)中高の6年も時間をかけても英語が話せるようになる人なんていないのに、場所だけ変えてまた同じ勉強をくり返しても、結果は同じである。 

私はそれをカナダで始めの3ヶ月、自分で経験し、痛感した。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

日本人留学生がネイティブの友達を作るのが難しい理由

同じバンクーバーで暮らす日本人でも、

A:バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい

と思う人と

B:バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい

と思う人がいる。

「箱」の中の人にとっては現地の友達を作るのは難しいが、「箱」から出た人には難しくない。

カナダで「箱」の中に留まり続けた人は、「1年海外で勉強しても話せないなんて、やっぱり英語は難しい」と感じ、日本に帰っても(さらに強固に)「箱」の中に留まり続ける。

たとえカナダから、さらに他の国に行ったとしたってそこは「箱の中」

そうして英語の「勉強歴」だけが、「10年」・「20年」・「30年」・・・と増えていく。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

まとめ

私はバンクーバーでワーホリを始めた時、語学学校(ESL)に通っていた間はそこで出会う日本人や韓国人の友達しかおらず、英語も伸びないし、ネイティブの友達を作るのも難しい…と思っていた。

でも実際は、日本人が多く住んでいるからと言って、それ自体が自分の英語に影響するわけではない。

語学学校で10〜15人の日本人クラスメイトと同じ教室の中で英語を勉強していれば、それは当然、自分の英語に影響する。

しかしそうでなければ、バンクーバーに日本人が多く住んでいようがいまいが、自分次第でいくらでも英語を伸ばすことができる。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリで英語力を伸ばすには?まず目標レベルを決めよう!

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng