ワーホリから帰国後悩まないための現地の過ごし方

カナダのMoraine湖

カナダのロッキー山脈にあるMoraine湖

カナダでワーホリをしていた時「帰国後の就職が不安だから滞在を伸ばす」という人に何度も出会った。

海外で1年生活しても英語が思ったほど話せず、「単に遊んできただけだと思われそう」「日本に帰ったら絶対みんなから『英語しゃべってみて!』って言われるのに、恥ずかしすぎて帰れない」…でも私はむしろ、日本に帰るのが楽しみだった。

ワーホリで英語を習得できれば帰国後悩まない

たった1年やそこらしか海外に滞在できないワーホリでは英語を習得するのは難しく、もっと時間をかけて勉強さえすれば話せるようになる

と言う人がいるが、私が経験した限り、日本でしてきたような英語の勉強(主に単語や文法をひたすら暗記…)を海外でもくり返している限り、どれだけ時間をかけようが英語が話せるようにはならない。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

逆に、「日本でしてきたような英語の勉強」は止めて、海外では「日本式の英語の勉強」はしなければ、1年でも十分に英語は話せるようになる。

現実として、私は帰国後「ワーホリなんてただ海外で遊んできただけだろう」という目を向ける人にも出会ったことがある。

でもそういう人にも「海外で英語を学び、しっかり使えるようになった」ということを示せば、何も言われなくなった。

例えば面接で、

カナダに留学をされたんですね。え、ワーホリ? う〜ん、ワーホリですか・・ 英語の方はいかがでしょう?(微妙そうな反応)

 ↓

え、TOEIC970点?! それはそれは・・努力をされたのですね!

という風に、一瞬で相手の態度が変わったこともあれば、英語が使えるということによって取引先の企業の人から

今英語ができる人を探していて、うちに来ませんか?

と言って頂いたことなどもある。

ワーホリしたからといって日本での就職が難しくなったと感じたことはない。

ワーホリで英語を習得するために学ぶべきこと

私はカナダで、はじめは語学学校(ESL)に通い、毎日ひたすら英語を勉強(単語や文法の暗記)していた。でも、勉強量に比例して英語が伸びているとは思えないし、3ヶ月たっても「英語が話せている」という感覚がなかった。
悩んでいた時、知り合いから聞いてマンツーマンレッスンで英語を習うようになった。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

そこでは、英語の「単語」や「文法」に加えて、

単語を効率よく覚えるには?方法があった!

2018.06.11

英語の文法わからない..が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

英語の文化

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

発音

留学中に英語の発音矯正が必要か悩んだ→7日で改善した!理由

2018.07.28

や、自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことば

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

を学ぶことができた。

そうしたら今度はおなじ3ヶ月が経つ頃には、英語で現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

カナダで3ヶ月毎日勉強しても伸びなかった英語

私はワーホリを始めた時、英語がまるで話せなかった。

どのくらいのレベルだったかというと、日本からバンクーバーに到着した時、空港の窓口で職員から何を言われているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港から出るところだったレベルである。

日本では英語を話す機会などなかったから、自分の英語が想像以上に通じないということにそこでようやく気づき、焦って、はじめは語学学校(ESL)に通って毎日英語を勉強した。

でも3ヶ月間、平日の毎日、朝から夕方まで、また放課後や週末も使って英語を勉強しても、英語が話せるようにはならなかった。

当時はなぜ自分はこんなに英語を勉強しているのに話せるようにならないのか?

全然わからなかった。

でも今はよくわかる。

理由は簡単で、単語や文法の暗記だけでは、英語が話せるようにはならないから。

その証拠に、日本で中学・高校の6年をかけて英語を勉強しても、それで英語が話せるようになる人なんて1人もいない。それを場所だけ変えて海外で繰り返したところで、やっぱり話せるようにはならないのだった。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

ワーホリの1年でも英語は十分話せるようになる

カナダで3ヶ月英語を勉強しても話せるようにならず、悩んでいたところ、知り合いに英語をマンツーマンレッスンで教えている先生がいると聞き、そのレッスンで英語を習うようになってから、私は英語に1年かけるのは「長すぎる…」と思うようになった。

英語の単語や文法だけでなく、英語の「文化」や「発音の仕方」や、自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学べば、英語の勉強ははじめの3ヶ月で終わらせ、あとは現地で仕事したり、ネイティブの友達と遊んだり、ボランティアしたり、旅行したり。

海外で生活する中で自然に英語をさらに伸ばし、帰国後に英語を勉強する必要がない状態にすることだって十分できる。

私はワーホリで始めの3ヶ月、「日本式の英語の勉強」をくり返すという遠回りをしてしまったけれど、その後カナダで勉強方法を変えることができたおかげで、帰国してから英語を勉強したことはない。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

勉強しなくても、仕事や、海外旅行や、外国人の友達とおしゃべりするときに使うくらいで英語力をキープできているから帰国後5年以上経つ今でも英語を「忘れた」と思うこともないし、特に勉強することなく受けた(そもそも仕事が忙しくて勉強しようにも時間がなかった)TOEICでも970点が取れた。

まとめ

英語を習得したいと思ってワーホリをしても、現地で「日本式の英語学習(学校に通って単語や文法の暗記)」をくり返すと1年後「思った以上に英語が伸びていない」状況になり、かなりの確率で、帰国後の就活で悩むことになる。
だから帰国後悩まないで済むようにするためには、海外で「日本式の英語学習」をしないことが一番の予防策になる。

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng