ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

語学学校の教室イメージ

ワーホリでは語学学校にどれくらいの期間行くべきなのか?

実際に通った感想は、語学学校の勉強は日本で習う英語の勉強と大差ないということだった。

クラスメートがたくさんいるからなかなか発言できず、大半の時間は先生の話を黙って聞く。

あとは単語や文法やイディオムを暗記する「日本式の英語の勉強」と同じだった。

ワーホリで語学学校に行かないという選択肢

自分が「ワーホリしたい!」と思ってネットで情報収集を始めた頃、検索すると絶対に語学学校の情報が出てきた。

それまで私は語学学校に通おうと思ったことがなかったし「ESL」という言葉すら知らなかった。

だけどワーホリについて調べれば調べるほど学校の情報が出てくるものだから、いつの間にかまるで

ワーホリ=語学学校

であるかのように思うようになっていた。

しかも私がワーホリの情報収集をしていた頃は、

ワーホリで語学学校に行かないと・・

  • 友達ができないし、
  • 仕事や住む場所も見つからないし、
  • 英語も話せるようにならない

と書いてあるサイトも結構あって、不安にさせられたものだった。

でもこれ、私が経験した限りでは真逆だった。

私がカナダで実際にワーホリして思ったのは、

語学学校に通う人に限って・・

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブだから授業が全て英語で進むということくらいだった。

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

留学で英語が話せるようになるまでにすべきはアウトプットの勉強

2018.08.20

元語学学校教師の「日本人ワーホリメーカー」の印象

カナダでワーホリしていた頃、

バンクーバーのダウンタウンにある語学学校(ESL)で英語を教えていたが、今は辞めて他の仕事をしている

というカナダ人女性に出会い、話をしたことがある。

私はバンクーバーの別の語学学校でワーホリの最初の3ヶ月間も英語を勉強していたから、自然と話題は「語学学校について」になった。

彼女はもともと「英語を教える」ということに対して特別に興味や思い入れがあったわけでもなく、大学を卒業したはよいが自分の専門と関連した職がなかなか見つからなかったため、語学学校で1年弱働いた、らしい。

補足
私がカナダでワーホリ中に通っていた学校は、彼女が教えていたのとは違う学校だけれど、そこの先生達もみんな大学での専門は英語教育とは関係がない人ばかりだったし、教え方にもバラツキがあったから、まぁそんなものなのだろう、と思う。

そんな彼女と話していて、「へぇ~」と思ったことの一つ。

例えば日本と違って、カナダでは普通、履歴書(resume)に顔写真をつけないのだが、これ語学学校の場合はちょっと違うらしい。

補足
履歴書に年齢や性別や婚姻状態、さらに家族構成も書く必要がない。カナダではまだ書類提出の段階でそういった情報を企業側が求めるのは差別につながるため禁止されている。

語学学校の先生は人気商売(=外見が大事)だから、自分から顔写真つけて出す人もいる

と、彼女は言っていた。

でもそんなことより、彼女がこの日話したことの中で私が一番印象的だったこと。

それは、彼女がバンクーバーでよく見かけるアジア人留学生の印象を

FOLLOW THE DUCK(フォロー・ザ・ダック:群れているアヒル)
と表現したこと、だった。


・・
どういうことかと言うと、こういうこと。

FOLLOW THE DUCK

 

ワーホリしててもアジアを求めるアジア人留学生

(バンクーバーの大半の語学学校と同様に)彼女が勤めていた語学学校もやはり、日本人と韓国人が群を抜いて多かった、と言う。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

そして彼らが学校の中だけでなく、学校の外でも、「常に一緒に行動している」のが彼女にはとても不思議に見えた、と言っていた。

放課後、図書館やカフェに連れ立って「勉強」に行くのは決まって日本人と韓国人の留学生だし、ダウンタウンのカフェでよく留学生が集まって話しているのを見ることがある(一般に「カンバセーション(会話)クラブ」と呼ばれる)けれど、そこに集まっているのもまた、大半が日本人と韓国人。

・・彼らはカナダにいても常にアジアを感じていたいんでしょうね。

と、彼女は言っていた。

FOLLOW THE DUCKで、いつも仲間同士で群れている日本人留学生やワーホリメーカー

彼女の話を聞いて、これが現地のアジア人留学生を知るカナダ人の正直な印象だと、カナダに着いたばかりの頃の私が知っていたら、自分はどうしていただろうか・・と考えてしまった。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」の心理

バンクーバーには語学学校がそれはたくさんある(ダウンタウンだけでも100校以上があるという話も)。

私もワーホリを始めた当初、現地の語学学校に通っていたのだが、不思議だったのは、はじめは

英語を話せるようになるぞ!

と思って学校に通い始めたはずのクラスメイトたち(主に日本や韓国からの留学生やワーホリメーカー)が、学校を卒業する頃には

数ヶ月学校に通ったところで英語が話せるようになるなんて無理だしね〜・・

と言って、あきらめ、英語が思うように話せない状況を受け入れていたことだった。

いつまでたっても「英語が話せるようにならない」ものだから、学校を転々と、何回も変え、場合によってはビザも変え、結局は帰国直前まで語学学校に通うことになっていたり。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
学校を卒業しても「英語環境で働くのは不安だから、日本語が使える所で・・」とカナダにいても自ら日本語環境で働くことを求めていたり。

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃない

2018.08.01

後になってようやく

学校に通った時間とお金がもったいなかった

と気がつくが、でも学校に通う前には、気がつかない。

なぜなら「みんな」が、そうしているから。

FOLLOW THE DUCK FOLLOW THE DUCK

 

 

 

「語学学校に行って英語が習得できた人」に会った事がない

私はカナダにワーホリで行く前に、いろいろなワーホリ経験者のブログを読んでいたけど、「語学学校に行って英語が話せるようになった」と書いている人を見つけることができなかった。

だから学校に通って英語が話せるようになるのか、不安があったことはあったのだが、かと言ってそれ以外にどうしたらよいのかが、当時はわからなかった。

バンクーバーに着いたばかりの頃の私の行動範囲といえば、ホームスティ先の家と、体験レッスンを受ける語学学校(日によって変わる)だけだったから、そこで出会う人たちも当然

まずはどこかの学校に通うこと

を大前提に私に話をしてくる。

そうするうちに、

やっぱり”みんな”が言うように、最初は学校に通うものなんだろうなー・・

と私の考えも「学校に行くこと」にだんだん傾き始めた。

どころか、

“みんな”は学校へ行っても話せるようにならなかったかもしれないけれど、私はそうはならないようにがんばろう・・

今はぜんぜん話せないけど、学校に通って一生懸命勉強して、英語だけ使う生活をしていれば、きっと話せるようになるはずだから・・

と、自分にだけは奇跡が起きることを期待するようにすらなっていった。

ワーホリで語学学校に通った期間に学んだこと

カナダに着いた私は、日本では一応「英語を勉強してきた」つもりだったのに、自分の英語が思っていたよりも通じないことにショックを受けていた。

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14
何しろ当時の私の英語のレベルは、カナダで空港に着いた時、職員が何を言っているのかわからなくて、ワーホリのビザをもらわずに外に出るところだったレベル、だった。

英語できないまま語学留学して後悔!現地でSorryを連発

2018.07.03

中学であんなにくり返し練習させられ、もう条件反射で答えてしまうまでになっていた

I’m fine, thank you. and you?

すらも、張り切ってそう返事したら初対面のホストブラザーから爆笑された(そんな風に答えるのは日本人だけであるため)。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

でも当時の私は、自分が「日本で勉強してきた英語」には、残念ながら「英語の文化」が抜け落ちていて、「ネイティブが話すようなリアルな英語」ではないという事実にも気づいていなかった。

文化(culture/カルチャー)とは
ある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動の仕方、ライフスタイル、そして人と人との関係性など。

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

だから日本の中学と高校ですでに6年も英語を勉強してきたにも関わらず、

何で私は日本でもっと勉強してこなかったんだろう・・

と、カナダで何度も後悔した。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

やがて私は、体験レッスンを受けたいくつもの語学学校の中から「何となく雰囲気がよさそうだから」という理由で決めた学校に通うようになった。

(その時はまったく気づいていなかったが)私は「日本でしてきたような英語の勉強を、カナダでもくり返す」という道を、自分で選んだ。

さすがにカナダの語学学校では

「How are you?」と言われたら「I’m fine, thank you. and you?」と答えなさい

なんてことは教わらなかったが、結局は日本の学校の英語の授業と、カナダの語学学校の英語の授業とでは、大差がなかった。

なぜなら授業が「日本語で進むか」、「英語で進むか」という違いがあるだけで、日本もカナダも勉強の仕方は一緒だったから。

カナダで経験した語学学校の授業
  • 先生1人に対し10〜15人の生徒がいる集団授業で、
  • 大半の時間は教科書を使って単語や文法やイディオムを暗記し、
  • あとは先生の話を聞く。
語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

たとえ60分のスピーキングの授業があったとしても、生徒の人数で割れば、一人当たりの持ち時間は4〜6分・・・。

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
だからカナダで3ヶ月学校に通い、毎日英語を勉強したが、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」とは、思えなかった。

学校の中で、(留学生の英語に慣れている)先生や、クラスメイトとなら話ができても、学校を一歩外に出るとネイティブとは会話が続かないし、カフェでコーヒーを1杯注文するのすら緊張の連続だった。

英語できないまま語学留学して後悔!現地でSorryを連発

2018.07.03

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

今思うと日本で中学高校の6年してきたことを、海外でも3ヶ月くり返しただけなのだから、そうなるのは当然だったのだが、結果として語学学校に通っていた間、日本人や韓国人の友達はたくさんできたけれど、現地の人とは話す機会があっても話が続かず、ネイティブの友達は1人もできなかった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

毎日英語を勉強しているのに話せるようにならない。一体どうすれば良いのだろうか・・

と悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そこで英語の「文化」をはじめ、
発音」に、

留学して英語の発音が流暢に!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
なども学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語が「ネイティブみたい」と言われるのに必要な勉強とは?

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
英語マンツーマンレッスンの様子

私がカナダで受けていたマンツーマンの英語レッスン。

まとめ

ワーホリで語学学校(ESL)に通う人の大半は、その後以下のような状況になっていた。

  • 友達は学校で出会う日本人か韓国人の留学生ばかりで現地の友達は一人もおらず、
  • そうなると仕事や住む場所も必然的に日本語を使う環境(ジャパレスや日本人同士のルームシェア)に限定され、
  • 1年海外で生活しても英語が話せるようにならず     
  • 「ワーホリがつまらない」と文句を言っていた。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

自分もカナダでワーホリ中、途中で気づいて勉強方法を変えていなければ、きっとそうなっていたと思う。

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng