ワーホリがつまらないと言う人の共通点

カナダ・バンクーバーの曇った日

カナダ・バンクーバーの曇りの日

カナダでワーホリしていた時、「ワーホリが楽しくない」、「辛い」、「つまらない」と言う人にちょくちょく出会った。
私は「ワーホリがつまらない」と思ったことがなかったため、話を聞いてみると、だいたい「つまらない」と言う人は同じような生活をしていることに気づいた。

ワーホリが「つまらない」と言う人の共通点
  1. いつも日本人の友達と一緒にいる(現地の友達がいない)
  2. 海外にいても日本とほぼ変わらない生活をしている

つまらない理由①いつも日本人の友達と一緒にいる

私はワーホリでカナダに行く前、日本から友達と2人で「アメリカ・カナダ行き団体パックツアー」に参加したことがあった。

今思うと、私がこの海外パック旅行中に感じていたことと、カナダのバンクーバーでワーホリを始めた当初に感じていた気持ちは、ほぼ同じである。

カナダワーホリをする前に参加した海外パック旅行の話

自分も友達も当時まるで英語が話せなかった私たちが参加したのは、日本の企業が企画した、日本人のためのツアー旅行。

補足
(英語が話せるようになった今となっては海外パック旅行に参加することはまずないが、当時は「海外旅行=パック旅行」という図式しかなかった。

カナダに旅行すると決めてから私は英語を勉強(英語の参考書を読んだり、単語帳をながめたり)してはいたけれど、それで英語が話せるようには全然ならなかった。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14
しかし日本を離れてせっかく英語圏の国に行くからには

下手な英語でもとにかく現地の人たちと会話がしてみたい

と思っていた。

しかし旅行が始まり、アメリカに着いて1日目で、私は思った。

これは何だか、私が思っていたようなのとは違う・・

と。

私はその時が人生初の「海外パック旅行」だったのだが、まず、自分は日本ではない場所にいるはずなのに、どこへ行っても同じツアーに参加している日本人の集団20人ほどに囲まれているから、現地の人(外国人)と話す機会などなかった。

さらにパックツアーでは移動スケジュールが細かく決められていたから、どこか気に入った場所があったとしたって、一人だけそこでゆっくりするなんてことも、できない。

常に同じツアーの参加者に囲まれ、自分はまるで日本のどこかのスタジオにいて、アメリカやカナダの町並みのセットの中を歩いているような感覚だった。

(ツアーだから当たり前だけれど)自分がすべきこと、すべきではないことが細かく指示され、私は英語圏の国にいながら、英語を話すことがなかった。

全員が同じ方向を向いて、寄り道せずに同じ目的地へ向かって行くのだから、私はただ、皆の後から遅れないようについて行くだけだった。

カナダでワーホリを始めた当初の話

カナダでワーホリを始めてからは、英語を勉強するために語学学校に通うようになった。
着いてから驚いたのだが、バンクーバーは日本人(というかアジア人)が多いし、語学学校にいる生徒も日本人や韓国人が大半。

補足
学校のパンフレットでは世界各国からの留学生と一緒に英語を勉強できるような写真が載っていたが、あくまでイメージ。現実は日本人がワーホリで行くような都市の語学学校は、どこも同じような状況らしい。

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない、わけじゃない

2018.06.09

だからそこでも、日本人(と韓国人の)留学生ばかりのクラスメイトに囲まれ、皆がしているように、日本にいた時と同じように、学校の先生に言われるまま、授業を聞いて、教科書や問題集にのっている問題を解いて、宿題をして・・。

私はただ受身で、「皆と同じ事」をしてさえいればよかった。

英語で話すための勉強とテストで点を取るための勉強は別物

2018.08.20

学校の先生は留学生の英語に慣れているからわかりやすくゆっくり話してくれるし、同じような勉強に慣れている日本人や韓国人のクラスメイトとは何とか話ができた。

でも学校の外に一歩出ればネイティブとは話が続かない。

それはつまり、いくら英語を勉強してはいてもリアルな英語は話せていないということ。

英語でオーダーしてもカナダのカフェでは冷たくされた理由

2018.06.17
補足
というか学校の中でさえ、「ヨーロッパや南米」からの留学生の英語にはついていけず、ほとんど会話できなかった。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

私は今度は「旅行」ではなく、英語圏の国で「生活」をしていたが、やっぱり英語を話す事はできていないということだった。

英語できないまま留学しても大丈夫→現地で後悔!を防ぐ方法

2018.07.03

つまらない理由②海外にいても日本と変わらない生活をしている

ワーホリがつまらない

という人も、やはり皆カナダで最初は語学学校(ESL)に通っていて、では学校を卒業した後にどんな生活が待っているかというと、英語よりも日本語をメインに使う生活である。

家は日本人同士でルームシェアし、ジャパレス(日本食レストラン)で働く。

カナダにいながら、家でも外でも日本語の文化(考え方や価値観や行動パターンなど)にどっぷりと浸かり、

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15

気づけば海外で、英語よりも日本語の方をずっと多く使う生活。

そんな、「ワーホリの定番パターン」をしている人に限って「ワーホリがつまらない」と言っていた。

ワーホリの定番
現地に着いてまず語学学校

日本にいた頃と同じ勉強(英語の単語や文法の暗記)をくり返す

英語が上達しない(話せない)

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番パターン

2018.08.02
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

つまらないと感じるワーホリをしないために

せっかく毎日の生活の中で、自然に英語にふれられる環境にいるのに、日本にいた頃と同じような生活(学校で英語を勉強して、日本と同じルールが求められる職場で働いて、いつも日本人だけでつるむ)をしている・・。

それは「つまらない」と感じて当然ではないだろうか。

私もカナダでワーホリを始めた最初の3ヶ月は語学学校(ESL)に通って日本でしていた英語の勉強をくり返しただけだった。

もしその後マンツーマンレッスンで英語を学んでいなかったら、きっとその後も日本語を使う職場で働いて、1年住んでも英語が話せない【ワーホリの定番】をしていただろうと思う。

でも海外で英語を使って自分の興味がある仕事をしたり、

バンクーバーワーホリでできる仕事。ホテルフロントや事務職も

2018.08.18
英語を使って趣味に興じたり、

カナダ人の性格は優柔不断!?日本との共通点も

2018.08.16

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018.08.12
現地の友達ができると、

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

ワーホリでネイティブの友達が1人もいない人がいる理由

2018.06.01
ワーホリが「つまらない」と感じることはなかった。

だから何をさておいても、海外で暮らす以上、まずは英語を習得すること、英語が話せるようになることが、ワーホリをする上で一番重要なのは間違いないと思った。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリで英語力を伸ばすには?まず目標レベルを決めよう!

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng