ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

カナダ・バンクーバーの曇った日

カナダ・バンクーバーの曇った日

ワーホリや留学が辛い、語学学校がつまらない・楽しくないと言う人にカナダ・バンクーバーでちょくちょく出会った。

英語が話せなくて「辛い」のはわかるが「つまらない」とはどういうことか話を聞くとそう言う人は同じような生活をしていることに気づいた。

ワーホリや留学が「辛い・つまらない」と言う人の共通点
  1. いつも日本人の友達と一緒にいる(現地の友達がいない)
  2. 海外にいても日本とほぼ変わらない生活をしている

ワーホリや留学が辛い・つまらない理由①いつも日本人の友達と一緒

私はワーホリ留学でカナダに行く前、日本から友達と2人で「アメリカ・カナダを巡る団体パックツアー」に参加したことがあった。

今思うと、私がこの海外パック旅行中に感じていたことと、カナダのバンクーバーでワーホリを始めた当初に感じていた気持ちは、ほぼ同じだった。

ワーホリ留学をする前に参加した海外パック旅行の話

自分も友達も当時まるで英語が話せなかった私たちが参加したのは、日本の企業が企画した、日本人のためのツアー旅行。

補足
(英語が話せるようになった今となっては海外パック旅行に参加することはまずないが、当時は「海外旅行=パック旅行」という図式しかなかった。

カナダに旅行すると決めてから私は英語を勉強(英語の参考書を読んだり、単語帳をながめたり)してはいたけれど、それで英語が話せるようには全然ならなかった。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14
しかし日本を離れてせっかく「英語圏の国」に行くからには

下手な英語でもとにかく現地の人たちと会話がしてみたい

と思っていた。

しかし旅行が始まり、アメリカに着いて1日目で、私は思った。

これは何だか、私が思っていたようなのとは違う・・

と。

私はその時が人生初の「海外パック旅行」だったのだが、まず、自分は「日本ではない場所」にいるはずなのに、どこへ行っても同じツアーに参加している日本人の集団20人ほどに囲まれているから、現地の人(外国人)と話す機会などない。

さらにその「パックツアー」では移動スケジュールが細かく決められていたから、どこか気に入った場所があったとしたって、一人だけそこでゆっくりするなんてことも、できない。

常に同じツアーの参加者に囲まれ、自分はまるで日本のどこかのスタジオにいて、アメリカやカナダの町並みのセットの中を歩いているような感覚だった。

(ツアーだから当たり前だけれど)自分がすべきこと、すべきではないことが細かく指示され、私は英語圏の国にいながら、英語を話すことはなかった。

全員が同じ方向を向いて、寄り道せずに同じ目的地へ向かって行かなければならないから、私はただ、皆の後から遅れないようについて行くだけだった。

カナダでワーホリを始めた当初の話

さてそれから時が経ち、カナダでワーホリ留学を始めた私は、英語を勉強するために語学学校に通うようになった。

着いてから驚いたのだが、バンクーバーは日本人(というかアジア人)が多いし、語学学校にいる生徒も日本人や韓国人が大半だった。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。
事前にもらった学校のパンフレットでは世界各国からの留学生と一緒に英語を勉強できるような写真が載っていたが、それはあくまで「イメージ」ということだった。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
だからそこでも、日本人(と韓国人の)留学生ばかりのクラスメイトに囲まれ、皆がしているように、日本にいた時と同じように学校の先生に言われるまま、授業を聞いて、教科書や問題集にのっている問題を解いて、宿題をして・・。

私はただ受身で、「皆と同じ事」をしてさえいればよかった。

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通った感想

2018.06.22
そうやって3ヶ月間、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

なのに学校を卒業する頃になっても自分が「英語を話せている」気がしない。

学校の先生は「留学生の英語」に慣れているからわかりやすくゆっくり話してくれるし、自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人のクラスメイトとなら話せる。

けど学校の「外」に一歩出ると、ネイティブとは話が続かない。

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれている感覚があったり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17
それはつまり、いくら英語を勉強してもリアルな英語は話せていないということだった。
補足
学校の「中」でも、「ヨーロッパや南米」からの留学生の英語にはついていけず、ほとんど会話できなかった。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

私は今度は「旅行」ではなく、英語圏の国で「生活」をしていたにも関わらず、やっぱり英語を話す事はできていなかった。

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018.07.03

ワーホリが辛い・つまらない理由②海外にいても日本と変わらない生活

私がカナダで出会った

ワーホリが辛い・つまらない

と言う人も、やはりほどんどの人がカナダで最初は語学学校(ESL)に通っていた。

そして学校を卒業した後にどんな生活が待っているかというと、英語よりも「日本語」をメインに使う生活、である。

ワーホリ中ジャパレスで働く人が多いのはなぜ?海外で見た現実

2019.03.31
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

留学やワーホリで英語伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018.07.28

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
カナダで英語を勉強したものの、英語に自信がついていないために、家は日本人同士でルームシェア。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

仕事は日本語をメインに使う職場(主にジャパレス)で働く。

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06
カナダにいながら、家でも外でも「日本語の文化(考え方や価値観や行動パターンなど)」にどっぷりと浸かり、気がつけば海外で、英語よりも日本語の方をずっと多く使う生活をしている・・。
文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

そんな
ワーホリの定番パターン
をしている人に限って「ワーホリが辛い」「つまらない」と言っていた。
ワーホリ・留学の定番
現地に着いてまず語学学校

日本式の英語の勉強(=単語や文法の暗記)をくり返す

英語が上達しない(話せない)

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02

つらい・つまらないと感じるワーホリをしないために

せっかく毎日の生活の中で、自然に英語にふれられる環境にいるのに、日本にいた頃と同じような生活(学校で英語を勉強して、日本と同じルールが求められる職場で働いて、いつも日本人だけでつるむ)をしている・・。

それは「辛い」、「つまらない」と感じて当然ではないだろうか。

私もカナダでワーホリを始めた最初の3ヶ月は、語学学校(ESL)に通って日本式の英語の勉強(単語や文法の暗記)をくり返しただけだった。

「英語圏の国」に住んでいるのに英語が思うように話せなかったり、ましてやカナダ人から自分の英語を笑われたりした時は、

英語が話せなくて辛い・・

と思うことは何度もあった。

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018.07.03

カナダ・バンクーバーでホームステイ!の失敗談

2018.09.14

学校で3ヶ月間、毎日英語を勉強したにも関わらず思ったほど英語が話せず悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで英語の単語」文法」 だけでなく、
英語の「文化」や、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

「発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13

を学ぶようになった。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の友達ができたり、

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018.08.12

英語を使って自分の興味がある仕事をしたりすることができるようになってからは、

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力はどれくらい?

2018.08.01

カナダ・バンクーバーワーホリで仕事!カフェ、アパレルやホテルも

2018.08.18
ワーホリが「辛い」とか「つまらない」と感じたことは一度もなかった。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

特に勉強していないのにTOEICで高得点が取れた理由はおそらく、マンツーマンレッスンで文法を学び、英語を早く読めるようになったことやヒアリングが伸びたことがかなり大きい気がしている。

たとえば
「be + ~ing + always」=不満」を見つけたら、あとは文章を全部読んだり全部聞かなくても、問題の意図がわかり回答ができたりするので。

留学で英語の文法がわからない・理解できない→わかった!勉強

2018.06.12
またTOEICのスコアアップが目的の人は、英語学習のプロである先生に個別にアドバイスを聞くことをぜひお勧めする。

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?経験談

2018.12.30

まとめ

ワーホリや留学が「辛い・つまらない」と言う人の共通点
  1. いつも日本人の友達と一緒にいる(現地の友達がいない)
  2. 海外にいても日本とほぼ変わらない生活をしている

自分の経験から、もし「英語圏の国」で暮らすのであれば、まずは英語を習得すること、英語が話せるようになることがワーホリをする上で一番重要なのは間違いないと思った。

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018.07.28

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。