バンクーバーの図書館で「正しく」居眠りする方法

バンクーバーの図書館の天井

バンクーバーの図書館入り口、吹抜けのガラス天井

カナダのバンクーバーでワーホリしていた時、ダウンタウンにある図書館で英語を勉強しながら居眠りしている留学生をよく見かけた。

ワーホリするまで知らなかったのだが、アジア人留学生と現地のカナダ人では、居眠りの仕方にも違いがある。

こんなところにも「文化(考え方や価値観・行動パターン)の違い」があるのだった。

教室で寝ようとしたら韓国人クラスメイトから怒られた

私がカナダでワーホリ中に通っていた語学学校は、(バンクーバーのような日本人や韓国人留学生に人気の都市ではよくあることなのだが)生徒の90%以上が韓国人または日本人だった。

ある月曜日の昼休み。

私はその日ランチ後の眠気に加えて、前日よく眠れていなかったこともあり疲れを感じていた。

早めに午後イチの授業がある教室に移動すると、すでにそこには先生と他の生徒数人が来ていたので軽くあいさつをし、私は机の上のペンケースを枕がわりに机につっぷして目を閉じた。

すると隣に座っていた韓国人の男子が、

おいおい、君失礼だよ!

と私を揺りおこして言う。

Cana
へ?失礼? 何が?
とわけの分からない私が聞くと、

教室の中で寝るなんて先生に失礼じゃないか。寝たいなら外に出て寝なよ

と怒ったように言う。

私は困惑して

Cana
え、失礼なの?
・・・そうなんですか、〇〇(学校の先生の名前)?
と先生に尋ねると、

そんなことはないけど・・

とそのカナダ人の先生は言葉を濁した。

それでもその韓国人クラスメイトは

ここで寝ちゃだめだ! 寝たいなら外に行きなよ

と、なおも私に言い続ける。

他の韓国人や日本人の生徒たちは黙って私たちのやり取りを見ているだけだったが、私はすでに別の韓国人クラスメイトやルームメイトから「韓国では日本よりずっと教師を敬うという空気が強く、教師は絶対の存在で、「先生の日」という教師に感謝するための記念日さえある」という話を聞いていた。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

なので私はもうそこで彼にそれ以上何か言うのも面倒で、さらに授業開始の時間が迫ってきていたこともあり、ひとまず寝るのはやめることにした。

教室で寝るのは失礼?カナダ人の先生に聞いてみた

私は日本で学生だった時には授業中しょっちゅう寝ていたけれど、語学学校(ESL)ではいつも頑張って「勉強」をしていたから、教室内で寝ようとしたことなんてそれが初めてであった。

カナダ人の先生の目には、実際のところはどのように映ったのだろうかと気にもなり、授業が終わってから先生のところへ行って

Cana
教室の中で寝るのは失礼だったんでしょうか? もしそうだったならすみません
ともう一度聞くと、

失礼じゃないわよ。心配しないでね

とのことだった。

でもそれならなぜ最初に聞いたときに言葉を濁したのだろう?と、少し私は引っかかった。

カナダでは何が「失礼」なのか、カナダ人の友達が説明してくれた

さてその語学学校(ESL)を卒業し、「学校という閉ざされた環境」を抜け出してから、私はやっとカナダ人の友達ができるようになった。

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない…わけじゃない

2018.06.09

その日はカナダ人の友達とダウンタウンで待ち合わせをしていて、私はちょうどダウンタウンにある図書館(Vancouver Public Library:VPL)で借りていた本を返したかったので、友達にもついてきてもらうことに。

ふとその学校での出来事を思い出して、

Cana
そういえば学校に行っていた時こういうことがあったんだけど・・
教室の中で寝るのはカナダでは失礼なの?
と、念のため友達にも聞いてみた。

すると友達も

別に失礼ではないと思う

と言う。

図書館に着いて、ついでに新しい本も借りようと思い2階に行ってみると、そこには自習机につっぷして寝ているたくさんのアジア人がいた

英語の本やノートの上に頭をおき、横を向いたり机のほうを向いていたり・・。

姿勢は様々なのだが、とにかくたくさんの人が英語を勉強しながら居眠りしていた。

すると友達がそれを見ながら

Cana、言っとくけどね、あれこそ失礼だよ。

と言う。

詳しく聞いてみると、教室の中かどうかに関わらず、教科書やノートを広げてその上に突っ伏して寝るのは、カナダでは失礼になるらしい。

カナダの人は、眠たくなったら教科書やノートはいったんバッグの中にしまうか、教科書やノートを広げたままであっても脇にどけるなりして、それらの上に突っ伏して寝ることはしない、と。

だからああやって寝ている人達はみんな、外国人留学生だね。

と友達は言っていた。

まとめ

居眠りの仕方ひとつとっても、そこには文化の違いがある。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターンなどのこと。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

それ以来、私は図書館に行くと人がどんな寝方をしているかを観察するのが習慣になった。

ワーホリに学校は必要?実際に行ってみて思ったこと

2018.06.22

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng