カナダのバンクーバーでワーホリして知った日本文化との違い

カナダの公園にはスケボー専用のコーナーがよくある

カナダの公園にはスケボー専用のコーナーがよくある

カナダでワーホリをする前、私は「カナダに行ったら、たくさん現地の友達を作りたい!」と思っていた。

「カナダで英語を勉強している外国人」としてではなく、「対等に話ができるネイティブの友達」を作るというのが、私のワーホリの目標の一つだった。

カナダのバンクーバーではじめ語学学校(ESL)に3ヶ月通ったものの、「英語が話せている」という実感がなく、知り合いから聞いてマンツーマンレッスンで英語を習うようになった。

するとそこでは英語の「単語」や「文法」だけでなく、「英語の/カナダの文化」=「人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のことなど」についても学ぶことができ、そうすると初めて私にも「現地の友達」ができるようになっていった。

現地の友達と時間を過ごすことで、レッスンの「外」でも「英語の/カナダの文化」を学ぶことができるようになり、最終的には、カナダ人の友達から「日本人はなぜこういう行動をとるの?」と「日本とカナダの文化の違い」について度々説明を求められるようになっていた。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

カナダ人と遊びに行った後、どんなメッセージを送る?

カナダのバンクーバーでワーホリ中、カナダ人の友達(Mike:仮名)から

なんで日本人は一緒に遊びに行った後、「家に着いた」ってことをわざわざ伝えてくるの?

と聞かれたことがある。

Cana
どういうこと?
と聞いてみると、その2週間くらい前に、Mikeと「一緒に遊びに行こう!」という話になり、私は日本人の女友達(Hiromi:仮名)を誘って、3人で出かけた時の話だった。

カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

2018.08.05
補足
日本ではあまり想像がつかないかもしれないが、フレンドリーなカナダの文化では、このようにして友達に友達を紹介し合うことがごくフツーにある。つまり1人カナダ人の友達ができると、あとは雪だるま式に友達が増えていった。

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない…わけじゃない

2018.06.09

帰り際、MikeとHiromiは「また一緒に遊ぼう!」と電話番号を交換し、その直後に私たちは解散した。

その後Mikeが家について一息ついていると、Hiromiから

I had a lot of fun today.Thank you! I just got home safely. Hope to see you soon.
(今日は楽しかった。ありがとう!無事に家につきました。また会いましょう)

というtext messageがきた、らしい。

補足
「text message:テキスト(文字の)メッセージ」とは日本で言うところのショートメール(SMS)。カナダでは携帯の番号宛にメッセージを送り合うのが一般的だった。

そしてつい1週間前も、私とMikeと、他に私も初めて会うカナダ人&日本人の数人で遊びに行き、その中の別の日本人女性1人とMikeがfacebookでfriendになった後、「同じようなメッセージが届いた」、というのだ。

私は

あ〜、きっと彼女たちは普通に、「今日は楽しかった」という感謝の気持ちを伝えたかったんだろうな。
「家に無事に着いた」ということにも深い意味はなくて、「単なる挨拶」程度の意味しかないよなぁ〜

と思った。

たしかに、日本人は(とくに女性は?)外出から帰って、それまで一緒に時間を過ごしていた人に、お礼がてら「家に着いた」ということを報告することがよくある、ような気がする。

日本では私も何の気なく、人と遊んだ後そういうメッセージを送っていた。

でも「日本にいるとき日本語で送っていたメッセージ」を、カナダの同じ状況で、今度は英語に直訳して送っても、
そのカナダ人の友達によると

そう、家に着いたの。・・・それで?

と思った、のだそうだ。

無事に家に着いたかどうかなんて聞いていないよ〜。

だから何と返そうか、ちょっと考えた 。

でも2人の日本人の女の子が続けて、「家に着いた」ってことを報告してきたから、これはたぶん日本のculture(文化)なんだろうなと思ってCanaに聞いてみた

とのことであった。

補足
ただし、英語ネイティブの人から「Did you get home safely?(無事に家についた?)」と聞かれることがないわけではない。
つまり家に着いたかどうかは、聞かれたら答えれば良いが、(お礼のメッセージを送っている時点で無事であることはわかるので)自分から報告する必要はない、ということのようである。

現地の友達から指摘され初めて気づいた「文化の違い」

日本人女性はなぜ聞かれてもいないのに「無事に家についた」ことを報告するのか?

と聞かれても、私には

それは・・文化/Culture(カルチャー)なんだよ

としか言いようがなかった。

ちょうど、アメリカ人の友達から

なぜ日本では、スクールガールが人気なの?

と聞かれた時と同じように・・。

AKB48を見たアメリカ人と韓国人の反応比較

2018.08.09

「カナダで英語を勉強している外国人」から「対等に話ができる友達」になった時

カナダ人の友達から、「日本の文化に関する説明」を求められた時、「あ、自分、『カナダで英語を勉強している外国人』ではなくて、『対等に話ができる友達』になったんだなぁ」、と思った。

そしてMikeから質問されて初めて、フレンドリーなカナダの「文化」では、自分のことを積極的に話すことが好まれる一方、「何でもかんでも伝えればよいわけではないんだなぁ」とも思った。

ではどんなことを、どんな風に伝えればよいのか?

このバランス感覚は、実際に英語を使って「たくさんそういう場面を経験すること」でわかるようになっていくので、安心してほしい。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng