カナダのバレンタインデーは日本と大違い。

日本とカナダのバレンタインの違い

カナダでバレンタインデーを過ごして、日本のバレンタインデーは特殊と初めて知った。

「カップルのイベント」という点では同じだが、「女性から男性へ&チョコレート限定」というのは「日本独自のバレンタイン文化」で、他の多くの国ではバレンタインデーに「男性から女性へ&チョコに限らずその女性が喜ぶもの」を贈るのが一般的なのだった。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

プレゼントの違い

valentine dinner
日本ではとにかく

バレンタイン=チョコレート

というイメージが強いが、カナダでバレンタインに男性が女性に渡すものは、

バレンタインのプレゼント
・バラの花束
・ワイン
・食べ物(チョコレートやキャンディなど甘い物が多い)
・コスメ
・アクセサリー
・コンサートやスパのチケット
などなど。

カナダではプレゼントと一緒にメッセージカードをつけて渡すのも一般的で、ドラッグストアやスーパーなどでは色んな種類のカードが売られていた。

補足
メッセージカードは親しい人にクリスマスやニューイヤー、誕生日などにも送ったりする。


また何か物を贈るのではなく、レストランを予約して「バレンタイン・ディナー(Valentine’s Dinner)」というのも人気であり、そのため2月14日は雰囲気の良いレストランは予約なしでは入れなかったりする。

感覚としては、「カナダのバレンタイン」は「日本のクリスマスイブ」に近かった。

補足
ただし日本のクリスマスのように、カナダのバレンタインでは「恋人がいなければ…!」なんていう妙なプレッシャーは一切感じなかった。

カナダの「クリスマスと正月」の過ごし方は日本と真逆。

2018.12.16

バレンタインの歴史

ちなみにバレンタインデーの歴史を調べると、西暦269年の2月14日にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖バレンティヌスに由来する記念日であり、カップルの愛の誓いの日とされる、らしい。

(出典:バレンタインデー(Wikipedia日本語版))

日本で「バレンタインデー」が一般的になったのは1950年代頃からのようなのだが、なぜかその際に「女性が意中の男性にチョコレートを渡して告白をするイベント」として定着した。

補足
なぜ日本ではそんなことになったのかと思っていたら、英語のWikipediaで「Japan」のところに

…The custom that only women give chocolates to men may have originated from the translation error of a chocolate-company executive during the initial campaigns…

(女性だけが男性にチョコレートを贈るという慣習は、チョコレート会社の翻訳の誤りに起因している可能性がある)

という記述があった。
(出典:バレンタインデー(Wikipedia英語版))

カナダで知った他アジア諸国のバレンタイン事情

チョコレート会社の誤訳により「女性から男性へチョコレートを贈る日」になった「日本のバレンタインデー文化」は、近隣のアジアの国にも影響を与えている。

文化とは
考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のこと。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

カナダで知り合った韓国人の友達は、

韓国でも女性から男性にチョコをあげるよ〜

と言っていた。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07

ついでに言うと、「男性の友人や、職場の人に贈る義理チョコ」、「女性同士で贈り合う友チョコ」なども、「日本で独自に発展を遂げたバレンタイン文化」で、チョコをもらった人がお返しをする3/14の「ホワイトデー」も元々は日本独特のイベントだったが、これは今では韓国や台湾などでも一般的になっているらしい

ただし、韓国は日本と同様に「バレンタインは女性から男性へ」&「ホワイトデーは男性から女性へ」なのに対して、
台湾では「バレンタインは男性から女性へ」&「ホワイトデーは女性から男性へ」プレゼントをするそうである。

補足
韓国ではさらに、4/14に恋人がいない人が集まって黒い食べ物を食べる「ブラックデー」というものもあるらしい。

まとめ

バレンタインには必ず「チョコレート」。贈るのは「女性から男性へ」。

カナダでワーホリ生活をする前は「当たり前」と思っていたことが、海外では全く「当たり前」ではなかった。

カナダでバレンタインデーを過ごす機会がある人は、ぜひ「日本とカナダの文化の違い」を体感してみてほしい。

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng