ワーホリで遭遇しがちなトラブルとその対処法

カナダのバンクーバー・ダウンタウン

カナダのバンクーバー・ダウンタウン

ワーホリで海外に行き生活していると、想定していなかったトラブルに遭遇することがある。

自分もカナダでワーホリをして初めてわかった、ガイドブックやSNSのキラキラした写真からは絶対にわからない現地のルール、そしてワーホリメーカーが海外で遭遇しがちなトラブルとその対応についてまとめた。

女性が遭遇しがちなトラブル

日本人女性は、海外に行くとやたら現地の男性から声をかけられる…と思ったことはないだろうか。

セクハラや痴漢

ネットを通して今や世界中に広まっている日本製の成人コンテンツ(ポルノ)の影響により、

日本人女性は男性の言いなりになりやすい

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

声をかけると簡単についてくる

カナダで日本人女性はモテる?理由

2018.07.13

といった「男性にとっての都合の良いイメージ」を持たれていることが多いからである。

補足
そういう「勘違い男」に遭遇した場合の対応については、こちらを参照してほしい。

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15
なお、私もワーホリ中、現地で迷惑を被った一人である。

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

夜道の一人歩きは避ける

カナダは比較的治安が良く、安全な国だとは言われるが、やはり夜暗くなってからの女性の一人歩きは避けることをおすすめする。
また夜ではなくても、ダウンタウンのHastings St(ヘースティングス ストリート)と呼ばれる通りは治安が悪いことで知られている。特に女性は注意した方が良い。

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

ドラッグにまつわるトラブル

2018年10月、カナダでは先進国で初めて、嗜好品としてのマリファナ(大麻)の所持・使用が合法となった。

マリファナ(大麻)が身近な国、カナダ

私がカナダでワーホリした時(2012年)、この「マリファナに対する意識の違い」にもカルチャーショックを受けた。

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11

当時はバンクーバーの属するブリティッシュコロンビア州では、マリファナの過剰所持は違法だが吸うのは合法になっている、と聞いていた。

私は気管支系が弱いのかまずタバコが苦手であるため、マリファナを吸いたいとすら思わなかったし、カナダに永住権を持つアジア系の移民の友達や、語学学校(ESL)で出会ったクラスメイトの友達(日本人や韓国人=アジア人)と遊ぶときには、マリファナは一度も出てこなかったし、ほとんど話題に上がることすらなかった。

でもバンクーバー出身の友達によるとやはり

バンクーバー、というか北米の人は、大体高校生ぐらいで一度はマリファナを吸ったことがあるんじゃないか

ということだった。

私はそもそもなぜマリファナを吸いたいと思うのかがよくわからず、

Cana
日本でもマリファナを吸う人はいるって聞いたことはあるけど、私は吸ったことないし、自分に必要とも思わない。何でこっちの人はみんなマリファナを吸うのか理解に苦しむ。
と友達に言った事があるのだが、

もちろん吸いすぎはよくないけど、依存性はないって言われてるし、少しなら気分転換になるし、楽しい気分になるよ。僕の両親もマリファナ吸うよ~

とのことだった。

そうか、親が吸ってれば、そりゃあ子どもも吸うよね・・と私は変に納得してしまった。

日本でも親が喫煙者の場合、子どももかなりの確率で喫煙者になる。それと同じなのだと思う。

補足
友達はマリファナは依存性はないと言っていたけれど、ネットで調べたら依存性も発がん性もあるらしい。実際のところはよくわからない。

この「マリファナカルチャー」は何もカナダに限ったことではなく、アメリカの映画やドラマなど観ていても、マリファナが頻繁に出てくる。

知り合いのメキシコ人たちも抵抗なく吸っていたし。オランダではマリファナは合法(というより黙認?)らしいし、となるとヨーロッパでもマリファナは一般的なのか。

対して日本は芸能人がマリファナを所持していたということで逮捕、大ニュースになる。

カナダ人の友達にそう教えると、びっくりしていた。

マリファナディ

それほどカナダではマリファナが一般的で、外を歩いていても吸っている人に簡単に遭遇する。というのもマリファナにはタバコとは違う独特の臭いがあるので、すぐに分かる。

たとえ近くに警官がいようが吸っている人もいたし、警察の方もマリファナを吸っている人なんて日常茶飯事すぎて…という感じだと思う。

というかバンクーバーでは毎年4月20日に「マリファナ・ディ」という、公にマリファナを吸える日さえあるのだった。

写真はダウンタウンにある美術館(Vancouver Art Gallery) の前の広場に人が集まっているところ。

POLICEも来るバンクーバーのマリファナディ。

POLICEも来るバンクーバーのマリファナディ

私は写真を撮りたくて行っただけなのだが、この辺り一帯はマリファナの匂いが充満していて、早々に退散した。

マリファナクッキー

前述のバンクーバーで生まれ育った友達は、高校生だった頃、よく学校をサボっては仲間の家に集まって皆でタバコやマリファナを吸っていた、そう。

一時はタバコを1日1〜2箱、その延長線上でマリファナもよく吸っていたが、お金がかかりすぎる(バンクーバーではタバコ1箱10ドル以上で、日本の2〜3倍はする。マリファナはピンきり)ので、自然にどちらもやめたということだった。

だからその友達はもうマリファナを吸っていなかったのだが、その友達の高校時代の友達も一緒に10人ぐらいでピクニックに行ったときには、一人がおもむろにバッグからジップロックに入った何かを取り出したかと思うと、

昨日マリファナクッキー作ったから、食べる?

と聞かれた。

私にはマリファナをクッキーに入れるということ自体がまず衝撃で、どんな味がするのか少し興味はあったものの・・でもやっぱり断った。

他にもその友達とさらに地元の別の友達とのBBQやホームパーティにも招待されて行ったら、マリファナのタバコが普通に出ていて、本当にみんな、ふつ~にマリファナを吸っていた。

「No, thanks」で簡単に断れる

私は当時受けていたマンツーマンの英語レッスンで、

海外で生活する以上、日本とは異なる文化(考え方や価値観)を学ぶことは重要だけれど、自分が好きだなと思う部分だけを選んで自分の中に取り入れたら良いのです

と聞いていた。

カナダ人の性格・国民性・特徴は?〜ドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

無用なトラブルに巻き込まれないためにも、自分に必要なものとそうでないものを選択する、ということが必要になる。

もしマリファナを

吸う?

と言われても

Cana
No, thanks.
(結構です)
とひとこと言えば、それで終わった。

しつこく食い下がられたこともないし、要は自分次第、である。

お金にまつわるトラブル

ある日、バンクーバーのダウンタウンのカフェで、カナダ人の友達と、私よりも3ヶ月後にカナダワーホリを始めた日本人の友達とでおしゃべりしていたら、日本人の友達がこんな話を始めた。

保証金が返ってこない

今ダウンタウンに住んでて、家賃が高いから引越しをしようとしようと思ってるんだけど、まだよさそうなところが見つからなくて。
それにデポジット(保証金)が戻ってこないっていうのも予想外だった! 
家賃の半額だから結構な額なんだよね、あ~あ・・。

デポジット(Deposit/保証金)とは
カナダでは部屋を借りる際、大家に保証金を支払うことで入居が確定となり、とくに問題がなければ退去時に全額返金される。
だいたい家賃一ヶ月分の半額が相場であり、日本の敷金・礼金のように入居前に何ヶ月分もの家賃を払うシステムはない。
余談だが、カナダではシェアハウスであれアパートメント(マンション)であれ、部屋に家具が備え付きなのも普通であるため、スーツケース1つで引越しができるのも驚きだった。

私とカナダ人の友達は驚いて

Cana
デポジットが戻ってこないってどういうこと? 何で? 大家さんがそう言ったの?

と聞くと、

う~ん、まだちゃんと確認はしてないんだけどそんなようなことを言ってた・・。
私の友達もデポジット返ってこなかったって言ってたから、そんなものなんだろうね?

Cana
その友達って日本人? ・・やっぱり。その大家さんは日本人なら文句言わないと思ってそんなことしてるのかも。
デポジットは何も問題がない限り返さなくちゃいけないものなんだよ。
だからまず大家さんにちゃんとそう言って。
もし大家さんに言っても戻ってこないようなら訴えないといけないよ。
注意
カナダでは実際、似たようなトラブルに遭ったという日本人留学生やワーホリメーカーの話をちょくちょく聞いた。
日本人は英語が苦手な上に自己主張も苦手なため文句を言わないと思われ、このような違法な対応をされてしまうことが実際にある。
だからこそ海外に行ったら、まずその土地のルール(文化)を学ぶことが重要なのである。 

訴えるってどこに?

Cana
RCMPに。
RCMPとは?
Royal Canadian Mounted Police。カナダの警察のこと。 

カナダ人の友達も

そうだよ、訴えなきゃいけないことだよ、それは。
何も問題がないのにデポジットが返ってこないなんておかしいよ。
君とくに部屋をよごしたりとか、物を壊したりしてないでしょ?
もし大家さんが返さないって言ってきたら僕に連絡してくれていいよ。相談にのるから。

と言ってくれ、日本人の友達は

そうか。なんかもう返してくれなそうだったから諦めてたけど、訴えてもいいくらいのことなんだね。
うん、大家さんにもう一回デポジットのこと言ってみる!ありがとうね

と一気に顔が明るくなった。

大家に掛け合い、無事に戻ってきた保証金

帰り道、カナダ人の友達と別れて日本人の友達と2人でダウンタウンを歩いていたら、友達が

そういえばCanaが言ってたRCMPだけど、なんでCanaはそんなこと知ってるの?
私たちほとんど同じ頃カナダに来たんだったよね?
RCMPなんて私今まで聞いたことなかったよ!

Cana
はは・・それはまあ私は、いろいろあったからね・・Bad experience(あまり嬉しくない体験)が。

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

あと、私が受けてるマンツーマンの英語レッスンで、カナダの文化の中でどう考えて行動すべきか(Think and Act in English Culture)っていうことをずっと習ってたから。

だからこちらに非がないのにデポジットを返してくれないとか、そんなこと許せないっていうか黙ってられないって言うか。
自分の権利はちゃんと主張しないとね。

と答えると、

は~。そんなこと考えたこともなかった。。私Canaの英語の先生に会ってみたい!

と言い、早速その週から彼女はレッスンを受け始めていた。

先生は大家さんにどのように話をすべきか、細かなアドバイスをくれ、後日デポジットは無事に全額返ってきたそうである。

まとめ

ワーホリで実際に海外で生活してみると、日本では「ありえない!」と思うようなトラブルに遭遇したり、言語や文化の違いにより、トラブルにどう対応すべきかがわからなかったりする。

だからその国の「言語」や「文化」を学ぶということは、「そんな時にどう対処すべきなのか?」を学ぶということでもある。

カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

2018.07.15

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng