カナダでワーホリ中に旅行しながら英語を上達させた方法

レッスンの一環で行った、アメリカ英語冒険旅行

レッスンの一環で行った、アメリカ英語冒険旅行

カナダのバンクーバーでワーホリ中、私はアメリカを旅行しながら英語を上達させるという経験をした。

旅行には英語の先生が同行するので、ずっと英語をしゃべりっぱなし。

それに参加者同士はもちろん、現地の人とも積極的にコミュニケーションをとり、「教室の中ではない」リアルな英語に触れることができた。

カナダ・アメリカ・南米、旅行先は色々

私はもともとカナダワーホリを始めた時、バンクーバーの語学学校(ESL)に通っていた。

しかし行ってわかったことは、ESLでの勉強は日本の英語の授業と大して変わらない、ということ。

クラスメートが10~15人いて、授業の大半は前に立っている先生の講義を聞き、あとは教科書を使って単語や文法やイディオムを暗記する。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

だから3ヶ月経っても自分の英語が伸びたとは思えず、悩んでいたところ、知り合いから聞いて現地のマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そのレッスンでは、

レッスンのモットー
英語を単に勉強するのではなく、慣れて上達させる。
(Don’t study English but get used to English.)

というモットーのもと、英語を勉強(暗記)するのではなく、できるだけたくさんの経験をする中で、自然な英語を習得することができた。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

そしてレッスンの一環として、先生も同行する言語冒険旅行(English Experience Expedition:EEE)という旅行に参加することもでき、私は「アメリカのグランドキャニオン&ラスベガスの旅」1週間に参加した。

補足①
この言語旅行への参加は希望者のみで、目的地や期間は毎回異なる。

シーズンやその時の人数によってアメリカだけでなく、カナダ国内(トロントや、オーロラで有名なイエローナイフなど)であることもあるし、南米だったり、今後はヨーロッパなども予定しているそう。

期間も数日〜最長で1ヶ月まである。

モニュメントバレーでの写真。右の男性が先生

モニュメントバレーでの写真。右の男性が先生

言語冒険旅行で英語に「慣れる!」

私が参加した時は、私と他の生徒2人+先生1人の合計4人だったけれど、参加者は多い時には10人ぐらいで行くこともあるらしい。(その場合は複数の先生が参加する。)

補足②
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

また私が習っていた時は先生が1人だけで教えていたが、今は複数の先生がおり、またレッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)Skypeを使って日本をはじめ世界のどこからでも、と大きく広がっている。

私はカナダでワーホリする前に、ラスベガスとグランドキャニオンへはすでに日本人の友達と一緒にパックツアーで行ったことがあった。

ワーホリがつまらないと言う人の共通点

2018.06.20

なので「もう一回行ったしなあ・・・」と最初はためらっていたのだが、行ってみると、旅行会社のパックツアーとは、もうまったく完全に違っていた。

先生はアメリカにすでに何度も行ったことがあるらしく、ツアーではまず連れて行ってもらえないような場所、ガイドブックにも載っていないような場所、地元の人にさえあまり知られていないような穴場でも車でガシガシ行けるし、一人ひとり時間をかけて写真を撮ってもらえる。

アメリカでの移動は主にずっと車で、先生が運転しながら英語の文化や歴史について時間をかけて話してくれるのも面白かったし、もちろん私たち生徒も、旅行中はずっと英語をしゃべりっぱなし

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15
補足③
この旅行では、車の運転やガソリンスタンドでの給油も生徒自身ですることができる。
車も場所によってはキャンピングカー4WDになる。
私はあまり運転は好きではないので一度もしなかったが、運転が好きな人はぜひ。
 

そしてバンクーバーでのマンツーマンレッスンや、道中の車の中で習ったことを、現地の人たちにも積極的に話しかけて使い、どういう反応が返ってくるかが即座にわかるというのも、とても楽しかった。

「こんなこと言ったら笑われないかな・・」と思うようなことでも、旅の恥はかき捨てで、どんどん試すことができた。

ラスベガスの街の様子

ラスベガスの街の様子

補足④
レストランで人数分の食事のオーダー宿のチェックイン・チェックアウトも、この旅行では順番を決めて生徒自身で行う。
この、英語を教室の外で実践的に使う「経験」によって自信がついていく。
 

日本人の友達とパックツアーで行った時には、英語の文化のことなんて考えもしなかったが、この旅行では、アメリカはカナダと同じ「英語圏の国」ではあるけれど、カナダとの違いを感じることもできた。

旅行中に感じたアメリカとカナダの文化の違い

たとえば・・

アメリカ人はとにかくよく喋る!

本当に、知らない人同士でも関係なく。

飛行機で隣に座った人、同じエレベーターに乗り合わせた人はもちろん、買い物中にちょっと隣に立った人同士、などなど・・

カナダ人よりもさらにフレンドリーだと思う。(もちろん個人差はあるが。)

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

それから会話の最後やレジで支払いを終えたときなどに、

Have a nice day!

と言われる確率がすごく高い、とも思った。
(アメリカといっても広いので、これはグランドキャニオンとラスベガス一帯の文化なのかもしれないが。)

旅好きな人にぜひおすすめしたい言語冒険旅行

このレッスンの一環で行く言語冒険旅行は、美しい景色を自分の目で見るだけでなく、自分たちが好きなだけ時間をとってその場所を楽しみ、壮大な自然の中で写真を撮ってもらえることはもちろん、現地の人と話すこと、そしてその土地の文化を感じることを重視する。

「観光名所でささっと写真を撮ってまわるだけの海外パック旅行」とは、まったく違っていた。

補足⑤
アメリカは自己責任の国なので、日本だったらきっと「立ち入り禁止」の柵が立つような場所でも写真を撮ることができる。
もちろん安全には十分注意して写真を撮っている。 
グランドキャニオンの岩の上で

グランドキャニオンの岩の上でポーズ

デビルズブリッジ

デビルズブリッジ

モンテズマキヤッスル。シナグア族の住居跡

モンテズマキヤッスル。シナグア族の住居跡

お気に入りの場所。ホースシューベンド

お気に入りの場所、ホースシューベンド

グランドキャニオンの夕焼け

グランドキャニオンの夕焼け

ラスベガスの夜はこんな感じ

ラスベガスの夜はこんな感じ。

旅行好きな人にはぜひオススメしたい。

(写真はこのページにたくさん載せた。)

旅行の写真集

補足
南米の言語冒険旅行に参加したKさんの感想はこちらから。
 

フィリピン留学で英語を1ヶ月学び自信をつけた!体験談

2018.07.14

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng