ワーホリ準備で英語を伸ばすにはコツがある

カナダ・バンクーバーの空

ワーホリしていたカナダ・バンクーバーの空

ワーホリの準備期間中に効率よく英語を伸ばすには方法がある。

私はワーホリ前の英語の準備は何をしたらよいのか分からず、単語や文法をひたすら覚えようとしていた。

でもそれで自分の英語が伸びているとは思えなかったし、実際現地に着いたらネイティブの英語は聞き取れないし、自分の英語も通じなかった。

ワーホリ前にすべき英語の準備は暗記ではない

ワーホリするからには絶対に英語が話せるようになりたい。

しかし行く前には具体的に何をしたらよいのだろうか。

思いつくのは、中学高校でしてきたような英語の勉強。

つまり単語や文法やイディオムや構文や会話文を暗記すること。

だから私はカナダでワーホリをする前に中高の英語の教科書や参考書を引っ張り出したり、新しく英語勉強本を買っては、「英語の暗記」をひたすらしていた。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

でも勉強量に比例して「英語が上達してる!」ような感覚は・・・一切ない。

それでも

24時間英語環境になるカナダに行けば、そこで一生懸命勉強すればなんとかなるはず・・!?

という淡い期待を持ち、私はバンクーバーの空港(YVR)に到着した。

そうしたら、まず空港の
職員が何と言っているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港の外に出るところだった。

どんなに単語や文法を覚えても、いざカナダに着いたら、ネイティブの話す英語は早すぎて聞き取れないし、自分の英語もカタカナ英語すぎて通じない・・。

その時初めて自分の準備不足を痛感したが、もう後の祭りだった。

英語わからない・できないまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07

カナダで3ヶ月英語を勉強した結果

それからバンクーバーの語学学校に3ヶ月通い、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末も使って英語を勉強した。

が、学校の(留学生の英語に慣れているしゆっくり分かりやすく話してくれる)ネイティブの先生となら会話できても、学校を一歩出るとネイティブとは会話が続かない。

カフェでコーヒーを1杯買うのすら緊張するし、

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

一生懸命英語で話そうとしても、ネイティブから笑われたり。

バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

2018.09.14

カナダでは「英語を使う仕事をしたい」と思っていたが、給料が発生しないボランティアですらすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

留学やワーホリの失敗!英語が伸びない5つの原因&上達するには

2018.07.28
語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

カナダという「英語圏の国」で生活をしてはいても、こんな英語レベルで「日本語をメインに使う職場(ジャパニーズレストラン:通称ジャパレス)」以外の場所で自分が働けるとは、当時とても思えなかった。

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時聞かれるのはTOEICじゃない

2018.08.01


毎日朝から夕方まで英語を勉強しても話せるようにならないのであれば、どうしたら良いのだろう・・

悩んでいたところ、知り合いからマンツーマンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生から英語を習うようになった。

すると現地で学校に通っていたのと同じ3ヶ月で、
今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、
ネイティブの友達ができたり、
「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

カナダでマンツーマンレッスンを受けていたカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ワーホリ前にすべき英語の準備は2種類

自分も実際に経験して、ワーホリに行く前にすべき英語の準備には、2種類あると思うようになった。

①英語の文化を事前に学ぶこと

「文化」とは、考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性などのこと。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

日本語と英語の違い

例えば日本の文化では、初対面のあいさつではおじぎをするのが普通だが、英語の文化では握手はしてもおじぎはしない。

それに英語では、日本語のように「細かく語尾を変えるような敬語(である→です、来る→いらっしゃる等)」はないし、

「礼儀正しいこと」よりも「フレンドリーであること」が重要であるため、年齢や立場が上の人に対してもカジュアルに「ファーストネーム」で呼べたりもする。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

英語の文化に適応できる人・できない人

なんの知識もないまま海外に行って、日本とは違う「文化」にすぐに適応できる人も、中にはいると思う。

でもなかなか適応できない人が、私が知る限り結構いた。

(私もそうだったが)ほとんどの人は現地で1人も友達がいない状況でワーホリを始める。

家族も友達もいない、日本とは言葉も文化も全然違う環境で生活・・。

ここでまずホームシックになる人が多い。

補足
私は日本ですでに一人暮らしをしていたためホームシックはなかった。

やっと生活に慣れてきたかなという頃になると、バンクーバーの人は「おおらか」であるからこそ、「なんでもきちっと」の日本人にとっては受け入れがたい言動をされることも。

カナダ人のイメージ!優しい、親切・・実は優柔不断!?

2018.08.16

カナダ人の性格・国民性・特徴は?親切だがドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19

そのためなかなか物事がスムーズに進まないことにカルチャーショックを受け

カナダより日本のほうが断然いい

と言って当初の予定より早く帰国する人もいたし、

カナダ人とかルーズだし、おしゃべりでうるさい(カナダでは自分のことを話す方がむしろ礼儀正しいことであるため)し、友達になりたくもない

と言って(カナダの文化を知ろうともしないまま)カナダ人を見下すようになっていたり・・。

ワーホリでネイティブの友達が1人もできない人がいる理由

2018.06.01

バンクーバー留学の準備!行く前に知りたい文化の違い

2018.07.19

日本では外国人を「ガイジン」と呼ぶことがあるが、カナダでは私たち日本人の方がむしろ「ガイジン」である。

にも関わらず、カナダでカナダ人のことを「ガイジン」と呼ぶなど、「身体はカナダ」にあっても「頭の中は日本」を抜け出せない人は、結構いた。

カナダ留学の準備!渡航前に知っておきたい文化の違い

2018.07.18

文化の違いは学べる!

私もワーホリ中カルチャーショックはよく受けていたし、日本に帰国してからも受けることがある。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11

けど私は英語のレッスンで、日本語と英語の文化の違いを一つひとつ学んでいたから、文化の違いを「おもしろい」と思うことはあれど、「カナダが嫌」と思うことは一度もなかった。

ワーホリで海外に行って英語を習得するために必要なこと

2018.09.25

それにレッスンでは、次のようにも聞いていた。

先生
自分の母国とは異なる国の文化を学ぶ時は、もちろん、自分にとっては受け入れ難い考え方や価値観なども出てきます。

私たちはもう大人ですから、一人ひとり自分の核となる考え方・価値観があって当然なのです。

だからそういう場合は、自分が好きだなと思う部分だけを選んで自分の中に取り入れたら良いのです。

留学で失敗する人の共通点とは?

2018.09.24

②英語で話すための自信をつけること

日本ではほとんどの人が中学・高校の最低でも6年は英語を勉強する(今は小学校からだからもっと長い)が、それだけで高校卒業時に英語が話せるようになってる人など、1人もいない。

何度も書いてきた通り、日本の学校教育では「英語を使って話すこと」ではなく「ペーパーテストで点を取ること」が目的になっているため、授業は「単語や文法の暗記がメイン」。

留学前の英語の準備!はアウトプットを勉強しないと後悔する

2018.08.20

英語の苦手意識を作る学校の勉強

だから「学校の勉強が苦手なタイプの人」は、6年も経つ頃には例外なく

英語とかキライだし〜

と言うようになっている。

反対に「勉強が得意なタイプの人」はどうかというと、こちらも

英語だけはいくら勉強しても話せないんだよね・・

と言う。

6年もかけて勉強しても、どちらにしろ英語に自信は持っておらず大半の日本人は6年もの時間をかけてただ英語に対する苦手意識を培っているとも言える。

だからまずは「ペーパーテストで点を取ること=頭の中に知識を入れるインプット」が目的の勉強から、「英語を使って話すこと=英語を口から出す=アウトプット」が目的の勉強に変える必要がある。

「話すこと」メインの英語の勉強は楽しい!

その時に使うのは、ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」。

留学中に英語のスピーキングが上達!した勉強方法

2018.06.13

これを使って英語に対する苦手意識をまず取り除き、日本にいる間から

英語は難しい→難しくない!

勉強しても上達がすぐ見えないから退屈→すぐに効果を感じられるから楽しい!

と思えるようになることがまず初めの一歩なのだと思う。

英語に努力は必要?英語で話すのが一気に楽しくなった勉強法

2018.07.16

ワーホリ・カナダのカフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14

まとめ

ワーホリ前にする英語の準備は、単語や文法やイディオムや会話文を覚えるだけでは不十分。

私は英語の準備ができていないままワーホリを始め、現地で悩んだり後悔することになった。

だからこれからワーホリや留学をする人には、私のようにひたすら英語の「単語」や「文法」を暗記するのではなく、英語の「文化」や「ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことば」から学ぶことをお勧めしたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng