留学前に勉強すると良い本や内容とは?

カナディアン・ロッキーのMount Robson

カナディアン・ロッキーのMount Robson

留学前に勉強すると良い本や内容とはどんなものだろうか。

「留学して英語が話せるようになりたいから勉強しなくちゃ!」と言う人に出会う度、思う。

そもそも英語は「勉強」するものなのだろうか?

自分の経験から言って英語は「勉強」だと考えない方がむしろ話せるようになる。

留学前に勉強すべき本・内容は?

カナダでワーホリ留学をする前、

中学や高校で使っていた英語の教科書や参考書を復習するべし

TOEICの勉強をしておいたらいい

単語や文法を1つでも多く覚えておいた方が良い

というアドバイスを受けていて、私は一生懸命に英語を暗記しようとしていた。

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14

ワーホリに必要な英語力はどのくらい?現地で実感したこと

2018.11.10
だけど現地に着いたら、ネイティブの英語は早すぎて聞き取れないし、自分が喋っても理解してもらえない。

何しろ バンクーバー空港(YVR)に到着したとき、空港で職員から何を言われているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港から出るところだったレベル、だった。

そこで

もっと英語を勉強してくるんだった!

と後悔したけど、後の祭り。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

とりあえず一刻も早く英語が話せるようになりたい・・!

と思った私は、現地の語学学校(ESL)に3ヶ月通うことになった。

留学スタート!も留学前と同じような勉強…

3ヶ月間、学校では毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強していた。

そして学校の「中」であれば「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった話

2018.10.04
学校を卒業する頃になっても「英語を話せている」という気がせず、

こんなに勉強しても話せないならどうしたらいいのか・・

と悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

カナダで経験「本を使わない」英語の勉強

語学学校を卒業した頃の私は、言いたいことが英語で言えず、まるでカナダでは小さな子どもに戻ってしまったかのように感じていた。

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない」!

2018.10.31
留学生同士の英語(それもアジア人に限る)ならまだしも、ネイティブイングリッシュスピーカーが言うことなんて半分以上聞き取れないので、カフェで注文をするのさえまごまごしてしまう状態だった。

だからレッスンがスタートしたばかりの時は、先生の話が理解できるだろうかと緊張して身構えていた。

だけど、そのレッスンは「英語レッスン」なのに「教科書」も「ノート」も「ワークブック」もなかったので

ああ、ここでは最初から暗記することは求められてないんだな

と思ったら途端に気が楽になったのを覚えている。

補足
とは言え、毎回1時間〜1時間半ほどのレッスンが終わる頃にはよく「甘いものが欲しい・・」と思うくらい、密度が濃いレッスンだった。
そのマンツーマンレッスンでは、語学学校の勉強とは違い、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語を「経験」して学び、スピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

そのマンツーマンレッスンを受けるようになって以来、私は英語の教科書を読んだり、問題集を解いたり、単語を書き取ったりしたことが一度もない。

「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?経験談

2018.12.30

カナダでの「生活」すべてが「英語の勉強」になった

机にかじりついて単語帳や文法書を丸暗記するのが好きでたまらない

という人であれば、もちろんそうするのが良いと思う。

だけど私にとっては、そんなの「面倒」で「退屈」で「効果も感じられない」ことだったので、マンツーマンで英語を習うようになってから英語に関しては自分が

好き&楽しい

と思うことだけをするようにしていた。

留学の感想は「自信がついた!」カナダでの経験談

2018.07.16
「机でする勉強」を止めて、
カナダの「文化」を実際に「経験」することができるボランティアスタッフをしたり、

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった話

2018.10.04
カナディアンの友達と遊びに行ってマリファナをすすめられ(て断っ)たり、

ワーホリで遭遇しがちなトラブルとその対処法

2018.06.30
カナダ人宅のファミリーディナーに招いてもらったり、

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03
していたことなど、すべてが私にとっては「勉強」になっていた。

英語は「ツール」なので過程よりも結果を重視

だけど自分も、日本の学校で英語を勉強していた頃、そしてカナダの語学学校で英語を勉強していた頃は、

机について教科書や参考書を読む
ということが
英語の勉強
なのであって、それだけが
唯一の方法
だと思っていた。

というか、そうする以外の方法を知らなかった。

なぜか日本では、

英語の勉強はその過程で「苦労や努力」をすることこそが大切で、結果(話せるようになるかどうか)は二の次で良い

という周囲の大人たちの「アドバイス」もあって、知らず知らずのうちに、

英語は難しいものだ
と思い込むようにもなっていた。

カナダに行くまでずっとそうだったし、カナダで語学学校に通うようになっても、やっぱりまだそう思っていた。

でも今の私は、

英語に限らず言語は「ツール(道具)」である以上、過程がどうであれ、使えないと意味がない・・

と思っている。

留学が楽しくない→楽しいにするには?現地での経験

2019.08.03

まとめ

英語は「勉強」するものであると思えば、単語帳を丸暗記しようとしたり、問題集で全問正答しようなどと思ってしまい、結果として英語が本当に

難しいもの
になってしまう。

でも英語は、「遊び」というか「ゲーム」だと思えば、そんなことしようとは思わなくなり、それと同時に英語も伸びていった。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。