カナダで英語を話すために必要な勉強とは?

カナダのバンクーバー
カナダで英語を話すために必要な勉強とは英語の「文化」である。

文化とは、考え方や価値観・行動パターンのこと。

カナダのバンクーバーでワーホリを始めたころ、私は教科書や問題集を使って英語を勉強していた。

当時はそういう勉強の仕方しか知らなかったので、それが「当たり前」だと思っていた。

でも3ヶ月そうやって勉強しても英語が話せるようにはならなかった。

今考えると、教科書や問題集を使う勉強はすでに日本で中学高校の6年間してきており、それをまたカナダでくり返しても話せるようにならないのは当然だった。

だっていくら教科書や問題集や単語帳をながめても、そこに英語の/カナダの文化は書いていないのだから。

カナダのカフェで英語を勉強していた時のこと

バンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)で3ヶ月間、教科書や問題集を使って英語を勉強したが話せるようにならず、その後マンツーマンの英語レッスンを受けていた時のできごと。

そのレッスンはいつもカフェで受けており、その日、時間より少し早く着いた私は窓際に席をとり、カナダ人の友達から送られてくるtext messageに返事をしながら先生を待っていた。

補足
「text message」とは日本で言うところのショートメール(SMS)。カナダでは携帯の番号宛にメッセージを送り合うのが普通だった。

するとメッセージの中に意味がよくわからないフレーズがあったので、

カナダ独特の言い回しかな? 先生に聞いてみよう

と思っていると、ちょうど先生がカフェのドアを開けて入ってくるのが見えた。

さて先生が席に着くやいなや、

Cana
Hey! I have a question for you!
(質問があります!)
と言った私に

なぜか先生が

先生
すばらしい。
と言う。

Cana

質問があると言っただけなのに、すばらしい??
私には何のことやらわからなかった。

先生
ちょっと考えてみて下さい。
もしここが日本だったら、レッスンに来た先生にむかって開口一番「Hey!」なんて言いますか?

日本では先生にむかって「Hey!」なんて言えない

Cana
・・いえ、言わないです。
というか、言えないですね。

日本の文化では、目上の人に向かってそういう口のきき方はできません・・。

と私が答えると、

先生
そうですよね。
今、Canaさんは意識することもなしに、完全に「日本の文化」ではなく「英語の文化」で話していましたね。

だからExcellent(すばらしい)のです!

ほめられた。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

日本の文化では、立場や年齢などが自分よりも上の人を敬い、常に丁寧な言葉づかいと態度をとる必要がある。

でも英語の/カナダの文化では、相手が年上であろうが、フレンドリーな言葉づかいと態度でOKなのだ。

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

だから、ネイティブは頻繁に使うのに日本人はほとんど使わない「GUYS」という言葉も、遠慮なく使うべし!

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃない

2018.08.01

先生に言われて、私は初めて自分の言動の意味に気がつき、

こんな言い方はちょっと前までは絶対できなかったなぁ・・・

と思った。

学校ではカナダの文化は学べなかった

自分がまだカナダで語学学校(ESL)に通っていたとき、学校で先生に「Hey!」なんて言ったこと一度もないし、他に言っている生徒も見た記憶がない。

学校では、英語の「単語」や「文法」は学べても、英語の/カナダの「文化は学べない。

けれど私はそんなことは考えもせずに、カナダでも日本と変わらない英語の勉強(授業時間のほとんどは、先生の話を聞き、文法の問題を解き、単語やイディオムを暗記)を3ヶ月もしていた。

考えてみると、私は学校で英語を「勉強」するという選択によって、自分で自分を英語の/カナダの文化から遠ざけていたようなものだった。

教室ではなくカフェで英語を習うということ

先生
Canaさんは気づいているかどうかわからないのですが、レッスンの場所が「教室」ではなく「カフェ」なのにも意味があるんですよ。
Cana
え、そうなのですか?
先生
はい、教室だとやっぱり「先生と生徒」、「教える側と教えられる側」という意識がどうしてもできてしまいますし、緊張もすると思うのです。

でもこういうカフェのようにカジュアルな場所だと、勉強ということはあまり意識しなくて済みますし、リラックスして学ぶことができます。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

またレッスンでは暗記も教材も宿題もなしで英語を学び、またレッスンが教室で行われるということもなく、いつもダウンタウンにあるカフェ(周りに普通に現地の人たちが座っておしゃべりしている環境)で受けていた。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

英語マンツーマンレッスンの様子
↑私がレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ。

そういえば・・
バンクーバーのダウンタウンにはカフェがたくさんあるのだが、とはいえ小さな町なので、私がレッスンを受けているところに知り合いがお茶しにやって来たということがあった。

それで後日その人に会ったときに「あの時あんまり話せなくてごめんね〜。英語のレッスン受けてたから・・」と言ったところ、

え、あれ英語のレッスンだったの? (教科書やノートなども使っていないので)ただおしゃべりしてるだけと思った。

と言われたこともあった。

いくら教科書を読んでも、文法の問題集や単語帳をながめても、そこに英語の文化は書いていない。

せっかくカナダにいるのなら、カナダの/英語の文化(考え方や価値観・行動の仕方)を現地でどんどん学び、それらを自分も使ってみること。

そうして私は英語に自信をつけていくことができた。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng