ワーホリでよくある悩みトップは「英語が話せない!」

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ中にダントツよく聞いた悩み、それは「英語が話せない」現地の人と会話が続かない→ネイティブの友達ができない→仕事も見つからない…全部英語が話せないことが原因になっていた。

英語が話せなくても海外で生活すること自体はできる。でも話せないと何倍もつまらない生活になってしまうのだった。

英語が話せなくてもワーホリは可能

自分もカナダでワーホリをするまで分からなかったこと。

それは「日本人がワーホリで行くような海外の都市にはだいたいアジア人が多く住んでいて、生活範囲を限定すれば、たとえ日本語しか話せなくても生活はできる」ということだった。

ダウンタウン(中心街)を歩く時は日本語を聞かない方が難しいくらいだったし、スーパーや携帯ショップにも日系のお店があるし、大手の銀行には日本語が話せるor日本人のスタッフがいる。ジャパニーズレストラン、略して「ジャパレス」だっていたる所にあるから、食事も困らない。

補足
カナダに行く前「向こうに行ったら米なんてなかなか食べられないだろうから今のうちにしっかり食べておきなよ」と友達や家族に言われたが、実際生活を始めたら、アジア系のスーパーでは何種類も米を売っている(しかも日本より安い!)ことに気づき、拍子抜けした。

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない…わけじゃない

2018.06.09

語学学校は「小さな日本」

しかし私は、英語が話せるようになりたくて、はるばるカナダまでワーホリしに来たわけである。

英語が話せなくても生活ができてしまうバンクーバーだからこそ、着いて早々、私は「英語が話せるようになるまでできるだけ日本語を使わない生活をしよう」と決め、日本語を使うのは日本にいる家族や友達と連絡を取るときくらいにしていた。

しかし実際には、最初通っていた語学学校(ESL)は、生徒の大半が日本人か韓国人で、校内には「日本人だけのグループ」がいくつもできていた。

補足
これも後からわかったことだが、留学生が多い都市では、こんな風に語学学校が日本人と韓国人とで占められているのは、特に珍しいことではない。パンフレットでは世界各国からの留学生が一緒に勉強しているような写真ばかりが載っていたが、パンフレットはあくまで「イメージ」だった。

時々、カナダにいながら「ここは日本なのだろうか?」と思うくらい日本人が多い環境だったが、それでもできるだけ私は日本人同士だけでは固まらないようにしていた。

例えばそこに韓国人の友達が一人でもいれば、必然的にみんな英語で会話しなければならなくなる。だからなるべく日本人だけではなくて、日本人とそれに韓国人の友達とも一緒に出かけるようにするなどしていた。

そうやって、語学学校の日本人が多い環境の中でも、「英語環境」を作るようにはしていた。

けれど残念ながら、それでも英語に自信はつかなかった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

英語が話せずカナダで「小さな子ども」になったように感じる

語学学校で毎日、朝から夕方まで英語を勉強し、3ヶ月が過ぎたが、私は相変わらず英語で複雑な話をすることができない。

自分の気持ちや考えを、英語では自由に表現できない。

そのため当時は英語で話そうとするとき、自分が5歳くらいの小さな子どもに戻ったかのように感じていた。

英語できないままワーホリ留学しても何とかなる、は甘い!

2018.07.03

ワーホリで失敗して後悔する人の特徴とその解決策

2018.07.12

そして

3ヶ月間、毎日、朝から夕方まで英語を勉強して、でも英語で話せている気がしない。ならこれ以上何を、どうすれば良いのだろうか・・?

と思っていた。

日本語の「大人の自分」と英語の「小さな子どもの自分」

その頃、日本の家族や友達と電話で話すとき、私はいつも違和感があった。

それがなぜなのかも、当時はわからなかった。

でも今思うのは、それはカナダの英語環境の中ではいつも「小さな子どもの自分」が、日本語を話すことで急に「大人の自分」に戻るからだったのだと思う。

英語では言えない、カナダで生活をする中で感じていることやちょっとした出来事、小さな不満といったものが、日本語になると急に自分の口からペラペラ出てくることに違和感を感じていたのだった。

「英語を話す自分」と「日本語を話す自分」が当時は分離していて、日本語なら簡単に言えるし解決できる問題が、英語では何十倍も難しいことのように感じられていた。

ワーホリのホームステイで経験したトラブルの話

2018.07.25

周りの環境を自分でコントロールできない。

困ったことや嫌なことがあっても、うまく言えなくて解決できない・・・。

バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

2018.09.14

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15

英語でも「大人の人格」が持てた時

カナダでワーホリを始めて英語を勉強したはいいが、思ったほど英語が話せるようになっておらず悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そこで「英語の文化」や、

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15
ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

などを学ぶようになると、だんだん英語を話すときでも「大人の人格」を感じられるようになり、日本の家族や友達と電話で話しても違和感がなくなっていった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

カナダで受けていたマンツーマンの英語レッスン

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

それと同時に、それまで一人もいなかったネイティブの友達ができるようになったり

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27
現地の人と楽しくおしゃべりしたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

まとめ

思えば、日本で英語を勉強していた時、そしてカナダの語学学校(ESL)でも、英語を勉強(暗記)することはあっても、「英語の文化」「英語の話しことば」一度も学んだことがなかった。

カナダに着いてからは、英語の環境で生活し、学校に通って一生懸命に単語文法は暗記していたが、「英語の文化」「英語の話しことば」の存在には気づいてさえいなかった。

今は「日本語を話す私」「英語を話す私」も、どちらも「れっきとした大人」だと自分で感じられるし、そこに以前感じていたような断絶はもう、ない。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリでネイティブに近い英語力がついた!英語レベルの解説も

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng