カナダ留学中マンツーマンで英語を学んだ結果

カナダのスカイトレイン

カナダ・バンクーバーのスカイトレイン

カナダで留学中、私はマンツーマンで英語を学んだ。

学校のグループレッスンとは違って生徒が自分だけだから、3ヶ月で英語を習得できたし帰国後TOEICも970点だった。

個別指導が最も効果的だし上達が早いのは、語学もスポーツも楽器も同じだと思った。

カナダで留学、マンツーマンで英語を習うまで

私はカナダでワーホリ留学を始めた当初、語学学校(ESL)に通っていた。

毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末も図書館に行って英語を勉強したりしていた。

でも3ヶ月たっても自分が「英語を話せている」という気がしない。

学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれる。

でも学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダでワーホリ中にボランティアをしたら即クビになった話

2018.10.04
というのも
学校で習う教科書の英語
と、
現地のネイティブが話す英語
には違いがあるのだが、そういったことも当時はわからなかった。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

留学で語学学校に行くとよく聞く「日本語英語」トップ10

2019.03.14

だからたまに語学学校の「外」でネイティブの人と話す機会があったとしても、会話を続けること自体が難しかった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

そのレッスンでは英語を「暗記」するのではなく「経験」する方法で英語を学んだ。

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行をして英語が上達した方法

2018.07.30

「暗記」した知識はすぐに忘れてしまうけれど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリ留学でTOEICは何点上がる?→970点になった

2018.11.23

ワーホリすると帰国後の就職は有利?不利?してみた感想

2018.12.30

日本人ルームメイトから「白人の女の子みたい」

バンクーバーで3ヶ月が経ち語学学校を卒業する頃、私はホームステイも卒業し、シェアハウスに移ることにした。

ワーホリのホームステイで経験したトラブルの話

2018.07.25

そこでカナダ人の大家さんと日本人のルームメイトと一緒に住むようになった。

そのルームメイトとは共通の友達も多くいて、家でお喋りしながら2人で料理したり、遊びに行くこともよくあった。

これは彼女と一緒に遊びに行ったときに、私の英語や英語を話すときの態度が

白人の女の子みたい

だと言われた話。

バンクーバー郊外のレストランでディナー

ある日そのルームメイトと、共通の友達とで、一緒にバンクーバー郊外のレストランにディナーに行くことになった。

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11
参加したのはカナダ人男性2人と、私を含めた日本人女性4人で、全員が顔見知り。

私は家からルームメイトと一緒にバスとスカイトレイン(バンクーバーの地下鉄兼電車)を乗り継いでレストランまで行った。

家からそのレストランまで遠い上に、バンクーバーのバスはそもそも遅れるのが当たり前なので、着くのに1時間以上もかかった。

補足
バスに関しては、遅れるどころか、むしろ「来ない」ことすら何度もあった・・。
カナダで生活して、日本の公共交通機関の時間の正確さは、決して世界の常識ではないと初めて知った。

車で来ていたのは1人だけで、あとの人はそれぞれ公共交通機関を使って来たらしい。

食事の後は近くのカフェに移っておしゃべりし、さておひらきとなったとき。

すでに夜の9時をすぎていて、

時間も時間なので、とりあえず車で、バスにもスカイトレインにもアクセスの良いダウンタウン(中心地)まで行ってはどうか

という話になった。

が、さすがに、一台に6人は乗れない。

私とルームメイトが住んでいる家はただでさえ遠いのに、もう時間も遅く、バスやスカイトレインの本数も来た時より少なくなっている。

他の女の子たちはダウンタウンに住んでいると聞いていたから、私はてっきり、誰が車に乗せてもらうのが良いかを皆で話し合って決めるものと思った。

英語を使って遠慮せずに聞いてみる

が、ルームメイトと女の子たちは、

私たちはスカイトレインで帰るからいいよ。
じゃあ、またね!

と言って、そそくさと3人で駅の方向へ向かい始めるではないか。

たしかに「遠慮」は日本の文化(考え方や価値観)の一つであり、美徳でもあるかもしれないが、ここはカナダであり、遠慮していても誰かが察して助けてくれるとは限らない。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

私はあわててルームメイトに、
Cana
来た時ですら1時間以上かかったことを考えると、もう電車の本数も減ってることを考えると、何時に家に着けるかわかんないよ。
車に乗せていってもらえないか聞いてみようよ!
と言って、前に別のカナダ人の友達から教わった通りに、ただ今度は
I(私)
We(私たち)
に変えて、車で来た友達に聞いてみた。

Cana
Hey, we need a ride to our place. Can you give us a ride?
(私たちの家まで乗せてくれる?)
と。

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018.08.12

するとその友達は、

Sure, I can drive you guys.
(いいよ、乗せてあげるよ)

とのことで、あっさり乗せてもらえることになった。

Cana
Thank you!

マンツーマンで英語を学んだ成果

レストランから私たちの家までは、車ではなんと行きの半分の時間しかかからなかった。

乗せてくれた友達にお礼を言って、ルームメイトと一緒に裏口から家に入る時、

もしスカイトレインで帰ってたら、私たちまだ今頃ダウンタウンでバスを待ってたかもね。

Canが車に乗せてもらえるか聞いてくれて、ほんとよかった。


私は遠慮しちゃって聞けなかった。

なんかCana、白人の女の子みたいだなぁ、と思ったよ。

と言われた。

白人の女の子みたい

というのは、私は褒め言葉だと受け取った。

英語で一度「経験」したら次はもっとうまく対処できる

以前は、私もルームメイトと同じで、遠慮して聞くことができなかった。

ただそれで困ったことになった経験があるから、この時は迷うことなく「車に乗せてもらえないか」と聞くことができた。

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018.08.12

私はバンクーバーで語学学校に3ヶ月通ったものの、思うように英語が話せるようにならず、その後マンツーマンレッスンで英語を習うようになったのだが、そこで先生から

先生
いくら英語を暗記しても、使わない知識は忘れてしまいますが、経験から学ぶと忘れないのです。
と言われていた。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
それが納得できたし、この成功体験で少し自信も増えたのを感じた。

まとめ

たしかに日本の「文化」では、「遠慮すること」が美徳であり、重要かもしれない。

でも文化の違うカナダでは、車に乗せてもらえるかを単に聞くことが失礼、とか、迷惑じゃないか、とかは思わなくなった。

バンクーバーで現地の友達を作るために知っておきたいこと

2019.01.02

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11

ニュージーランド人の国民性・性格を旅行中に感じた話

2018.08.21
友達に教えてもらった聞き方をすれば、相手が気を悪くすることなんてそうそうないということが分かったし、もし車に乗せることができない場合には、相手もそう言ってくれる。

だからその時はその時で、私も別の道を考えれば良いだけ。

むしろ、遠慮するよりもちょっと聞いてみることで、意外と簡単に解決できることもあるということがわかるようになったし、そういう文化の違い」を考えることができるようになったのも、カナダでマンツーマンで英語を学ぶことができたからこそだと思う。

大人数での集団授業より、生徒が自分だけのマンツーマンレッスンの方が上達が早いのは、語学もスポーツも楽器も同じだと思った。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

バンクーバーで留学する人に知ってもらいたい文化の違い

2018.07.19

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

4 件のコメント

  • 加奈さん、はじめまして。

    留学を考えていて、マンツーマンで英語を教えてもらえるところはないかと探していたところ、このブログにたどり着きました。初めてのコメントで失礼は承知なのですが、わたしにもマンツマーンの先生を教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    • OAさん(お名前は伏せさせていただきました)へ
      初めまして、コメントありがとうございました。
      メールをお送りしましたのでご確認をお願い致します。
      加奈

  • 加奈さん
    初めまして。
    私も加奈さんのブログを見て衝撃を受けました。
    自分は今非英語圏に英語留学に来ていて勉強に悩むことがあり、ちょうどマンツーマンについて考えていた所加奈さんのブログを拝見させていただきました。
    もしよろしければ、マンツーマンの先生の見つけ方などについて教えていただきたいです。
    よろしくお願い致します。

    • H.Kさん(お名前は伏せさせていただきました)へ
      初めまして、コメントありがとうございました。
      メールをお送りしましたのでご確認をお願い致します。
      加奈

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    加奈(Cana)

    大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
    現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
    始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
    趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
    ■LINE→stop_study_speak_eng