トロントとバンクーバーの違い!ワーホリ・留学ならどっち?

トロントとバンクーバーの違い!ワーホリ・留学ならどっち?

バンクーバーとトロントの位置

トロントとバンクーバーの違いがわかるとワーホリや留学するならどっちがいいか決める参考になる。

私はバンクーバーでワーホリ留学する前、夏にトロントへ旅行したことがあり、最初はトロントに行こうと思っていた。

でも冬にはー20度になることもあると聞いてバンクーバーにした。

結果的にはバンクーバーにしてよかったと思っている。

留学ならトロントとバンクーバーどっち?違い概要

バンクーバーとトロントについて簡単に説明すると、バンクーバーはカナダ西部のブリティッシュ・コロンビア州に、トロントは東部のオンタリオ州に位置している。

人口はバンクーバー市を中心にした周辺都市も含めての都市圏人口が約240万人。

トロントも同じく都市圏人口で約590万人。

バンクーバー市単体だと約63万人、トロント市単体では約270万人になる。

2つの都市はどれくらい遠いのかというと、飛行機の直行便で約5時間かかる距離。

ちなみに北海道(札幌)から沖縄(那覇)までが直行便で約4時間。

同じ日本でも北海道と沖縄で違いがあるように、バンクーバーとトロントでは気候から文化まで、やはり色々な違いがある。

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人の生活・ライフスタイルをバンクーバーで見た

2019年3月9日

比較①地理:西のバンクーバーと東のトロント

まずトロントよりもバンクーバーの方が、日本から圧倒的に近い。

東京からであればバンクーバーまで直行便で約8時間半、トロントなら約12時間。

日本から近いということはつまりアジアから近いということなので、だからバンクーバーの方がアジア人の移民や留学生・ワーホリメーカーが多いと言われる。

実際、

カナダ=白人が多く住んでいる国
というイメージがあった私は、バンクーバーに着いた翌日にダウンタウン(中心地)を歩いて驚いた。

本当にアジア人が多いし、日本語もあちこちから聞こえてきたから

補足
以前はとくに香港系移民が多かったらしく、バンクーバーのことを「Hongcouver(ホンクーバー)」と呼ぶ人もいた。

とはいえ、それは日本でも外国人が最も多く旅行したり住むのが東京であるのと同じで、バンクーバーでも少し郊外に行けば地元の人ばかりが住んでいる地域もあるし、もちろんヨーロッパ系、アフリカ系、中東系の人だってバンクーバーにたくさん住んでいる。
東京の風景

日本語と英語の文化の違いを東京で感じた話

2018年7月11日
またバンクーバーに日本人が多く住んでいることが英語の上達の障害になるかというと、それは別に関係ないと言える。
カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018年6月9日
一方トロントは、地理的にアジアよりもヨーロッパやアフリカ・中東が近いため、そこからの移民や留学生の割合が高くなる。

ただし、バンクーバーからトロントの語学学校(ESL)に転校した友達によると、トロントでもESLで出会う人は

アジア人が多かったよ

ということだった。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても英語ができない人の特徴

2018年8月3日

比較②気候

カナダというとどうしても「寒い」イメージがあったが、バンクーバーは

カナダ中で最も暖かい都市
と言われている。

冬でも氷点下になることはほとんどないし、雪が降るのも年に2〜3回で、積もることもあんまりない。

これはバンクーバーがカナダの中でも比較的暖かい海流に接しているため、らしい。

ちなみに
バンクーバーにホームレスの人が多いのも「カナダで冬に家なしで過ごせる唯一の街だから」らしい。
「自然が美しく、治安が良く、住みやすい都市バンクーバー」

カナダ・バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018年8月25日
年中通して湿気が少ないので、夏も日陰に入れば涼しいし、夜なら(日によっては)長袖がほしくなるくらい。

ただし夏以外は

Raincouver(レインクーバー)
と呼ばれるくらい、雨が多い。

一方トロントは、冒頭にも書いた通り、冬はマイナス20度になることもあるというくらいの寒さ。

雪も降るし積もるため、外に出ないで済むように「PATH」という巨大な地下街があるくらい。

ただしトロントでもバンクーバーでも「家の中」は日本よりも過ごしやすいと言えるはず。

なぜなら(おそらく日本でも北海道ではおなじみと思うのだが)カナダでは基本的に屋内は

セントラルヒーティング(床暖房)
という暖房設備がほぼ標準でついているため。

なので、私はさすがに無理だったが、カナダ人は冬でもふつ〜に

家の中ではTシャツ+ショートパンツ
だったりした。
補足
バンクーバーは景観保護の関係で屋外に洗濯物が干せない。でもこの暖房のおかげで、洗濯物も室内干しで1晩で乾いていた。

比較③自然派?都会派?

バンクーバーは雨が多い、だけどそれが「緑の多い自然豊かな都市」を作っているとも言える。

山・森・海・湖が近場にすべてあるバンクーバーはアウトドア好きな人も多く、晴れた休日にはハイキングやサイクリングにランニングにローラーブレードなどに誘われることが多かった。

補足
私はもともと特にアウトドアが好きではなかったのだが、カナダで生活してから好きになった。
カナダ・バンクーバーには桜もある

カナダと日本の共通点!実は優柔不断!?

2018年8月16日
カナダ・バンクーバーのDeep Coveでカヤック

バンクーバー留学体験談!英語の上達と自身の変化

2018年7月22日
バンクーバー市内はあまり雪が降らないけど、ダウンタウン(中心地)から車で1時間くらいのところにはスキーやスノボが楽しめる山があったり、「2010年冬季オリンピック」の開催地にもなったウィスラーも車で2時間くらいの距離にあったりと、ウインタースポーツ好きにも最高の環境と言える。

冬はバスや地下鉄(スカイトレイン)のような公共交通機関も、みんな普通にスノボウェアでそのまま乗っていた。

グラウス山の山頂から見たカナダ・バンクーバー

バンクーバーのスキー場「グラウスマウンテン」でのミラクル

2018年6月17日
一方トロントは、バンクーバーよりも数倍大きな都市なので、バンクーバーに比べれば自然は少ない印象だった。
ちなみに
「トロントといえば」のナイアガラ滝は、トロント市内からバスで2時間くらいの距離。

また夏はバンクーバーでは街のいたる所で色々なイベントがあり、私はボランティアとしても参加したりしたが、トロントもやはりイベントがたくさん行われている。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
バンクーバーでも花火が楽しめる

カナダバンクーバーの花火大会で初対面の人と2回も花火を見た話

2019年4月29日

比較④人々の性格

私はバンクーバーにはワーホリ留学で1年住んだけど、トロントは旅行で数日いただけなのでわからなかったのだが
バンクーバー出身の人はよく

トロントの人はバンクーバー人よりも冷たい

と言っていた。

理由を聞くと、

トロントの方が都会だからだよ

と。

なるほど、日本でも「大阪人はフレンドリーで東京の人は冷たい」と言われるのと同じだな〜

と思った。

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
人口が多ければ多いほど、他人への無関心度は高まる、という傾向はたしかにあると思う。
(だってそうじゃないと疲れるから。)


もちろんこれは一般論であり、当然ながら個人差があるけれど。
バンクーバーのダウンタウン

カナダ留学の準備!渡航前に知っておきたい文化の違い

2018年7月18日

比較⑤他都市へのアクセス

言語冒険旅行でカナダでオーロラも鑑賞

一生に一度は見たいオーロラ

カナダに行くならオーロラが見たい!

という人は多いと思う。

カナダでもノースウエスト準州にあるYellowknife(イエローナイフ)という町がとくにオーロラ(Northern Lights)で有名なのだが、カナダの人に聞くと

オーロラが見たいの? なんで? 寒いだけじゃない。

と、割と冷めている/興味がない人の方が多かった・・。

それはさておき、バンクーバーからイエローナイフへは直行便で2時間半くらいで行けるのだが、トロントからは直行便がないため7〜8時間かかる。

そのため

トロントからならイエローナイフよりアイスランドに行った方がいい

と言う人もいた。

ちなみに国際線のフライトの方が、カナダ国内線のフライトよりも安いということは、よくある。

日本でも国内旅行よりも台湾や韓国などへの海外旅行チケットの方が安かったりするのと同じで、(シーズンにもよるが)だいたいバンクーバーからトロントへのチケットの半額で、バンクーバーからアメリカのラスベガスへ行くことができたりする。

バンクーバーからラスベガスへは飛行機で約2時間半

バンクーバーからラスベガスへ旅行!で知った旅のコツ

2019年9月15日
レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
バンクーバーであれトロントであれ、やっぱり距離的にも経済的にも日本から行くよりもずっとアメリカやメキシコ・ヨーロッパなどへ行きやすいので、ワーホリや留学中に旅行する人が多い。

まとめ

はじめはトロントでワーホリ留学しようと思っていたけど、寒さに弱い私はバンクーバーを選んだ。

結果的にたしかに1年を通して過ごしやすい気候で(とくに夏は最高!)、自然も多くてたくさんの良い思い出ができた。

なのでこれからワーホリや留学を考えている人にもぜひバンクーバーをおすすめしたい。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
カナダ・バンクーバーのサイエンスワールド

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2018年8月2日
飛行機と空の写真

留学と英語レベルの関係!ESLと各段階の意味

2018年8月9日
補足
下は、カナダのバンクーバーでワーホリ中に現地で受けていたマンツーマンの英語レッスンの一環で行った旅行の写真集。
EEE-photo画像

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    加奈(Cana)

    大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
    現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
    始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
    趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。