留学で外国人の友達ができる人とできない人の違い

カナダ・バンクーバーの散歩道

カナダ・バンクーバーの散歩道

留学して外国人の友達ができる人とできない人には違いがあった。

カナダで留学中、英語がうまく話せないから日本人や韓国人の友達はできても(留学生ではない)外国人の友達を作るのは難しい、と言う人によく出会った。

詳しく話を聞いてみるとそう言う人にはある共通点があった。

留学しても英語話せない・友達できないと悩む理由

ワーホリや留学でカナダに来たものの、知り合いも友達も誰もいない状態では誰だって「さみしい」と感じる。

だからカナダでワーホリ留学を始めて語学学校(ESL)に通っていたころ、

英語のためというのももちろんあるけど、友達を作りたいから学校に通っている

という人に結構出会った。

だけど、(これは自分もそうだったし、ほとんどの人が現地に着くまでイメージしづらいことだと思うけれど)語学学校というのは「英語を外国語として勉強したい人が通う場所」であり、現地の人は当然ながら現地の高校や大学に通っている。

だから語学学校で出会うことができる人は

自分と同じように英語を勉強している留学生(主に日本人と韓国人)
に限られる。

語学学校に通えば日本人と韓国人の友達はすぐにできるけど、それ以外の国の友達を作るのはなかなか難しい・・
というのが実際に通ってみて感じたことだった。

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。
でもESLのホームページやパンフレットには、「イメージ写真」として、世界各国からの留学生が一緒に授業を受けたりアクティビティに参加している様子の写真が載っているものだから、「学校に通えば色んな国の人と友達になれると思っていたのに・・」と嘆いている人もいた。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
一方で、同じようにバンクーバーでワーホリや留学をしていても、何の苦もなく「日本人でも韓国人でもない友達」ができる人もいる。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09
私はカナダでワーホリ留学中、
日本人か韓国人の友達しかいない状態
日本人でも韓国人でもない友達もいる状態
のどちらも経験した。

だから、この2つの状態の違いは何が原因なのだろうか?と考えていたのだが、結果、そこには

①環境の問題
②マインド(考え方)の問題
この2つの要因があると思う。

①環境の問題

周りに日本人か韓国人しかいない

上に書いた通り、

語学学校に通っていて日本人か韓国人の友達しかできない

というのは、不思議でも何でもない。

「自分の周りに日本人や韓国人の留学生しかいない環境」にいるのだから、友達が日本人や韓国人ばかりになるのはむしろ自然なことになる。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

ワーホリが辛い・つまらないと言う人の共通点

2018.06.20

学校の「中」では英語が通じても「外」では通じない

私自身はカナダのバンクーバーでワーホリ留学を始めた当初、語学学校に3ヶ月通っていた。

毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
学校で習う教科書の英語
と、
現地のネイティブが話す英語
には違いがあるのだが、そういったことも当時はわからなかった。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

留学で語学学校に行くとよく聞く「日本語英語」トップ10

2019.03.14

だからたまに語学学校の「外」でネイティブの人と話す機会があったとしても、

会話を続けること自体が難しい・・
と感じていた。

悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

そこで英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

発音」に、

留学中に英語の発音矯正が必要か悩んだ→7日で改善した!理由

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行をして英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

②マインド(考え方)の問題

カナダで語学学校を卒業した後、現地の友達ができるようになってからのこと。

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018.08.12
語学学校で同じクラスだったことがあり、卒業した後も時々連絡をとっていた韓国人の女友達と久しぶりに会うことになった。

カナダで語学学校に通い続けていた友達の話

カフェで近況を話していたところ、その友達は

今はバンクーバーの別の語学学校に通っている

ということだった。

そして

学校で韓国人と日本人の友達はたくさんできたから、もっと違う外国人の友達がほしい

と言う。

私は何気なく、

Cana
なんで外国人の友達がほしいの?
と聞いてみた。

すると、

そんなの、英語がうまくなりたいからに決まってるじゃない。

英語が上手い人と友達になって(英語を)練習したい!

という答えが返ってきた。

そして、

友達を作るために、ネットを駆使している


と言う。

SNSや言語学習系のサイトを使えば、バンクーバー在住の

韓国人でも日本人でもない人(主に男性)
と簡単にメッセージをやりとりできる、ということだった。

補足
バンクーバーにワーホリや留学で住んでいる人ならわかると思うが、アジア系の女性は現地の男性から人気がある。
(というか、バンクーバーに限らずおそらく世界のほとんどの国で、と言えるかもしれないけれど。)

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

カナダで日本人女性はよくナンパされる!?こう返事しよう

2018.07.15

だけど友達は、

ネットを使って外国人の男性とメッセージのやり取りをすることは、全く難しくない。

でもなぜかやり取りが続かないので、結局友達は1人もできない。

と言う。

Cana
え〜、そうなの?
どんなこと話しているの??
と聞いたところ、友達は「バンクーバーに住んでいる外国人男性」何人かとのメッセージのやり取りを見せてくれた。

英語を教えて下さい!というメッセージ

私には、友達がメッセージを送ってもなぜ返信がこないのか、すぐに理由がわかった。

何も彼女の英語が下手だからとかそういうことではない。

(むしろほとんどミスもなく、writingはかなり上手だと思った。)

そうではなくて、彼女から送っているメッセージのいたるところに

Please teach me English!
(私に英語を教えてください!)

と書いてあったのが、おそらく返事が返ってこない理由なのだと思った

なのでそれを指摘したところ、友達はきょとんとしていた。

英語を勉強したいから友達になってほしい、は失礼

ここで少し考えてみてほしい。

もしあなたが

知り合ったばかりの外国人
から

私は日本語を勉強したいからあなたと友達になりたい

と言われたら、どういう気持ちがするだろうか。

嬉しい、と感じるだろうか?

ではこれが、

あなたと友達になりたいから日本語を勉強したい

だったら、どうだろうか。

私だったら断然、後者の方が嬉しいと感じる。

まとめ

英語が話せないから外国人の友達を作って英語を練習したい、と考える人は多いと思う。

だけど、自分が言われて嬉しくないことを相手に伝えるのは、考えもの。

この韓国人の友達だけでなく、英語がまるで話せないというわけでもないのに、

現地の友達ができない・・

と悩んでいるワーホリメーカーや留学生に出会うのは、決して珍しいことではなかった。

カナダにいる日本人は「ガイジン」であることに気づいた時

2018.07.18

ワーホリでネイティブの友達が1人もできない人がいる理由

2018.06.01

もし今、海外で「現地の友達ができない」と悩んでいるとしたら、

①環境
②マインド(考え方)

このどちらかに当てはまっていないかを考えてみると良いかもしれない。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

補足
私がカナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在先生は「英語学習」と「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立されています。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

また現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

次回は6月末に来日される予定となっているそうです。

2019年5月に来日された先生の写真:郡山駅

2019年5月に来日された先生の写真:郡山駅

2019年5月に来日された先生の写真:品川駅

2019年5月に来日された先生の写真:品川駅

日本でレッスンを受けておられる生徒さんと先生

日本でレッスンを受けておられる生徒さんと先生

バンクーバーでレッスン中の生徒さんと先生

バンクーバーでレッスン中の生徒さんと先生

日本にいる間に、日本とカナダの文化の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことばを学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

ワーホリでアルバイトするとわかる文化の違い

2019.02.17

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study = 石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。詳しくは下の記事をご覧ください。

ワーホリ前の英語準備

なお日本でのレッスンにはご両親やご家族も参加できるそうです。

また上のSkypeトークの写真の他、レッスンの一環で行く「言語冒険旅行」の写真はこちらからも見ることができます。

旅行の写真集

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行をして英語が上達した方法

2018.07.30
ご興味がある方は、下の「コメント欄」か、「コンタクト」ページ、または「LINE」からご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_eng
で検索頂き、

①ローマ字でお名前
②メールアドレス
③ワーホリや留学の予定時期と渡航先
をご明記ください。
(先生のレッスンは、ワーホリや語学留学の予定がある方が対象となっています)

(*私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンのスケジュールや費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーさんへ直接お願いします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng