留学して英語ペラペラになったと思えた瞬間

よっしゃあポーズ
カナダでワーホリ留学をする前、わたしは「海外に行けば英語が話せるようになるはず」と期待する一方で、「もしも話せるようにならなかったらどうしよう・・」という不安もあった。

帰国した今、思うこと

海外留学やワーホリで英語がペラペラになることは全く難しくない。

しかしそれは「英語の勉強の仕方を間違えなければ」という条件つきの話
である。

 

まだ英語が話せなかった頃の自分と現地の男性の会話

例えばまだ自分がカナダで「日本式の英語の勉強(単語や文法をひたすら暗記)をしていて、「英語を話せている」という感覚がなかった頃には、こんなことがよくあった。

バンクーバーには100以上とも言われる語学学校(ESL)があり、多くの留学生が生活している。

だからそういう「英語を勉強している人」向けの英会話カフェとか英語イベントが多数あり、カナダ人(か、またはカナダ人ではなくても英語を流暢に話す)男性と話す機会がたまにあった。

そして当時の「英語が話せない私」と「ペラペラ一方的に喋る男性」との間によく展開された会話のパターンは、だいたい以下のようなものだった。

(1)「Hi!」 から始まり、
    ↓
(2)「Where are you from?(どこから来たの?)」 または「Are you Japanese?(君、日本人?)」
    ↓
(3)「Do you have a boyfriend? (彼氏いるの?)」
    ↓
(4)「I can help you with your English. Do you want to teach me Japanese?」
(君に英語を教えてあげるよ。そのかわり僕に日本語を教えてくれる?)

    ↓
(5)「And, what is your phone number??」
(で、電話番号、何? 教えてよ)
 

 

・・・これってなんか、見下されているというか、いくら英語が下手だからって、私のことバカにしてんの?と思ったが、しかし当時の私には何も言い返せなかった。

いつも会っている学校のクラスメイトや学校の先生「ではない」人と話すとなると、ほとんど相手の質問にYes/Noで答えるくらいしかできない。

悔しいけれど、何と言ったらいいのかわからない。

だからそういう時は笑ってごまかして、徐々にその相手から離れていくしかなかった。

もちろん当時の私には自分と同じようにして英語を勉強している留学生の友達しかいなかったから、そうなるとやはり自分の行動範囲も「留学生が多くいるところ」に限られがちだった。

そして「留学生が多くいる場所」で出会う現地の人というのは、留学生がそこにいると知っていてあえて来ているわけである

だからその頃の私は「日本人だから(もしくは/かつ)英語が不得意な留学生だから」こそ近づいてくる人に多く出会いがちだったのは、まあ当たり前といえば当たり前なのだけれど、そういうことにも当時は気づいていなかった。

注意
バンクーバーのような国際都市には留学生やワーホリメーカーが多くいて、そういう「英語を勉強している人」が集まる場所(カフェやクラブなど)がいくつもあり、そこにやたらめったら顔を出す現地の人というのが時々いる。
そういう人が全員危険なわけではもちろんないが、こちらが「日本人だから(もしくは/かつ)英語が不得意な留学生だからこそ近づいてくる」人と関わると、嫌な思いをすることも多い(特に女性は!)ので、気をつけてほしい 

日本人がやりがちな勉強の問題点

日本では中学高校を通して6年も英語を「勉強」するけれど、それで英語が話せるようになる人など、一人もいない。

だってそこで教わるのは「英語の単語と文法を少しでも多く暗記すること」。

それだけだから。

わたしは「英語はできないが、英語圏の国で生活すれば話せるようになるだろう」という淡い期待をもって、日本という「単語と文法がすべてだった世界」から、カナダという「単語でも文法でもないものが存在する世界」に飛び込み、ワーホリを始めた。

しかし始めの頃は、カナダでも日本でしてきた勉強と同じこと(教材を使って単語や文法を暗記)を繰り返すだけだった。

「・・・あれ?こんなに勉強してるのに、全然英語が話せてる気がしない」と気づく頃には、カナダで生活を始めて3ヶ月が経とうとしていた。

当時は学校に通い、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末にも英語を勉強していた。
それなのに、自分が英語を話せるようになっていっているとは思えない。

・・もうどうしたら良いのかわからない。
英語のことなど諦めて日本に帰った方が良いのだろうか・・

そんな風に悩んでいるときに、現地のマンツーマンレッスンで英語を学ぶようになった。

そこで単語とも文法とも違う

英語の文化

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15

や「発音の仕方」、

英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

2018.07.28

それに「大人っぽくて自然な話し方をするための英語の話しことば

英語のスピーキング上達を実感!目からウロコの話しことば

2018.06.13

を学ぶことができ、結果としてそれから3ヶ月後には英語を話せているという実感がもてるようになっていた。

英語が話せるようになった自分と現地の男性の会話

現地のマンツーマンレッスンで英語の文化発音の仕方、それに「大人っぽくて自然な話し方をするための話しことば」を学ぶようになってからのこと。

カナダ人の男性とこのような会話をしている自分に気づいて、驚いた。

(1)”Hi!” から始まり、
    ↓
(2)”Where are you from?(どこから来たの?)”
    ↓
(3)“Do you have a boyfriend? (彼氏いるの?)”

Cana
That’s none of your business!!
(あなたには全然まったく、1ミリも関係ないっす!!)

「私が英語が不得意な日本人留学生だと思って近づいてくる人」は、私がこんな返事をすると、ぎょっとした顔をして離れていってくれるようになった。

日本式の英語の勉強では話せるようにならない理由

まず全ての英語を勉強している人に知ってもらいたいのは、「教科書や問題集に書いてある英語」と、「実際の会話の中で使われている英語」には、違いがあるということ。

例えば日本の英語の授業では、
”How are you?” と聞かれたら ”I’m fine, thank you. And you?” と返しなさいと習うが、
実際にはこんな返し方をするネイティブは、一人もいない。

同様に、日本語を勉強している英語のネイティブに、日本語の教科書を見せてもらったことがあり、
そこには「文法的には正しいけど、こんな言い方普通しないよ・・」と思う日本語が何個も書いてあった。

例えば外国人の英語学習者と日本人の日本語教師が会話をしている場面で、

「私は今日は気分がいいです」
「私は明日は海に行きます」
「私はあなたにお土産をあげます」

という一連の会話が書いてあった。

これは、日本語の「書きことば」としては自然だが、「話しことば」としては不自然である。

なぜなら日本語という言語では「話しことば」では、主語を言わないのがふつうだから。

つまりこの会話文は、日本語のネイティブ同士の実際にしゃべっているときには、いちいち毎回「私は」と言わず、

「今日は気分がいいです」
「明日は海に行きます」
「お土産をあげます」

になっているはずなのだ。

こんな風に「教科書や問題集に書いてある書きことば」と「実際の会話の中で使われている話しことば」の間には差があるのだが、それに気づかず、ただ教科書や問題集を丸暗記して喋っても、ネイティブからすると不自然に聞こえてしまう。

私はカナダでワーホリを始めてからの3ヶ月、現地でも教科書を使って単語や文法を暗記し、会話文だってたくさん覚えた。

なのに自分が英語を話せているとは思えなかったのは、英語の単語や文法や、英語の「書きことば」ばかりを勉強していたから。

教科書や問題集を使っていくら英語を勉強しようが、
ネイティブから不快なことを言われたときに言い返せなかった私が、
「That’s none of your business!!」 ととっさに言い返すことができた時、
「あ、自分、英語が話せるようになったんだなぁ。」と思った。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng