留学で英語聞き取れない、が劇的に改善した!方法

留学で英語聞き取れない、が劇的に改善した!方法

バンクーバーのランニングコース

カナダ留学中、英語が聞き取れないと悩む留学生やワーホリメーカーに多く出会った。

私も最初は全く同じように思っていた。

学校の「中」で留学生に向けてゆっくり話してくれるネイティブの先生の話は聞き取れても、学校の「外」のネイティブの会話は早すぎて全然わからなかった。

留学で英語が聞き取れない→話が弾まない

私が通っていたバンクーバーの語学学校(ESL)では、だいたい1クラスに10~15人のクラスメイトがいて、半分が日本人、もう半分が韓国人で、ごくたまに南米やヨーロッパからの留学生が1~2人いる、といった具合だった。

語学学校は大学と同じように、各自が「文法」・「スピーキング」・「ライティング」などの授業の中から、取りたい授業を選んで決めていくスタイルなので、生徒の構成は授業によって毎回変わり、「教室内に日本人の生徒しかいない」ということすら時にはあった。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
パンフレットの写真では、世界各国からの留学生が一緒に勉強しているような印象を受けたが、行ってみたら全然違った。 これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

そんな環境の中、たしかに語学学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

だけど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった話

2018.10.04

英語で会話できないのはストレス

当時は英語が聞き取れないし、自分の考えや気持ちを自由に英語で話すこともできない。

例えカナダ人と話す機会があったとしても、ほぼ聞き手になるしかない。

相手の話についていけてなくても、聞き返すのも失礼な気がして、何となくわかっているふりをしてしまう。

補足
話についていけていないのにわかっているふりをする方がよほど失礼だと知ったのはもっと後になってからのことだった。

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019.04.21
それで相手と仲良くなるのは・・やっぱりムズカシかった。

または、ちょっと会話が続くかと思えば、すぐに電話番号を聞いてくるような
明らかに

アジア人の女子留学生と知り合うこと自体が目的のカナダ人
だったり。

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
当時はそういう人に上手く言い返すこともできず、嫌な気持ちになるばかりだった。
注意
バンクーバーで既にワーホリや留学をしている人は分かると思うが、帰国する留学生やワーホリメーカーのFarewell Party(送別会)やカンバセーションクラブ(会話クラブ)など、「アジア人留学生が多くいると分かっている場所にあえて来るカナダ人男性」というのが中にはいて、(もちろん全員が全員というわけではないが)嫌な思いをすることもないとは言えないのでとくに女性は注意してほしい。

日本人女性は海外留学でモテる?現地で知った本当の理由

2018.07.31

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

カナダ留学する女性に注意!女子が遭遇するこんなチカン

2019.07.28
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

留学中に英語の伸びを感じられた転機

語学学校に3ヶ月通ったはいいが、卒業する頃になっても「英語が上達している」と思えず悩んでいた。

そんな時知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンレッスンでは、語学学校の勉強とは違い、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13
を学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりが続いたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

留学で言語を習得する!カナダ人から英語が自然と言われた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20
そのレッスンでは、英語を「暗記」せず、教材も使わなければ、宿題もなく、筆記用具すら使わずに、英語を学んだ。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05
そのマンツーマンレッスンは、いつも「教室」ではなく、ダウンタウン(中心部)にあるカフェで受けていたので、何も知らない人から見ると
単におしゃべりしているだけ
のようにも見える。
補足
たまたま私がレッスンを受けているところを見た知り合いから「え、あれ英語レッスンだったの?普通に友達としゃべってるんだと思った」と言われたことがある。

留学で「英語聞き取れない」を克服できた方法

そのマンツーマンレッスンで習うことは、基本的にその場ですぐに1回以上使うのだが、

先生
このレッスンで習うことはレッスンの「外」でもどんどん使ってくださいね
と言われていた。

私にとって、とくにネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」は初めて聞くことだったので、最初は「難しい」と感じることもあった。

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13

だけど、最初は意識してレッスンの「外」で人と話す時に使うようにし、さらにネイティブが使っている話しことばが聞き取れるようにもなっていくにつれ、どんどんレッスンの「外」で習ったことを使うのが楽しくなっていった。

また、人と話す時だけなく、テレビや映画や動画を見たり、podcastなどを聞いていても、

今、何の「話しことば」が、何個使われたか
が分かるようになるので、

あ、あの「話しことば」はこういう風にも使えるのか!

といった感じに、普段の生活の中で英語を自然に学んでいくことができたし、同時に自分の英語の聞き取りが上達していることも感じられた。

それと比例して英語力の伸びも感じられるように

レッスンを受けて分かったことは、「英語の話しことば全部で13種類あり、大人が話すすべてのspeech(話)にはそのうちの1つ以上が使われている、ということ。

ワーホリ前の不安を解消する方法!はこの5つのステップ

2019.08.25
例えば日本人が日本語で話すとき、次に何を言おうか考えながら
ええと・・
と言ったりするが、
英語でも同じように
Well…
と言ったりする。

話しことばは、教科書にも書いていないし、親や学校の先生から「こう言いなさい」と教わることもない。

けれどヒトが成長する過程で周囲の人の会話から自然に習得し、いつの間にか

普段の生活の中で無意識に使っている話し方
のこと。

この話しことばは、「単語」でも「文法」でもないし、「イディオム」でもない。

日本の学校や、カナダの語学学校でも勉強するような

例文を丸暗記して、ごく限られたシチュエーションでのみ使えるフレーズ
でも、ない。

どんな状況であれ、自分がそれを必要とするときに使える

自然で大人っぽい話し方をするために必須な技術(テクニック)
とも言える。

よく

英語で大人っぽい話し方をするには難しい単語を知っていなければならないのだ

と言って、やたら難しい単語を使って話す人がいるけれど、英語のネイティブの話を聞いていても、日常会話で専門用語や学術用語なんて使ってない。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06
私たち日本語のネイティブが、日常の会話で「専門用語」や「学術用語」を使っているわけではないのと同じである。

普段日本語で話していること(次に何を言おうか考えながらしゃべったり、言葉につまったり、言い間違えたり)の「延長」に英語があるのであって、

普段日本語で話しているときと同じ感覚で英語が話せること
こそが、英語を話すときの自信につながる。

英語を話すのが怖い・苦手!が克服できた方法

2018.10.25
「英語の話しことばを学んでから、
ちょっと考える時間がほしい時はこう言えばよいのだな
(「Well…ばかり」言っていたらそれはそれで不自然に聞こえるので、色々な言い方を習った)
言いまちがえた時はこういう風にカバーすればよいのだな
と分かっていき、それにつれてネイティブともリラックスして話せるようになっていった。

なぜ「話しことば」は学校で習えないのか

ある日のレッスンで、「英語の話しことばの一つを習いながら、ふと疑問に思い、先生に聞いてみた。

Cana
どうしてこれを日本の学校や、語学学校では習うことができないのでしょうか?
と。
そうしたら、
先生
それは「話しことば」のことを知らないからだと思いますよ。

私は大学で言語教育科学という学問分野を専攻したのですが、在学中にこれを見つけて、誰でも体系的に学べるようにしたのです。

GENGO OTAKU(言語オタク)ですからね!(ドヤ顔)

とのことだった。
補足
先生は英語のネイティブだが、他に日本語・ロシア語・中国語・スペイン語・ポーランド語の計6ヶ国語が話せる。
全て自分が体系的にまとめた理論をもとに、「大学在学中から卒業後の数年間」でマスターしたということだった。

TOEICにも役立つ「英語の話しことば」

「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

特に勉強していないのにTOEICで高得点が取れた理由はおそらく、マンツーマンレッスンで文法を学び、英語を早く読めるようになったことやヒアリングが伸びたことがかなり大きい気がしている。

たとえば
「be + ~ing + always =不満」を見つけたら、あとは文章を全部読んだり全部聞かなくても、問題の意図がわかり回答ができたりする。

留学で英語の文法がわからない・理解できない→わかった!勉強

2018.06.12
もちろん「話しことば」もいくつも出てくるので、そこから会話の方向を推測したりすることもできた。

またTOEICのスコアアップが目的の人は、英語学習のプロである先生に個別にアドバイスを聞くことをぜひお勧めする。

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018.12.30

まとめ

日本で英語を勉強していた時、それにカナダの語学学校(ESL)で英語を勉強していた時も、一度も聞いたことがなかった「英語の話しことばだったが、これを習ったことで「スピーキング」だけでなく「聞き取り」もどんどん伸びていくのを感じられた。

これを習えたことで、「ネイティブとの会話が難しい」どころか、むしろ「ネイティブと会話する」ことがどんどん楽しくなっていき、「話しことば」を使う機会が増える、という好循環になっていった。

補足①
私がカナダで受けていたマンツーマンレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立され、「留学やワーホリで海外生活をするのに英語に自信がない方」、または「すでに留学やワーホリをしているけれど英語に自信がもてない方」を助けるためのレッスン(「Rescue English」プログラム)をしておられます。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。


詳しくは下の記事をご参照ください。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27
lesson-in-japan画像

補足②
私がカナダで受けていたマンツーマンレッスンが割引価格で受けられる「2019 OSHOGATSU WARIBIKI:お正月割引」の受付が開始されたそうです。

毎年好評をいただいているため今年は期間を大幅に延長し、期間は2019年12月31日までとなっているそうです。

対象は海外に行く前から英語をしっかり準備できる『ワーホリ留学のためのパッケージコース』すべてで、レッスンの一環で行く「言語冒険旅行(English Experience Expedition:EEE)」に参加できるコースも対象となっています。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
(「言語冒険旅行」の写真はこちらのページからも見ることができます。)
EEE-photo画像

下の「動画クイズ」に正解すると、最大10%の割引を受けることができます。

【動画クイズ①】先生のマンツーマンレッスンの英語学習法と、学校の英語学習法との違いは何でしょうか?
【動画クイズ②】どちらの英語の学習法の方がより簡単で楽しく英語を伸ばしていけると思われますか?【永久保存版】語学学校(ESL)とマンツーマンレッスン(LI)の違いとは?!

ご興味のある方は「はじめに」のページに記載の方法からご連絡ください。
はじめに-toppgage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。