英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

バンクーバーにはカフェが沢山ある

バンクーバーにはカフェが沢山ある

カナダでワーホリしていた時、初めて会った人に英語で挨拶したら「ネイティブと思った」と言われたことがある。

私は現地で英語の単語や文法をただ暗記する勉強ではなく、「英語の文化(考え方や価値観)」から学ぶ勉強をしていた。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

アメリカ人の友達の友達と英語で挨拶

その日はカナダで知り合ったアメリカ人の友達(Daniel:男性)と、その友達に会いにアメリカからやってきた友達(Mia:女性)の3人でダウンタウンのカフェで待ち合わせ、遊びに行くことになっていた。

私とDanielはひと足先にカフェで合流しており、コーヒーを飲みながら彼女の到着を待っていた。

Danielによると、Miaは台湾生まれで中学生の頃から両親の仕事の関係で10年以上アメリカ・シアトルに住んでおり、2人が会うのは約半年ぶりだということだった。

補足
カナダのバンクーバーとアメリカのシアトルは車で2~3時間の距離で、近い。

またカナダではこのように友達が友達を呼ぶ文化により、1人友達ができるとあとは雪だるま式に友達が増えていくのだった。

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

3時を過ぎた頃、彼女がやってくるのが見え、Danielがドアを開けて彼女をハグ。

私も近くまで行って

Cana
Hi Mia! How are you?
と挨拶をした。

2人は席に座ってしばらく近況を話すなどしていたが、Miaが「まだ昼ご飯を食べてない」と言う。

私はたまたま昼にスーパーで買った寿司がまだ1パック残っていた(バンクーバーでもスーパーで寿司が買える)ことを思い出し、取り出しながら

Cana
よかったら食べる? SUSHI好き? 私は日本で食べる寿司がなつかしい〜。ははは
と言うと、

Oh, you’re Japanese?!  I thought you’re American!
(え、あなた日本人なの?(日系の)アメリカ人と思った!

Danielはニューヨークの大学に行ってたでしょ?
だからあなた達そこで知り合ったのかなと想像してた。

と言われた。

たった一言の英語で「ネイティブと思った」と言われた

彼女に対して私が発した言葉は、

Hi Mia! How are you?

たったのこれだけだった

「I’m fine, thank you. And you?」は言ってない

ただしMiaから「How are you?」と挨拶を返されたとき、日本人はよく言うがネイティブは誰一人として言わない

I’m fine, thank you. And you?

なんて言わなかったし、

英語が全くできないのにワーホリ行って大丈夫?事前準備は必須

2018.07.28

お辞儀もしてない

もちろん「Nice to meet you.」と言いながらお辞儀もしなかった。

なぜならお辞儀は、英語ではなく「日本語の文化」だから。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

Miaも私に「How are you?」と言ったのだけれど、Danielがちょうどそれと同時に話し始めたので、私はそれに対してとくに返事をしなかった。

だから、私がMiaの前でしゃべったのは本当に「Hi Mia! How are you?」だけだった。

カナダ人から英語をほめられた時との共通点

この出来事よりも前、カナダ人の友達のお母さんから

あなたの英語は自然ね

と言われたときも、私は

Yeah, kind of…

と言っただけだった。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

難しい単語なんて使ってないし、難しい構文を使って長々と話したわけでもない。

どちらも私がしゃべったのなんてたったのひとことだった。

ネイティブみたいな英語を話すための勉強法

たったのひとことでも、カナダ人の友達のお母さんからほめられ、Miaも私がアメリカ人(つまり英語のネイティブ)だと思われた理由は、

私の発音がその時カタカナ英語ではなくなっていたこと、

英語の発音わからない→流暢へ!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

そしてそのひとことが英語の文化にもぴったりハマッていたから、ではないかと思う。

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20
補足①
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

補足②
私がカナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンを現在日本でSkypeで受けておられるRさんから感想をいただきました。
Rさんは来年カナダへのワーホリを予定されています。

Rさんから頂いた感想
私の英語の上達への不安(愚痴)に、温かく答えて励まして下さり、本当にありがとうございました。
冗談や謙遜を抜きにしても、私は日本で一番英語が話せないのではないか?と真剣に考えてしまっているので…
でも、Cana さんがおっしゃって下さったように、日本にいる間にこのような経験ができることもまた大切なんだろうなあと思います。
(焦りや不安はつきませんが…)私が今のままカナダに行ったら、(Cana さんがブログにも書かれていたような)完璧なRAWの状態で1年を無駄に過ごすことになってしまうと思います。

英語できないままワーホリ留学しても何とかなる、は甘い!

2018.07.03

私も「1年ワーホリに行って英語が話せないまま帰国した人」を実際みたり、そのような人たちが書かれたブログを散々読み漁ってきました(汗)
でも私は,そんな読み漁っている途中にCana さんのブログに出会うことができました!
私にとっての人生のターニングポイントです!この出会いやCana さんや先生方の好意を無駄にしたくないので、頑張ってレッスンを続けていくつもりです。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリでネイティブに近い英語力がついた!英語レベルの解説も

2018.08.09

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng