ワーホリでは英語の勉強方法を間違えないことが重要

カナダのバンクーバーは自然と都市が融合した美しい街

カナダのバンクーバーは自然と都市が融合した美しい街

カナダでのワーホリに出発する前、大学の友達と飲みに行ったら、

「いいなー、カナダかー。私も海外行ってみたいと思うけど、英語なんて一番苦手だし、英語が成績いつも一番悪かったもん。Canaはカナダで頑張ってきてね!」と言われた。

私は「ん? 英語が話せるかどうかということと学校の成績は関係あるのか?」と思ったのだけど、直後に話題が変わったので、その時はあまり深く考えなかった。

でも今思うと、これって結構重要なこと。

たしかに私もカナダでワーホリする前は、テレビなんかで英語を話している日本人を見ると、「英語が話せるなんて頭良いんだろうなあ〜」と羨ましく思っていたものだった。

けど自分も英語が話せるようになった今は、「英語が話せる」ことと「頭の良さ」や「成績」は関係がないと確信をもって言える。

「成績」や「頭の良し悪し」と「英語が話せること」は無関係

周囲の人間が英語を話す環境で生まれて、その中で育てば、誰だって英語を話せるようになる。

それは日本語の環境で生まれて育った私たちが、学校の勉強が得意かどうかなどには関係なく、全員、特に苦労を感じることもなく日本語を身につけることができたのと同じこと

なぜなら母国語の場合には、別に意識などしなくても、言語を習得するときに学ぶべき5つの分野を、ひとつもスキップすることなく自然に学ぶことができるから。

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

留学して英語の発音が流暢に!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

英語の文法わからない..が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

単語を効率よく覚えるには?方法があった!

2018.06.11

だから「英語が母国語ではなく、外国語として英語を話せるようになりたい」という場合はどうすればよいのかと言うと、もう一度、自分が日本語を習得した時と同じように英語を学べばよいだけ。

だけどワーホリや語学留学で英語を勉強している人のほとんどは、
海外で「日本語を習得した時の学び方(=自然な言語の学び方)で英語を学ぶ」のではなく、
「日本の学校でやってきたような、単語や文法などの暗記を重視する英語の勉強の仕方(=不自然な言語の学び方)で英語を学ぶこと」を繰り返してしまっている。
(私もカナダで始めはそうだった・・。)

日本ではそんな英語の勉強を中学・高校の最低6年はするが、それで英語が話せるようになる人は1人もいない。

それを場所だけ変えて海外でまた同じ勉強の仕方をくり返しても、1年どころか10年かけても英語が話せるようにはならない。

結果、1年またはそれ以上海外にいるのに「英語に自信がない・・」と言う人が、大勢いる。

「頭が良い=成績が良い=英語が話せる」ではない、これだけの理由。

実は私も高校くらいまでは、「頭が良い=成績が良い」だと思っていた。

でも大学に入ってから広がった人間関係によって、「頭が良い=成績が良い」では必ずしもないということにやっと気がついた。

なぜなら自分が「この人すごい・・・!」と思った人たちと話してみると、
「高校では追試をよく受けていた」とか、
「通知表にはアヒル (2) が並んでいた」とか、笑いながら言われたのだ。

彼らは成績なんて別に気にしていないようで、彼らから私は「頭が良い≠成績が良い」もあり得るということを学んだ。

さらに大学では帰国子女だとか、「英語が話せる日本人」にもちらほら出会うようになったが、とくに彼らの成績が優れているなんてウワサも聞かなかった。

そこから「もしかしたら英語が話せるということと成績の良し悪しなんて関係ないのかもしれないなあ・・・」と思うようになっていったのである。

とは言え、私もカナダに行くまでは英語が話せなかったので、「英語が話せるということ」と「学校の成績」の関係についてはっきりした考えは持っておらず、友達がそう言った時は何となく聞き流してしまった。

もう一度言うが、英語が話せるかどうかということと学校の成績には、まったく関係がない。

私は日本で大学まで卒業したけれど、小学校から大学にかけて「教科書丸暗記系」の学校での成績は、どんなに頑張っても中の中だった。

そんな私でも英語が話せるようになったし、そもそも日本で学校の成績が優秀な人たちが全員、英語が話せるわけでもない。

カナダで出会った「英語が話せる人」と「話せない人」。

私がカナダでワーホリ中に出会った日本人留学生やワーホリメーカーの中には、

カナダで受けたマンツーマンレッスンを通して知り合った友だち
学校の勉強がめちゃくちゃ苦手。
そもそも学校というところがキライで語学学校(ESL)にも行かなかったしTOEICなんかの英語のテストなんて受けたこともない。
でも英語は上手!な人。

もいれば、

カナダで知り合った友だち
日本の有名大学を卒業し、TOEICのスコアは高く、カナダで語学学校にも通い、そこでの成績も抜群。
でも英語が話せない人。

も、フツーにいた。

成績なんてカンケーない。

もう一度言う。

「頭が良い=学校の成績が良い=英語が話せる」
ではなく、
「頭が良い学校の成績が良い英語が話せる」である。

だって、もしこれらがすべて「=」なのであれば、世界中の英語が話せる人は、誰もが学校の成績が良く、頭が良いということになる。
そして世界に何億人といるイングリッシュネイティブスピーカーは、全員、一人残らず学校での成績が良く、頭が良いということになる。

自分も経験してわかったことだが、
英語で話せるようになるために重要なのは、
「中学高校の6年かけて単語や文法を暗記しても話せるようにならない、日本式の英語の勉強」を海外でもくり返すのではなく、
「自分が日本語を習得したときと同じように、単語や文法だけでなく、英語の文化話しことばなど、学校では習えない分野も学ぶこと」なのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng