ワーホリに必要な英語力はどのくらい?現地で実感したこと

カナダ・バンクーバーの公園で日光浴している人

カナダ・バンクーバーの公園で日光浴している人

ワーホリで必要な英語力とはどれくらいなのだろうか。

現地で思ったのはいくら英語のテストで点がとれても話せなければ意味がないということ。

少なくとも「自分のことを英語で説明できる」くらいの英語力はないと厳しい。

だって現地の友達を作るにも英語を使う仕事をするにも全て英語で「話す」必要がある。

ワーホリで必要な英語力を知るには?

カナダでワーホリ留学をした時、現地で生活を始めてから知ったのだが、英語の「文化(考え方や価値観など)」の中では、現地で初めて会う人や、とくにJob Interview(仕事の面接)では必ず

Tell me about yourself.(あなたのことを教えてください)

と聞かれる。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

しかし、カナダでワーホリを始めた頃〜数ヶ月たった頃の私は、答えることができなかった。

カナダに行く前は、日本の学校の授業でずっと習ってきたように、単語や文法・イディオム・構文の勉強をしたり、TOEICの問題集を解いたりしていた。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14
けれど実際カナダで生活していて英語試験の点など誰からも聞かれない。

そもそも現地の人からは

TOEICってなに?

とすら言われた。

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力はどれくらい?

2018.08.01
補足
海外に行ってわかったことだが、スピーキングよりも読み書きの比重が高いTOEIC試験は、アジア圏の国では重視されていても英語圏の国ではほぼ知名度がない。
だから現地の大学への留学や移住申請の際に問われる英語試験はTOEFL・IELTS・ケンブリッジ英語力検定試験などであり、TOEICは含まれない。

ワーホリ前に英語力を上げるには?

しかしカナダに行くまではそんなこと全然わからなかったから、ワーホリ前はひたすら、

英語を「口から出す」勉強
よりも、
英語の知識を「頭の中に入れる」勉強
をしていた。

海外留学の英語準備はまずスピーキングを伸ばす勉強から!

2018.08.20
言い換えると、「中高の6年かけて話せるようにならなかった勉強」「また」していた。

だからいくら勉強をしても「自分が英語を話せている」という感覚は、なかった。

英語で話すためには何をどうやって勉強したら良いのかわからず、ネットで調べたりもしていた。

そして私が得られた答えは、主にこういう内容だった。

海外に行く前にすべきこと?
  • とくに何もしなくて良い(海外に行けば何とかなる!)
  • 中学高校の英語の教科書を復習する=英語の暗記
  • とにかく単語を覚える=英語の暗記
  • TOEICやTOEFLの問題を解く=英語の暗記
  • 英語の動画を見たり聞いたりする=リスニング
  • 英会話スクールに行ったりフィリピン留学をする=スピーキング?

海外に行けば何とかなる!は本当か

自分がカナダでワーホリして思ったことは、「海外に行けば何とかなる」というのは確かに本当だった。

でもそれはあくまで

海外でも日本と同じ生活をするのでよければという条件つきで
、だった。

というのも、日本人がワーホリ・留学で行くような海外の大都市には、すでに日本人がたくさん住んでいる。

だからバンクーバーはダウンタウン(中心街)を歩くと日本人を見ないことの方が難しかったし、銀行や携帯ショップにも日本人スタッフがいて、日本語で契約できたりする。

日本人がたくさん住んでいるからこそ、日本語をメインに使って働ける場所(日本食レストラン=通称「ジャパレス」や、ラーメン屋、居酒屋など)も現地にたくさんあって、日本人を積極的に雇っている。

そのため、もしたとえ一言も英語を話せなかったとしても、生活をすること自体は別にできる。

というか、私がカナダで見た限り、

現地で英語を習得し、ネイティブの友達を作り、英語を使う仕事をする生活をしている日本人ワーホリメーカー
よりも、
海外でも「日本語をメインに使う職場」で働き、日本人同士でシェアハウスに住んで、休日も日本人の友達と遊んで・・という生活をしている日本人ワーホリメーカー
の方が、圧倒的に多かった。

海外でつるむ留学生イメージ

海外でつるむ留学生イメージ

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通った感想

2018.06.22

留学やワーホリで英語伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018.07.28

英語が目的でないワーホリメーカーはどれくらいいるのか

けど私はそこで、思う。

最初から海外でもほぼ日本語だけ使って日本と変わらない生活をすることを目的にしてワーホリする人って、果たしてどれくらいいるのだろうか?
と。

私もそうだったが、ワーホリで海外に行く人のほとんどは「英語が話せるようになりたい」と思うからこそ、海外に行っているんじゃないだろうか?

その証拠に、「カナダで日本語漬けの生活」をしている日本人ワーホリメーカーや留学生にバンクーバーでたくさん出会ったけど、大半の人が帰国直前になって「思ったほど英語が伸びていない」ことに気づき、焦っていた。

毎日バイトに行って、残業して、先輩や店長に気を使って・・
あれ??
カナダにいるのに、日本にいた時となんも生活変わってない・・!

そう言って、あわてて新しい語学学校(ESL)を探したり、英語のチューターを雇ったり、独学でTOEICの勉強を始めたりしていた。

しかしそこで学ぶこともやはり「単語や文法の暗記」であり、肝心の「勉強方法」は日本と変わらない。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
またチューターというのは「英語が得意な人から1対1で教えてもらうこと」であり、バンクーバーではカフェや図書館などあちこちで留学生がチューターから英語を習っているのを見かけた。

「Teacher(教師)」と違い、「Tutor(チューター)」は特別な資格も知識も経験もなしで誰でも英語を教えることができるので、地元の大学生などが「おこづかい稼ぎ」として生徒を募集していたりする。

[/aside]

そのためやっぱり英語に自信が持てず、

帰国前にフィリピンに寄って英語を勉強することにした!

とか、カナダからさらに

別の国にワーホリに行ってまた英語を勉強する!

などなど、

勉強方法
を変えることなく
勉強する場所
だけをあちこち変えることになっていた。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

留学エージェントにも勉強方法を相談した

カナダに行く前にはいくつかの留学エージェントにも相談していた(実際にカナダに行くときに申し込んだのは別のエージェント)ので、そこでも

Cana
海外に行く前に何を勉強したら良いのでしょうか?
と聞いてみたところ、

中学や高校で習ったことの復習をしておくといいですよ

ということだった。

Cana
中学高校の英語の復習ですね、わかりました。

けど私、ほんとに英語話せないんですが・・。

それでも話せるようになりますか?
と聞いたら、

会話は現地で練習すればいいことですから。

それより、今のうちに文法の基礎を固めたり、知ってる単語の数を増やしておいた方がいいですよ。

Cana
はあ・・そんなものでしょうか。

今は話せなくても大丈夫です。
行けば、何とかなりますよ。

Cana
はあ、そうなんですね・・

当時の私は

(エージェントの人も言っていたように)カナダに行きさえすれば英語が話せるようになるはず・・!

と期待する反面、

本当に1年やそこらで英語が話せるようになるんだろうか?

という不安もあった。

しかし最終的には

カナダに行けば、24時間英語環境になるのだから何とかなるだろう・・

という希望的観測の方が勝っていた。

自分に「なじみのある」英語の勉強をとにかくしていた

とにかく自分が英会話ができないことはわかっていたので、

聞き流しでもいいからとにかくずっと聞いていれば耳が鍛えられて聞き取れるようになる

と英語の勉強本に書いてあるのを見つけて、専用の英会話CDを買い、部屋で常にかけてリスニングを鍛えようとしていたことも、ある。

結果は、数ヶ月経ってもとくにリスニングが向上したとは思えなかったし、それで英語が話せるようになったわけでももちろんなかった。

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14
しかし当時の自分としては、自分なりにできることはやっているつもりだった。

カナダに行く前の自分には、英語の勉強以外にやること(仕事とか、渡航の準備とか、友達とも今のうちに会っておかなきゃだし!)も当然あるし、

とりあえず今はこんなことしかできないけど、でもカナダに行って集中して英語に取り組めば、話せるようになる、はず・・

と、自分に言い聞かせていた。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06
補足
今思うと、他のことには「石橋を叩いてから渡る」性格なのに、ワーホリに限っては「何とかなる」で飛び込むことができたのは何でなのか、自分でもよくわからない。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダで3ヶ月後「何とかなってない」ことに気づく

当時ワーホリをしている/いた人たちのブログ(海外で英語を勉強しているのに「英語に自信が持てない」という内容だった)をけっこう読んでいた私は、バンクーバーに着いたばかりの時には

語学学校に行かないという選択肢もあるのではないか?

と実は思っていた。

けれど当時は学校に行かない以外にカナダで何をしたらよいのかわからかった。

だって英語圏の国に来たはいいが、肝心の英語が話せずに、自分に何ができるのか?

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
英語「以外」に自分がカナダでしたいことも、特に思いつかなかった。 

そのため、語学学校に行きでもしなければ「他にすることがない」、というか、その頃の自分がカナダでできることなんて

学校で英語を勉強することくらいしかない・・

と思った。

そして日本で中・高・大の10年間、ずっとやってきたこと(=単語と文法の暗記)を、今度は本気でやれば話せるようになるはずだと信じて、語学学校に3ヶ月の申し込みをした。

そしてあっという間に3か月が過ぎ、語学学校の卒業が近づいてきた。

ワーホリ1年の期限の1/4がすでになくなっているのに、英語を話せているとは・・思えない。

3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強して、
たしかに学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17
英語で自分の言いたいことを十分に表現できないため、カナダでは自分が20歳を過ぎた大人ではなく、「5歳くらいの小さな子ども」になったかのように感じていた。

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない」!

2018.10.31

現地のネイティブからはよく

Tell me about yourself.
(あなたのことを教えてください)

と聞かれるのだが、自分のことも英語でうまく話せない。

カナダで3ケ月が過ぎても、自分の英語が「何とかなった」とはまるで思えなかった。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17

ワーホリに必要な英語の勉強は単語や文法だけ、じゃない

語学学校(ESL)には3ヶ月毎日、無遅刻無欠席で通い、朝から夕方まで英語を勉強したのに、英語が話せている気がしない。

悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けることになった。

そこで、英語の「単語や「文法だけでなく、

英語の「文化」や、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15
発音」、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13
など、語学学校とは全く違う勉強法で英語を学ぶようになり、それから初めて、だんだん「英語を話せている」という感覚がもてるようになっていった。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
・英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での現地レッスン、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

フィリピン・セブ留学1ヶ月の効果は?3ヶ月は長すぎる!理由

2019.10.13

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05
そしてレッスンを始めて3ヶ月が経つ頃には、現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20
「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?経験談

2018.12.30

くり返される日本人のワーホリ定番パターン

日本にいる間、

すでに中学高校(大学)で6〜10年かけてやってきたこと(=単語と文法の暗記)
を出発前に「また」やって、ワーホリが始まったら海外で語学学校(ESL)に通い「またまた」同じことをする。

だけど日本の学校で6〜10年英語を勉強して、それで英語が話せるようになる人なんて1人もいないのに、「場所」だけ変えて海外で同じことを繰り返しても、結果は変わらない。

だから海外に1年〜それ以上住んでも英語が上達せず、時間だけがたち、気づけば帰国の日が迫っていて、

英語が話せないのでせめてTOEICだけは・・

ということで、「またまたまた」単語や文法を暗記する。

私がカナダでワーホリして見聞きした限り、それが

日本人のワーホリ定番パターン
だった。

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02

まとめ

自分も実際に経験したからこそ思うことは、ワーホリで必要とされる英語力を得るためには、日本にいる間から英語の「単語」や「文法」を単に暗記することよりも、自分のことを英語で自信をもって説明できるようになっておくこそが必要だと思う。

そしてそのためには、これまでしてきたような英語の勉強を続けるのではなく、英語の「文化」「発音」や、ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学ぶのが早い。

何よりそれまでの英語の勉強はいくら勉強しても上達を感じられないため退屈で、つまらなかったのが、初めて英語の勉強が「楽しい!」と思えた。

留学の感想は「自信がついた!」カナダでの経験談

2018.07.16

カナダワーホリ留学の資金・費用は70万円以下!の理由

2019.03.17

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27
補足
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

また現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

2019年5月に来日中の先生の写真

2019年5月に来日中の先生の写真

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、合計120時間のSkypeレッスンに加えて、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

日本にいる間に、日本とカナダの文化の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことばを学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

ワーホリで働くなら!事前に知りたい文化の違い

2019.02.17

カナダ人の生活・ライフスタイル!日本との違い

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study=石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。

次回の来日日程など、詳しくは下の記事をご覧ください。
lesson-in-japan画像

なおご希望される方は、ご両親も体験レッスンや日本でのレッスンに参加できるそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。