ワーホリで失敗して後悔する人の特徴とその解決策

カナダ・バンクーバー

カナダ・バンクーバー

ワーホリして英語が話せるようにならないと「失敗した」と感じ後悔することになる。

カナダでワーホリしていた時「お金も時間もかけてここに来てそろそろ1年たつが、英語が話せるようになってないから滞在を伸ばす」という人に何度も出会った。

後悔しないためにはどうすれば良いのだろうか。

ワーホリして後悔することになる原因

私が知っている限り(自分も含めて)ワーホリ留学をするほとんどの人は「英語が話せるようになりたい」と思っているはず。

そうなるとワーホリで失敗し、ワーホリしたこと自体を後悔することになる大元の原因は、海外でも日本でしてきたような英語の勉強と、日本と同じような生活を続けてしまうことにある。

①語学学校に通って後悔

語学学校のイメージ

私もカナダのバンクーバーで学校に通ったことがあるからわかるのだが、海外の語学学校では授業がすべて英語で進むというだけで、あとは日本の学校で受ける英語の授業と大差ない。

海外の語学学校も日本と同じように・・
  • クラスメイトが10〜15人いる集団授業で
  • 先生が前に立って話しているのを聞いている講義形式
  • 主に単語や文法やイディオムや英会話の例文を覚えて、テストでどれだけ暗記したかを採点される

日本の学校の授業とすることが変わらないから、授業中いねむりしたり、携帯をいじったり、授業を無断欠席するクラスメイトをよく見た。

「語学学校に通っても英語が話せるようにならないのは、ワーホリでは通える期間が短すぎるからだ」という人がいるけれど、通う期間は関係ない。

なぜなら、日本の中学高校では6年もかけて単語や文法などをひたすら覚えるのに、それで英語が話せるようになる人は1人もいない。

もし時間をかけさえすればよいのなら、海外であとどれだけの時間をかけて単語や文法を覚えれば、英語が話せるようになるのだろうか?

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

②仕事が日本語環境で後悔

「海外で学校に通って英語を勉強すれば英語が話せるようになるはず」と思っていたのに、学校を卒業しても英語が話せるようになっていない。

そうなると、学校ですでに留学資金を使い果たしてしまった人は、とにかく日本語を使う職場であっても、働くしかなくなる。

私は語学学校(ESL)に3ヶ月通い、卒業したら英語環境で働きたいと思っていた。

でも卒業するころになっても自分が英語を話せているとは思えなかったし、英語を使って働くなど、夢のまた夢・・という気がした。

だって給料が発生しないボランティアでさえ、英語でうまくコミュニケーションできず、すぐにクビになったくらいだった。

カナダでワーホリ中にボランティアをしたら即クビになった話

2018.10.04

実際、この頃に仕事を探していて、運よく書類選考を通過して面接を受けたのだが、面接官が何を言っているのかもよくわからなかった。

私は英語を使って働くことを諦められず、その後も日本語環境での仕事に応募はしなかった。

でも学校で知り合った友達の中には、ワーホリを始めたころには「英語環境で働きたい」と言っていたのに、学校を卒業したらジャパレス(日本食レストラン)などの「日本語環境」で働き始める友達がたくさんいた。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番パターン

2018.08.02

③ネイティブの友達が1人もできず後悔

海外でネイティブの友達を作りたいから学校に行ったところで、語学学校にいるネイティブは先生だけで、あとは自分と同じように英語を勉強している留学生しかいない。

私が通った学校のパンフレットには、世界各国からの留学生が楽しそうに授業を受けている様子が写っていたが、実際に行ってみたら、クラスメイトは100%日本人か韓国人、ということもよくあった。

補足
他の学校に通っていた友達からも、同様の話をよく聞いた。これは何もバンクーバーに限った話ではなく、日本人がワーホリで行くような大きな都市はだいたい同じような状況なのである。

学校でも職場でも英語を伸ばすことができず、結果、海外に1年住んでも現地の友達がゼロという人も全く珍しくない。

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない、わけじゃない

2018.06.09

私も語学学校に通っていた頃はネイティブの友達が1人もできなかった。

まれに、カナダ人と話す機会があったとしても、会話が続かず、失礼なことを言われても笑ってごまかすことしかできなかった。

英語できないまま留学しても大丈夫→現地で後悔!を防ぐ方法

2018.07.03

④海外にいても日本での生活と変わらず後悔

海外で生活をしていても、ネイティブとは会話もままならない状態となれば、必然的に日本人同士でルームシェアをし、学校や職場では日本人に囲まれ、帰宅後も日本人のルームメイトとおしゃべりしたり、お酒を飲んだり・・。

「海外にいても自分の周りは日本語環境」の出来上がり、である。

気がついたら、毎日が職場と家の往復になっていて、

自分はカナダに英語を学びにきたのか、出稼ぎにきたのかわからなくなった

と言う人もいた。

海外でつるむ留学生イメージ

海外でつるむ留学生イメージ

自分がワーホリしたかった理由を考えてみる

カナダのバンクーバーでワーホリ中に、日本人の友達と「自分達がカナダに来た理由は何か。なぜワーホリをしたかったのか?」という話をしたことがある。

私たち2人ともが最終的に落ち着いた答えは、「まず英語が話せるようになりたかったから」。

そして「ワーホリをすることによって”何か”を変えたい、という思いがあったから」じゃないかということ。

ではその”何か”とは一体何だったのか?

突き詰めて考えると結局「英語が話せない現状の自分」だったのではないかと思う。

家族や友達がいて、仕事もあって、日本は本当に便利だし、住みやすい国だとも思うけれど、でも自分はこのまま「日本しか知らない状態」で歳をとっていきたいのだろうか。

海外で生活することにより自分の視野を広げて、「英語が話せる自分」になって、仕事・キャリアにもつなげたいし、人間関係も広げたい。

Better future(よりよい未来)を得たい。

どうやら私も、私の友達も、ほぼ同じようなことを考えていたらしい。

「頭が良い人しか英語が話せるようにならない」は大間違い

私はバンクーバーで最初は語学学校(ESL)に通っていたのだが、3ヶ月経っても自分が英語を話せているとは思えなかった。

悩んでいたところ、知り合いから聞いて現地のマンツーマンレッスンで英語を学び始めた。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

カナダで受けていたマンツーマンレッスン

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

それでやっと英語が話せるようになった、と言うと、

でもそれはもともとCanaが頭がよかったからなんじゃないの?

とか

Canaはその前にバンクーバーでESLに通ってたんでしょ?その蓄積があったからじゃないの?

とか言われることがあるのけれど、まず英語が話せるようになるのに、頭のよしあしは関係ない。

ワーホリでは英語の勉強方法を間違えないことが重要

2018.07.21

私も以前はテレビなんかで英語を話している日本人を見る度、「英語が話せるなんて頭良いんだろうなあ・・」と思っていたが、もし本当にそうであるなら、私は今、英語を話せるようになっていないはずである。

(日本語でも韓国語でもフランス語でもタミル語でも・・・)何でも良い、一度でいいから何らかの言語が話せる人なら、外国語だって短期間で話せるようになる。

英語は、勉強するな。

2018.11.23

日本の学校教育で英語を(小)中高の6年間「勉強」しても話せるようになる人が1人もいないのは、それが英語を話すための勉強になっていないから。

私も当時は、

こんなに単語や文法を覚えているのになんで英語が話せるようにならないのだろう?

とふしぎに思っていたけど、実際は単語や文法を暗記ばかりしているからこそ、英語が話せるようにならない。

私がカナダのESL(語学学校)に通って学んだことも、日本式の英語の勉強と変わらず、「単語と文法を暗記すること」だった。

しかしその後、現地のマンツーマンの英語レッスンで学んだこと(「経験により英語を身につける方法」)は、勉強の仕方がまったく違い、暗記もなければ、教材もなく、宿題もなかったし、授業中はノートを取ることすらなかった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

日本の学校教育で6年に及び英語を「勉強」(=暗記)して、英語が話せるようになる人なんていないのに、それが場所を変えただけで変わるなんてことは起こりえない。

いくら英語圏の国に場所を移しても、日本でしていたような英語の勉強をくり返せば、一生かけたって英語が話せるようにはならない。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリに使うお金が「浪費」「消費」「投資」になる時

私がカナダに行くまで、海外にあまり興味も無ければ縁も無かった私の両親は、「カナダに行くことにした」と言われてもあまりピンときていなかった様子で、私もその頃には既に「親に応援してもらえようがしてもらえようが、自分のことは自分で決める。だから口出しは無用」というスタンスだったので、すべて自分で働いて貯めたお金でカナダに行った。

自分で働いてお金だからこそ、その使い道にはシビアになる。

バンクーバーで何校も体験レッスンを受けて、でもあまりピンと来るものがなく、そのため学校に行くことに疑問はあったのだけれど、でも他にどうしたらよいのかわからなかったし、「結局は自分次第!」だと思って、自己投資として語学学校(ESL)に行くことを決めた。

「自己投資」のはずだったお金はしかし、ESLを卒業する時には残念ながら「浪費」としか思えなかった。それは「消費」ですらなかった。

だってどう考えても、私は自分が払ったお金以上の効果を学校で得られたとは思えなかったから。
 

補足
ちなみに私が思う、投資・消費・浪費の区分とは

  • 投資=費やしたお金や時間<得られた効果
  • 消費=費やしたお金や時間=得られた効果
  • 浪費=費やしたお金や時間>得られた効果

である。

でも学校を卒業して、英語を文化(人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のことなど)から学び始めた私はやっと英語で「話せている」という実感がもてるようになり、そうしたら私が英語に使ったお金(ESLに使った分も含めて)は、今度は自分が英語を使ってする仕事への対価として、回収することができるようになっていった。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15
「浪費」は「消費」へ、そして「投資」になった。

補足
帰国後の今も都内企業で英語を使う仕事をしている。

ワーホリで英語を習得できたら後悔しない

TOEICスコア
私は今でも自分の英語が完璧だと思うことはない。(自分の母国語の日本語でも、完璧だと思ったことはない。

英語でも、日本語と同じように、言い間違えたり、書き間違えたり、聞き間違えたり、読み間違えたり・・しょっちゅうミスをしている。

大事なのは、英語でミスしないことではなく、ミスしたときにどうやってカバーすれば良いのかを知っていること。

それを私はカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで習った。

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
また英語をマンツーマンレッスンで学ぶようになってから、英語勉強する、ということはあっても、英語勉強するということは止めたので、英語の資格も帰国後しばらく経つまで取っていなかった。

そもそも勉強しようにも仕事が忙しく、試験1週間前ぐらいからやっと予想問題集を開き始め、まあそこそこ取れるだろうとは思っていたが、結果は970点だった(満点は990点)。

自分でも驚いたし嬉しかったのだけれど、カナダでワーホリをして、与えられた場所で自分なりに考えて色々試行錯誤をしていたら、ジョブオファーをもらうこともできた。(他に条件に当てはまる人がいなかったという好運もあったし、しかもそれでそのまま直ちにそこで働けるようになる、ということにはならなかったけども。)

カナダでワーホリをしたことによって、私の“何か”は確実に変わったと思う。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng