ワーホリして後悔する理由「英語話せないし何も変わってない」

カナダ・バンクーバーのFalse Creek
海外に行けば「何か」が変わると思っていたのに、何も変わってない。

カナダでワーホリしてから、海外に1年または2年以上住んでも、そう言う人に多く出会った。

海外に行く「だけ」で、自動的に英語がペラペラになって、外国人の友達もたくさんできて、帰国したら英語を使って転職して・・。

カナダに行く前は私もそういう想像をしていた。

でも実際にワーホリを始めたら、学校に通って日本でしてきたような英語の勉強(単語や文法を暗記)をくり返していたため、海外に住んでいるのに自分が英語を話せているという気がせず、「現実はそう甘くなかった・・」と気づく頃にはすでに3ヶ月が経っていた。

自分の場合は途中で方向転換ができたため、帰国する前には英語も自信をもって話せるようになっていたし、外国人の友達もたくさんできていたし、帰国後は英語を使って転職もできた。

でもほとんどの人は方向転換することもなく、最後まで日本でしてきたような英語の勉強(単語や文法を暗記)を続け、英語に自信がつかず、帰国後もまた英語を勉強し続けている。

オーストラリアで2年ワーホリした友達が言っていた言葉

ワーホリでオーストラリアに2年住み、もうすぐ帰国するという日本人の友達とネットを使って久しぶりに話したら
「海外に行ったら何かが変わるんじゃないかと思って来たけれど、とくに何も変わらなかった。英語も話せるようにならなかったし」と言っていた。

私が「『何か』って、何?」と尋ねると、

「自分の性格とか、考え方とか、あと、仕事とか? 気づいたら日本でしてたことと似たようなことこっちでもしてた」ということだった。

ワーホリで英語が伸びない3つの原因とその対策

2018.07.28

海外に行くだけで「何か」が変わることはあるのか

私が思うに、ただ海外に行くことただそれだけで「何かが変わる」ということはない。

ちょうど私がまだカナダワーホリをする前、日本からアメリカ・カナダへのパック旅行に別の友達と参加して、日本の外に一週間いたにも関わらず、ものの見事に何も変わらなかったのと同じように。

ワーホリがつまらないと言う人の共通点

2018.06.20

その旅行の間中、私は同行者の日本人の集団にずっと囲まれて、英語はレストランの店員さんに「Hello」と言った時に使ったくらい。

困ったことや聞きたいことがあっても添乗員さんに言えばあとはすべてその人が対応してくれたから、英語圏の国にいながら英語を使う必要がなかったし、そもそも英語で何をどう言ったらよいのかもわからなかった。

だからたとえ海外で生活したって、常に日本人の友達と一緒におり、日本語を使う職場で働き、日本の文化の中でだけ物事を判断し、考えていたなら、何年何十年海外で暮らそうが、何も変わらないだろうと私は思う。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15

逆に、どれだけ短い時間であっても、日本の文化の外に出ることができたなら、変わらないということはまずありえない。

なぜならそれは、自分がそれまで持っていなかった言葉、考え方、価値観、行動の仕方を新しく習得するということだから。

英語が話せないままカナダでワーホリを始め、語学学校に通ったが英語が話せるようにはならず、その後マンツーマンの英語レッスンを受けたことで、私は英語が話せるようになった。

それ自体たしかに大きな、すごく大きな変化なのだが、でも単に口から英語が出てくるようになったということだけではなく、自分が英語を使って話すときの考え方、行動の仕方そのものが変わったことの方が、私にとっては大きな意味があるような気がする。

海外で生活を始めて3ヶ月、「何も変わってない」と感じた

カナダのバンクーバーでワーホリを始めた私は、1週間程度の海外旅行どころか、たとえ海外に住んだってそれだけでは何も変わらないということを自分の身をもって経験した。

英語は話せないまま「カナダに行きさえすればすぐに英語が話せるようになるはず!」という淡い期待と、
「自分が満足できる英語のレベルになるにはワーホリの期限の1年では足りないのではないか・・・」という不安の、矛盾する二つの気持ちを持ってカナダに着いた私は、多くの日本人がするように始めの数ヶ月は語学学校に通い、ホームスティをした。

ワーホリでホームステイしたら「想像と違った」を防ぐために

2018.07.25

バンクーバーにも語学学校にも日本人はたくさんいて、けど私は学校の中でも外でも、できるだけ日本語を使わずに英語だけを話すように心がけた。

それでも、日が経つごとに私の期待はどんどん小さくなり、不安の方がぐんぐん大きくなった。

語学学校で契約した3ヶ月が終わる頃になっても、私はとくに何も変わっていなかった。

いくら学校のテストでは良い点が取れても、学校から一歩外に出るとネイティブが何を言っているのかわからないし、
私が何かを言っても、相手に理解してもらえたという実感がない。

カフェでコーヒーを一杯注文するのすら、店員さんの英語が聞き取れなくてレジでもたもたしたらどうしよう、イライラされたらどうしよう・・と、緊張していた。

カフェでコーヒーを注文するときに重要な英語は○○だけ

2018.06.17

1週間の海外旅行でも、3ヶ月の現地生活でも、英語が話せるようになってないという点で、結果は同じだった。

補足
当時は「coffee」の発音が難しくて(カタカナ英語で「コーヒー」と言っても通じない)、途中から「tea」にしたりすることもよくあった・・。

「変化」を感じ始めたのは英語の学び方を変えてから

語学学校を卒業したはいいが英語が話せないためどうしたら良いのかと悩んでいたところ、英語をマンツーマンの英語レッスンで習うようになり、カナダの・英語の文化を学び、それを日々の生活の中でも使い始めてからは、それが徐々に変わり始めた。

それまで一人もいなかったカナダ人の友達ができるようになったり、

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.08.03

英語でのナンパにも英語で言い返していたり、

留学して英語ペラペラになったと思えた瞬間

2018.08.07
注意
日本人女性はカナダでやたら声をかけられる。
理由はこちらを参照。

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

現地の人からも「英語が自然」とほめられたり、

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

もともと自分が興味のあった「英語を使う仕事」ができるようにもなっていた。

ワーホリと英語力〜仕事に必要なのはTOEICじゃなかった

2018.08.01

帰国後も英語力をキープできる理由

私がワーホリを終えてからもう5年以上たつ。
帰国後はとくに英語の勉強はしていない。

もちろん仕事では英語を使うし、あとは外国人の友達と連絡をとったり、年に1~2回海外を旅行するときに使っているだけなのだが、それでもTOEICでは970点が取れた。

TOEICスコア
英語をどんなに暗記しても、忘れてしまう。

でも私の場合は、英語を暗記して学んだわけではなく、英語を「経験」することによって習得したため、時間がたっても忘れない。

英語が話せるようになるということは、例えば自転車に乗れるようになることと同じであるらしい。

どういうことかと言うと、子どもの頃に一度自転車に乗れるようになったら、大人になって久しぶりに乗っても、(もちろん最初はふらつくかもしれないけれど)感覚を取り戻してまた乗れるようになる。

それが「経験」であり、英語も同じだと、私はバンクーバーで受けていたマンツーマンの英語レッスンで習った。

東京で感じた日本語と英語の文化の違い

2018.07.11

座学で英語を「経験」することはできない

どれだけ英語の参考書を読んだり、本やブログ(もちろんこのブログも含む)を読んだり、英語の動画を見たり、アプリで勉強したり、映画やドラマを見ても、英語の文化を「経験」することはできない。

反対に、英語を文化から学び、ワーホリしながら英語を実際の生活の中で使う経験をしていくことさえできれば、帰国してもう勉強しなくても、英語を忘れない。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリで英語力はここまで伸びた!各レベルの解説つき

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng