英語の勉強楽しくない→楽しい!にする方法

カナダでは野生の熊を見ることがある

カナダでは野生の熊を見ることがある

英語の勉強が楽しくない。

単語や文法やイディオムをいくら暗記しても自分の口から出てこないから上達を感じられない。

カナダ留学中、始めはそう思っていたが途中で変える事ができた。

英語の勉強が楽しくない理由

カナダにワーホリ留学で行く前の私は、中学1年のときから6年間(大学も入れればそれ以上)も英語を勉強してきたはずなのに、英語で会話もできなければ、英語でメールを書くこともできないし、読むこともできない、英語で書かれたサイトを見ると反射的に閉じたくなるくらいだった。

補足
今思えば、読み書きに関しては辞書や翻訳サイトを使えばいくらかはできたかもしれないのだけど、あまりにわからない単語が多すぎて、それをいちいち調べるのが面倒で避けていたとも言える・・。
そんな状態でカナダに行ったらどんなことになるか、私にあともうちょっと想像力があったらよかったのだが。

別に英語が全くできなくても、カナダに行くことは誰でもできる。

だって日本語のサイトを使えば、カナダまでの航空券なんて誰でも簡単に買えるのだから。

問題は、カナダに行った「後」のこと。

カナダに行く前に相談していた人たちには

今英語が全然できなくても大丈夫。
カナダで語学学校に行って頑張って勉強すればある程度は話せるようになるから。
だから日本では中高の英語の復習とかTOEICの勉強をしておいたら良い。

というアドバイスを受けていた。

だから高校時代の英語の参考書を読み直したり、TOEICの問題を解いたりすることで(つまりは英単語や文法の「暗記」をすることで)、たしかに

自分は英語を勉強している
という気にはなった。

けど(当然のことながら)いくらそんな勉強をしても、それで英語が話せるようにはならなかったし、それが「楽しい」とも思えなかった。

だから私はそのまま、英語が話せない状態でカナダに行って、

・・着いた途端に後悔した。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日

日本でしていた「暗記」する英語の勉強

日本の学校で受けていた「英語の授業」では、別に「受身」でいても何も問題はなかった。

自分が経験した限り、少なくとも日本の学校では、授業中積極的に発言したりすることは教師からもクラスメイトからも歓迎されていなかった。

だから授業中はとにかく静かに目立たないように、先生がしゃべっているのを邪魔しないことが大切で、テストで良い点を取ることさえできれば、それでよかった。

大切なことは、どれだけ多くの単語や文法や構文を「暗記」して頭の中に詰め込むことができるかであって、それらの「知識」を「ペーパーテスト」の解答欄にどれだけ正しく書けるかで試された。

授業で習ったことを覚えていればいるほど高得点が得られ、習ったことを少しでも忘れていれば、減点された。

英語(というかすべての言語)は本来、

人間と人間がコミュニケーションするための「道具(ツール)」
のはず。
バンクーバーでボランティアをした公園

バンクーバーの英語学校教師から「英語が自然」と言われた理由

2018年11月14日
でもどう考えても、私が受けた日本の学校教育では、英語を学ぶ目的は
英語を使って他人と「コミュニケーション」を取ること
にはなくて、
教科書や参考書に書いてあることを「暗記」しテストで良い点を取ること
にしかなかったし、しかもそれが「当たり前」だった。
補足
さらに不幸なことに「教科書や参考書に書いてある英語」は、現実の世界ではまったく使えない英語だったりもする。
だってペンを指さして「This is a pen.」なんて、そんな見たらわかることを誰が実生活で言うんだろうか?
「Hi, how are you?」に対して「I’m fine, thank you. And you?」なんて、一体どこのネイティブが言うんだろうか??
カナダのJoffre湖

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018年7月28日

カナダで日本と同じ生活・同じ英語の勉強

英語を暗記しテストで良い点を取ること
が大事なのは、何も日本の学校教育だけでなくて、海外の語学学校でも同じだった。

授業では教科書やワークブックを使い、毎日宿題が出て、毎週テストをして、それまでの授業で習ったことをどれだけ「暗記」できているかを点数で評価された。

日本では受けたことのない

「スピーキング」テスト
もあるにはあったけど、それも授業で習った単語やフレーズをどれだけそのテスト中に使うことができたかをチェックされていたので、結局
「暗記」テスト
だと感じた。
カナダ・バンクーバー

海外でワーホリを短期でする意味はある?カナダで学んだこと

2019年5月19日
日本の学校で受けてきた英語の授業と、とくに変わらなかった。
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018年8月3日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
当時の私は、カナダという英語の「文化」に直に触れられる場所にいるにも関わらず、そんなことは一切無視して、日本で散々してきたこと(=英語の暗記)を現地でもくり返していた。
文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
英語を話すために学ぶべきこと1.文化

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018年6月15日

「英語圏の国」にいながら、学校にいる時間だけでなく、放課後や休日にさえも図書館にこもって、単語や文法を少しでも多く覚えようとしていた。

だけど単語も文法も構文もイディオムも、覚えても覚えても忘れていったし、何より机に向かって単語帳や参考書をひたすら眺めているのは、単調な「作業」でやっぱり面白くない。

カナディアンロッキー国立公園のルイーズ湖

英語で文法ミスするのが怖い!が変わった勉強法

2018年12月29日
補足
だから、バンクーバーの図書館に行けば、机に英語の教科書や参考書やノートを広げて居眠りしている留学生を毎日見ることができる。
曇りのカナダ・バンクーバー

留学で現地の友達ができるようになって知った文化の違い

2018年11月19日
カナダで「場所」だけ変えて「日本式の英語の勉強(単語や文法の暗記)」をくり返していただけだから、肝心の英語も上達を感じられず
行き詰まった感
を感じていた。
カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日
例えば学校の「中」なら
留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。
けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
カナダ ・バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018年6月17日

海外に行ったら自然と英語も伸びて、ネイティブの友達を作って、英語を使う仕事もして・・

という「期待」を持っていたが、実際はカナダで3ヶ月経っても

・英語伸びてない
・ネイティブの友達ゼロ
・英語を使う仕事どころかボランティアさえ即クビになる
夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
という「現実」が待っていた。
カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日

カナダで「カナダ式の英語の勉強」を始めてから

カナダで3ヶ月自分なりに努力して英語を勉強したつもりだったのに、こんなに話せないなら何をどうしたらよいのか・・と悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンレッスンでは、日本の学校や語学学校の授業とは違い、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、
発音」に、

英語を話すために学ぶべきこと2.発音

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018年7月28日
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。
海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018年6月13日
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

普通の「英会話レッスン」や「マンツーマンレッスン」でよくあるような、先生が一方的に英語で話すのを「リスニング」するのではなく、

を学ぶことができた。

すると、学校に通ったのと同じ3ヶ月で、
今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

バンクーバーの夕暮れ

カナダ留学体験談!カナダ人から英語が自然と言われた理由

2018年8月3日
イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018年8月4日
バンクーバーのSiwash Rock

日本人でも英語ペラペラになれる!海外留学中に受けた反応

2018年7月20日
  • 学んだことを使うチャンスをただ待っているだけの人:
    「パッシブ スピーカー:PASSIVE SPEAKER(受動的な/受身の話し手)」
  • 学んだことを使うチャンスを自ら創り出すことができる人:
    「アクティブ スピーカー:ACTIVE SPEAKER(能動的な/自発的な話し手)」
の違いを知ったのも、そのレッスンでのことだった。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ英語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日
フィリピン・セブ島の夕日

フィリピン・セブ留学1ヶ月の効果は?3ヶ月は長すぎる理由

2019年10月13日

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
カナダで「カナダ人の友達」ができるようになると、自然に行動範囲も広がり(現地の人だと車を持っていたりもするから)、それまで「学校とホームスティ先との往復」しかなかった自分のワーホリ生活が大きく変わって行くのを感じた。

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
アメ車?画像

バンクーバーでの出会いに感謝したこと

2018年8月12日

英語を「暗記」しなければ忘れることもない

「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

東京の風景

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018年7月11日
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018年11月23日
ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018年12月30日

まとめ

いくら

英語が話せるようになりたい、上達させたい

と心の中で願っていたとしても、英語が「ツール(道具)」である限り、使わなければ上手くならない。

図書館で勉強している人イメージ

英語上達にインプット・アウトプットが欠かせない理由

2018年8月20日
ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
英語の「知識」を頭の中に入れるだけの勉強(=暗記)では、ダラダラと時間だけが過ぎていくばかりで「楽しい」とも感じられなければ、「英語学習歴」が何年にも、何十年にもなっていくだけ。
バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018年8月3日
誰かが何とかしてくれる・・のではなくて、何とかするのはいつだって「自分自身」なのであり、今の英語の勉強が「楽しくない」のであれば、勉強の仕方を変えるしかないと、カナダでワーホリ留学を経験して思った。
ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018年8月2日
飛行機と空の写真

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018年8月9日
補足
私がカナダで受けていたマンツーマンレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

レッスンは海外に行く「前」日本にいる間から始まります。

日本でのレッスン(Skypeレッスン含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

それにより海外に行く「前」「英語初心者」を卒業、「RAW」の状態を卒業します。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
先生のレッスンでは「暗記」はしません。

英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018年12月30日
また現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、Skypeレッスンに加えて、海外に行く「前」に「最大3回」日本で対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

2019年5月に来日中の先生の写真

2019年5月に来日中の先生の写真

先生の次回の来日日程など、詳しくは下の記事をご覧ください。
lesson-in-japan画像

ご興味がある方は、「はじめに」のページに記載の方法からご連絡ください。
はじめに-toppgage

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。