なぜ英語を勉強してるのに話せないのかが分かるMekara Uroko(目からウロコ)の無料Skypeセッション!カナダ在住の先生からSkypeで個別アドバイスがもらえます!詳細はここをクリック

英語を10年勉強しても話せるようにならない、理由?

カナダの湖
カナダの湖

英語をいくら勉強しても、話せるようにならない理由。
それは何と言っても、同じことを延々くり返しているから。

英語を勉強しても話せるようにならないのはナゼ

私の場合、日本で中学に入ったときから高校を卒業するまで、6年かけて単語と文法を暗記するのが「勉強」だった。

大学に入ると、1年生の間は専攻を問わず全員が英語の授業を受けることになっていて、TOEICの問題集を教材に、また単語と文法を暗記するのが「勉強」になった。

カナダの青空

留学に持っていくべき英語の教材・参考書とは何か?

大学1年が終わった時点で、専攻が英語には全く関係がなかった私は、英語を「勉強」(=単語と文法を暗記)「しなければならない」状況は、そこで完全に終えることができたはずだった。

でも長年に渡って「そうするのが当たり前」になっていた「単語と文法を暗記する」という英語の「勉強」に、私はもうあまりに慣れてしまっていて、今度は自主的に同じ「勉強」を続けた。

カナダの公園にあるトーテムポール

留学前に英語の単語力を上げる勉強とは?

大学2年以降は、学部に関係なくTOEICを年に1度か2度受けることが大学の方針になっていたので、試験日近くには「せっかく受けるなら」と、また単語と文法を暗記する「勉強」をした。

そして大学を卒業して就職した後は、カナダでのワーホリ留学に向けて、今度はエージェントの人から受けた「アドバイス」もあって、またまた単語と文法を暗記する「勉強」をすることに・・。

カナダで見た夜空

留学前にやるべきことって?英語を伸ばすための準備をしよう

英語の勉強は単語と文法の暗記だけなのか?

私にとって英語の「勉強」(=単語と文法を暗記)を強制される時期というのは、中・高の6年と大学1年の、計7年間あって、そこに「自主的に」英語を「勉強」していた時期を足すと、日本で10年以上かけて単語と文法を暗記していたことになる。

その間、「単語と文法を暗記すること」によって英語が話せるようになった人なんて、見たことも聞いたこともなかった(し、今もない)。

図書館で勉強している人イメージ

英語学習とインプット・アウトプット!話すために必要なのは?

けど、自分がずーーーーーっとしてきたその「勉強」の他に方法があることには、いくら英語の勉強本を読んでもインターネットで検索をしても、気づくことができなかった。

だってそこに書いてあることは結局全部、「単語と文法を暗記しなさい」ということだったから。

カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語力伸びない・上達しない5つの理由と解決策

日本で文法と単語を暗記し続け、カナダに着いた私は、いざ英語で話そうと思っても、自分が言った文法が合っているのか分からなくて、言い直すことがよくあった。

英語で話そうと思うたび、いちいち文法のことを考えなくてはならなかった。

しかも、考えたところで結局何が正解なのかは、わからないのだった。

カナダ・バンクーバーからほど近いガリバルディ湖

英語が話せるようになりたい社会人が最短で英語を伸ばす方法

ずっと勉強してきたのに文法を説明できない

カナダに着いて、実際問題として英語が話せず、他にどうしたらよいかもわからなかった私は、語学学校(ESL)に通うようになり、またまたまた英語を「勉強(つまり単語と文法の暗記)」することになった。

でもカナダの語学学校で習うことと、日本で習ってきたことの違いはと言えば、先生が日本人ではないので、日本語ではなく全て英語で説明されるということだけ。

習った瞬間は理解したつもりになって、出される問題も一応その場では解けるのだが、授業が終わって学校を出る頃にはもう忘れている。

だから、語学学校を卒業して、英語を個人で教えている先生から学ぶようになって、

  1. I study English.
  2. I’m studying English.
  3. I’m always studying English.
  4. I’m going to study English tomorrow.
  5. I will study English tomorrow.
の5つの文章におけるそれぞれの文法の意味の違いは何なのか聞かれたとき、私には答えられなかった。

日本の中学と高校と大学で、そしてカナダの語学学校でも、何度も何度も英語教師たちから説明を受けてきたはず。

英語を”自主的に”「勉強」していたときにも、何度も何度も参考書に書いてある説明を読んだはず・・。

そんな基本的な英語の文法の違いなのに、当時の私には違いがまるでわからなかった。

留学で英語の文法がわからない理解できない→わかった!勉強法

留学で英語の文法がわからない理解できない→わかった!勉強法

10年かけて「わからない」勉強 vs 10分で「わかった」勉強

その時、私が文法の「勉強」を始めた時点(つまり日本で中学に入学した時点)からは、既に10年以上が経っていた。

10年かけてもわからなった、5つの文法の意味の違い。

それが、そのマンツーマンレッスンで先生の説明をすべて聞き終えた10分後には、すっかり明確になっていた。

しかも一度「理解できた」なら、もう2度と同じことを繰り返す必要はない。

まとめ

それまで私にとって英語の勉強というのは、何度も何度も同じ単語帳や文法書をくり返し暗記するのが当たり前(だって何度読んでも「わからない」から)だったのに。

1回きちんと理解したら、その場ですぐ使えるようになるし、しかも忘れない。

つまりもう2度と文法の勉強なんてしなくてもいいのだとわかったことは、結構大きな衝撃だった。

留学で英語の文法がわからない理解できない→わかった!勉強法

留学で英語の文法がわからない理解できない→わかった!勉強法

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

カナダではトナカイを見ることもできる

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2 件のコメント

  • はじめまして。Canaさんの英会話勉強法とSkypeレッスンに興味があるのですが、お話伺わせていただけますでしょうか?よろしくお願いいたします!

    • акрさんへ
      はじめまして、コメントありがとうございました。
      メールをお送りしましたのでご確認をお願い致します。
      加奈

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です