ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

カナダで受けていたマンツーマンレッスンの言語冒険旅行(英語を実践的に使いながら旅行する)での先生と生徒さんたち

カナダで受けていたマンツーマン英語レッスンで行く言語冒険旅行(英語を実践的に使いながら旅行する)での先生と生徒さんたち

日本からカナダに行ってワーホリをする前、私はワーホリ経験者のブログや体験談を結構な数読んでいた。

そこには「(海外に住んでいるのに/語学学校に通っているのに)英語が話せるようになっていない」様子がよく書いてあった。

「英語は難しい」と書いている人もいれば、直接的には書いてなくても、たとえば写真に出てくるのが日本人の友達ばかりだったり、現地で英語ではなく日本語を使う仕事(ジャパレスなど)をしていたり・・。

カナダのワーホリビザは、1年間の滞在ができ、カナダで就労・旅行・勉強(学校に行くなど)ができるビザのはずだが、でも別に「学校に行かなければならない」とはどこにも書いてない

にも関わらず、「ワーホリで学校に行っている人のブログ」はいくらでも見つけることができるのに、「学校に行っていない人のブログ」はほとんど見つけることができなかった。

だから、「やっぱり学校には行くものなのかな?(みんなが行くから・・)」とも思う一方、どうやったらワーホリして英語が話せるようになるのかわからなくて、ワーホリに行く前私は留学エージェント10社くらいに相談・問い合わせをした。

でもそれだけ問い合わせても、返ってくるのは「語学学校に行けばよい」という返事だけだった。

「語学学校に行ったのに英語が話せない」と言うワーホリ体験者達の声と、
「語学学校に行きさえすれば、(それも最低3ヶ月くらい行けば)英語は話せるようになります」と言うエージェント。

・・いったいどちらが本当なのか、わからなかった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

どこでワーホリしても英語できない人がいる理由

2018.08.03

ワーホリが失敗になる原因と、それを避ける方法。

2018.08.02

なおカナダに行く前に問い合わせしたエージェントには結局どこにもお世話にならなかった。
また、エージェントはエージェントなりに、知っている範囲で親身なアドバイスをしてくれたことと思うので、それはそれで感謝している。

カナダに行く前エージェントからもらったアドバイス

エージェントからは「日本にいるうちに学校を決めた方がよい」と言われて、語学学校のパンフレットが大量に送られてきた。
でもレッスンの見学も何もなしにどうやって選べばよいのか?と私は思った。

英語が全然話せないので、日本にいる間はどんな勉強をしたら良いのかも聞いたところ、

日本にいる間に単語と文法を復習しておいた方が良いです。中学校や高校の教科書を見直したり、TOEICの参考書を解いたり、単語帳や文法の勉強をしておいたらいいですよ

と言われた。

それは素直に受け入れ、そうして私は、カナダに行く前、せっせと中高の学生時代のような英語の勉強をすることになった。

今考えてみれば、それってすでに中高の6年間ずっとし続けてきて、それで話せるようになってない勉強法なのだから、いくら同じことをしたって話せるようになるわけがない、とすぐにわかる。

だけど当時は、(いくら勉強しても効果は感じられないにも関わらず)中高のような英語の勉強でも「しないよりはいいだろう、マイナスになることはないだろう」と思っていた。

日本にいる間にしておくべきことは、単語と文法の暗記なんかではないと、今ならよくわかるのだけれど、当時はそんなこと全然わからなかったし、

人間が言語を習得する最も自然で楽なステップを無視して、「単語」と「文法」を暗記することから始めても、それは効果がない=マイナスになるなんてことも全然、わからなかった。

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15

英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

2018.07.28

英語のスピーキング上達を実感!目からウロコの話しことば

2018.06.13

英語の文法わからない、が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

英語の単語を覚えるのが楽に!学校で習えない方法

2018.06.11

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

カナダで語学学校の体験レッスンをたくさん受けたが・・

語学学校の教室イメージ
バンクーバーのダウンタウンには100校以上の語学学校があるらしい。

カナダに着いた翌日くらいから、私はエージェントにすすめられるままに色んな学校の体験レッスンを受けた。

が、私にはどこも大して違いはないように思えた。

どこも先生が前に立っていて、みんなで教科書を読んで、文法の問題を解いて、単語の意味を調べて・・・。

違いがないので、どうやって決めたらいいのか?ますます分からなくなった。

「語学学校に行っても話せない」と書いてあるワーホリ体験者達の声を忘れたわけではもちろんなかった。

・・でもだからといって他にどうしたらよいかはやっぱりわからなかった。

カナダで生活すれば自動的に英語が話せる、わけじゃない

日本にいる間英語は勉強していたものの、それでもまるで英語は話せないまま、「何とかなるはず!?」でワーホリを始めたはいいが、カナダで生活を始めたら、すぐに英語でコミュニケーションできないストレスに直面した。

英語で何か言おうとすると「Sorry?(もう一回言って?)とほぼ口を開くたびに言われるし、相手の英語は何回「Sorry?」と言ってくり返してもらっても結局理解できなかったりする。

英語ができないまま留学して後悔したこと

2018.07.03

自分は20歳を過ぎた大人なのに、英語が話せないために子ども扱いされているように感じるし、ほとんど2〜3語の短い英語でしか話せないため、英語を話そうとすると何だか急に赤ちゃんに戻ったかのような気がしていた。

というか実際に発音は赤ちゃん以下だった。。

日本人が間違えがちな英語を学ぶ「目的」と「勉強法」

2018.09.11

もどかしいし、悔しい。一刻も早く英語が話せるようになりたい!

・・・たぶん、人より多く「勉強」すれば、話せるようになるはず・・・要は自分次第なのだ、と思って、私はとにかく周囲の人に言われるままに、学校に通うことに決めた。

でもやっぱり、ワーホリ体験者達が言っていたことは正しかった。

学校には遅刻も欠席もせずマジメに通ったし、学校が終わればカフェや図書館に行って「勉強」し、家に帰っても「勉強」し、1つでも多く単語をおぼえて、1つでも多く文法のルールを理解しようとした。

日本人と一緒にいるとどうしても日本語で話してしまいそうになるので、日本人ではなく、なるべく韓国人と一緒にいるようにして(私の学校は日本人と韓国人が生徒の90%を占めていたし、ごくわずかにいた南米やヨーロッパからの生徒達とは気後れして仲良くなれなかった。)

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

そうしてカナダで、日本語は極力話さないようにしていた。

それでも。

3ヶ月経っても、自分が「英語で話せている」とは思えなかった。

「みんな」と同じこと(学校に通う)をして、「みんな」と同じように悩んだ。

当時自分が読んでいたブログのワーホリ体験者達と同じこと(学校に通う)をすれば、かなりの確率で自分も同じ道をたどる(英語が話せるようにならない)だろうという予感が頭の片隅にはあったのに、結局は「みんな」がしているようにカナダで学校に行き、そうして「みんな」と同じように英語が話せるようにならなくて、悩んだ。

ワーホリで語学学校に通っても、そこで学ぶのは日本の学校で受けてきた英語の勉強と同じ。

10人以上いるクラスメイトと一緒に、授業時間の大半は先生の話を聞き、教材を使って単語や文法を暗記している。

違うのは、授業が日本語ではなく英語で進む、ということくらいだった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人はぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

私の場合は、その後現地でマンツーマンの英語レッスンを受け、そこで今度は英語の
単語」や「文法」だけでなく、

英語の「文化」や、「発音」に、ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学ぶことができたため、今度は同じ3ヶ月で現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた理由

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

ワーホリで英語力はここまで伸びた!各レベルの解説つき

2018.08.09

だから私は、せっかくワーホリするなら、海外で日本でずっとしてきたような英語の勉強をくり返すのはもったいない、と思っている。

ワーホリでは「みんながしていること」ではなくて、「自分のワーホリの目的は何か?ワーホリで何がしたいのか?」を一番に考えること。

他人に合わせることよりも、自分がしたいことをしてこそのワーホリだと、私は思う。

補足
冒頭写真の「言語冒険旅行」についてはこちらを参照。

ワーホリ中に旅行しながら英語を上達させた方法

2018.07.30

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng