ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリに行く前、ワーホリメーカーのブログや体験談を読んでいたら「(海外に住んでるのに/語学学校に通ってるのに)英語が話せるようになっていない」様子がわかることがよくあった。

「英語は難しい」と直接的に書いている人もいれば、写真に出てくるのが日本人ばかりだったり、現地で日本語を使う仕事(ジャパレス等)をしていたり…。

ワーホリで語学学校に行くべき?わからず悩んだ

カナダのワーホリビザは1年間の滞在ができ、現地で就労・旅行・勉強(学校に行くなど)ができるビザのはずだが、でも別に「学校に行かなければならない」とはどこにも書いてない。

にも関わらず、「ワーホリで学校に行っている人のブログ」はいくらでも見つけることができるのに、「学校に行っていない人のブログ」はほとんど見つけることができなかった。

だから

やっぱり学校には行くものなのかな?(みんなが行くから・・)

とも思う一方、どうやったらワーホリして英語が話せるようになるのかわからなくて、ワーホリに行く前私は留学エージェント10社くらいに相談・問い合わせをした。

でもそれだけ問い合わせても、返ってくるのは「語学学校に行けばよいです」という返事だけだった。

語学学校に行ったのに英語が話せない

と言うワーホリ体験者達の声と、

語学学校に行きさえすれば、(それも最低3ヶ月くらい行けば)英語は話せるようになります

と言うエージェント。

・・いったいどちらが本当なのか、わからなかった。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

なおカナダに行く前に問い合わせしたエージェントには結局どこにもお世話にならなかった。
また、エージェントはエージェントなりに、知っている範囲で親身なアドバイスをしてくれたことと思うので、それはそれで感謝している。

ワーホリ前エージェントからもらったアドバイス

エージェントからは

学校にいけば友達もできますし、仕事や住む場所など色々な情報も入ってきます。
だから今のうちに学校を決めた方がいいです

と言われ、語学学校のパンフレットが大量に送られてきた。

でもレッスンの見学も何もなしに、どうやって選べばよいのだろうか?
と私は思った。

英語が全然話せないので、日本にいる間はどんな勉強をしたら良いのかも聞いたところ、

日本にいる間に単語と文法を復習しておいた方が良いです。
中学校や高校の教科書を見直したり、TOEICの参考書を解いたり、単語帳や文法の勉強をしておいたらいいですよ

と言われた。

それは素直に受け入れ、そうして私は、カナダに行く前、せっせと中高の学生時代のような英語の勉強をすることになった。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

今考えてみれば、それってすでに中高の6年間ずっとし続けてきて、それで話せるようにはなってない英語の勉強の仕方である。

だから、いくら同じことをしたって話せるようになるわけがないとすぐにわかる。

だけど当時は、(いくら勉強しても効果は感じられないにも関わらず)中高のような英語の勉強でも

しないよりはいいだろう、マイナスになることはないだろう・・

と思っていた。

日本にいる間にしておくべきことは単語と文法の暗記なんかではないと、今ならよくわかるのだけれど、当時はそんなこと、全然わからなかった。

人間が言語を習得する最も自然で楽なステップを無視して、「単語」と「文法」を暗記していても、それで効果を感じられる(自分が「英語を話せている」と思える)ことなどなく、時間ばかりが過ぎていくのだから、実のところマイナスであるなんてことも全然、わからなかった。

ワーホリ準備で英語を伸ばすにはコツがある

2018.12.22

語学学校の体験レッスンはたくさん受けた

語学学校の教室イメージ

バンクーバーのダウンタウンには100校以上の語学学校があるらしい。

カナダに着いた翌日くらいから、私はエージェントにすすめられるままに色んな学校の体験レッスンを受けた。

が、私にはどこも大して違いはないように思えた。

先生が前に立っていて、10人以上いるクラスメートと一緒に教科書を読んで、文法の問題を解いて、単語の意味を調べて・・。

内容に違いがないので、どうやって決めたらいいのか?  

ますます分からなくなった。

語学学校に通っているのに英語が話せない

と書いてあるワーホリ体験者達の声を忘れたわけではもちろんなかった。

・・けど他にどうしたらよいかは、当時の自分にはやっぱりわからなかった。

海外で生活すれば自動的に英語話せる、わけじゃない

日本にいる間英語は勉強していたものの、それでもまるで英語は話せないまま、

何とかなるはず・・!?

でワーホリを始めたはいいが、カナダで生活を始めたら、すぐに英語でコミュニケーションできないストレスに直面した。

英語で何か言おうとすると

Sorry?(もう一回言って?)

とほぼ口を開くたびに言われるし、自分も何回聞き返しても、結局相手が何を言っているのか理解できない。

英語できないまま語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03

自分は20歳を過ぎた大人なのに、英語が話せないために子ども扱いされているように感じるし、ほとんど2〜3語の短い英語でしか話せないため、英語を話そうとすると何だか急に赤ちゃんに戻ったかのような気がしていた。

ワーホリのホームステイで経験したトラブルの話

2018.07.25

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
というか実際に発音は赤ちゃん以下だった。。

英語勉強の目的はテストで点をとること?話すこと?

2018.09.11

もどかしいし、悔しい。

一刻も早く英語が話せるようになりたい!

きっと、人より多く「勉強」すれば、話せるようになるはず・・要は自分次第!

と思って、私はとにかく周囲の人に言われるままに、学校に通うことに決めた。

そしてわかったことは、やっぱり、ワーホリ体験者達が言っていたことは正しかった、ということ。

学校には遅刻も欠席もせずマジメに通ったし、学校が終わればカフェや図書館に行って「勉強」し、家に帰っても「勉強」し、1つでも多く単語をおぼえて、1つでも多く文法のルールを理解しようとした。

それでも3ヶ月たっても自分が英語を話せているとは思えなかった。

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

友達を作るためにお金を払うということ

語学学校に行けば友達もできるし、仕事や住む場所の情報も入ってくる

と聞いていたが、私が通った学校の生徒の90%は日本人か韓国人だったから、自然な流れとして友達になるのも日本人か韓国人ばかりだった。

当たり前だが、英語を勉強するための語学学校に、英語ネイティブの生徒は、いない。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

語学学校の授業は大学と同じように選択制で、自分が受けたい授業を選んで受けるようになっている。

だから授業によっては「
教室にいるのが先生以外は全員日本人のみ」で

私はカナダにいながら

ここはカナダなのだろうか? 日本なのだろうか??

と思うことがよくあった。

そして学校で知り合う友達がカナダで働いている場合は、だいたい

英語に自信がないから

という理由で日本食レストラン(ジャパレス)や韓国レストランで働いていた。

英語に自信がないがために、カナダで日本人同士、韓国人同士でルームシェアをしている人もまた多くいた。

そのため私が経験した限り、「学校に通うことで入ってくる情報」は、ジャパレスの求人情報や日本人同士のルームシェアの情報に限られていた。

ワーホリ留学で英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

そもそも私は

学校に通う結果として友達ができる

というのなら理解できるが、

友達を作るために学校に通う

というのはよくわからない・・。

友達を作るのはいつだって無料なはずだし、ワーホリや留学で日本人がよく行くような都市であれば、たいがい日本人留学生がたまっているカフェやレストラン(居酒屋やラーメン屋)やパブやらがあるので、そういうところに顔を出せば現地で日本人の友達を作ることは全く難しくないと思う。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09
また英語の文化(考え方や価値観・行動パターンなど)はフレンドリーなので、英語が話せれば現地で「ネイティブの友達」を作れる

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27
補足
中でも同じ興味・関心を持つ人同士はやはり友達になりやすいので、私のおすすめは、スポーツ・楽器・料理などなど、何でも良いので自分の趣味の場に出かけることである。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

「みんな」と同じこと(学校に通う)をして「みんな」と同じように悩んだ

当時、自分が読んでいたブログのワーホリ体験者達と同じこと(=語学学校に通う)をすれば、かなりの確率で自分も同じ道をたどる(英語が話せるようにならない)だろうという予感が頭の片隅にはあったのに、結局は「みんな」がしているようにカナダで学校に行き、やっぱり現地で悩むことになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリで失敗して後悔する人の特徴とその解決策

2018.07.12
語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ。先生が1人でクラスメイトは10人以上。

悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そこで今度は英語の「単語」や「文法」だけでなく、

英語の「文化」や、「発音」に、ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学び、今度は同じ3ヶ月で現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

レッスンが終わった後も、現地で生活する中で自然に英語を伸ばしていくことができたので、帰国後も英語を勉強したことはない。

それでもTOEICを受けたら、ほぼ満点の970点が取れた。
TOEICスコア

ワーホリ留学でTOEICは何点上がる?→970点になった

2018.11.23
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

まとめ

私は「みんな」と同じように語学学校に3ヶ月通い、

いくら英語を勉強しても「話せている」気がしない・・

と現地で悩むことになった。

だから私は、せっかくワーホリするなら、海外で日本でずっとしてきたような英語の勉強(日本式の英語の勉強)をくり返すのはもったいない、と思っている。

ワーホリでは「みんながしていること」ではなくて、「自分のワーホリの目的は何か?ワーホリで何がしたいのか?」を一番に考えること。

他人に合わせることよりも、自分がしたいことをしてこそのワーホリだと、私は思う。

留学で英語が話せるようになるまでにすべきはアウトプットの勉強

2018.08.20

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng