留学で英語がペラペラ話せるようになるまでの期間はどの位?

カナダ・バンクーバー島のナナイモ

カナダ・バンクーバー島のナナイモ

留学して英語がペラペラ話せるようになるまでの期間はどのくらいなのだろうか。

留学前は「1年も海外にいれば英語が上達するはず」と思う反面「留学しても英語が話せるようになっていなかったらどうしよう」と不安だった。

けど現地で3ヶ月で英語が話せるようになってからは英語の勉強だけに1年は「むしろ長すぎる」と思うようになった。

留学でペラペラ英語が話せるようになるまでの期間

カナダでワーホリ留学をしていた頃、

英語が話せるようになりたくてカナダに来た

と言う人に出会うことがよくあったので、たまに

英語が話せるようになるのにどのくらいの期間が必要だと思いますか?

と聞いてみた。

そして、気づいた。

ここで「年単位」で答える人はいても、「月単位」で答える人は1人もいないということに。

私が聞いた限り、

英語が話せるようになるのに最低でも1年はかかる

というのが、カナダにワーホリや留学をする人の共通の認識のようだった。

留学で英語が上達するのに必要なのは実は「数ヶ月」

どうして誰もが、英語が話せるようになるのには「年単位」の時間がかかると思っているのだろうか。

私はそれは

自分が過去にしてきたこと
を基準に考えているから、なのだと思う。

だって日本ではほとんどの人が中学入学から高校卒業まで、最低でも6年は英語を勉強してきた。

けど6年も勉強しても、中学と高校の勉強だけで英語が話せるようになった人なんて、見たことも聞いたこともない。

補足
2011年からは小学校からの英語教育が必修となったらしいけれど、それで英語ペラペラの子どもが続出しているなんて話も聞かない・・。

自分が既に経験して知っていること、つまり

英語とは暗記するものであり、だから難しくて、6年もかけても話せるようにはならなかった
ということだけを前提に考えると、

英語が話せるようになるには1年もいらない

なんて言われても・・・正直ピンとこない。

まさに以前の私がそうだった。

けどもし、もし何年もかけて英語を勉強(=暗記)するという経験を日本人が学校で強制されていなければ、英語に「年単位」で時間をかける必要があるとは、誰も思わないのではないだろうか?

英語学習に近道はない

とよく言われるけれど、私が知っている限り、近道は明らかにある。

地道にコツコツ努力(=暗記)をすることこそが英語を話せるようになるための王道である

ともよく言われるけど、コツコツ「努力」してもそれが「間違った方向」に向かっている限りはいつまでたっても話せるようにはなっていかない・・。

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06
せっかく努力をするのなら「間違った方向」ではなく、「正しい方向」にした方が絶対に良い、と思う。

英語に努力は必要?英語で話すのが一気に楽しくなった勉強法

2018.07.16

英語の習得に必要なのは時間をかけることじゃない

私はカナダのバンクーバーでワーホリをした時、はじめは現地で3ヶ月語学学校に通い英語を勉強したけど、卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは思えなかった。

3ヶ月間、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

けど学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」や、「日本人や韓国人の留学生」となら話ができるし、友達にもなれるのだが、学校から一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08
続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・できないまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブだから授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06
その後、マンツーマンレッスンで英語を学びようになり、「英語の勉強方法」を変えることができた。

具体的には、英語を「暗記」するのを止めて、英語を「文化(人々の考え方や価値観など」から学び、レッスンで習うことをレッスン以外の時間でも使いまくるようにした。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→7日後流暢と言われた!

2018.07.28

留学中に英語のスピーキングが上達!した勉強方法

2018.06.13

留学しても英語の文法わからない、が一瞬でわかった!学び方

2018.06.12

英単語を効率よく覚えるには?方法があった!

2018.06.11

そうしたら、同じ「3ヶ月」で今度は

カナダに来る前から英語話せたんでしょう?

と言われたり、

あなたの英語は日本人っぽくないから日本人だと思わなかった

と言われたりするようにもなっていた。

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

「暗記」した知識は時間が忘れてしまうけれど、「経験」して学んだことは時間がたっても忘れない。

だから私は帰国してから、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことがない。

そして帰国後、特に勉強することもなく受けたTOEICも、ほぼ満点の970点が取れた。
TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970点に!

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活に有利?不利?体験談

2018.12.30
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

「20年以上英語を勉強してきた」クラスメート

英語が話せないのは年齢のせい?

私は語学学校(ESL)とは「英語が話せるようになるために通うもの」だと思っていた。

でも実際に通ってみて、

英語が数ヶ月で話せるようになるなんて、そんな甘いもんじゃない

と言う人の多さに驚いた。

語学学校に3ヶ月行って得られた効果とは?通ってわかったこと

2018.11.04
入学時には

ここでがんばって勉強して英語が話せるようになるんだ!

と言っていたのが、数ヶ月して卒業する頃には、

私は/僕は、英語が話せるようになるためにというよりは、友達を作るために学校に通うことにしたんだ

と言い始める人が多くいたし、

語学を覚えるにはやっぱり頭の柔らかい10代の頃じゃないと。あ〜もっと若いころに留学していればよかった!

と、英語が話せるようにならない原因は「年齢」なのだと言う人もいた。

留学やワーホリの失敗!英語が伸びない5つの原因&上達するには

2018.07.28

留学で語学学校に行くとよく聞く「日本語英語」トップ10

2019.03.14

10代どころか幼児の頃から英語を勉強しても「まだ勉強が必要」

けど一方で私は、

親の方針で幼稚園の頃から20年以上、英会話教室や家庭教師で英語を勉強してきた

という日本人のクラスメートにも何人か学校で出会った。

その人達は私からしたらもうすでに十分英語が話せているようにも見えたのだが、その人達自身からすると、10代どころか幼児の頃から20年も勉強してきても、まだ勉強が必要だと感じているのだった。

このことからも、語学を習得するのに重要なことは、何年も何十年も英語を勉強することでも、10代であること(=英語を学ぶ期間や年齢)でもなく、「どうやって英語を学ぶか(=方法)」なのだと言えないだろうか。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

日本では英語は暗記科目。海外のESLでも同じ

日本では、英語は単に「受験科目」の1つであり、「暗記科目」と思われている。

だから日本の英語の授業では、先生が教科書や参考書を読み上げるのをだまって聞き、単語や文法を覚え、とにかく筆記のテストで良い点を取ればいい、と教わる。

私がカナダの語学学校で習ったのも、結局は「暗記科目としての英語」だった。

海外の語学学校の授業内容
  • 10〜15人いるクラスメイトと一緒に(集団授業)、
  • 先生が教科書や参考書を読み上げるのをだまって聞き(講義形式)、
  • 単語や文法やイディオムや英会話の例文を覚え(暗記)、
  • 毎週金曜日には筆記のテストでその週に覚えたことをチェック(ペーパーテスト)。

違うのは、カナダの語学学校では、先生がネイティブスピーカーで、授業が全て英語で進むというだけ。

日本で6年かけてしてきて話せるようにならなかった勉強(日本式の英語学習)を、今度は場所だけ変えてカナダでくり返しても、結果は日本と同じになる。

たとえカナダでまた年単位の時間をかけたところで、今度は

20年英語を勉強している

どころか

30年英語を勉強している

と言うことになる。

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

まとめ

カナダでワーホリ留学をして思ったのは、英語は「受験科目や暗記科目」ではなく、技術を学んだら自分の身体を使って実践して習得していく、図工や体育や音楽と同じ「実技科目」だと考えた方が良いということ。

だからこれからワーホリして英語が話せるようになりたいと考えている人は、海外では日本と同じ英語の勉強の仕方をしないこと。

そうすれば1年もかからずに英語は話せるようになっていくということを、私はカナダで実際に経験した。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng