このブログ(マイワーホリ)は、下のような
「日本人の定番ワーホリパターン」をしたくない人のためのブログです。

①日本にいる間に英語の準備などほぼしないまま出発して

②現地で日本式の英語の勉強(単語や文法の暗記)をくり返し

③現地で英語を使う仕事をするレベルに到達できず

海外で1年過ごしても思ったほどの英語力がつかないまま帰国。

私はカナダでワーホリ留学をしたことがあるのですが、英語が全く話せない状態でワーホリをスタートしてしまいました。

どれくらい話せないかというと、バンクーバーの空港(YVR)に着いたとき、職員が何を言っているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港の外に出るところだったレベル、です。

そこで初めて自分の英語レベルの低さに焦り、もっと英語を勉強してくるべきだったと後悔したのですが、後の祭り。

どうにかして英語が話せるようになりたい!

と思い、現地の語学学校(ESL)に通って英語を勉強することにしました。

それからは朝から夕方まで学校で英語を勉強し、放課後や週末も図書館やカフェに行って英語を勉強する生活を3ヶ月過ごしました。

しかしそうやって英語だけを毎日勉強しているにも関わらず、自分の英語が伸びているという感覚がありませんでした。

それで悩んでいたところ、知り合いから聞いて、英語を「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになり、今度は同じ3ヶ月で英語を習得することができました。

帰国後TOEICも970点が取れ、現在は東京の外資系企業で働いています。

当時はなぜこんなに英語を勉強しているのに話せるようにならないのかが分からなかったのですが、今は理由がよくわかります。

海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらず、単語や文法の暗記に終止するから、なのだと思います。

英語で話すためには、

アウトプット=頭にある知識を「口から出す」勉強
が必要なのですが、
日本の学校の英語教育は、テストで点を取るための
インプット=単語や文法の知識を「頭に入れる」勉強
になっています。

残念ながらこれは海外の語学学校も同じでした。

基本的に教室に座って(Sitting)先生の講義を聞く(Listening)集団授業なので、
たとえば授業時間が1時間あっても、クラスメートが10~15人もいるため授業内で自分が話せる時間は数分しかなく、大半の時間は先生の話を聞き、あとは教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」になっていました。

違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらい・・・

と感じました。

補足
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてください

ワーホリのビザは1年という限定された時間しかないのに、3ヶ月たっても英語に進歩を感じられない。

当時は

なぜこんなに英語を勉強しているのに話せるようにならないのか?

がわからず、焦りましたし、不安でした。

それに周りにも自分と同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。

そのためワーホリ中に書いていた日記をベースに、このブログを作りました。

カテゴリー

ワーホリ前の準備

ワーホリ前の準備

ワーホリに行く前に準備すべき英語のこと、持ち物、知識など。筆者が「事前に知りたかった」と思うことをまとめています。

英語力がついた勉強

カナダ・アルバータ州のマリーン湖

ワーホリ中に学んだ「英語が話せるようになった勉強法」について。なぜ英語を勉強しても話せないのか?理由がわかります。

ワーホリの現実

カナダ・バンクーバーのFalse Creek

ワーホリに行く人が増えても「英語が話せるようになった」人が増えたという話は聞きません。海外ワーホリ生活のリアル。

海外に行く日本人女性へ

バンクーバーの公園にある像

海外で気づいた、日本人女性が遭遇しがちな危険についての注意喚起。ここにも「文化の違い」がありました。

カナダワーホリ生活あれこれ

カナダ・バンクーバーのDeep Coveでカヤック

カナダでワーホリ中に感じた考え方やライフスタイルの違い、カナダ人の友達から学んだことについて。

ワーホリ帰国後のこと

東京の風景

ワーホリから帰国後に受けたカルチャーショックなど。帰国して時間が経ってもいまだにショックを受けます。

何年も英語を勉強しているのに話せないのはなぜ?

ヒトが言語を学ぶときの自然な順番

カナダでワーホリ留学してわかったその答えをこの記事にまとめました。

他、過去記事はこちらからご覧ください。