英語習得のポイント、「オープンマインド」であるということ。

バンクーバーにあるシャチの像(Digital Orca)

カナダ・バンクーバーにあるシャチの像(Digital Orca)

日本の中学・高校で英語を勉強していた間、そしてカナダでワーホリを始めて語学学校に通っていた間も全然聞かなかったのに、その後現地のマンツーマンレッスンで英語を学ぶようになったら「Open-minded(オープンマインド)」と「Closed-minded(クローズドマインド)」という言葉を途端によく聞くようになった。

レッスンの中で聞くだけでなく、レッスンを受けるようになるにつれカナダ人の友達や、カナダ人ではなくても英語を流暢に話す友達(つまり留学生以外の友達)もできるようになったのだが、そうしたら彼らの口からも度々よく聞くことに気がついた。

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

日本の英語の授業や、語学学校の英語の授業では、滅多に聞かない(聞けない)この「Open-minded(オープンマインド)」と「Closed-minded(クローズドマインド)」だが、実は英語を身につける過程においてものすごく重要である。

Open-minded(オープンマインド)の意味

ネットで「Open-minded(オープンマインド)」の意味(meaning)を調べてみると

willing to consider ideas and opinions that are new or different to your own
(自分とは違う、または自分にとっては新しいアイディアや意見を検討するのを厭わないこと)
引用元:Cambridge Dictionary

 

having a mind that is open to new ideas; free from prejudice or bias
(新しいアイディアに対してオープンなマインドを持っていること。偏見や先入観にとらわれていないこと)
引用元:Collinsdictionary

 

Closed-minded(クローズドマインド)の意味

一方「Closed-minded(クローズドマインド)」は逆の状態のこと。

not willing to consider different ideas or opinions
(違うアイディアや意見を検討するのを厭うこと)
引用元:Merriam Webster

 

having a mind unreceptive to new ideas, arguments, etc; prejudiced
(新しいアイディアや議論などを受け入れないこと。偏見を持っていること。)
引用元:Collinsdictionary

 

言語を学ぶ時にはオープンマインドであることが重要

では、自分がすでに知っている言語とは違う言語、自分にとっては新しい言語、つまり「英語」を身につける過程において、「Open-minded(オープンマインド)」と「Closed-minded(クローズドマインド)」ではどちらの方が上達が早そうだろうか?

私が日本で中学校に入ったとき、英語の授業で何度も何度もくり返し教わったのは、「How are you?」と言われたら「I’m fine, thank you. And you?」と答えるという、ネイティブイングリッシュスピーカーは絶対にしない挨拶

英語が全くできないのにワーホリ行って大丈夫?事前準備は必須

2018.07.28

バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

2018.09.14

だったのだが、そんなものより私は「Open-minded(オープンマインド)」であることと「Closed-minded(クローズドマインド)」であることの違いをまず最初に教えて欲しかったと、切に思う。

日本で英語を勉強しても話せない理由

中学校に入学した12歳の頃から、何年も何年も単語と文法を暗記してきたけれども、いざカナダに着いたら、

・・思っていた以上に英語で話せない。

英語でコミュニケーションが、できない。

日本にいる時には英語を使う機会などなかったので、自分がどれくらい英語ができないか、わからなかった。

ホストブラザーから、自分が英語の「最も基本的な挨拶」だと思っていた「I’m fine, thank you. and you?」を笑われて、でも当時の私にはなぜ彼が笑ったのかさえわからなかった。

・・私は日本で何年もかけて英語を「勉強」してきた。

日本では英語を実生活の中で使う機会などないが、カナダに行けば生活すべてが英語になるはず。

だからカナダで、自分の「日本で勉強してきたこと」をどんどん出していけば、どんどん話せるようになっていくんじゃないかという、あわい期待をもっていたのに、その「勉強してきたこと」自体がそもそも間違っていたとは。

・・・日本の英語教育って、一体・・・。

日本では、たとえ高学歴でも、TOEICがどんなに高スコアでも、「英語で他人とコミュニケーションできない」人がまったく珍しくない。

それはそもそも、日本の学校教育では「英語で話すこと」よりも「とにかく英語のテストで点を取ること」が最優先になっているからなのだと思う。

海外の語学学校の勉強も日本と同じだった

語学学校の教室

語学学校の教室

カナダで語学学校に行かなくてはいけないのかも、実のところ私にはよくわからなかった。

なぜなら、ワーホリをする人のほとんどは海外で語学学校に行くのに、「ワーホリして英語がペラペラになった」という人の話を聞いたことがなかったから。

でも「英語が話せるようになるにはとにかく学校に行って勉強すること」だと、カナダに行く前に相談したどのエージェントにも言われたし、他にどうしたらいいのかもわからないから、「そうするしかないのだ」と思って、カナダの語学学校(ESL)に申し込みをした。

6年以上も日本で英語を「勉強」(=単語と文法を暗記)してきていながら英語が話せていないという現実がありながら、私はカナダでも、日本でしていたこととまったく同じことをすることに・・・決めた。

なぜなら、海外の語学学校に通っても、そこでする勉強は授業が全て英語で進むというだけで、授業時間の大半を10〜15人いるクラスメイトと一緒に先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法をするから。

注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリが失敗になる原因と、それを避ける方法。

2018.08.02

だから3ヵ月がたって卒業するとき、私はカナダにいるのに英語が話せないという「問題」を解決する為に語学学校に通ったはずだったのに、「何も解決されてない・・」と思った。

というか、学費と時間を失い、事態はむしろ悪くなっていた。

そんなとき、英語をマンツーマンレッスンで教えている先生がいると知り合いから聞いて、その先生に連絡をとり、ダウンタウンの図書館で体験レッスンを受けることになった。

英語を「文化」から学ぶのは、私にとって「新しいアイディア」だった

するとそこで、

先生
英語のテストで点を取ることではなく、英語で話せるようになりたいのであれば、英語を「暗記」するのではなくて、英語の「文化」「経験」して学んだほうが上達が早いですよ
と言われた。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位(Applied Linguistic Science. Methodology of Teaching Foreigner Languagesと Psycho-Linguistics)を取得した英語学習の専門家で、大学で学んだことを基に「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は、英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

私にとって、それは自分がそれまで信じていたこととは違う、「新しいアイディア」だった。

・・・英語を何年もかけて暗記したところで、英語は話せないということは、日本とカナダで英語を暗記し続けた結果、自分がまさにそうなっているのだから、「たしかにそうだ」とは思うのだけれど、かと言って自分にとって「完全に新しいアイディア」をすんなり受け入れて、何年もしてきたことを急にピタッと止めてしまうというのは、私にはすぐできることではなかった。

英語を暗記することしかしたことがなかった
当時の自分には、英語の文化とは何なのか?いまいちピンときていなかったし、英語の「文化」を「経験」して学ぶとはどういうことなのか??、もっとわからなかった。

とりあえずこの先生の言うこと(=自分にとって新しいアイディア)を「試してみたい」、とは思ったけれど、その一方で私はやっぱり、自分が既に知っていて、慣れていること、つまり「英語を暗記すること」にも固執していた。

だからそのマンツーマンの英語レッスンが始まってしばらくしても、私はまだ英単語帳を「丸暗記するまでは手放すまい」と、大事に大事に持っていた。

私が先生の言う 「新しいアイディア」に本当に耳を傾け始めたのは、

先生
日本語を何個知っているかなんて気にしないのに、 なぜ英語では何個単語を知ってるのかをそんなに気にするのですか?
と言われたときだった。

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

あまりに長い間「英単語を暗記」してきたために、いきなりそれを止めるというのには戸惑いももちろんあったけれど、私はやっと「新しいアイディア」を受け入れ始めた。

あの時、私の「Closed-minded(クローズドマインド)」が「Open-minded(オープンマインド)」に、少し、変わったのだと思う。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng