ワーキングホリデーはやめた方がいいのはどんな場合?

カナダ・トロントのヘリコプター飛行場

カナダ・トロントのヘリコプター飛行場

ワーキングホリデーをやめた方がいいのはどういう人だろうか。

日本にいる時、海外生活とはどんな感じなのか想像するのが難しく、現地に着いて初めて英語が話せないまま来たことを後悔した。

「英語はワーホリさえすれば自然に話せるようになる」と思っている人は考え直した方がいいと思う。

ワーキングホリデーをやめた方がいいのはどんな人?

私がカナダのバンクーバーでワーホリ留学を始めて、2ヶ月が経つ頃のこと。

英語を勉強してるのに話せない

当時はダウンタウン(中心部)にある語学学校(ESL)に通っていて、毎日が家(ホームステイ先)と学校との往復だった。

カナダ・バンクーバーのEnglish Bay

カナダワーホリでホームステイを経験!感想とトラブルの話

2018年7月25日
放課後は、日本人や韓国人のクラスメートと図書館やカフェに寄って、また英語を勉強。
補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
パンフレットの写真では、世界各国からの留学生が一緒に勉強しているような印象を受けたが、行ってみたら全然違った。 これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、「日本人がワーホリや留学でよく行くような都市」であれば世界中どこでも同じような状況らしい。
バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できなかった!は留学あるある

2019年4月21日
バンクーバーの吊り橋(キャピラノブリッジ)は吊り橋理論が生まれた所

語学学校に社会人が入学して感じたこととは?

2018年11月16日
時には休日まで図書館に行って勉強したりしていた。

だって本当に英語が話せるようになりたかったから。

でも自分的には一生懸命英語を「勉強」しているはずなのに、それに比例して英語が話せるようになっているとは到底思えず、焦りと不安がどんどん膨らんでいた。

語学学校は3ヵ月での契約だったから、残りはあと1ヶ月。

3ヶ月ぐらい学校に行けば話せるようになりますよ
と留学エージェントの人には言われていたけど、あと1ヶ月後に「英語が話せている自分」が、その時全く想像できなかった。

そして、それから1ヶ月後、いよいよ語学学校を卒業する日を迎えた。

案の定、英語が話せるようにはなっていなかった・・。

たしかに、語学学校の「中」でなら

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
となら話せるし、友達にもなれたが、
カナダのMoraine湖

カナダ留学あるある!日本的な考えが英語の上達を邪魔する

2018年11月7日
授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できなかった!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かないし、
カナダ・バンクーバーの桟橋

日本人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、
カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カフェでコーヒーを一杯注文するのすら緊張の連続だった。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日

語学学校を卒業したら英語を使う仕事がしたい

とも思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日

語学学校を転々とするクラスメート

自分と同じ頃に入学して、同じ日に卒業を迎えていた日本人や韓国人のクラスメート(語学学校は毎週月曜日スタートの、週or月単位での契約だった)にも

Cana
卒業して、これからどうするの?
と聞いてみたのだが、
英語がまだ上手く話せないので、他の語学学校に移ってまた数ヶ月通う
と言う人も結構、いた。
バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても英語ができない人の特徴

2018年8月3日
カナダ・バンクーバーの散歩コース

ワーホリ中ジャパレスで働く人が多いのはなぜ?カナダで見た事

2019年3月31日

英語話せないままワーホリ始める、がやめたほうがいい

(自分も含め)多くの日本人ワーホリメーカーは、ほとんど英語が話せない状態でワーホリを始める。
なぜなら

ワーホリならまずは語学学校に3ヶ月くらい行って、その後ジャパレスやカフェなどで働いて・・
というのが(なぜか)一般的だから。

そして、「みんながそうしているから」。

カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日
自分もそうだったからよく分かるのだけど、多くの人は「英語が話せないまま海外生活を始める」ということに対して、それほど危機感を持っていない。

なので現地に着いて初めて、想像以上に自分が英語でコミュニケーションが取れないことに、驚く。

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない!」

2018年10月31日

海外にいても「OUTPUT」の力がつかない

海外で語学学校に通って英語を勉強しても、そこでしていることは日本で散々してきたこと(=単語や文法やイディオムの暗記とリスニング)を、
今度は「日本人の先生」ではなく「ネイティブの先生」から、
「日本語で説明が載っている教科書」ではなく「すべてが英語のテキスト」を使って、
また英語でくり返すだけ。

そのため、「INPUT(暗記やリスニング=英語の知識を頭の「中」に入れること)」の力はついても、
「OUTPUT(英語の知識を口から「外」に出すこと=スピーキング)」の力をつけるのは、いつまで経っても難しい。

図書館で勉強している人イメージ

英語学習とインプット・アウトプット!話すために必要なのは?

2018年8月20日
だから海外で日が経つにつれ、逆に英語に自信がどんどん無くなってホームシックになったり、
カナダ・バンクーバー ダウンタウンの街並み

ワーホリで海外に行く意味?現地で日本と同じ生活になる理由

2020年1月19日
開き直って常に日本人同士でつるむようになったり・・。
ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
だから、日本には「ワーホリして英語が話せるようになった」と言う人が、滅多にいない。
バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
「英語はワーホリさえすれば自然に話せるようになるだろう」と思っている人は、はっきり言って考え直した方がいい。

海外生活を英語が話せる状態で始める人

一方、英語が話せる状態で海外生活を始める人も、中にはいる。

バンクーバーで語学学校に3ヶ月通っても自分が英語を話せているとは思えず悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞いて、実際にマンツーマンレッスンで「暗記なし・教科書なし・宿題なし」の方法で英語を学ぶようになった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
すると今度は3ヶ月経つ頃には現地の人とも臆せず会話が楽しめたり、ネイティブの友達ができたりするようになっていた。
カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018年6月9日
イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われた!勉強法

2018年8月4日
バンクーバーのSiwash Rock

語学留学で日本人が英語ペラペラになるには?海外で受けた反応

2018年7月20日

英語が話せると最初からスムーズ

その同じレッスンを受けていた日本人ワーホリメーカーで、
日本にいる間からSkypeで英語を学んだり、フィリピンで英語を1ヶ月学んだりすることで、
カナダに着いたらすぐに英語を使って、

  • 一人で銀行で口座を作ったり、
  • 一人で携帯の契約をしたり、
  • 複数の英語を使う仕事に応募してジョブオファーをもらったり、
  • 興味がある分野のボランティアを現地の人と一緒にしたり、
  • 現地の人と交流して、仲良くなったり。
Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日

経験したことがないことは想像するのが難しい

面白かったのは、私は海外で「日本式の英語学習(英語の暗記とリスニング)」ばかりをしても英語が話せないということを身を以て経験したし、同じように悩んでいるワーホリメーカー・留学生にたくさん会ったので、

Cana
わ〜、最初から英語そんなに話せていいね〜! 羨ましい〜!!
と驚きだったのだが、
すでに話せる状態で来た人にとっては、
こっち(カナダ)で英語全然話せない日本人に出会って、驚きました。こんな感じなんだぁって。
と、逆に英語が話せない状態で来ている人に驚いていることだった。

人間というのは、自分が経験したことがないことは、想像が難しいものなのだな・・と実感した。

カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通ってみて

2018年6月22日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

例えば、カナダやアメリカ、南米などを先生も同行して旅行(言語冒険旅行)するコースなどもあった。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

私がカナダでワーホリ留学していた2012年当時は先生が1人だけで教えていたが、今は複数の先生方がいて、「先生1人・生徒1人のマンツーマンレッスン」どころか、「先生3人・生徒1人のレッスン(何人もの生徒に1人の先生がつく「グループレッスン」とは真逆!)」が受けられるようになっている。

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
カナダの湖

英語はマンツーマンで短期集中で伸ばすのが早い!理由

2019年5月2日

英語が話せないままワーホリ、はやめた方がいい

くり返しになるが、私がバンクーバーでワーホリを始めて2ヶ月の頃は、
毎日、家(ホームステイ先)と学校との往復で、
英語の勉強(暗記)を必死にしているのに「英語が話せている」という気がせず、

このまま英語が話せないままだったらどうしよう・・
と、
焦りと不安がどんどん膨らんでいた。

ネイティブの友達なんて一人もいないし、そもそもネイティブと会話が続かない。

英語を使って仕事、なんて、夢のまた夢・・という気がしていた。

カナダで3ヶ月して語学学校を卒業する頃になっても、何一つ変わっていなかったし、もしその後英語を「暗記・教科書・宿題なし」で学ぶようになっていなかったら、英語が話せないままワーホリを終えていた可能性が高い。

カナダ・ロッキー山脈

ワーホリ出発前の不安を解消する!5つのステップ

2019年8月25日
カナダ・トロントのナイアガラ滝

社会人が退職して留学!で後悔しないためにできること

2019年9月8日

まとめ

「ワーキングホリデーすれば英語話せるようになる、何とかなる」と思っている人は、はっきり言ってやめた方がいい。

現地で過ごせる貴重な時間を、英語が話せないまま無駄に使って後悔しない為に、日本にいる間にある程度話せるようになってから渡航した方が絶対によいと自分が実際に経験して思った。

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
カナダ・トロントのナイアガラ滝

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018年12月6日
カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語力伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly