海外で生活しても英語が話せない人の共通点

カナダのオーロラ

カナダのオーロラ

海外で生活しても英語が話せない人は大勢いる。

それは自分がカナダでワーホリ留学するまであまりピンとこないことだったが、カナダで生活してそういう人にはある共通点があることに気づいた。

海外で生活しても英語が話せない

ワーホリでカナダのバンクーバーに行く前、私には「カナダに行きさえすれば英語が話せるようになるはず」という希望的観測を持っていた。

日本での学生時代の英語の成績は振るわない(英語だけでなく他の教科もだったが・・)し、日本で生活していて英語を話す機会なんてなかった(もしかしたら探せばあったのかもしれないが、あったとしても、恥ずかしくて躊躇していたかもしれない)し、学校の外で英語を習ったことも一度もない。

こんな自分でも、カナダに行きさえすれば、たぶん、おそらく・・いやきっと、英語が話せるようになるはず
だと思っていた。
カナダの青空

留学に持っていくべき英語の教材・参考書とは何か?

2018年8月14日
でもそんな期待もむなしく、バンクーバーで語学学校(ESL)が終わる3ヶ月が過ぎる頃になっても、自分が英語を話せているという感覚が、ない。
カナダの公園にあるトーテムポール

留学前に英語の単語力を上げる勉強とは?

2018年8月6日
語学学校から一歩外に出れば、カフェやファーストフードの店での注文すら、緊張する。

自分の後ろに長蛇の列ができているのに何度も聞き返すこともできず、スタッフから何と言われているのかもよくわからないまま曖昧にうなずき、結果手に入れたのは、食べたかったのとは全然違うドリンク・・。

それが語学学校を卒業する頃の、カナダで生活を始めて3ヶ月が経つ頃の私だった。

カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日
そしてそういうことがある度に、時間に比例して、自分の英語ももうちょっとうまくなっていてもいいはずなのに、なんでこんなに私は英語が話せないんだろう・・と、悲しくなった。
カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない!」

2018年10月31日
バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
でも今考えると、その頃の私は海外で過ごす時間がイコール「経験」になるわけではないということに、気がついていなかった。
カナダ・バンクーバーのキャピラノ

留学で自信がつくには?自信がないなら経験をするしかない!

2019年12月15日
注意
海外の語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語力伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日

バンクーバーのダウンタウンでの経験

バンクーバーのダウンタウンには、中華街(チャイナタウン)がある。

これはまだ語学学校に通っていた頃、そこを一人でぶらぶら歩いた時のこと。

あまり外国人は手を出さないと思われる乾物や魚を売っている店で働いている人達に、英語で

Cana
How can I eat this? (これはどうやって食べるのですか?)
と聞いてみたことがある。

すると、全く英語が通じなかった。

中国語で何かを言ってくれたのだが、今度は私が理解できなかった・・。

カナダは「英語圏の国」だけど、そこに長く住んでも、自然に、自動的に英語が話せるようになるわけではない。

「英語圏の国」に住んでいても英語が全く話せない人に、カナダでたくさん出会った。

カナダのLighthouse(灯台)

語学留学の失敗談!大失敗する理由がカナダでわかった

2019年8月18日

外国語を習得するのに必要なこと

カナダという「英語圏の国」に住んではいても、自分自身が母国の「文化」の中にいる限りは、たとえ何十年、英語圏の国で生活しようが、英語が話せるようになるのは難しい。

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
海外で語学学校に通っても、学校の「外」で英語を少しでも多く使う努力をしても、難しかった。

たしかに学校の「中」でなら「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」や「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれた。

カナダのMoraine湖

カナダ留学生活ってどんな感じ?現地友達ができる人できない人

2018年11月7日
だけど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できなかった!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

日本人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり・・。

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日

学校に3ヶ月通った後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
毎日英語を勉強しているのに「話せている」という気がせず、これ以上何をどう勉強したらよいか悩んでいた時、知り合いから英語をマンツーマンで教えている先生がいると、知り合いに教えてもらった。

早速その先生に連絡を取り、体験レッスンを受けた。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日

「自然な英語」を話すまでのステップ

その先生のマンツーマンレッスンで、「文法」や「単語」だけでなく、英語の「文化」に「発音」、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。
留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

2018年6月13日
を学ぶようになった。
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

すると、学校に通ったのと同じ3ヶ月で、今度は現地の人ともおしゃべりが楽しめ、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくないね

と言われたりするようになっていた。

バンクーバーの夕暮れ

カナダワーホリ体験談!ネイティブに英語を褒められた理由

2018年8月3日
イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われた!勉強法

2018年8月4日
バンクーバーのSiwash Rock

語学留学で日本人が英語ペラペラになるには?海外で受けた反応

2018年7月20日
今考えると、私は学校ではただ英語の知識(単語と文法)を増やすことだけに多くの時間を費やしていた。
カナダの冬の山

カナダの語学学校 (ESL)とは?通った感想

2019年3月14日
だからいくら勉強しても、自分が「自然な英語を話せている」という気がしないのは当然だった。
カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通ってみて

2018年6月22日
カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

例えば、カナダやアメリカ、南米などを先生も同行して旅行(言語冒険旅行)するコースなどもあった。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

私がカナダでワーホリ留学していた2012年当時は先生が1人だけで教えていたが、今は複数の先生方がいて、「先生1人・生徒1人のマンツーマンレッスン」どころか、「先生3人・生徒1人のレッスン(何人もの生徒に1人の先生がつく「グループレッスン」とは真逆!)」が受けられるようになっている。

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
カナダの湖

英語はマンツーマンで短期集中で伸ばすのが早い!理由

2019年5月2日

まとめ

カナダで実際にワーホリ生活を送ってわかったのは「英語の文化」の上に「英語の単語」があって初めて「自然な英語」になるということ。

自分にいくら「英語を話したい」という気持ちがあったとしても、お辞儀をしながら「Thank you」や「Sorry」と言っていては、それは単語は完璧に英語でも、行動は完全に日本語の文化なので、英語ネイティブの人の目には奇妙に映る。

「英語圏の国」だけの話ではなくて、そこがどこの国であれ、母国語しか使わない、使う必要がない環境にいるならば、その国の言葉、外国語が流暢に話せるようになることは、たぶん一生かかってもない。

では自分が住んでいる国の言葉を習得するためには何が必要なのかというと、それはやはり、母国語にあふれた居心地のよい環境(Comfort zone)を抜け出して、その国の「文化」にできるだけ触れる機会をもつことだと思う。

カナダ・バンクーバーの朝

留学で英語話せないし勉強つらい!そんな時どうする?

2019年6月30日
英語の「文法」や「単語」からではなく、英語の「文化」から学ぶようになってから、私はカナダで過ごす時間がそっくりそのまま「経験」となっていくのを感じるようになった。
カナダ・バンクーバーのサイエンスワールド

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2018年8月2日
飛行機と空の写真

留学と英語レベルの関係!ESLと各段階の意味

2018年8月9日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly