英語できないまま留学しても大丈夫→現地で後悔!を防ぐ方法

バンクーバーでハイキング中に

バンクーバーでハイキング中、鳥がやってきた

英語できないまま留学しても大丈夫と言う人が時々いるが、私は絶対にある程度英語が話せる状態で始めたほうが良いと思っている。

なぜなら自分が英語ができないままカナダでワーホリ留学して現地でめちゃくちゃ後悔したから。

それに英語が話せる状態で留学やワーホリを始めるのでは、現地で持てる選択肢が大幅に違ってくる。

英語がある程度話せれば、現地に着いてすぐに英語を使う仕事を探し始めたり、ボランティアやスポーツなどの趣味も楽んだり、(留学生の友達ばかりでなく)ローカルの友達だってすぐに作り始めることができる。

現地の貴重な時間を、スタートから有効に使うことができる。

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃない

2018.08.01

カナダ人と話していて英語ができなかった頃を思い出した

カナダでワーホリ留学中、カナダ人の友だち3人と一緒にノースバンクーバーにあるグラウス山(Grouse Mountain)でハイキングした帰りの車の中でのこと。

3人のうちの2人は普段、日本人(というか留学生全般)とあまり関わることがない人たちで、1人(Alan:仮名)だけが 「カレッジの友達のつながりで知り合った日本人の友達が何人かいる」と言っていた。

私たちは最初、みんなの共通の友達の話なんかをしていたのだが、それが終わった後、運転席と助手席に座っている2人が内輪の話を始めたとき、後部座席でわたしの隣に座っていたAlanから、こう聞かれた。

Canaはカナダに来た時にはもう英語が話せたんだよね?

Cana
いやー、全然話せなかったよ

そうなの? 
でもそのわりには自然に英語を話すよね!
英語話せなかったころのCanaってどんなだったんだろう? ははは

Cana
ははは! こんな感じだったよ

(首をかしげながら)

Cana
Sorry?(もう一度言ってもらえますか?) 

Cana
Sorry??
Cana
Sorryyyy???
補足
「Sorry」は、語尾を上げ調子(Sorry?)で言えば「もう一度言って下さい」の意味になり、下げ調子(Sorry…)で言えば「すみません」の意味になる。
日本の学校の授業では「Perdon?」を習ったが、カナダでは「Sorry?」の方が圧倒的によく使われていた。

あ〜! なるほどね、そんな感じだったんだ。

や~僕、日本人の友達?というか知り合い?が何人かいるんだけど、そう、カレッジの友達が紹介してくれるんだけど、彼らと会話するのが、ほんとむずかしくて。

・・・昨日も日本人の留学生と話してて、名前と東京出身っていうことだけはわかったんだけど、あとはほとんど会話にならなかったんだよね

Cana
う~ん・・日本の学校教育では英語の単語と文法ばっかり勉強して話すことはしないから、そうなんだよね。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

私もカナダに来て「さぁいきなり会話です」ってなって、ほんと困ったよ。

いつも「I’m a beginner !(私は初心者です!)」って、心の中で言い訳してた

・・・I think(僕が思うに)・・・beginnerっていうか・・・RAWだよね

Cana
? どういう意味?

It’s like…completely not cooked, not ready, not prepared. Just as it is…you know.
(なんて言うか、調理されてない。準備ができてない。・・そのまんまの意味だよ)

 

RAW;生(なま)の、料理してない
ー引用:英和辞典 Weblio辞書

 

それを聞いて、当時の私もきっとカナダ人からするとそんな風に思われていたんだろうなぁと、思った。

カナダに行けば何とかなるはず・・!

と、英語なんてぜんぜん話せないままカナダでワーホリ留学を始めた私。

そんな私が、カナダで最初の3ヶ月間に一番使った英単語。

それは間違いなく

Sorry

だった。

英語圏の国で暮らすのに英語できないのはツライ

英語圏の国であるカナダに住んでいるというのに、学校でもホームスティ先でも、(もちろんそれ以外の場所でも)英語で何か言われてもわからない。

自分が言いたいことを、うまく伝えられない。

それもこれも全部、自分が英語ができないから。

だから相手に何か言われて、聞き取れなかったときは

Cana
Sorry…I can not understand…
(すみません・・何と言ってるのかわからないです・・)
謝り、

自分が何かを言って伝わらなかったときは

Cana
My English is not good…Sorry…
(私の英語下手だからわからないですよね・・すみません・・)

また謝っていた。
言いながら、何だかみじめな気持ちになった。

そして

なんで私は日本にいる間に何でもっと英語を勉強しなかったんだろう・・

と、何度も思った。

もっと英語を勉強してきていれば、語学学校(ESL)では日本人と韓国人だけじゃなくて、ヨーロッパとか南米とかからの留学生とも気後れせず話せたはずだし、

ワーホリ中に韓国人と日本人の友達しかいなかった理由

2018.11.07

学校のクラスメイトから

あなたは英語を話してるのか日本語を話してるのか分からない

と笑われることもなかったはずだし、

英語の発音わからない→流暢へ!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

ホストファミリーとももっと上手く話ができたはずだし、

ワーホリのホームステイで経験したトラブルの話

2018.07.25

私はもう20歳を過ぎた大人なのに、英語で話そうとすると急に小さな子どもにかえったように感じることなんかも、

ワーホリでよくある悩みトップは「英語が話せない!」

2018.10.31
なかったはず・・・。

そう考えては、英語ができない自分を、そして日本で英語を勉強してこなかった自分を、後悔した。

補足
しかし私が当時思っていた「勉強」とはつまり「単語と文法を暗記すること」だったので、
たとえ日本にいる間にもっと「勉強」していたところで、カナダで苦労するという状況はあまり変わっていなかっただろうと、今となっては思うけれど。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

留学に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14

英語を話そうとすればするほど自信喪失した

英語で話すことができない、相手が言っていることもわからない。

言いたいことが自由に言えなくて、自分を思うように表現できなくて、カナダでは自分が小さな子どもになったかのように感じていた。

当時は、同年代のイングリッシュネイティブスピーカーと英語で話す機会がごくまれにあったとしても、いつもどうしても相手と自分が対等ではなく、子ども扱いされているような気がしていた。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

2018.09.14
だから当然、仲良くなることもできなかった。

そしてそういうことがあればあるほど、英語が話せない自分が情けなくなり、ますます「Sorry…」と謝ってしまう。

・・・そんな私は、現地の人から見たら、完全に「RAW」だったろうと思う。

英語でミスした時に謝る必要はないと気づいた

バンクーバーで語学学校には3ヶ月通ったものの、卒業する頃になっても英語が話せているという気がせず、その後知り合いから聞いて私はマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

そのレッスンを受けていたある日、英語で言いまちがえたので

Cana
Sorry!
と言った時。

先生から

先生
今、何で謝ったんですか?
Canaさんは日本語で話してるときに言いまちがえたら、謝るのですか?

ではどうして英語だと謝るのですか?

と言われ、私はすごくびっくりした。

それから私は、英語ができないからと言って卑屈になることを止められるようになっていった。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

やっと「RAW」の状態を抜け出せるようになり、それと同時にカナダ人の友達もできるようになっていった。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng