留学で悩む「何も変わってない気がする」を脱出できた方法

カナダのナイアガラ滝

カナダのナイアガラ滝

留学すると現地で悩むことが多々ある。
英語が伸びない、友達ができない、現地の生活に慣れない、等。
中でも自分が焦ったのは、せっかくカナダまで来たのに何も変わってない!と感じた時だった。

留学で悩むのは誰もが通る道

カナダのバンクーバーでワーホリ留学をしていた時に受けていたマンツーマンの英語レッスンで、私は「英語の・カナダの文化の中で」 どう話したり、ふるまえばよいのかといったことを教わっていた。

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ

2018年6月15日
バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
でも習ったことに、「なるほど」とは思っても、すぐにそれを使っていける時と、そうでない時があった。

「日本人である私が、そんなことを言って/して、いいのだろうか・・」

何せ、「Guys」を言うことにすら抵抗があったくらいである。

バンクーバーの高層ビル群

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力ってどれくらい?

2018年8月1日
せっかく教わったスキル(誰でもトレーニングすることで習得可能な技術)を、使いこなしていない私を見て、ある日のレッスンで先生からこう言われてしまった。
先生
Canaさんは「英語が話せるようになりたい」といつもおっしゃっていますが、私からすると自分で自分のポテンシャルを抑えてしまっているように見えます。
Cana
・・・
先生
これから半年も1年も数年もかけて、英語を習っていくつもりなのですか?

・・今変わらずに、いつ変わるつもりなのですか??

と。

カナダで感じた「この先何も変わらないのでは…」という恐怖

私はそれでやっと目が覚めた。

日本人である自分が、英語の、カナダの文化の中で「日本人っぽくない」話し方や振る舞いをして、悪いことなんて何もない。

ただ私は、今いる「Comfort zone(快適空間)」から抜け出るのが怖かっただけなのだ。

カナダ・バンクーバーの朝

留学で英語話せないし勉強つらい!そんな時どうする?

2019年6月30日
自分が生まれて育った日本の文化の中で、日本的な考え方、振る舞いの仕方に固執している方が、新しい文化の中での考え方、振る舞い方に変えるよりもずっと「ラク」ではある。

(例えそれによってカナダに住んでいるのにも関わらずカナディアンの友達ができなかったり、

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
カナダで人気のスポーツ、カヤック

ワーホリの友達の作り方!ネイティブの友達を作るには?

2018年6月1日
自分が日本人であるが故のセクハラを受けたり、
カナダではあちこちで野生のリスを見る

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

2018年7月26日
カナダで旅行中、野生の鹿に遭遇

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

2018年7月2日
男女差別をするホストファミリーにも抗議ができなかったりと、
カナダ・バンクーバーのEnglish Bay

カナダワーホリでホームステイを経験!感想とトラブルの話

2018年7月25日
数々の困ったことが起ころうとも・・。)

海外で英語が伸びないのはまじで悩む

すでにそれまで、カナダで語学学校に3ヶ月間通って、毎日毎日単語を覚えたり文法の問題を解いたり・・。

日本にいた時よりもよほど英語を勉強していた。

カナダの冬の山

カナダの語学学校 (ESL)とは?通った感想

2019年3月14日
なのにそれに比例して英語が伸びているとも思えず、「いったい何をどうしたら良いのか?」と悩んでいた。

例えばスーパーでちょっと何かを尋ねても、カフェのカウンターでメニューについて聞くのでも、とにかくなかなか話が通じない。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
バンクーバーは移民が多く住んでいることもあり、外国人(英語が母国語ではない人)にも慣れている人が多い。

だから最初は何とか理解してくれようとするものの、あまりに通じないと面倒くさそうにされたり、そっぽを向かれたり。

カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日
ワーホリを始めた当初はホームステイをしていたのだけれど、日本語であれば何の苦もなく言える自分の考えや意見が、英語になると言いたいことの半分も出てこないため、何だかいつも子ども扱いされているような気がしていた。
カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない!」

2018年10月31日
もちろん銀行口座の開設や、SINナンバー(Social Insurance Number。社会保険番号)の取得など、日本では普通に自分一人でできることも、カナダでは難しかった。

自分はもう20歳を超えた大人なのに、英語だと大事なことに関与できない・・。

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カナダの冬

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018年8月2日
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通ってみて

2018年6月22日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日
先生から言われて、
今何もしなかったら、きっと自分は一生このまま、何も変わらないだろう・・
と思った。

そうすると、「今」変わることに対する戸惑いや不安よりも、この先一生変わらないことに対する恐怖の方がずっと大きいということにも気がついた。

だって、英語が話せるようになりたくてお金も時間もかけてカナダまではるばるやって来たのに、何も変わらないまま日本に帰国なんて、怖すぎる・・。

ヘリコプターから撮ったナイアガラ滝

語学留学で後悔する理由「英語話せないし何も変わってない」

2018年8月19日

まとめ

先生から「いつ変わるつもりなのですか?」と聞かれたその瞬間を境にして、私の中のメンタルブロックが少しずつ剥がれていったのじゃないかと、今になっては思う。

カナダのバンクーバー

オープンマインドの意味とは?実は英語習得のポイントだった

2018年9月24日
カナダのガリバルディ湖

英語を半年以内で上達させるには?カナダ留学で学んだ勉強法

2019年3月3日
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/イマージョン・プログラム)を応用して、「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して慣れながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

例えば、カナダやアメリカ、南米などを先生も同行して旅行(言語冒険旅行)するコースなどもあった。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
私がカナダでワーホリ留学していた2012年では、先生がたった1人で教えていたが、その後先生は海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

今は先生1人だけでなく、複数の先生方がいて、「先生1人・生徒1人のマンツーマンレッスン」どころか、「先生3人・生徒1人のレッスン(何人もの生徒に対して先生は1人の「グループレッスン」とは真逆!)」が受けられるようになっている。

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日
カナダの湖

英語はマンツーマンで短期集中で伸ばすのが早い!理由

2019年5月2日
先生のレッスンと、一般的な英語学習の違いをまとめると、以下になる。

  1. 暗記なし・教材なし・宿題もなしで英語を学ぶ。
  2. 「英語の知識を頭に入れること(=インプット)」ではなく、「英語を口から出すこと(=アウトプット)」を重視する勉強のため、
  3. それによって、3ヶ月でスピーキングに自信を持つことができるようになっていた。
カナダで留学の予定がある生徒さんが日本でSkypeを使って受けておられた先生のレッスンでは、たったの45分間で、ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」のテクニックを2つ習得されたそうです。

そして

Oh my Godness, I hear it all the time in the movies…!
(あっ、こういう話し方、映画ではしょっ中聞いている!)
と言われたそうです。

・・英語の文化の中での話し方を習得することは日本にいても十分可能です。

ご興味のある方は「はじめに」のページに記載の方法からご連絡ください。
はじめに-toppgage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly