ワーホリしても英語喋れない人が大多数なのはナゼ?

カナダの冬景色

カナダの冬景色

ワーホリする前、私は英語が喋れない状態だったが、ワーホリすれば何とかなるはずだという期待をしていた。

でもワーホリ中の人のブログやSNSにも「思うほど英語話せない」と書いてあったりして、自分は1年で本当に英語が話せるようになるんだろうか…と不安だった。

ワーホリしても英語話せない人の方が多い

さらにリサーチを進めるうちに思ったのが、海外に行って、学校にも通って、時間もお金もエネルギーも使って期待する成果が得られていないという事実に対して、諦めているというか、受け入れている人が多いんだな、ということ。

例えば自分がカナダに行く前読んでいたワーホリ中の人たちのブログには、

日常生活には困らないぐらいの英語力はついた。

とか

TOEIC(ペーパーテスト)では自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題。

とか

海外生活はよい経験になった。今後も英語の勉強がんばっていきたい。

とか

語学学校は楽しかった。英語はまだまだ努力が必要かなと思うけど(汗)。

といったことがよく書いてあった。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番パターン

2018.08.02

そして海外で生活しても、語学学校に通っても、「満足できるレベルで英語が話せるようになっていないこと」に対して、それほど疑問を持ってないように私には思えた。

語学学校には行くべきか悩んだ

本当に学校に行って意味があるのか・・・わからない。でもそうかと言って他にどうしたらよいのかも、わからない。みんながそうしているから自分もそうするべきなのか・・・それが”安全”なのか・・・でも効果がなかったらやっぱり意味がないし・・・。

色々調べたし考えたけれど、でも結局、どうしたらよいのかわからない

わからないから、

とりあえず、行けば何とかなるだろう・・!

という不安半分、期待半分を持ってバンクーバーに到着した。

そうしたら、現地で英語が思った以上に通じないしネイティブの英語は早すぎて聞き取れないことにショックを受けた。

英語できないまま留学しても大丈夫→現地で後悔!を防ぐ方法

2018.07.03

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

当時はホームステイをしていたのだが、ホストファミリーが英語で話していても何を言っているのかわからないから私だけ蚊帳の外だったりする。

日本でもっと英語を勉強してくるんだった、一刻も早く英語が話せるようになりたい・・!

と後悔したが後の祭り。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

しかし英語が話せるようになるために何をどうしたら良いかわからず、ある語学学校(ESL)に通うようになった。

学校のクラスメートが語った言葉

語学学校というのはどこもそうだと思うが、入学日が毎週設けられている。

つまり、毎週月曜日には「入学する人」がいて、同じ週の金曜日には「卒業する人」がいる。

学校で仲良くなった韓国人の友達が「卒業」する日。
私は

Cana
この学校通ってみてどうだった〜?
と聞いてみた。

すると

楽しかった! まあ英語はまだまだだけど、数ヶ月学校に通ったところでペラペラになるなんて無理だからね~。
次は◯◯っていう(語学)学校に行くから、またヒマな時遊ぼうね!

という答えが返ってきた。

他の何人かに聞いてみても、日本人の友達に聞いても、返ってくる答えは同じだった。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

要するに、日本人や韓国人はたったの数ヶ月学校に通ったところで英語がペラペラ話せるようになるなんてそもそも最初から期待してないのだなぁと、私は理解した。

だからその学校に通っていた時、

これがバンクーバーで2つ目の学校。

とか

3つ目の学校。

とか

今週でここは卒業して、来週から別の学校に通う。

とか言う人がざらにいた。

そうやって「自分に合う学校(英語が満足できるぐらい話せるようになるように指導してくれる学校)」を求めて、バンクーバー市内で、または州や国をも変えて「転校」をくり返す留学生やワーホリメーカーが周りにたくさんいたし、学校とは別にチューターを雇って「勉強」する人さえいた。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
 
チューター(tutor)とは?
バンクーバーではカフェや図書館などあちこちで、留学生がマンツーマンレッスンで英語を勉強しているのを見かける。
教えてくれる先生は、ネイティブの先生であることもあれば、そうではないこともあり、特別な資格も不要である。
つまり英語を教える方にとっては、たとえ英語を教えるための専門知識も経験も資格もなにも持っていなくてもお金がもらえるので、良いおこづかい稼ぎになるのだそうだ。

ワーホリしても英語喋れない理由

バンクーバーの語学学校に通っている生徒の国籍は、日本人と韓国人が圧倒的に多い。

それはなぜかと言うと(先進国のカナダに留学できるだけの経済的余裕があるということもあるけれど)日本も韓国も、学校で

「英語とは暗記するもの」

だと教えられているからなのだと思う。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

でも単語や文法をいくら暗記したって、残念ながら話せるようにはならない。

その証拠に、日本では中学高校の6年間かけて英語を勉強するが、それで英語が話せるようになる人など1人もいない。

けれど日本の英語教育の目標は「話せるようになること」ではなく「ペーパーテストで良い点を取ること」だから、どうしても学校で教わるのは「英語の勉強といえば暗記」になる。

だから私は、カナダで学校に通って、毎日朝から夕方まで英語を勉強しているのに、3ヶ月たっても「英語を話せている」とは思えなかった。

これだけ勉強しても話せないなんて、どうしたら良いのかと、また悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28
補足
なお、私が語学学校を卒業した後受けたマンツーマンレッスンの先生は、英語を教えるための専門知識も経験も資格も持っているTteacher(ティーチャー)であり、チューターではなかった。

そこで単語や文法を暗記するのではなく、教科書もノートも使わず、暗記もせず、英語の「文化(考え方や振る舞い方などの行動パターン)」から学ぶようになった。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15

するとそれから3ヶ月が経つ頃には、現地の人と英語で楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

そのレッスンを受けるようになってから英語を勉強(暗記)することは止めたのだが、帰国して受けたTOEICでもほぼ満点の970点が取れた。
TOEICスコア

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたカフェ

英語は、勉強するな。

2018.11.23

まとめ

海外に行って、学校も通って、時間もお金もエネルギーも使って、なのに期待する成果が得られていない人が大半なのが「ワーホリの現実」

でも本当は、人間は誰でも「一つ以上の言語」を習得する能力を持っている。日本で生まれて育った人は誰でも日本語を話せるし、中国で生まれて育った人は誰でも中国語を話せるし、アメリカで生まれて育った人は誰でも英語が話せる。

それはなぜかというと、ヒトは皆、赤ちゃんの時は周囲の人が話す言語の「文化(考え方や振る舞い方などの行動パターン)」から自然に学ぶことができるから。

そのためとくに意識をすることもなく、気づけばいつの間にか「周囲の人が話す言語=自分の母国語」を話せるようになっている。

日本語でも何でも、一度でも何かの言語が話せるようになったことのある人であれば、今度はそれを外国語にも応用することで、今度は母国語を習得した時よりもずっと早く外国語が話せるようになる。

だからワーホリだって英語の勉強なんてちゃっちゃと終わらせて、あとは現地で英語を「使って」自分のしたいことをすることに力を入れるべきではないだろうか。

ワーホリして英語を「勉強」することだけにずるずる時間を使う挙句、「英語は難しいものだからほんの数ヶ月やそこらで話せるようにならなくて当たり前」だと諦めてしまう必要はなくて、「たったの数ヶ月」で英語が話せるようになることを誰もが期待できるようになればいいと私は思う。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリで英語力を伸ばすには?まず目標レベルを決めよう!

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng