語学学校に行っても英語話せないのはナゼ?理由がわかった

カナディアンロッキーのマリーン湖

カナディアンロッキーのマリーン湖

語学学校に行ったのに英語話せないという人がたくさんいるのはナゼなのか?

カナダで語学学校に通っていた時、話せない理由は「暗記が苦手だからだ」と思っていた。

けど実際は海外でも日本と同じ英語の勉強(単語や文法の暗記)をしていることこそが原因だった。

語学学校に通ったのに英語話せない→悩んだ

カナダでワーホリ留学を始める前のこと。

私は

とにかく単語や文法を勉強しておかねば・・!
と思い、中学や高校の教科書や参考書・TOEICの問題集なんかを使って英語を勉強(暗記)していた。

留学準備に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14
だけどいくら勉強しても
英語が話せるようになっていく
という感覚は、ない。

それでも

今は英語話せなくても、現地に行けば今覚えてることが生きてきて、自然と話せるようになるはず・・
という希望的観測によって、ひたすら
単語や文法の暗記
を続けていた。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

というか、当時は英語の勉強といえば「単語や文法の暗記」をすること以外、知らなかった。

そしていざカナダでワーホリを始めたら、すぐに

なんでもっと英語を勉強してこなかったんだろう・・
と後悔した。

だってバンクーバー空港(YVR)に到着した時、空港で職員から何を言われているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港から出るところだったくらい。

これはヤバイ・・。早く英語が話せるようになりたい・・!
と思った私は、バンクーバーにある語学学校(ESL)に通うことになった。

最初は

どんな勉強が始まるんだろう?

とワクワクしていたが、1週間も経たないうちに違和感を覚え始めた。

語学学校に通って1週間。違和感・・

なぜなら先生が日本人ではなくネイティブだから「授業がすべて英語で進む」という違いはあったものの、内容は日本と同じように「座学」

教室に座って、教科書やワークブックの単語や文法やイディオムを暗記し、ほとんどの時間は先生の話を聞いている。

私は英語を話せるようになりたくてカナダに来たのに、クラスメートが10〜15人(語学学校は大学のように授業によって生徒が入れ替わるシステム)もいるから、話したくてもなかなかチャンスはない。

補足
だって15人もの生徒がそれぞれ好き勝手に話したら授業が進まない・・

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07

語学学校に通って1ヶ月。不安になった

Sitting & Listening(座って&リスニング)
をしているばかりだから、

これで3ヶ月過ごして、本当に英語が話せるようになるのだろうか・・

1ヶ月も経たないうちに不安になった。

留学準備に必要な英語の教材とは何か?

2018.08.14
けど、だからと言って他にどうしたら良いのかはやっぱりわからない。

だからそれでも毎日ひたすら学校に行って英語を勉強し、時には放課後や週末も宿題をしたり、予習や復習をしたりして、英語を勉強していた。

語学学校に通って3ヶ月。不安的中!

そうやってあっという間に3ヶ月目となり、卒業が近づいてきたが、「自分が英語を話せている」という気が・・しない。

学校の「中」であれば

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04
たまに語学学校の「外」でネイティブの人と話す機会があったとしても、
会話を続けること自体が難しい・・
と感じていた。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

「英語の文法=暗記」じゃなかった

そのレッスンの中で文法を習うようになってから、それまで固く信じ込んでいた

英語の文法=暗記
という図式が自分の中で崩れていくのを感じた。

日本で6年もかけて中・高と学校で英語を学んだ(大学でも教養課程として英語の授業もあったので実際はもっと長い)はずなのに、私は「英語の文法」とは何なのかをちっとも理解していなかったことに気づかされた。

先生
さて今日もポジションテクニック(Position Technique)を使った文法レッスンをします!
Cana
ポジションテクニック?・・ですか?
先生
そうです!
英語では、日本語よりも「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「どうする」といった、それぞれの言葉の「Position(位置)」に明確なルールがあります。
Cana
へぇ・・?
先生
例えばですね、日本語であれば

私は 明日 図書館で 宿題を します。

図書館で 私は 宿題を 明日 します。

明日 宿題を 私は 図書館で します。

も、どれも文章として成立しますよね?

動詞(「どうする」)が文の一番最後にくるというルールはあるのですが、それ以外は「誰が」「いつ」「どこで」「何を」を基本的にどこに置いてもいいのが日本語です。

Cana
あぁ! 本当だ、たしかにそうですね・・!
先生
これが英語では、基本的に正しい文章は

I will do homework at the library tomorrow. 

の1つだけ

I tomorrow at the library homework will do.
(私は 明日 図書館で 宿題を します)

は文章として成立しないですし、

At the library I homework tomorrow will do. 
(図書館で 私は 宿題を 明日 します)

も成立しないですし、

Tomorrow homework I at the library will do.
(明日 宿題を 私は 図書館で します)

も成立しないです。

Cana
本当ですね!! けどそんなこと考えたことありませんでした・・!
先生
そしてですね、英語というのは、
「主語(I=私)」や
「動詞(do=する)」や
「目的語(homework=宿題)」などの
「一つひとつの単語がもつ意味」だけでなく、動詞の「型」や、「時制」や「副詞」の有無などによって「文章全体」の意味が決まるのです。
英語の文章全体の意味が決まるポイント

  • 動詞が「原型」なのか「be + 〜ing」なのか
  • 「時制(todayやtomorrowなどの時を表す言葉)」が入っているのかどうか
  • 「副詞(alwaysなど)」があるかどうか
Cana
文章全体の意味?
う〜ん、なんなんでしょう・・
先生のレッスンて初めて聞くことばかりなんですが・・!
先生
ふふふ、よく言われます!
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
先生
ですから、例えばこの下の3つの文章は、当然ながら「単語一つ一つ」の意味は違うのですが、「文章全体」が表す意味はぜんぶ同じなんです。

文章全体の意味が同じ:例①
① I am  running tomorrow.
(私は明日走ります)

② My sister is playing tennis tomorrow.
(妹は明日テニスをします)

③ He is flying to N.Y tomorrow.
(彼は明日ニューヨークに飛びます)

Cana
え? 同じ・・?!
先生
はい。
なぜなら、上の3つの文章には全て

be + ~ing + 時制(ここでは未来を表す「tomorrow」)

の組み合わせが共通して入っていますよね?

算数の

1+1
という式は、いつ誰がどんな状況で解いても答えは
2
だけであって、3や4や5にはなりませんよね?

英語も同様に、

be + ~ing + 時制

という「式」から導き出される「答え(文章の意味)」は、必ず1つに決まっているのです。

だから英語は、その位置関係の中に、まるでパズルのように文章全体の意味が隠されているとも言えます。

Cana
そうか! 前に習った
文章全体の意味が同じ:例②
① I am always studying English.
(私はいつも英語を勉強している)

② He is always playing that video game.
(彼はいつもそのゲームをプレイしている)

③ My girlfriend is always working till late.
(僕のガールフレンドはいつも遅くまで働いている)

も、単語の一つ一つは意味が違うけれど、文章全体の意味は共通していて

be + 〜ing + alwaysという副詞 = 不満(文句)

になるのと同じということですね!?

留学しても英語の文法わからない、が一瞬でわかった!学び方

2018.06.12
先生
その通りです!
ですから先ほどの
文章全体の意味が同じ:例①
① I am running tomorrow.
(私は明日走ります)

② My sister is playing tennis tomorrow.
(妹は明日テニスをします)

③ He is flying to N.Y tomorrow.
(彼は明日ニューヨークに飛びます)

も、文章全体の意味は、「◯◯」という意味1つになります!
Cana
おおお〜! なるほど! そういう意味だったんですね!!
補足
「この文章全体の意味って何?! 気になる!!」と思う方はぜひ体験レッスン、または日本でのレッスンで答えを先生に聞いてみてほしい。詳しくはこちらの記事を参照ください。
lesson-in-japan画像

先生
前にもお話ししましたが、この「文章全体の意味」は、いつも1単語、または2単語で言い表せるくらい短いです。

ですから暗記する間でもなく、一度理解できればすぐに使えるようになります。

Cana
ですね。
私も
be〜ing + alwaysという副詞 = 不満
を理解してからは、英語を話すときや書くときに迷わなくなりましたし、読んでいる文章に出てきたときやネイティブが話すのを聞いていても、パッと意味がわかるようになりました。

英語の文法なんて日本では中学高校と6年もかけて学んだけど、それだけ時間をかけてもよくわからず、それ以降いくら自分で独学しても、バンクーバーで語学学校(ESL)に通っても、結局はよくわからないままだった。

けどその後に受けるようになったマンツーマンレッスンでは、すべての英文法を習い終えるのにかかった期間は、2週間だった。

それも1日中文法を習うということではなく、「英語の文化」ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」なども同じレッスン時間内に習いながら、だった。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

留学中に英語のスピーキングが上達!した勉強方法

2018.06.13

また「暗記」した知識は使わなければどんどん忘れていくけど、このレッスンで習った方法では一度きちんと理解すれば忘れないため、私は帰国後とくに英語の勉強もしたことがない。

それでもTOEICを受けたらほぼ満点の970点が取れた。
TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970点に!

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活に有利?不利?体験談

2018.12.30

まとめ

私が(日本でもカナダでも)学校で習ってきたことというのは、文法に費やしたあの膨大な時間というのは、「一体ナンだったのだろう??」と、2週間文法を学んだ後に思った。
 

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

留学の目標英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09
日本語では話しながら文法のことなんて考えないし、気にもしない。

なのに英語では気になって仕方なく、文法も単語も中学〜高校で6年もかけて勉強(暗記)してきたはずが、まだまだ足りない気がしていた。

どんなに暗記しても、ゴールはどこなのか?

見えなかった。

英語を「暗記」するのは実は遠回りで、「座学」をせずに学んだほうが、ずっと早く英語は伸びていく。

それをカナダでのワーホリ留学中に学んだ。

補足①
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」と「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立されています。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。


詳しくは下の記事をご参照ください。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27
lesson-in-japan画像

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng