留学に必要な英語の教材とは何か?

カナダ・バンクーバーからフェリーで1時間。バンクーバー島のナナイモ

カナダ・バンクーバー島のナナイモ

カナダで留学して以降、私は英語の教材を買ったことがない。

当時英語を習っていたネイティブの先生から「日本語を何個知っているかなんて気にしないのに英語では気にするのはなぜですか?」と聞かれ、翌日には英語の単語帳を捨てた。

それでも帰国後TOEICを受けたらほぼ満点の970点だった。

こう言うとよく驚かれるのだが、はたして英語の勉強に教材は必要なのだろうか?

留学前・留学中に使った英語教材

カナダでワーホリ留学をする前は、中学や高校で使っていた単語帳や文法の参考書や、TOEICの問題集を使って、「自分的には」英語を勉強したつもりだった。

しかし、バンクーバーの空港へ着いた瞬間、職員が何を言っているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港を出るところだった。

そこで自分の英語力が思った以上に低いことに焦ったが、もう後の祭り。

なんとか英語が話せるようなりたい!

と語学学校(ESL)に通い始めたものの、3ヶ月経っても自分が英語を話せているという気がしない。

留学生の英語に慣れている学校の先生や、クラスメイトとなら話ができても、学校を一歩外に出るとネイティブとは会話が続かないし、カフェでコーヒーを1杯注文するのすら緊張の連続だった。

英語できないまま語学留学して後悔!現地でSorryを連発

2018.07.03

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
語学学校では毎日、朝から夕方まで、教科書やワークブックを使って英語を勉強し、放課後や休日も図書館で英語の教材を借りたりもして、英語を勉強したにも関わらず・・。

悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業とほぼ同じ。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

日本語の単語を何個知っているかは気にしないが英語では気にする

マンツーマンの英語レッスンを受け始めたばかりのある日、先生からこう聞かれた。

先生
Canaさんはよく「自分は英単語をあんまり知らないからもっとおぼえなくちゃ!」と言っていますよね。

では質問なのですが、Canaさんは全部で何個の日本語の単語を知っているのですか?

私はそんなこと聞かれたのは初めてだったし、考えたこともなかったので、しばらく考えてしまった。

私が知ってる日本語の数?
・・数千語?
う~ん・・数万語?
細かいのまで数えれば数十万くらいはあるだろうか?
 
いや〜、さすがにそんなにはないか?・・・

考えたがどうやっても具体的な数字は出せないので、

Cana
わかりません。そんなの数えるのも不可能ですし・・

と答えた。

すると、

先生
そうですか。

では日本語を何個知っているかなんて気にしないのに、
なぜ英語では何個単語を知ってるのかをそんなに気にするのですか?

と重ねて聞かれ、
また私は答えることができなかった。

黙っていると先生が、

先生
スピーキングを伸ばしたいのであれば、単語よりも先に、「英語の文化」「英語の話しことば」など、先に学ぶべきことがあります。

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
先生
それに、単語を覚えたい時には効率よく覚えるためのテクニック(技術)がちゃんとあるので、今は単語のことは心配しなくて大丈夫ですよ!

単語を効率よく覚えるには?方法があった!

2018.06.11
Cana
そうでした。。
今までずっと「英語の勉強」=「単語の勉強」だったので、強迫観念みたいに「単語覚えなきゃ!」と思っていました・・
先生
気持ちはよくわかります。
でも、単語をやみくもに暗記しても忘れてしまいますから、暗記にかける時間がもったいないと思います。
Cana
そうなんです・・。
覚えても覚えても忘れるので、自分が嫌になります。
先生
いえいえ。

暗記しても使わない知識は忘れるのが当然です。それが脳の「自然な機能」なのですから。

だからこのレッスンでは、英語を暗記しないのです!

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

「英語の勉強=教材を使う」が当たり前だった

私はもちろん日本では、何冊もの英語の参考書や単語帳を持っていた。

が、参考書は重くてとても持っていく気になれず、

これなら・・

と軽めの単語帳だけをスーツケースに入れ、カナダに出発した。

そうして現地に着いたら、そこで初めて自分がいかに英語ができないかを痛感した。

「英語の勉強」=「単語の勉強」なのだと思っていた当時の私は、語学学校(ESL)に通うようになると、授業で毎日習う新しい単語はもちろん、放課後も「今日はこの単語帳の○ページから○ページまで覚えよう!」という風に自分でノルマを決め、せっせと単語を暗記した。

・・でも、いくら単語を暗記しても、それを実際の会話の中では、使えない。

どんなにたくさん単語を覚えても、それにつれてスピーキングが伸びている感じもしなかった。

ペーパーテストの勉強はスピーキングには効果がない

日本にいた頃、私が大学受験のとき使っていた単語帳の表紙には必ず

○○○語を収録!!

という文言があり、それはつまり何個単語を覚えるかという「数」がとても重要ということだった。

また、高校の先生やクラスメイト達もみんな

単語を知らないと英文が読めないよ

と言っていた。

たしかに学校の試験や大学受験(ペーパーテスト)では、「リーディング」と「ライティング」と、ほんの少しの「リスニング」しか求められないから、単語を何個知っているかというのが、合格するために重要なことだった。

そして、日本で私が受けてきたペーパーテスト(学校の定期的な試験に、大学受験やTOEICも含む、全てのテスト)では、「スピーキング」はほぼまったく問われなかった。

なのに私はカナダに着いても、日本でしてきた「ペーパーテストで良い点を取るための英語の勉強」をくり返し、それで「スピーキングが伸びない・・」と悩んでいた。

日本で中学と高校の6年(大学も入れれば10年)もの間、そういう勉強の仕方をしてきていたため、そうやって勉強しても英語が話せるようになってないという事実があるにも関わらず、それでもやっぱり「英語の勉強」=「単語の勉強」なのだと思いこんでいた。

英語教材を使って勉強したが使えない…

暗記しても使わない「知識」は、忘れるのが普通。

だから私が大学受験のときに暗記したたくさんの英単語たちは、大半はもう完全に忘れたか、今も私の頭の中のどこか深~いところで眠っている。

それに、カナダで英語に慣れてくるとわかったのだが、日常生活でネイティブが話す言葉を聞いていても、ネイティブが書く文章を見ても、そこで使われている単語の一つひとつは、とくに難しい英語ではない

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

私たち日本語のネイティブが、日常生活で難しい日本語ばかり使って会話しているわけではないのと同じである。

また私たち日本人は、幸か不幸か英語を話すために学ぶべき5つの分野のうちの2つだけ、「文法」と「単語」だけを、中学と高校の6年も使って学んでいるため、日常会話を楽しむために、苦労して難しい英単語を暗記する必要はない。

英語の「知識量」とスピーキング力は比例しない

それに、いくつ英単語を知っているかという「知識の量」と、スピーキングには、あまり関係がない。

だって「カナダで生まれ育つ字も読めない3歳のこども」と、「日本で英語教育を中学から高校まで受けた平均的な日本人」であれば、日本人の方がよほど英単語を多く知っている。

ではどちらがより流暢に英語を話すかというと、圧倒的に3歳のこどものほう。

こどもは最初から「文法」や「単語」の勉強なんてしないし、そもそも勉強しようにも、まず字が読めない。

それでも何年もかけて単語や文法を勉強している大人よりずっとペラペラ話すことができる。

赤ちゃん〜小学校入学まで

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

まとめ

日本語を何個知っているかなんて気にしないのに、英語では気にするのはなぜですか?

と聞かれたこのレッスンの翌日、私は「この本に載っている単語、ぜんぶ丸暗記しよう!」と思って持っていた英単語帳を、すべて図書館に寄付した。

それ以来、英語を暗記するのは止めたし、教材も買ったことがない。

カナダではレッスンで学んだことをレッスンの「外」でも使うことで、英語を自然に伸ばして行くことができたし、

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

帰国してからも特に英語は勉強したことがないが、TOEICを受けたら970点だった。(満点は990点)

TOEICスコア
今の私は、

自分は英単語を何個知っているだろうか?

なんて悩むことはない。

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng