バンクーバーとLGBT。ゲイフレンドリーとはどういうこと?

シンボルのレインボーカラー

シンボルのレインボーカラー

カナダ・バンクーバーはLGBTに寛容な「ゲイフレンドリー」な街だとワーホリ留学をして知った。

バンクーバーを歩いていて「あ、もしかしてあの2人はゲイカップルなのでは?」とピンときたら。

あなたもVancouverite(バンクーバー人)の仲間入りです。

バンクーバーはLGBTフレンドリーな町

日本でも昨今話題になることが多く、ある意味「流行」のようになっているLGBTだが、少なくとも私が日本で生活する中で見聞きする「日本語の情報」の範囲内では、否定的というか「タブー」な感じも強くある。

たしかに「女性的なメイクやファッションや言葉づかい」をする男性芸能人は多いし、「男性同士のカップル」がテーマになったドラマが「ブーム」になったりもしている。

だけどそれはあくまで「テレビの中の話」であり、「日常生活の中」でLGBTの話題が出ることは、少なくとも私の周りでは・・ほとんどない。

補足
LGBTとは、
Lesbian(レズビアン・女性同性愛者)
Gay(ゲイ・男性同性愛者)
Bisexual(バイセクシュアル・両性愛者)
Transgender(トランスジェンダー・性別越境者)
の英語の頭文字を合わせた、セクシャルマイノリティの総称のこと。

一方カナダは、世界で最も「ゲイフレンドリー」な国の1つ。

2005年にヨーロッパ以外では初めて、また世界では4番目に、「同性同士の結婚が合法」となった国でもある。

補足
日本は、2019年の時点で同性同士の結婚は合法にはなっていない。
バンクーバーのダウンタウンにある「Davie street(デイビーストリート)」という通りは、店も多くある賑やかな通りなのだが、
別名
Gay street(ゲイストリート)
とも呼ばれていて、あちこちにシンボルカラーである「レインボー・カラー」を見ることができる。

カナダでゲイパレードを初めて見た

ゲイパレード・イメージ

ゲイパレード・イメージ

「ゲイ・パレード」は、もともとアメリカでLGBTの権利を求める声の高まりに合わせ、1970年に開催されたのが始まりと言われている。

それが世界各地に広まっていき、日本でも1994年に東京で初めて開催され、それ以来毎年、国内のどこかで開催されている、らしい。

だけど私はカナダでワーホリ留学するまで、「ゲイパレード」というものがあることすら知らなかった。

バンクーバーでは毎年、7月の終わり頃〜8月の頭にかけて、

Vancouver Pride Festival(バンクーバー・プライド・フェスティバル)
というLGBTのお祭りが1週間くらい開催される。

(だからこの週をPride Week(プライド・ウィーク)と言う。)

期間中は、ダウンタウンで「Pride」の名を冠したランニングやウォーキングがあったり、海辺の公園にマーケットが開かれたり、ライブや、ビア・ガーデンがあったりと、色んなイベントがある。

その中でも

Vancouver Pride(バンクーバー・プライド)
というパレードは「目玉イベント」になっている。

補足
調べたら、このバンクーバーのパレードは1978年に始まったらしい。
東京は先ほども書いたように、1994年、である。

もちろんこれらのイベントの参加者はLGBTの人だけではなく

All are welcome! (みんな大歓迎!)

で、誰でも参加できる。

ゲイフレンドリーとはどういうこと?実感したこと

私はバンクーバーでワーホリ留学を始めた時、初めは現地の語学学校(ESL)に通って英語を勉強していた。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

カナダで現地の人と話せなかった頃

現地で出会うのは自分と同じ日本人か、あとは韓国人の留学生・ワーホリメーカーがほとんどだったから、日々の生活の中でこういったカナダの「文化」を意識することがあまりなかった。

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15
補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
学校には3ヶ月間通い、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

だけど、3ヶ月が経とうという頃になっても、自分が「英語を話せている」と思えない。

というのも学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれる。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学中に友達ができなかった理由?アジア人英語しかわからない

2019.04.21
 
「学校の先生」以外のネイティブとも話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

そこで、日本でもカナダでも、学校では習うことができない、カナダの・英語の「文化について「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

バンクーバー留学の準備!行く前に知りたい文化の違い

2018.07.19

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダで現地の人と話せるようになってから

カナダで現地の人と英語で話せるようになり、友達ができるようになると、「ゲイフレンドリー」とはどういうことなのかを実感する機会が増えていった。

例えば

自分の母国では、宗教などの問題で同性愛が禁止されていて、発覚すると大変なことになるから。

という理由で「カナダに移住してきた人」の話を聞いたり。

またバンクーバー出身のPhotographer(写真家)の友達は、よく結婚式の写真撮影を頼まれたりしているのだが、その人がSNSにアップする写真を見ていると、見た目が「女性同士」、または「男性同士」のカップルの写真が本当によく出てきたり。

カナダの友達の家での出来事

印象的だったのは、カナダ人の友達の家に遊びに行った時のこと。

普段からうちには近所に住む親戚達がときどき来て一緒にご飯を食べる

と聞いていたその友達の家を訪ねると、すでに親戚の女の子(名前を仮にCarolとする)と、もう1人女の子が来ていた。

補足
カナダでは家族を大事にする人が多く、このように「家族との食事(ファミリー・ディナー)」が「1つのイベント」になっていたりする。

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09

カナダ人の性格・国民性・特徴は?〜ドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19

Carolには私は前にも会ったことがあったので、軽く挨拶し、その女の子を紹介してくれた。

ちなみに、カナダの「フレンドリーな文化」では、特に恋愛関係にない友達でも家族に紹介したり、友達に友達を紹介する、ということも、日本よりずっと気軽に行われる。

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

だから私は

ああ、Carolも仲の良い友達をディナーに連れてきたんだろうな

と思った。

が、食事が始まってすぐ、近くに座っていた友達のお母さん(Carolにとっては叔母さん)が

She is lesbian.
(彼女はレズビアンなのよ)

と教えてくれた。

というか、私が知らなかっただけでCarolがレズビアンというのはそこにいる人みんなとっくに知っていて、普通に受け入れていた。

私は

家族に対してもこんな風に関係をオープンにできる状況・・。

日本ではちょっと考えられないっていうか、見たことも聞いたこともない。


文化の違い」
だなぁ。

と思ったし、

この、「普通に受け入れている」っていうのが「ゲイフレンドリー」っていうことなんだろうなぁ

とも思った。

実際のところ、カナダでも宗教等の関係で同性愛などに対して否定的な人もいる。

だけどこのように、カナダではLGBTの話題を聞いたり、見かけたり、会ったりすることが日常的にあったので、

う〜ん、日本では(テレビ以外では)同性愛者のカップルを見たことないなぁ

と思っていた。

が、帰国してみると、日本ではまだまだ同性愛者に対するタブー感が強いために、あまり目立たないようにしている人が多いだけなのでは?と思うようになった。

東京はとくに外国人が多いため、旅行者らしき同性のカップルを割とよく見かけるし、日本人同士のカップルでも何となく「雰囲気」でわかる。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11

まとめ

私自身はLGBTではないけれど、LGBTに対して否定的な気持ちももともとない。

またこの「LGBTに関する一面」だけを見て「カナダと日本のどちらが優れている」とか言う気もない。

ただ、カナダで生活することで、

世界にはこういう考え方もあるんだな

と自然に思えるようになっていった。

「英語を勉強する」だけ、「TOEICでハイスコアをとることだけ」なら、日本にいても十分にできる。

ワーホリ留学でTOEICは何点上がる?→970点になった

2018.11.23

だけど、こういう「文化の違い」は、いくら英語の「単語」や「文法」を「暗記」していても、わからない。

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時聞かれるのはTOEICじゃない

2018.08.01

ワーホリや語学留学の醍醐味は、海外で生活する中で、いくらネットが発達しても日本で生活していただけではわからない、「考え方や価値観の違い」(=文化の違い)が実感としてわかるようになることにあるのではないだろうか。

ワーホリでアルバイトするとわかる文化の違い

2019.02.17

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng