ワーホリで海外に行く前に知るべきことは日本との文化の違い

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

カナダ・バンクーバーのイングリッシュベイ

ワーホリで日本からカナダに行き、「英語」だけではなく、「英語の文化(人々の考え方や価値観・行動の仕方・習慣など)」を学ぶようになるまで、私は他人(とくに自分より年上の人)から言われたことを断るというのがものすごく苦手だった。

バンクーバーではじめの3ヶ月はフィリピン系カナダ人の家庭にホームスティをしていたので、毎日のようにフィリピン料理を食べていた。

そしてその家の夕食は、基本的に全員がそろって食べ、テーブルに置かれたいくつかの大皿料理を、自分の皿に好きなだけ取って食べる、というスタイルだった。

私はもともと食ベることが好きなので、フィリピン料理もおいしいと思ったのだが、中にはどうしてもすすんで食べたいとは思えない料理もあった。

そこで私があえて皿に取らない料理があると、いつもは私が何でも食べることを知っているホストマザーやホストファザーが「どうしたの、これも食べたら?」と言ってくれ、そうすると私は「・・OK」と言って毎回食べるしかなかった。

いや正確に言うと、食べるしかなかった、のではなく、「OK」と言ってさらに食べるしかないように、自分で自分を追い込んでいたのだった。

身体はカナダにあっても、頭の中は日本の「文化」のまま

当時は、自分がどんなにお腹がいっぱいでも、それがどんなに苦手な料理でも、すすめられたものを「断るのは悪い」と思っていたし、そもそも断るにしても英語で角を立てないようにするには何と言ったらよいのか、わからなかった。

だから食事の後はお腹がはちきれそうで、しばらく動けない・・ということによくなっていた。

こうなってしまっていた原因は、私はその時すでに日本ではなくカナダにいて、「カナダの・英語の文化の中」に身体はあるにも関わらず、頭の中は日本を離れておらず、カナダにいてもなお「日本語の文化の中」でものごとを考えていた、ということだった。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

2018.07.15

儒教の影響が強い日本の文化

日本で生まれて生活していると、それが「当たり前」すぎて意識しないかもしれないが、歴史的には長らく中国から文化を学んでいた日本は、儒教の影響を強く受けている。

日本では儒教は学問(儒学)として受容され、国家統治の経世済民思想や帝王学的な受容をされたため、神道、仏教に比べて、宗教として意識されることは少ない。なお中国では儒教は「名教」「礼教」「孔教」「孔子教」という呼称があり、宗教として認知されることが多い。

引用元:Wikipedia 日本の儒教ー概要

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

そのため日本では、年長者や立場・社会的地位が上の人を敬い、従おうとする傾向が、強い。

だから例えば、相手の「年齢」や「立場」によって、「さん」や「さま」をつけたり、相手に対する言葉づかいを細かく変える(敬語・謙譲語・丁寧語)必要がある。

基本的には、相手に対して礼儀正しく接することが重要である。

英語の文化は日本とは異なる

一方、カナダの文化では、礼儀正しいことよりも、フレンドリーであることが重要。

だから日本とは違って、相手が年上だったり、たとえ上司や先輩や、取引先の人であったとしても名前(ファーストネーム)で呼び合ったりする。

補足
もちろん英語でも相手が年長者だったり目上だったりする場合は、最初は「敬称(Mr.やMs.)+サーネーム(名字)」で名前を呼ぶこともある。しかし英語の文化では、相手の「年齢」や「立場」ではなく、「相手との距離感」によって呼び方が変わるため、相手の方から「Call me (ファーストネーム):ファーストネームで呼んでよ」と言われたりする。

英語圏の国で生活するなら「英語の文化」を理解することが必須

自分がカナダで生活をしていながら、まだ「日本の文化」の中にいるということに気づいたのは、バンクーバーの語学学校(ESL)で英語を3ヶ月勉強したものの話せるようにならなかったため、その後英語をマンツーマンレッスンで習い始め、そこで初めて日本語と英語の文化の違いを学ぶようになってからだった。

先生
文化(culture/カルチャー)というのは、ある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動の仕方、習慣やライフスタイル、そして人と人との関係性のことです。
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位(Applied Linguistic Science. Methodology of Teaching Foreigner Languagesと Psycho-Linguistics)を取得した英語学習の専門家で、大学で学んだことを基に「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は、英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

そのレッスンで英語を習うようになってから、ホストファミリーが私にもっと食べるようにすすめていたのは単なる「Suggestion(提案)」だったのであって、 私の方が若かろうが、お金を払って家にスティしている身であろうが、食べられないのならそうシンプルに伝えればよいだけだった、とやっと気がついた。

お腹がいっぱいなのでもう食べられないと伝えるのに、今の私が使う英語は

Cana
Thank you, but I’m full.
(ありがとうございます、でももうお腹いっぱいです)

たった、これだけ。

この文章に使われている単語は、どれも中学校で習うような簡単な単語だし、とくに難しい文法が必要なわけでもない。

必要なのは英語の文化の中で考えて行動すること、それだけなのだった。

お腹がいっぱいなのに無理をしてでもさらに食べていた当時の私は、ホストファミリーからすれば、すすめればすすめるだけ食べる、底なしの食欲の持ち主に映っていたに違いない。

ワーホリのホームステイで経験したトラブルの話

2018.07.25

英語が全くできないのにワーホリ行って大丈夫?事前準備は必須

2018.07.28

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng