ワーホリ中ジャパレスで働く人が多いのはなぜ?海外で見た現実

カナダのバンクーバー

カナダ・バンクーバーの散歩コース

ワーホリ中にジャパレスで働く人が多いのはなぜだろうか?

ワーホリ前に情報収集していた時「ワーホリで現地のジャパレスで働いている」という人のブログをよく見かけた。

私は英語が話せるようになりたくてワーホリをしたいと思っていたので海外の「日本語環境」で働いているワーホリメーカーがたくさんいるのが不思議だった。

けど現地で3ヶ月が経った時その理由がよくわかった。

ワーホリしてもジャパレスでの仕事しか想像できなかった

カナダでワーホリ留学をする前、私は中学や高校でしてきたのと同じように、単語や文法やイディオムを覚えたり、または英語の映画やドラマや動画を見たりしていた。

けど、

勉強をすればするほど英語が上達している

という感覚は、ない。

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06

留学準備に必要な英語の教材・参考書とは何か?

2018.08.14
かといって他にどうしたら良いかもわからず、

今は日本にいるから英語の習得は難しいかもしれないけど、カナダに行けば「24時間英語環境」になるのだから、話せるようになるはず、なんとかなるはず・・!?

で、まるで英語が話せないまま、カナダのバンクーバー空港に到着した。

そうしたらまず空港の職員から何を言われているのかもわからず、危うくパスポートをもらわずに空港を出るところだった。
そこで初めて、

英語圏の国にいながら英語が話せない状態
とはどういうことかに気がつき、現地で3ヶ月語学学校(ESL)に通うことを決めた。

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018.07.28
けれど学校に通い始めて早々、

自分の選択はミスだったかも・・

と思った。

なぜなら学校に通って、

英語に自信がもてるようになった

と言う人に1人も出会うことができなかったから。

そして学校で出会う日本人クラスメートのほとんどが、

ジャパレスで働いている

ジャパレスの仕事を探している

と言っていた。

留学やワーホリで英語伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018.07.28
補足
私は生徒の90%が日本人または韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
語学学校のクラスメートで、とくに仲の良かった韓国人の友達が学校を卒業する日、

学校に通ってみてどうだった?

と聞いたところ、

楽しかったよ! 
けど、英語は、ね〜・・。
ま、数ヶ月学校に通ったところでペラペラになるなんて無理だからね~
(だからそんなこと最初から期待してない)

という言葉が、すべてを物語っているように私には思えた。

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07
補足
ちなみに彼女は、「今後はコリアンレストランで働く」と言っていた。

・・けどだからと言って、どうしたらよいかやっぱり当時の私にはわからなかった。

わからないから、学校は最後までマジメに毎日通ったし、授業で教わるままに、単語や文法やイディオムや英語構文を勉強し続けた。

そしていざ自分が学校を卒業するとなったとき。

実際問題として、自分がカナダで働けそうな場所というと、日本食レストラン(ジャパレス)しか思いつかなかった。

3ヶ月経っても思ったほど英語力がついてない

3ヶ月間、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」や、「日本人や韓国人の留学生」となら話ができるし、友達にもなれるのだが、学校から一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08
続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17
実際に、無給のボランティアでさえ英語力が足りずにすぐにクビになった。

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった話

2018.10.04
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブだから授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
別に日本人だからって、皆が皆、同じ事をしないといけないわけじゃない。

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通った感想

2018.06.22

仕事を辞めてワーホリして知ったカナダ人の仕事に対する考え方

2019.03.28
カナダ政府からもらうワーキングホリデーのビザに、

学校に行かなければならない

とは書いていないのと同様、

日本人は日本食レストランで働かなければならない

なんて記載はどこにもない。

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02
でも当時は、カナダで自分が英語を使って働くなんて、

夢のまた、夢・・

という気がしていた。

今思うと、自分がカナダで3ヶ月も過ごしながら

英語を使って働くなんて想像もできない

状態になってしまった原因には、2つあると思う。

①海外で日本式の英語学習」を続けたこと

1つ目が、カナダでも日本にいた頃と「全く同じような英語の勉強(暗記)」を続けていたということ。

学校の先生も、学校のカウンセラーの人も、クラスメート達もみんな、

英語が話せるようになるには単語と文法を覚えるしかない

と言っていた。

他にいろいろ本を読んだり、ブログを読んだり、ネットで検索しても、当時の私には、そうする以外の方法が見つけられなかった。

そのため私はカナダにいても、日本でしていた

日本式の英語学習(単語や文法の暗記)
をくり返していた。

単語と文法の暗記なんて、日本でもう何年もかけてやって来たことで、しかもその結果が英語が「話せない」状態なのだが、それも当時はわからなかった。

もっと悪いことには、いくら「勉強」をしてもしても上達を感じられないので

こんなに勉強しても話せるようにならないのは、自分のアタマが悪いからなのだろうか・・

と、どんどん英語に対する自信を失くしていった。

②ワーホリ前の準備不足

2つ目が、私はそもそも英語がまったく話せない状態でカナダに行ったということ。

カナダでワーホリをする前、日本にいた頃は、英語を使う「機会」も「必要性」もなかったから、

英語圏の国にいながら英語が話せない状態
つまり、
日常生活で言葉が通じない状態
とは一体どういうものなのか、あまりピンときていなかった。

例えば現地のスカイトレイン(カナダの地下鉄のようなもの)に乗りこむとき、本当にこの電車でよいのか確認したいと思っても、日本語なら近くにいる人に即座に聞けるけど、当時はいちいち頭の中で英語で何と言えばよいのかを考えなければならないから、それを考えている間に電車が走り出していたり。

1ドルストア(日本で言うところの百均の店)で生活用品を買いたい時、日本語ならそれがその店にあるのかないのか、あるのであれば何番の通路に置いてあるのかなんて数秒でわかるけれど、店員に何度説明しても理解してもらえず、一人で15分かけて店中を探し回ったり・・。

一つひとつは些細なことだけれど、それも積もり積もれば私にはストレスになっていた。

英語が話せないだけでなく、私は「日本語と英語の文化(考え方や価値観など)の違い」、「日本とカナダの文化の違い」についても、何も知らなかった。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

バンクーバーの語学学校で3ヶ月英語を勉強したものの、「英語が話せている」という気がせず、悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンレッスンで「カナダの・英語の文化」について習うようになるまで、私は「文化」について考えたこともなかった。

初心者でも英語で会話が続くようになった!勉強法

2018.07.04
けれど英語の「カナダの・英語の文化」や、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

「発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13

を学ぶようになってから、今度は同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20
また現地で、自分が興味のある仕事をする英語力が持てるようにもなっていた。

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力はどれくらい?

2018.08.01

カナダ・バンクーバーワーホリで仕事!カフェ、アパレルやホテルも

2018.08.18
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ワーホリ前の「準備」の大切さ

ワーホリをする前、海外に行く「前」に異文化を理解するための準備をするのは重要なことなのだと、私の周りで教えてくれる人は誰もいなかった。

当時周りの人からもらった「アドバイス」は

単語と文法を勉強(=暗記)して下さい。

それだけだった。

実のところ、日本人の異文化に対する理解の著しい欠如は、海外でも実際にトラブルの原因になったりしているのだが、もちろんそんなこともカナダに行く前は一切わからなかった。

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

まとめ

「英語の文化」も言語も理解せず、

海外に行けば話せるようになるだろう・・

でカナダに行き、言わずもがな、カナダに着いてもやっぱりそれらを理解できず、「英語を使って働く」どころか、未だに

raw(生の、料理できてない→準備不足)の状態
 だった、「カナダ生活3ヶ月」の頃の私。

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018.07.03
それにはちゃんと原因があった。

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018.07.28

ワーホリで失敗して後悔する人の特徴&解決策!

2018.07.12
原因がわかれば、対処することができる。

これから海外に行こうとしている人は、私と同じミスをしないよう、日本にいる間にしっかり「準備」をすることをお勧めする。

補足
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

私もそうだったのですが、「海外に行く前に英語が話せるようになっておらず、現地に着いてから英語に悩む・・」というのが最も「よくあるワーホリのパターン」になっています。

そのワーホリプランで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02

そのため先生のレッスンでは、まず日本にいる間に英語を準備し、海外に着いてから英語に悩んだり勉強に費やす時間を大幅に節約することができるようになっています。

ワーホリで働くなら!事前に知りたい文化の違い

2019.02.17
原因がわかれば、対処することができます。

詳しくはこちらの記事も参照ください。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02
lesson-in-japan画像

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

2 件のコメント

  • はじめまして!

    3月30日からバンクーバーにワーキングホリデーで来ています。初日の一日の何言ってるのさっぱりで部分部分しかわからないし嫌になっています。今まで英語に触れる機会が多ければ自ずと喋るのかと思っていましたが、このサイトをみてそれは間違いだと気付かされました。
    カナさんと先生との3ヶ月間の勉強法をもう少し詳しく教えて頂けないでしょうか?

    • K.Kさん(お名前は伏せさせていただきました)へ
      初めまして、コメントありがとうございました。
      メールをお送りしましたのでご確認をお願い致します。
      加奈

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    加奈(Cana)

    大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
    現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
    始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
    趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。