ワーホリすると帰国後の就職は有利?不利?してみた感想

カナダ・バンクーバーの朝

カナダ・バンクーバーの朝

ワーホリすると帰国後の就職が不利になると言う人がたまにいるが、私はワーホリして有利になったことはあってもその後不利になったと思ったことはない。

とくに年配の人からは「ワーホリなんて遊びでしょ?」と言われたことは実際ある。

けど「ワーホリで英語を習得できた証拠(TOEICほぼ満点)」を見せるとそれ以上は何も言われなくなった。

帰国後のワーホリメーカーの話

日本に帰国してからワーホリ経験者と出会うことがあり、話していたら

A:ワーホリ留学したけど思ったほど英語が上達しなかったので「英語喋れるんだよね?」と聞かれるのが苦痛。

B:ワーホリ留学したおかげで英語が上達したから今でも仕事やプライベートで英語が役に立っている。

という2つのタイプの人がいることに気づいた。

(ただしAと言う人が圧倒的に多くて、Bの人はずっと少ない。感覚としては9割くらいの人が「A」と言う。)

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

自分がカナダでワーホリする前、ネットで情報収集していたら

  • 語学学校でたくさんの日本人や韓国人の友達ができた。(学校にネイティブはいないからネイティブの友達はできない)
  • 毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???
  • 英語のことは・・聞かないで。
  • 自然が多くて癒された。(英語には触れていない)
  • TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題。(スピーキングを伸ばすために海外に行ったはずなのでは・・)
  • 海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強がんばっていきたい
という感想はあふれているのに、

満足できる英語レベルが習得できた

という感想を見つけることはできなかった。

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02
そのため私は不安になったものだった。

ワーホリ中に実感した帰国後の就職への懸念

カナダのバンクーバーでワーホリを始めたら、上の感想と同じことを言っている日本人ワーホリメーカーや留学生に、現地でたくさん出会った。

カナダに着いて語学学校(ESL)に通っていた最初の3ヶ月間は、学校で出会う日本人か韓国人の友達しかいなかったし、「学校の中」だけでなく「学校の外」でも「パーティ」などで多くの日本人や韓国人と話すことになった。

留学で友達ができないのはなぜ?文化の違いがわからなかった

2018.11.07

だから当時は、自分が日本にいた時に読んでいたワーホリメーカー・留学生達の感想を、まさにリアルに実感していた。

補足
この頃の「パーティ」とは、留学生だけが参加する要は飲み会(Drinking party)である

Birthday party(誕生会。カナダでは自分の誕生会を自分で主催する人が多くいた)や、Farewell party(送別会。ほとんどのESLは毎週月曜が入校日で1週間~1ヶ月単位で通うので、毎週金曜日は卒業する生徒が必ず何人かいて、その卒業する人が主催してPartyを開く)など。

各自が友達を連れて来ることもあり、学外の人ともつながりができたりするのだが、みんな「今のESLの前に通っていたESLで知り合った友達」とか「同じシェアハウスに住んでいる友達」とか「同じ職場で働いている友達」を連れてくるため、やはり集まるのは大半が日本人や韓国人になった。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
その後、カナダ人の友達ができるようになるとHome party(ホームパーティ)や、BBQパーティ(バーベキューパーティ)Housewarming party(新居披露会)など、必ずしも飲むわけではなく、新しい人との出会いやSocializing(会話を楽しむこと、人づきあい)を目的に楽しむ「パーティ」もあることを知った。

カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

2018.08.05

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

語学学校には3ヶ月通ったが、卒業する頃になっても英語が話せているという気がしない。

学校の「中」で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダでワーホリ中にボランティアをしたら即クビになった話

2018.10.04
というのも
学校で習う教科書の英語
と、
現地のネイティブが話す英語
には違いがあるのだが、そういったことも当時はわからなかった。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

留学で語学学校に行くとよく聞く「日本語英語」トップ10

2019.03.14

だからたまに語学学校の「外」でネイティブの人と話す機会があったとしても、「会話話を続けること自体が難しい」と感じていた。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ワーホリして英語が話せるようになる人・ならない人

ワーホリを終えて日本に帰国し、「ワーホリしたことがある」という人に出会うと、決まって英語の話になるので、そこで思ったこと。

「A」の人達に共通しているのは

まず海外で語学学校(ESL)に通い

そのため友達はほぼ日本人か韓国人に限られ

英語に自信がつかず

海外にいても大半の時間は英語よりも「日本語」を使っていた
ということ。

一方、「B」の人たちの海外での過ごし方は、「A」の場合とはほぼ正反対。

ESLには通ったことがない

と言う人が多いし、

ワーホリで現地カフェですぐバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14

ここにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09
と言うくらい、様々な国籍の友達を作っていた。

そして仕事は日本語よりも断然、英語を使う環境であったということ。

カナダ・バンクーバーワーホリでできる仕事!アパレルや事務も

2018.08.18

あまり知られてないワーホリの現実

ワーホリで別に英語なんか伸びなくても楽しかったから満足

な人は、もちろんそれで何の問題もないと思う。

ただ、私もそうだったように、ほとんどの人はお金も時間もかけてワーホリするのだから、

ワーホリで英語を伸ばして帰国後の仕事やプライベートで活かしたい

と思っているはず。

それなのに、

英語が話せるようになりたくてワーホリをしたのにそれほど話せるようにならなかった

そのためワーホリしたこと自体を「失敗」と感じ、「後悔」するようになる
人が多くいるのが「ワーホリの現実」。

英語喋れないままワーホリ留学!準備なしで渡航し後悔したこと

2018.12.07
けどこの、「英語が話せるようになりたくてワーホリ/留学をしたのにそれほど話せるようにならなかった」という事態は、私も経験したからこそ分かるが、英語を勉強する「方法」を選べば避けられることでもある。

ワーホリで失敗して後悔する人の特徴とその解決策

2018.07.12

「ワーホリは遊び」という世間の目は事実

私は「ワーホリして就職が不利」になるどころか、同じワーホリで英語を習得して前々から希望していた外資系航空会社に帰国後キャビンアテンダントとして就職した友達や、ワーホリ前にしていた仕事+英語のスキルを使って、仕事の場を広げている人を何人も知っている。

ワーホリで現地カフェですぐバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14

私個人の経験で言えば、面接の場で

英語を勉強したと言っても、(現地の大学や大学院への留学ではなく)ワーキングホリデー??

ワーホリなんて遊びですよね?

みたいな反応をする面接官(とくに年配者)も、たしかにいた。

けれどそういう人でも私のTOEICスコアを見たとたん

きちんと目標を持って努力されたのですね

と、一気に肯定的な反応になったこともある。

補足
私はとくにTOEICのスコアを上げることを目標にワーホリしたわけではなく、帰国後にとくに時間をとって勉強する余裕もないままTOEICを受けたのだったが、ほぼ満点の970点が取れていた。

TOEICスコア

ワーホリ留学でTOEICは何点上がる?→970点になった

2018.11.23
TOEICは英語圏の国ではほとんど知名度がないが、日本ではやはりまだまだメジャーな英語試験である。

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICだけじゃない!

2018.08.01

だから

700~800くらいのスコアならとくに珍しくもないけれど、900以上は滅多に見ない

と言われたこともある。

補足
私はその後採用の仕事にも携わったが、たしかにそう思った。

ワーホリでも帰国後の就活に役立つ

私がワーホリ留学をしてよかったと思うことは、自分が生まれ育った日本とは異なる、カナダの文化(考え方や価値観など)と言語を学び、

それまでとは違う世界が見えるようになった

ということ。

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
そしてもちろん

英語を、自分が持つスキルの1つとして言えるようになった

ということ。

仕事に関して言えば、ワーホリから帰国して数年たつ今も英語を使う仕事をしているのだが、まずこれはワーホリ留学をしていなかったらできていなかったことだと思う。

また英語がきっかけで、自分が勤めている企業の取引先の人(東証一部上場企業)から

うちに来ませんか?

と声をかけてもらったことなどもあり、これはかなりの自信になった。

なんでも、海外から商談に訪れた外国人ゲストと私が話をしているのをたまたま見たことがあり、

自分がいる部署で今英語ができる人材を探してまして

ということだった。

まとめ

ワーキングホリデー(ワーホリ)に対して、ポジティブな印象(若者が海外で生活し視野を広げることができるなんて素晴らしい!)を持っている人もいれば、上記のようにネガティブな印象を持っている人も、中にはいる。

それは事実である。

しかし、だからと言って帰国後の就職が必ずしも不利になるわけではない。

1年、国によってはそれ以上の期間、海外で働いたり勉強したり旅行したり、自分の好きなことが自由にできる「ワーホリビザ」は、とても自由度が高い。

だからこそ、ワーホリ後の就職が有利になるか不利になるかは、完全に自分の海外での過ごし方次第だと思う。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng