英語上達と旅行の関係!バンクーバー→ラスベガス旅行の話

飛行機から英語上達に旅行は大いに役立つ。

なぜなら現地の文化(考え方や価値観など)を実際に経験して学ぶことができるから。

これはカナダのバンクーバーからアメリカのラスベガスへ言語冒険旅行をした時感じた日本とアメリカの文化の違い。

英語上達に旅行が効果的な理由

カナダ・バンクーバーでワーホリ留学中、ダウンタウンにあるカフェでカナダ人の友達と話していた時のこと。

何でだったかラスベガスの話になり、その人は

アメリカには何度も行ったことがあるがラスベガスには行ったことがない

とのことだったので、スマホに入っている写真を見せてあげていた。

私がバンクーバーで受けていた、マンツーマンの英語レッスンプログラムの一環で、先生と、同じプログラムを受けていた別の生徒(友達)と一緒に行った言語冒険旅行(English Experience Expedition)の写真である。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日

ラスベガスといえばギャンブルで有名だけど、私は一切しなかった。

なので

何でギャンブルしなかったの?

と聞かれたり、

あ、この光景、映画で観たことある!

とかおしゃべりしながら一緒に写真を見ていたのだが、夜にドレス(ワンピース)を着て出かけたときの写真にきた時、

バンクーバーからラスベガスへ旅行!で知った旅のコツ

バンクーバーからラスベガスへ旅行!で知った旅のコツ

2019年9月15日

Canaが一緒に旅行した友達って、日本人?

と聞かれた。

Cana
うん、そうだよ! 何で?
と言うと、

う~ん。何となく。何となく日本人ぽいから

との返事。

その写真に写っている友達の容姿は、それはたしかにどこからどう見ても「アジア人」ではあるけれど、しかしバンクーバーには色んな「アジア人」がいる。

カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018年6月9日

なのに何で「日本人」だと思ったんだろう?と、私は不思議に感じた。

でもその写真を見てすぐにピンと来た。

Cana
わかった! このポーズで日本人じゃないかと思ったんじゃない?

ラスベガス→バンクーバー機中での会話

話は、そのアメリカでの言語冒険旅行からバンクーバーへ戻る飛行機の中でのことに遡る。

私と友達と先生とは、同じ列の席に座っていたので、先生にラスベガスで撮った写真を見せていた。
(ラスベガスでは先生とは別行動をしていたので。)

先生は私のスマホをスクロールしながら

先生
2人ともラスベガスっぽい服装ですね!
といったことを言っていたのだが、
先生
あぁこれ!
この2枚をよく見てください。

何が違うか、わかりますか?
と、私と友達がそれぞれ、あるホテルのオブジェの横に立ってお互いに撮り合った写真を、順番に表示させながら尋ねてきた。

私と友達は顔を見合わせて、

???

写真では、私も彼女も黒いドレスを着て、髪を巻いて(友達がヘアアイロンを持ってきていた)、オブジェの横でポーズを撮っている。

一見、とくにこれといった違いはないように思えた。

すると先生は、

先生
あのですね、この写真、1枚は日本の「文化」の中にいて、もう1枚は西洋の「文化」の中にいるのですね。
と言う。
文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性などのこと。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
それでも黙っている私たちを見て、先生は続ける。

先生
1枚目(友達の写真)を見てみましょう。

彼女は黒いドレスを着てラスベガスにいます。

正面を向いて、両足をそろえて立ち、体の前に持ったバッグを両手の指を重ねて提げています。

Yeah・・(私と友達)

先生
では2枚目です。(私の写真)

彼女は黒いドレスを着てラスベガスにいます。

右手を腰にあて、左手はオブジェに手を置き、右足を少し曲げて、肩から腰の部分にかけての曲線を出しています。

・・さてどちらが「日本の文化」で、どちらが「西洋の文化」でしょうか?

!!!(私と友達)

そう言われて改めて写真を見てみると、1枚目に写っている友達のポーズは、「ドレス」よりむしろ「着物」を着た時のポーズだと気がついた。

逆に、2枚目に写っている私の写真は、特に何も考えずにとったポーズだったのだが、「着物」だったらこんなポーズはまず取れないし、取ろうとも思わない。

Cana
わぁ、こんなところにも「文化」って出るんですね!
と言うと、
先生は
先生
もちろんです。
言葉もふるまいも、「文化」に影響されないものはありません。
私たちはみんな、「Product of culture(カルチャーの産物)」なのですから。
とのことだった。

その友達はまだその時はレッスンプログラムを受けるようになって1ヶ月も経っていないときだったので

Culture(文化)って、こういうことか~

と驚いた顔をしていた。

また、写真を撮るときに現れる「日本の文化」と言えば、他にも顔のすぐ近くでピースするということに、カナダ出身の友達と一緒に写真を撮ったとき指摘されて気がついたことがある

カナダ・バンクーバーのDeep Coveでカヤック

バンクーバー留学体験談!英語の上達と帰国後の変化

2018年7月22日
と言ったところ、先生も友達も

たしかにそうだね!

と言っていた。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日
フィリピン・セブ島の夕日

セブ島留学は1ヶ月で効果が出せる!3ヶ月は長すぎる理由

2019年10月13日

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日

まとめ

・・という一連の話をカナダ人の友達にしたところ、

ほんとだ! Canaが言うように、このポーズで「何となく日本人じゃないのかな」って気がしたんだと思う。

としきりに頷いていた。

文化」とは、通常は子どもが成長する過程で自分の周囲の人々がする言動を見よう見まねで、自然に身につけていくもの。
その多くは見えなくて、空気のようにそこに存在しているものだから、普段は意識することもない。

カナダ・アルバータ州の山々

カナダで日本人女性はモテる?理由

2018年7月13日
でもそれが写真に現れることもあるという、その一例だった。
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
カナダ・バンクーバーのサイエンスワールド

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

2018年8月2日
飛行機と空の写真

留学と英語レベルの関係!ESLと各段階の意味

2018年8月9日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

補足①
私がカナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンプログラムは、私がワーホリ留学していた頃は先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立され、「留学やワーホリで海外生活をするのに英語に自信がない方」、または「すでに留学やワーホリをしているけれど英語に自信がもてない方」を助けるためのレッスン(「Rescue English」プログラム)をしておられます。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。


詳しくは下の記事をご参照ください。

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日
lesson-in-japan画像
補足②

「海外を旅行して、現地の人とおしゃべりしたり、友達を作ったりしたい!」

方へ向けて、

①日本で受ける120時間のSkypeレッスンで約1年かけて英語を学び 

②卒業旅行として1週間のアメリカorカナダor南米での「言語冒険旅行」に行くコースがスタートされています。

カナダ・イエローナイフのオーロラ。言語冒険旅行

カナダ・イエローナイフの言語冒険旅行でオーロラ鑑賞

真ん中に座っている男性が先生です

アメリカ・グランドキャニオンでの言語冒険旅行。中央で座っている男性が先生です

南米ボリビアのウユニ塩湖で言語冒険旅行

南米ボリビア・ウユニ塩湖で言語冒険旅行

こちらのコースに参加される方も、先生が来日される際に、対面での英語レッスン「Eigo Mensetsu(英語面接)」を受けることができるそうです。

内容は、英語でアウトプット(英語を自分の口から出す)することを重視した「英語の話しことば」を使い、実践的に英語を学ぶことで世界中で旅行をするための「自信」をつけます。

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

2018年6月13日
そして日本で15ヶ月のレッスンを終えた後は「卒業旅行」として、カナダ or アメリカ or 南米 or フィリピンでの「言語冒険旅行」に行きます。(この旅行には必ず1人以上の先生が同行してくださいます)

・今の英語の勉強の仕方は「何か」が違う気がする
・日本国内で英語を上達させたい
・英語を習得してもっと海外旅行を楽しめるようになりたい

方は、Free Skype Chat(無料Skypeチャット)での説明会に参加することができます。

他、言語冒険旅行の写真はこちらのページからも見ることができます。EEE-photo画像

Free Skype Chat(無料Skypeチャット)に参加をご希望される方、また先生のレッスンにご興味のある方は「はじめに」のページに記載の方法からご連絡ください。はじめに-toppgage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly